苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:Want-to

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


「こんなはずでは!?」と、過去の自分の選択の誤りを悲嘆したくなる瞬間は、過去に誰しもあるでしょう。

冗談半分で「こんはずでは!?」とオーバーリアクション気味に捉えられた場合は幸いです。
なぜなら、その失敗を踏まえて、次へ進むことができるからです。

そして、どちらかといえば「なんてことをしてしまったんだ・・・」とか、「何故こうしなかったんだ・・・」と、自分を責めたり、圧倒的な虚無感に襲われることの方が大半です。

虚無感に襲われれば、いうまでもなく、冷静な判断力が欠如し、何かトラブルが起こっても、事態を収拾することはできません。

しかも厄介なことに、大抵はそういった選択の失敗は、自分が決して外したくない瞬間に訪れるので、より一層テンパりに拍車をかけます。


さて、こんな事態を避けるために、大きな命題としてそもそも「最善な選択」とは何かを考えてみましょう!

上記の場合というのは、意識的であれ、無意識的であれ、自分にとって「これが最もいい選択だ!」と考えていることから始まります。

そしてその「最もいい」の自分の期待値から、外れてしまうことが原因です。


「最善な」という言葉の裏には、いくつかの選択肢が存在します。

そして選択という言葉には、それらのひとつを選ぶこと、つまり選ぶための情報があったことを意味します!


例えば、A社の株を買うか買わないかを考えると、「A社の株が上がる」という情報を見つけてからを買うということです。

あきらかにインサイダーであるという指摘は横において、「A社はB社を吸収合併し、業界1位の会社になる」という情報をすでにもっていれば、どう考えてもA社の株を買おうと考えてます。

これはある情報に基づく、最善の選択です。


しかし、その後、実はA社が粉飾決算を行っているという情報を得たらどうでしょう?

しかも、すでに粉飾決算を行っていることを公安にリークされており、いつ摘発されてもおかしくないという情報です。

そうなると、どう考えても、A社の株を買おうとは思いません。

なぜなら、A社の株を買っても摘発されれば、下落することは眼に見えており、買わないことが最善の選択だからです。


ここでのポイントは何かといえば、情報の獲得にタイムラグがあることです。

つまり、そのときは最善であった選択が、次の瞬間には最善の選択ではなくなっているということです。

もちろん逆もあり得ます。

「A社がB社を吸収合併する」という情報を知った瞬間と、「A社が粉飾決済を行っている」という情報を知った瞬間は違うのです。

違う以上、前提は崩れ、最善の選択は変わってしまうわけですが、「A社が粉飾決済を行っている」情報を知った途端、A社の株を購入したことに後悔します。

もちろん株価が下がって損をしたことは、非常に悲しい出来事ですが、それと同時に仕方ないことでもあります。

なぜなら、その当時は「A社が粉飾決済を行っている」という情報を知らなかったからです。

知らない以上、どうしてA社の株を購入しないと選択できるのでしょうか?

それこそ「最善な選択」を捨てればそれは可能ですが、そもそも論として、なら何も考えずに選択した場合と同じです!


であるならば、私たちは自分のマインドの持ち方として、どうすることが適切でしょうか?

それは、常に最善の選択をしたと考えるということです!

だがら、失敗したときも「俺(私)らしくなかった。次はこうしよう!」となるわけです。


私たちが日常で良く使う「最善」という言葉は、今自分の見えている情報のなかでの最善です。
 
時間がたてば今持っていない情報が入ってくることは必然であり、それはつまるところ常に私たちは、断片的な情報の中で不合理で不条理な判断をしないといけないということです

そしてこれをもっと突っ込んでいうと、そもそも間違えない方がおかしいのです。


ただこれだけでは少し不十分で、最善の選択をしたと心から思いたいのではあれば、さらにここに自己責任を持つことです。

自己責任という言葉を使うと、日本ではどうしても自分の不始末を自分でつけるというネガティブな意味合いが強いですが、コーチングでいう自己責任はそうではありません。

それは積極的に自分の行動を受けて入れていくことです! 

その行動から派生する良い出来事も悪い出来事も、全て心から自分がそうしたと真正面から向き合うということです。


私がよく使う言葉は、「自灯明自燈自帰依」です。

ひらたくいえば、自分で自分を照らし、自らを拠りどころにするということです。

もっといえば、自分に由って立つから自由ということです。


愉しく良いことは毎日起きているときは、勝手にエフィカシーがあがります!

何をやっても成功すると感じるし、何をやってもうまくいきそうな気がします!

なので、どちらかといえば本当にエフィカシーの真価を試されるのは、自分が手痛い失敗をし、打ちのめされた瞬間です。

その状態でこそ、「それでも!」と心の底からあきらめ悪くいえることが重要です! 


失敗とは、もう1段階飛翔するための、格好のチャンスです!

今まで乗り越えて来たように、ここも乗り越えていきましょう! 

------------------------------------------------------------------------------------------------

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


どうしよう・・・」とため息がつきたくなる問題は、誰しも経験したことがあるでしょう。

この問題は基本、そのひとにしかわからない、共有できない悩みです。


共有できないという意味は、ひとに言えないという意味ではなく、いっても伝わらないという意味です。

例えば、自分の顔の頬骨が出ているのが気に入らないと自分で思って悩んでいると伝えても、伝えられた方からすれば「それのどこが問題なの?」と共有できないというものです。


上記の例をもう少し深堀しましょう!

伝えた方は、自分の頬骨もうそれは嫌で嫌で、それこそ整形手術を持さないくらいの勢いです。

そして伝えられた方は、今までそんなこと考えたこともなかったと思っています。

もちろん場合によっては、むしろどちらかといえば健康的な面で「もう少し痩せたら?」と別のことを考えているかもしれません!


さて、そういうロジックを辿ると、コーチングにおけるスコトーマの原理を思い出します

スコトーマとは、心理的盲点のことで、物理的に見えていても、心の世界では観えてない世界があることを意味しています。

例えば、眼の前に高速道路を走りながらキレイな富士山が見えたので、その風景を写真におさめた後、後からその写真を見返してみると、車が一緒に写っていることに気付いていたというパターンです。

実際には車が存在しているにも関わらず、写真を撮るときには存在していなかった、、、

これがスコトーマの原理です。


スコトーマの原理をもっと平たく端的にいうと、今の自分にとって重要度の高い情報だけを選別して観ているということです!

この場合は富士山が重要なので、車の重要度は高くなかったということです。


つまり、頬骨が出ていることが気になるという自分の悩みも実は、スコトーマの原理を用いると、自分が観たいから観ていたということがいえてしまいます!

そして伝えられたひとからすれば、顔の骨格よりも健康や体質改善といった、別の重要度の高い情報が存在すれば、頬骨に関する議論は全く興味がありません!

明らかに言い方はよくないですが!苦笑


では、スコトーマの原理をもう少し推し進めると、要するに自分の悪いところを見つけたい、荒探しがしたいということです!

本人からすれば、生真面目に問題点をなくして、もっと自分を良くしたいと本気で思っているからとても厄介です。

そして自分の悪いところを自然に見つけて改善しなきゃとなるのは、実は自分のセルフイメージの問題であり、エフィカシーの問題です。

エフィカシーとはゴール達成の自己評価のことで、ひらたくいえば自己肯定感や自信です。


なので、仮に整形手術をして頬骨を削ったとしても、今度は違う箇所に問題を感じて、そこがどうしても許せなくなるでしょう!

そしてその箇所をまた整形して、今度は別のところが悪く見えて、また整形するという、無限ループの始りです!


元AKB48の板野友美をはじめとする、いわゆる整形マシーンと呼ばれる芸能人たちがなぜ存在するかもこのカラクリで納得できます!

なぜ私たちかみれば容姿端麗で、人気もあり、充分稼いでいるにも関わらず、女優やアイドルたちが不幸なのかが理解できます!
(もちろん全員がそういうわけではありません!)

繰り返しになりますが、それはセルフイメージなりエフィカシーが低いからです!

自分のセルフイメージやエフィカシーをあげるという本質的な問題から目を背けると、どんどんドツボにはまっていくとても悲しい現実です。。。


「気付いた時にはもう手遅れ!!」ということにならないように、早い段階で自分の本質と向き合っていきましょう!

それには、コーチングがおすすめです!

たいていは自分がやりたくないこと、自分が後回しにしたいものにこそ、実は隠れた真実が存在します!

6ヶ月のコーチングを終えると、そこから明確なゴールと自分らしい価値基準が見えてきます!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


最近どのメディアも清原和博元プロ野球選手の薬物使用の話題で持ちきりです。

確かに薬物使用は犯罪ですし、基本的に許されることではありません。

ただ、報道の過熱さは、清原和博容疑者の家族や友人といった身辺、または薬物入手ルートに関する話題が中心です。

つまり、重要な『なぜ薬物に手を出したのか?』という視点が抜け落ちています。

ここはコーチングから観るとかなりスッキリ紐解けると思っているとともに、かなり他人ごとではない、身近な話題だと感じています。


さて、清原容疑者の今回の問題の本質は、ゴールの更新に失敗したからです。

つまり彼は端的にプロ野球選手を引退し、目指すゴールがなく、次に自分は何をすべきかということがわかっていなかったということです。


こういう言い方をすると、彼は野球解説者として、あるいはタレントとして、十分活躍していたという意見が返ってくると思います。

しかし、それは自分がこれまで慣れ親しんだ現状のなかでの変化です。

現状のなかでの変化は、色艶やかなワクワク感も興奮もありません。

それはどこか惰性やマンネリ感といったものに満ちています。


ちなみに、ここでいう現状とは、例えば会社員が新しいプロジェクトのリーダーを目指すというように、自分の今の状態から十分達成が可能な未来という意味です。

 
なので、清原容疑者自身は、ずっと心の中で、次に自分はどうしたらいいのかという根本的な問いを抱え、悩んでいたと思います。

もちろんその悶々とした気持ちは、無意識の奥底に蓄積され、膨れ上がっていたことでしょう。


そこを解消させるのに必要だったのが、何かといえば薬物ということです。

たいてい薬物に走る最初の原因は成人の場合、「寂しさ」といった心のなかでのネガティブな感情を埋め合わせるためです。

それは、何か過去の失敗を悔いて、アルコールに走ることと構図的には何ら変わりません。


「自分は一体何がしたいのか?」と聞かれて、即答できるひとは基本多くはありません。

即答できるひとも、私の過去の経験上、会社の売上目標であったりだとか、部署のプロジェクトのゴールとか、自分の取り巻く環境における回答がほとんどです。

子供が将来プロの野球選手や医者になりたいというような、自分の底から湧き上がってくるような気持ちは皆無です。

私はゴールがないという事実を深刻な問題だと思っています。

また、ゴールがあると思っているひとも、それはゴールではないということに気付いていないということも同様に深刻な問題です。


ゴールがないことが問題なので、確かにゴールを見つけることができたら無事解決です。

しかし、そのゴールを見つけることが実は現代において一番難しいポイントです。

どれくらい難しいかといえば、ゴールを達成することよりも見つけることの方が難しいです!


これはどういうことかというと、昭和初期と平成の現代の比較をするとよくわかります。

後者は今の日本のイメージで、前者はalways~3丁目の夕日~的な感じです。


昭和初期は、それこそ所得を倍増しようとか、3種の神器を手に入れろとか、明確に自分のすべきことややるべき課題がたくさんありました。

なので、優先順位の高いゴールがすぐに見つかり、そこにフォーカスすることができました。


しかし、現代はどうかいえれば、ほぼそのときの課題は解決され、優先順位の高いゴールは圧倒的に見えにくくなっています。


つまり、かなり深く自分と向き合い、徹底的に考えていかなければ、自分の本当にやりたいことは観えないしわからないのです。


やるべきことがわかりにくい世界で生きているという前提で、、、

やるべきことが見つからない⇒自分のなかで考える⇒悶々とする⇒もっともっと考えなきゃとなる⇒やるべきことが見つからない、、、

という無限ループです。



余談ですが、40~50代にかけて、心理学でも自分の目標を見失う時期があることが証明されています。

これはミドルエイジクライシスという言葉できちんと定義されています。


自分のゴールがないと、生きることに張り合いがないのはもちろんのこと、究極的にはうつなどの病気になります。

他にもそんな心の空白を埋めようと、あれをしたりこれをしたりと、行動に一貫性がなく、迷走します。

ひどい場合は薬物に手を出すこともあるでしょう。


これは個人の問題ではなく、社会システムの問題です。

パソコンのプログラムにおけるバグは、意思や心の強さといった次元を飛び越え、例外なく私たちをそういう方向へ引っぱっていきます。

つまり、少し極端に聞こえるかもですが、私たちがある種いつ薬物に手を出しても不思議ではないということです。

現にいまゴールがないというあなたは、おそらくこれの初期症状です。
 

社会が高度に複雑化する今だからこそ、コーチングを通じて自分に向き合うという時間が本当に必要です。

そうすると、今の耐え難い状態が一変します。

自分の人生に張り合いが出ることはもちろんのこと、自己実現ができ、自分の価値基準が明確になって自分らしさが獲得でき、他人に惑わされることなく幸福になり、自己肯定感があがるので年収にも直結します。


自分のゴールや本質、明確な価値基準はどこにあるか、一緒に探していきましょう!

ね!清原さん!

連絡はこちらからお待ちしています

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


Affirmとは「肯定する」という意の動詞のことで、もちろんその名詞形は私たちが良く知るAffirmation(アファメーション)です!

このAffirmには、肯定するの意の他に、受け入れるというニュアンスも入っています。


さて、そう考えるとアファメーションとは、単なる消極的な肯定ではなく、積極的な肯定の姿が見えてきます!

なので、刷り込みというと非常に乱暴ですが、アファメーションとして書いた自分の未来のイメージを、積極的にどんどん受け入れていくことが重要です!


このとき、きちんと受け止めることができたなら、理想形はもちろん今ここにいることが不快で仕方ないという認知的不協和が起こることですが、それとは別に「こんなことして本当に大丈夫なのか?」といった、不安や緊張が出て来ることが大半です!

正直にいえば、大抵はここでその不安に耐え切れない場合がほとんどです!

なので、せっかくゴール側へ動いたコンフォートゾーンが、またもといた現状に戻ってきます。

これは非常にもったいないです。


では、ここでよく考えたいのが、受け入れるというのはどういうことかということです。

私がよくパーソナルコーチングを通じて経験することは、自分のすごさを受け入れないというケースです。

競争が重要ではないという前提は当然として、その上で明らかにひとよりも優れている長所があっても、自己肯定感が低い場合、ここでその事実がどんなに他人から教えてもらっても受け入れるということをしません。

「ふーん」と、軽く流されるのがオチです。

つまり、自分の持っているものは、自分が馴染み深すぎて、当たり前になっているパターンです。

自分の長所が当たり前になっていると、自分が持っている「それは大してすごいものではない!」というリアリティーが基本優先されるのです!


これをもっとわかりやすい事例に置き換えれば、一流大学での学力順位です。

一流大学に入るだけで一般的に十分はすごいわけですが、もしその中で成績が万年ビリならどうでしょう?

おそらく誰しも自分がビリであることに劣等感覚え、自分はなんてダメなんだとなります。

そこでいくら、あなたはどれだけの勉強をして一流大学に入ったじゃないかといっても、聞く耳を持たないのと同じです。


では積極的に自分すごいところを肯定するとどうなるか?

エフィカシーがあがります!

エフィカシーがあがるので、大きな挑戦をしてみたくなります!

自分の長所を使って、どうやって社会に役立つかを真剣に考えたくなります!

もちろん、いうまでもなくそれはゴールが見つかるということだし、そしてその達成も可能です!


自分がどんどん好転していくというポジティブな連鎖は、兎にも角にも自分のエフィカシーがあがるからです!


よくエフィカシーをあげるためには、どうすればいいかと聞かれ、その都度そのひとにあった最適な方法を色々とお答えしますが、一番効果が高いものひとつのは、自分の長所や強みを長所や強みだと受け入れることだと感じています!


アファメーションに話を戻すと、アファメーションもこれと全く同じ構図が成り立つと考えています!

まずは、受け入れることです!

そして受け入れるとは、その選択にきちんと責任を持つことです!


そういった要素がきちんと絡まったとき、アファメーションは優れた自分の書き換え手段になるのです!

アファメーションを正しく使って、ゴールを達成している自分をぜひ想像してみてください!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

*本日23:59に募集が終わります!*

コーチングによって、自分が変わり、自分の本当に姿が手に入るという感覚を手に入れましょう!

人は変わらないという方がおかしいという言葉の意味が非常に良くわかります!!


不安を克服するセミナーも本日までです!




ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


前回のはじめての書き換えから約2ヵ月ほど間が空いてしまいましたが、2月に今年初めてとなる『はじめての書き換え』を行います!

新年一発目のはじめての書き換えのテーマは、なんと美容です!

しばらく間が空いてしまったので少し補足すると、はじめての書き換えシリーズは、約2時間のセミナーで自身が共感覚を用いて相手の内部表現を書き換える技を学ぶ講座です!

もちろんはじめてのと名を冠するように、初心者の方が楽しく学ぶ講座です!
といい:つつ、経験者の方やもう一度基礎からやりたい方も歓迎です!


さて、今回はその内部表現を書き換えるテーマが美容ということですが、お肌のリフトアップにチャレンジしたいと思います!

よくご存知のように、私たちの身体(物理)は情報空間と連続的につながっています。

なので、情報空間が書き換わると、当然物理に影響を与えます!

余談ですが、それをパーソナルコーチングの抽象度で取り出すと、なぜコーチングを終えるとゴール達成はもちろんのこと、姿勢が良くなり、若々しくエネルギーに溢れるようになるのかが理解できると思います。


それでお肌がリフトアップというのも、完全なる予定調和です!

抽象度の高いところの書き換えは、物理に多大なる影響を及ぼすので、単純にお肌のリフトアップに関わらず、印象がやわらかくなったり、美白効果も起こります

自分がこの技術を会得するので、それでどんどん自分が自分に重ね掛けしていくことも可能です!

もちろん、共感覚をふんだんに使うので、共感覚的な資質も勝手に発現します


この講座に参加することで、誰も簡単に共感覚とは何かが理解でき、そして後天的に共感覚を身に付ける人工共感覚者になることが可能です!


以下詳細
††はじめての書き換え~美しくリフトアップ!~††
【日程】2016年2月13日(土)

【時間】13:30~15:30

【場所】東京都渋谷区貸会議室
 (参加者様に個別でお知らせします)

【募集人数】定員8名様
(定員に達し次第、終了とさせていただきます)

【料金】20,000円(税込)

【申込み期限】2015年1月31日(日)23:59:59 まで

【参加資格】熱意があればどなたでも!

【お申込み】こちらのお申し込みフォームから

【質問等】こちらのお問い合わせフォームから


内部表現を書き換え術を美容にあてはめること、高いスキンケア商品にお金と時間をたくさんかける必要が実は全くなかったことに気付きます!

もちろん応用はいくらでも可能なので、男性が身に付けて、奥様や彼女に施術してあげるというのも、とても良い相互作用だと思います!


今回のこの講座を通じて、内なる自分の本当の美しさを取り出しましょう!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents