苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:Have-to

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちがゴールに向かって走るとき、往々にして最初の課題になるのがドリームキラーの存在です。

ドリームキラーは自分との関係が身近なひと、つまり自分という人間を良く知るひとほど、なりやすいのが特徴です。


自分に明確なゴールが出来たとき、自分が心の底から成したいものが出来てきたとき、普通のひとの心理として、やはり応援してほしいと感じます。

しかし、彼らはそんな淡い期待をかき消すように、「それは君には出来ない」と、「それはやめるべきだ」と、口を揃えていってきます。

それがあなたのためだと本気で思っているから余計に自体は問題です。

自分の身近なひとだからこそ、その言葉の持つインパクトは凄まじく、ドリームキラーの夢を殺す人であるという直訳の通り、身近な大切なひとたちが、とてもおどろおどろしい存在に変化します。

そうなると、間違っているのは自分の方なのかと、マジョリティーの彼らの方が正しいのかと、やっぱり自分の心が揺れ動いてしまいます。


そんな、彼らへの対策は極めて重要です。

なぜなら、彼らの発言は往々にして、より強烈に自分へ突き刺さっていくからです。


さて、そんなとき自分が何をすればいいかといえば、やれることは大きく2つです。

一番簡単なことは自分のゴールを一切公言しないことです。

そうすれば誰もあなたの変化を感じません。

もちろん敏感なひともいるでしょうが、何を聞かれても「気のせいじゃない?」と切り返すだけです。

もし仮にそれ以上の執拗な勘繰りを受けたなら、それは自分のひとを見る眼と相手が悪かっただけだけでしょう。


次に大事なことは周りの人間を変えていくことです。

誤解を恐れずにいうのなら、自分のゴールを共有できるひととの付き合いを増やし、自分のゴールを共有できるひとを自分の周りに置くことです。

こういうと、途端に付き合いを変えたことで、自分がそのひとたちを裏切った悪者のように感じます。

しかしそれはもちろん早計で、付き合うことを変えても、二度と縁が切れて関係が戻せないということを意味しているわけではありません。


なぜなら、いうまでもなく、本当に回避しないといけないドリームキラーは稀で、どんなに近しいひとであろうとも、きちんと自分のサポーターになってくれる人がいるからです。

そういうったひととは何事もなく付き合えばいいものです。

また、ドリームキラーになるひとには、ただひたすらにゴールを共有せず、いつも通り接すればいいだけだからです。


このように、劇的にひととの関係を変えなくとも、ドリームキラーには十分運用可能です。

そしてこのとき、身近なひとが、私たちの良く知るドリームキラーとならなかったとき、ドリームキラーとはただの概念であることがわかります。


自分がここから動こうと思ったのであれば、彼らは必ず現れます。

彼らが現れるという事実を知っているのと知らないのとでは、自分の振る舞いは明確に変わります。

ドリームキラーとはただの概念です。

そこにそれ以上の意味はありません。


------------------------------------------------------------------------------------------------


ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


夢に日付が必要なのかと聞かれれば、それはとても深淵なる問題です。

これまでの自己啓発の世界では、ゴールに明確な期限が必要であると主張します。

もちろん私たちが知るように、脳は非常に怠惰であり、ほっておくと時間は無限に存在すると錯覚します。

気付けばズルズルダラダラ、時間だけが過ぎていくのが真実です。

その事実を鑑みれば、日付を区切ることはとても合理的な手段に思えます。


しかし同時に、日付を区切ることで、それは往々にしてHave-toになりがちです。

確かに期限が決まれば、今度は何をいつまでにやるかが、細分化して日々のアクションプランに落とせますが、やりたくないことを無理な期限で設定すれば、苦痛に感じることしかありません。

苦痛になり、全てを投げ出すくらいなら、期限など設けず、ただ自分のWant-toに従って取り組む方が遥かに生産性は高くなるものです。


ここでの基準は、Have-toまみれの最悪のパフォーマンスであることを忘れてはいけません。

基準が一番底の状態ならば、比較すれば良くなることは必然です。


ではどうするべきかと考えたとき、それは改めてWant-toとは何かということから始まります。

Want-toとは言葉の通り、私たちの渇望です。

渇望とは、ひらたくいえば自分の欲求です。

自分の欲求である以上、もちろんそれは自分の中から産まれてきたものです。

自分の中から産まれて来たものであるのなら、誰の制約を受けることなく、自分で制約をつけていいことはいうまでもありません。

そして自分の本気の渇望であるのなら、それは臨場感の伴ったゴール像に勝手になっていくものです。

そのひとつの基準に日付や期限があっても何ら不思議ではありません。


夢に日付が必要なのかと考えたとき、それがWant-toになるなら必要です。

夢に日付が必要なのかと考えたとき、それがHave-toになるなら必要ありません。

Want-toでありながら、日付がつけられないということは、それは創造的回避であると考える方が妥当でしょう。

これからダイエットして10kg痩せようと思ったとき、今後3~4ヵ月に渡って体重が減っていくにも関わらず、今この瞬間に1サイズないしは2サイズダウンしたジーンズが買えないような風景です。

ジーンズひとつはダイエットサプリメントやジムに通うことよりも余程安価であるにも関わらず、痩せたくないという無意識下の強い抵抗のもと、ジーンズを買うことが拒まれます。

私たちの言い方では、ゴールが無意識レベルに落ちていないということです。


ゴールはきちんと設定すれば必ず達成することが可能です。

本当にゴールが達成したいなら、ワクワクと一緒に日付をつけることが可能です。


自分のWant-toに従って、日付をガンガンつけていきましょう!

物理空間に書き落とすと、それだけでたくさんの発見があり、私たちのRは揺らぎます。


l_383
※ゴールだけに目線を合わせて!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。

飽きることに私たちはとてもネガティブなイメージを持っています。

何故なら継続は力なりということわざがあるように、続けていくことで得られる恩恵が非常に大きいことを経験的にも教育的にも知っているからです。

もちろんその側面は否定するつもりはありません。

ただカメラで写真を撮るという何気ない趣味でも、10年も続ければそれだけで腕前はプロと遜色ないほどにあがるでしょう。

カメラに限らず他にも世界をかけるトップピアニストなどは3~5歳からピアノを始めたというひとが多いです。

タイガーウッズも生後9ヶ月とか2歳からゴルフを始めたと言われています。

幼少の頃より始めるとは、往々にして長い時間を継続して掛けることになるものです。
それは継続は力なりのことわざが指し示すものとなるでしょう。


さて、では長い時間をいたづらにつぎ込めば良いのかといわれれば、もちろんそんなことはありません。

大事な物はWant-toです。

彼らはなぜそれだけの長い時間同じことを続けられたかといえば、根底にWant-toがあるからです。

仮にHave-toで続けていたならば、パフォーマンスがそこまであがることはきっとなかったことでしょう。

それこそ世界で活躍するくらいのレベルになれば、嫌々やるどころか、毎日楽しんで徹底的に取り組むことが必要です。 


ではそんな大事なWant-toですが、そんなものがないと嘆く人に仕事柄出会います。

Want-toのない自分はだからダメなのだと、だから何処へもいけないのだと、非常に悲嘆する人が現れます。

それは私からすれば、まだ見つかっていないだけの話です。

まだ見つかっていないなら、これから見つけていけばいいだけの話です。


ではどうやってみつけるのでしょう?

そのコツは、今興味が少しでもあることにチャレンジしてみことです。

なしいは今好きだと思うものを、徹底的にやってみることです。

そうして飽きればもちろんそれはWant-toではなかったということですが、いつまでも続ければそれはWant-toです!

特に期限を意識する必要は一切なく、結果的に『10年続いてた!』というものの方が正解です。

Want-toがWant-toであるかどうかは、今ここでわかならいわけです。

チャレンジしてみて、初めてわかります。


そこでは『飽き』というバロメーターは非常に役に立ちます。

とりあえず飽きるまでやってみる。

そうすることで、自分の求めるものが見つかります!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちはすべからくゴールを持っています。
というより、ゴールがない人は存在しません。

一番強烈なゴールは、生命の維持に関するものですが、もっと他にも自分が気づかない無意識下のゴールはたくさんあるでしょう。

どんなゴールがあるかはもちろん個人個人で千差万別です。
ビックリ箱のように開けてみるまで基本わかりません。


さて、私たちがよく知るように、スコトーマの原理によって、自分の観たいものしか基本観ることはありません。
もっと言えばゴールに合致している情報が、RASを潜り抜けて意識にあがるということです。
この観点でもうひとつ深堀すれば、ゴールと自我は同じものであるということが可能でしょう。


そう考えたとき、私たちが今まさに悶々と湧き上がるネガティブな感情は、ゴールの責任です。
それと同時に、煌々と湧き上がるポジティブな感情も、間違いなくゴールのおかげです。

ゴールが自分にとってのWant-toならば、楽しくて仕方がないように、ゴールが自分にとってのHave-toならば、嫌で仕方がないのはある意味当然です。


現状の外側のゴールと自我を縁起で結ぶことが、ゴール設定と考えることができるでしょう。

そして自分の自我をゴール側の自我に評価関数的な意味で置き換えていくことです。


今の楽しい気持ちも嫌な気持ちも、全てはゴールからやってきます。

逆をいえば、自分のゴールが何かがわかれば、自分の自我も現状もよくわかります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。

努力とは非常に尊い概念です。
しかし、私たちのゴール達成に基本努力は不要です。

これは事実であり、21世紀の現代に努力は不要であると私も考えますが、如何せんどうもこの努力不要という言葉に、何かしらギャップがあるように感じます。


努力という言葉の意味を広辞苑で調べたならば、『ある目的のために力を尽くして励むこと』であるそうです。

ある目的のために力を尽くすというだけならとても美しい形容ですが、実際私たちはこの言葉になんともいえない血生臭く、ドロドロしたメージを持っています。
もちろんそこには辛く、苦しく、強制される、といういうようなネガティブな風景も含んでいます。

私たちがよく知るように嫌なことをしても生産性は全く上がりません。
なぜなら、脳は徹底的に嫌なことを拒否するからです。

会社の上司から好きでもない仕事を振られたら、どうにかやらない方法を探すのは、これが原因です。


さて、ここできちんと諦観したいのは、努力という存在の指向性です。

努力不要とは、確かに嫌なことをしなくてもいいという意味ですが、何もしなくていいといっているわけではありません。

努力不要を嫌なことを我慢して続けるという意味でとらえるならば、不要であるとの解釈に納得です。
しかし努力不要を何もしなくていいという意味でとらえるならば、それはただの都合の良い解釈です。

後者でいえば、頭で考えるだけで世界から貧困も飢餓も戦争もなくなるといっているに等しいわけです。
もちろん世界から貧困も飢餓も戦争もなくなることは大変いいことです。
なので、手を全く動かさずとも、頭で考えるだけは常にするべきでしょう。


また、努力という言葉をモチベーションという観点で見下ろすのなら、それは建設的動機づけ強制的動機づけとして表現できると思ます。

ひらたく言えば、Want-toとHave-toです。もちろん前者がWant-toであり、後者がHave-toです。

私たちが連想する努力とは、まさにこの強制的動機づけのことを意味します。
そして強制的動機づけがなぜダメかといえば、そこの裏には「さもないと」と自身を脅迫する言葉がついてくるからでした。

上司に怒られるかもしれないから仕事をするでは、ちっともパフォーマンスは上がりません。


そう考えたとき、努力不要とは、ただ単にゴール到達までのアルゴリズムの問題であるといえるでしょう。

アルゴリズムが悪いだけらなら、もっといいものに入え換えたら解決します。

努力不要とは、アルゴリズムの問題です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents