苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:資本主義

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


かつて私たちが原始人だった頃、それは飢えとの戦いでした。

そういう意味で、私たちが雑食なのは、肉でも野菜でも、何でもいいからカロリーを摂取して、少しでも餓死するリスクを抑えるための成果のように思います。
もちろん狩猟だけでなく、農耕を編み出したのも、飢餓に抗った結果です。

現在はカロリーベースでいうならば、飢餓の克服に成功しています。

しかし、未だに世界で餓死する人が存在するのは、世界というシステムのどこかに何かしらのエラーが存在するからと考えられるでしょう。

そして後に貨幣による価値の交換というシステムを創造し、現代は貨幣が飢えというDNAレベルの恐怖と合致します。

現在を生きる私たちは、お金という煩悩が強いことにも納得です。


さて、遺伝子レベルでお金が飢餓と紐づいていると言及すると、途端にお金を稼ぐことにマイナスのイメージを持ってしまいます。

それはお金を稼ぐことは卑しいことだと感じてしまうということです。

しかし、いつも言うように日本は資本主義を掲げている以上、お金を稼ぐことは当然です。
もちろん犯罪はダメですが、他人に役に立つプロダクトなりサービスなりを提供し、堂々とお金を稼ぐことはむしろいいことです。

人の役に立っているのだから当然です!


この構図で考えたとき、お金が減ったり増えたり、ただ単に移動するだけのように感じます。
買えばお金は減るし、売れればお金は増えるということです。

しかしお金を払う、物を買うという行為を、抽象度あげて観たときは、全体の富は増えることしかないことに気づきます。


とても簡単になるように、AとBの2人だけの世界を想定します。

この世界に流通するお金はたったの1万円です。
そしてこの1万円はAさんが持っています。

このときBさんはとても良く切れる包丁を作ることに成功します。

そしてあまりの切れ味に感動し、Aさんはその包丁を1万円で購入します。

このとき所持金はAさんが0円で、Bさんが1万円となりますが、包丁という1万円相当の財も存在ます。

合計2万円の価値があることになります。


また、今度はAさんが非常に丈夫で熱伝導にも優れたフライパンを開発します。

そのあまりのフライパンの火の通りの良さに感動し、BさんはAさんに1万円でフライパンを購入します。

このときの所持金はAさんが1万円で、Bさんが0円です。

しかし1万円相当の包丁と、フライパンと、合計2万相当の財が存在することになります。

合計3万円の価値があることになります。


これを繰り返せば、どんどん世界で富が増えることは容易に想像可能です。

そしてこれを70億人でやるのが、世界経済です。


もちろん言うまでもなく、貨幣が勝手に増殖したわけではなく、そこには私たちの考えた付加価値が存在するから、富は増えていくことが可能です。

付加価値というといまいちピンときませんが、それは古い言い方で労働のことを表します。


富の源泉とは私たちの労働であると看破したのは、19世紀に資本論を残したカール・マルクスですが、カロリーベースでも飢餓を克服し、寿命という意味でも膨大な時間を手に入れた私たちは、自分たちが考える以上に好きなものに熱中することが可能です。

ある対象に時間を使えば使うほど、当然人よりもその対象はひとつ高い抽象度に行きつくことができるでしょう。

そして、そのインパクトをきちんと誰かに評価されれば、そこに財の交換が発生します。

つまり、自分を含む社会の富が増えることを意味します。



@異常なスピードと精度でゴールを決めまくるおじさん(左側)のフリースロー


誰が、何に、どれだけの価値を見出すかは、言うまでもなくわかりません。

しかし、ただのバスケットボールのフリースローさえ、これだけ出来るようになると、新しい可能性が観えてきます。

テレビで報道されたり、芸として他人から呼ばれたりなどするかもしれません。
そこは最後にゴールがものをいうでしょう。


同じ時間をかけるなら、好きなものに使った方が合理的だと思います。

才能というより、好きやWant-toで、抜きん出る何かで豊かになりましょう。

私たちは好きなことを突き詰めるだけで、豊かになることが可能です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


マネー哲学なる言葉があるように、お金とは人類にとってなかなか深淵なる問いかけです。

お金の正体は、ただの情報が乗った紙であることを知る私たちからすれば、特に深く悩む必要もないように感じますが、世間や社会はまるでそれが全てだといわんばかりのお金の刷り込みを施します。

資本主機や社会主義、社会学的に過去色々な社会システムが提唱され、現在もその一部が継承されているとなかなか実感が持ちづらいですが、今日から〇〇主義でいくと決めた途端、それ以外が強制的に排除されます。
最初は抵抗があるかもしれませんが、いずれ人は慣れていきます。
これを洗脳といわずして、何を洗脳といおうかという感じです。
資本主義ももちろん例外ではありません。

というものの日本が現状資本主義を採用している以上、そのルールに則る必要があるわけです。
もちろん則りたくなければ、その必要はありません。
そういう生き方は実際にあり、そのように暮らしている人も確かにいます。


さて、資本主義の論理を受け入れていこうと決めたとき、次に必要になることはお金のゴールです。
厳密にいえばお金はゴールではなく、お金と自分の二者間で、どのように付き合うことがその核心です。
便宜上ファイナンスのゴールと言いますが、裏で走るアルゴリズムはコンフォートゾーンです。

ファイナンスのゴールを細分化すると、フローとストックの2種類があるでしょう。

フローとは往々にしてキャッシュフローのことであり、言い換えれば入りと出です。
いくらお金が入ることが正で、いくら出ていくのかが正ということです。

そしてその次はストックです。
これはもちろん広義では貯蓄という意味になりますが、必ずしも現金で持つ必要はありません。
インフレや為替リスク等を踏まえてその配分を決定します。

両者とも、ファイナンスという意味でとても肝心です。
どちらかが抜け落ちても全く駄目で、どちらに対しても最適な設計と、ゴール設定が必要です。


先立つものは金という言葉がある通り、資本主義の中で何かを為すためには実際まとまったお金が必要です。
ブラック企業として世間に広まったワタミの渡邊美樹会長も、最初はトラックのドライバーで起業資金を集めました。
資本主義の上で何かをするとき、この論理は当然受け入れる必要があるでしょう。
重力のある地球でいくら生身のまま重力に逆らっても仕方がないのと同じです。

トラックのドライバーをする必要があると言いたいわけではなく、要はきちんとファイナンスのゴールがあったかというのが本題です。


お金は所詮どこまでいってもただの紙であり、ツールです。
間違っても神ではありません。

お金のシステムをきちんと俯瞰し、利用していきましょう!
何かをしたいとき、お金がないというのは、自分のゴールがなかったということです。

疑うべきは自分のゴールです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents