苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:認知的不協和

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


Affirmとは「肯定する」という意の動詞のことで、もちろんその名詞形は私たちが良く知るAffirmation(アファメーション)です!

このAffirmには、肯定するの意の他に、受け入れるというニュアンスも入っています。


さて、そう考えるとアファメーションとは、単なる消極的な肯定ではなく、積極的な肯定の姿が見えてきます!

なので、刷り込みというと非常に乱暴ですが、アファメーションとして書いた自分の未来のイメージを、積極的にどんどん受け入れていくことが重要です!


このとき、きちんと受け止めることができたなら、理想形はもちろん今ここにいることが不快で仕方ないという認知的不協和が起こることですが、それとは別に「こんなことして本当に大丈夫なのか?」といった、不安や緊張が出て来ることが大半です!

正直にいえば、大抵はここでその不安に耐え切れない場合がほとんどです!

なので、せっかくゴール側へ動いたコンフォートゾーンが、またもといた現状に戻ってきます。

これは非常にもったいないです。


では、ここでよく考えたいのが、受け入れるというのはどういうことかということです。

私がよくパーソナルコーチングを通じて経験することは、自分のすごさを受け入れないというケースです。

競争が重要ではないという前提は当然として、その上で明らかにひとよりも優れている長所があっても、自己肯定感が低い場合、ここでその事実がどんなに他人から教えてもらっても受け入れるということをしません。

「ふーん」と、軽く流されるのがオチです。

つまり、自分の持っているものは、自分が馴染み深すぎて、当たり前になっているパターンです。

自分の長所が当たり前になっていると、自分が持っている「それは大してすごいものではない!」というリアリティーが基本優先されるのです!


これをもっとわかりやすい事例に置き換えれば、一流大学での学力順位です。

一流大学に入るだけで一般的に十分はすごいわけですが、もしその中で成績が万年ビリならどうでしょう?

おそらく誰しも自分がビリであることに劣等感覚え、自分はなんてダメなんだとなります。

そこでいくら、あなたはどれだけの勉強をして一流大学に入ったじゃないかといっても、聞く耳を持たないのと同じです。


では積極的に自分すごいところを肯定するとどうなるか?

エフィカシーがあがります!

エフィカシーがあがるので、大きな挑戦をしてみたくなります!

自分の長所を使って、どうやって社会に役立つかを真剣に考えたくなります!

もちろん、いうまでもなくそれはゴールが見つかるということだし、そしてその達成も可能です!


自分がどんどん好転していくというポジティブな連鎖は、兎にも角にも自分のエフィカシーがあがるからです!


よくエフィカシーをあげるためには、どうすればいいかと聞かれ、その都度そのひとにあった最適な方法を色々とお答えしますが、一番効果が高いものひとつのは、自分の長所や強みを長所や強みだと受け入れることだと感じています!


アファメーションに話を戻すと、アファメーションもこれと全く同じ構図が成り立つと考えています!

まずは、受け入れることです!

そして受け入れるとは、その選択にきちんと責任を持つことです!


そういった要素がきちんと絡まったとき、アファメーションは優れた自分の書き換え手段になるのです!

アファメーションを正しく使って、ゴールを達成している自分をぜひ想像してみてください!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

*本日23:59に募集が終わります!*

コーチングによって、自分が変わり、自分の本当に姿が手に入るという感覚を手に入れましょう!

人は変わらないという方がおかしいという言葉の意味が非常に良くわかります!!


不安を克服するセミナーも本日までです!




ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


前回のはじめての書き換えから約2ヵ月ほど間が空いてしまいましたが、2月に今年初めてとなる『はじめての書き換え』を行います!

新年一発目のはじめての書き換えのテーマは、なんと美容です!

しばらく間が空いてしまったので少し補足すると、はじめての書き換えシリーズは、約2時間のセミナーで自身が共感覚を用いて相手の内部表現を書き換える技を学ぶ講座です!

もちろんはじめてのと名を冠するように、初心者の方が楽しく学ぶ講座です!
といい:つつ、経験者の方やもう一度基礎からやりたい方も歓迎です!


さて、今回はその内部表現を書き換えるテーマが美容ということですが、お肌のリフトアップにチャレンジしたいと思います!

よくご存知のように、私たちの身体(物理)は情報空間と連続的につながっています。

なので、情報空間が書き換わると、当然物理に影響を与えます!

余談ですが、それをパーソナルコーチングの抽象度で取り出すと、なぜコーチングを終えるとゴール達成はもちろんのこと、姿勢が良くなり、若々しくエネルギーに溢れるようになるのかが理解できると思います。


それでお肌がリフトアップというのも、完全なる予定調和です!

抽象度の高いところの書き換えは、物理に多大なる影響を及ぼすので、単純にお肌のリフトアップに関わらず、印象がやわらかくなったり、美白効果も起こります

自分がこの技術を会得するので、それでどんどん自分が自分に重ね掛けしていくことも可能です!

もちろん、共感覚をふんだんに使うので、共感覚的な資質も勝手に発現します


この講座に参加することで、誰も簡単に共感覚とは何かが理解でき、そして後天的に共感覚を身に付ける人工共感覚者になることが可能です!


以下詳細
††はじめての書き換え~美しくリフトアップ!~††
【日程】2016年2月13日(土)

【時間】13:30~15:30

【場所】東京都渋谷区貸会議室
 (参加者様に個別でお知らせします)

【募集人数】定員8名様
(定員に達し次第、終了とさせていただきます)

【料金】20,000円(税込)

【申込み期限】2015年1月31日(日)23:59:59 まで

【参加資格】熱意があればどなたでも!

【お申込み】こちらのお申し込みフォームから

【質問等】こちらのお問い合わせフォームから


内部表現を書き換え術を美容にあてはめること、高いスキンケア商品にお金と時間をたくさんかける必要が実は全くなかったことに気付きます!

もちろん応用はいくらでも可能なので、男性が身に付けて、奥様や彼女に施術してあげるというのも、とても良い相互作用だと思います!


今回のこの講座を通じて、内なる自分の本当の美しさを取り出しましょう!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちは、すべからく現状維持を好みます。

なぜなら、現状維持こそが生命を取り留める最も合理的な方法だからです。

ただ間違えてほしくないのは、常に 現状維持=悪 という構図ではないということです。

なぜなら、コーチング理論において最も重要なことはゴールの達成であり、私たちはゴールを設定しそれに向かって進むからです。

なので、自分にとって会社員であることが最も良い選択であるのなら、堂々と会社員であるべきです。

基本的に現状の外にいくべきかどうかも自分で判断することであり、自分の価値基準に沿って、きちんとこれが大事だと、これをしたいと、心から思って実践することです。


その上で、やっぱり今の自分は本当に自分が欲しいものではないという結論に至ったなら、すかさずゴールを設定し、ゴール側へ移動をすることです。


さて、ゴールを設定して移動しようとしたここからが本番で、ようやく私たちが学び実践する、コーチングらしい事象がワラワラと登場します!

まず最初にあなたを襲うのが、圧倒的な不安です!

本当にこんなことやって大丈夫なのだろうか?

自分の過去の経験から考えて分相応ではないではないだろうか?

という絶対に上手くいかない気しかしないという感じです。


ここで難しいのは、不安は起こるとわかっていも、なかなか自分で対処が出来ないことです。

なぜなら、一度不安という情動が活性化すると、ひとの論理的思考が制限されてしまうからです。


つまり、本来事前にわかっていることもわからなくなるということです。


そしてそのままハンドリングを間違えれば、あれまあれまと、身体をあちこちにぶつけて、すり傷や切り傷をたくさんつけながら元の現状に戻ります。

そうして失敗が無意識の深いところにアンカリングされ、何をするにも失敗することしかイメージできないようになってしまいます。

要するにセルフイメージが下がるのです。

大抵はここで円環が閉じ、何も出来ないし変わらないというところに落ち着きます。


もちろんここで不安が出てくるということは揺るぎない事実であり、わかっていたところで発生は防げません。

不安も感情のひとつである以上、それは生理現象です。

生理現象をどうしても止めたいのなら、笑うことやトイレを止める訓練をするべきです。

そして不安を解消する最も簡単な方法は、再びもといた場所に戻ることです。

ただそれは結局何も解決していないことに気付きます。


という堂々巡りになか、一筋の光となるコーチング理論がここでようやく登場です!

ここで一番重要になるのはゴール側の臨場感です!

ゴール側の臨場感とは、ひらたくいうと、まさにゴールの世界にいる自分が持つ体感です!

極端な話をすると、座布団の上でせんべいをかじりながらテレビを見るのと、海の見えるハンモックの上で寝ころびながら読書をするのでは、どちらが自分にとって馴染み深いかということです。

ここで前者が現状で、後者がゴール側であったとき、後者の方がより馴染み深いものであるのなら、座布団の上でせんべいをかじっていることに強烈な違和感が生じます。

何でこんなところにいるのとなります。

何かおかしいし、ここから抜け出したいという気持ちが湧き上がってきます!


そうなると、ひとはその違和感を解消するために、誰に言われるまでもなく勝手に動き出すのです。


そしてこのとき正直不安という感情はわりとどうでもよくなります。

ひとによっては不安そのものを感じませんし、仮に感じてもここから抜けたいという気持ちが強くあまり気になることはありません。

ちょっと元来好戦的な性格のひとは、それをどうも武者震いのように感じるようです。


それが無理なく淡々とゴール側へいくという一番きれいなコーチングのイメージです!

そしてその系に近づけるために、セルフトークやアファメーションといったテクニックの数々と内部表現を書き換えるプロのコーチが存在します。

なので、私たちは忠実にコーチング理論に沿うだけで、ゴールを達成することが可能です!


不安でどうしようなく感じられるのなら、まずはコーチングの基本的な型に移行することを考えていきましょう!

黄金パターンに沿うだけ、ゴールは勝手に達成されます。

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちにはすべからく自分に対して希望を持っています。

自分はこんなものじゃない。

自分はまだまだやれるのに!

現状の自分と理想の自分とのギャップが強い認知的不協和を産み出します。

そういったモチベーションは世間からの逆風を受けがちですが、最初のスタートは誰しもみな同じです。

特別恥ずかしがることでも、悲嘆することでもありません。


そこから生まれた感情というガソリンが満タンのときは、どんどんパワフルに障害をかき分けていくことが可能です。

しかし、感情とは消費可能なエネルギーである以上、補給されなければ、どこかで必ずガス欠を起こします。

一度ガス欠を起こせば、最初の頃の威勢の良さはどこへやら、途端に今の自分の行動に疑いを持ち始めます。


自分の行動を顧みることは極めて重要ですが、顧みることとなった発端が何のかはきちんと明確に意識すべきトピックです。

仮に顧みることとなった発端が、ホメオスタシスにあるならば、全ての原因は紛れもなく自分の責任です。


さて、この純然たる事実の前で、私たちはどのように振る舞うべきでしょう?

いうまでもなく、認めることから議論をスタートさせるべきですが、往々にして事実の否定から私たちは議論を始めます。

なぜならそれを認めることは、今までの自分の経験や蓄積を、一気に水の泡とさせることに等しく感じられるからです。

これは誰しもが持つ人としての機能です。

ひとは何より損失を嫌います。

余談ですが、ギャンブルで負けを認めらずもう一勝負したくなるのも、この損失を嫌う性質ゆえです。


しかしひとが損失を嫌い、先延ばしにするだけでは、何の解決にならないことも存在します。

言い換えれば、もっと手痛い損失を被る可能性があるということです。

受け入れなければいけない損失もあるでしょう。

このときささやかな希望も、ささやかな絶望も不要です。

なぜなら、ささやかな希望は自分を無意味に慰めるだからです。

なぜなら、ささやかな絶望は自分を無意味にあきらめさせるからです。


事実をきちんと受け止める。

これは字面以上に、持つ意味は深淵です。

そしてこれが一番正直辛いプロセスです。

しかし、そこを受け止めると、今までの余計な重りが外れ、本当の自分に向き合えます!

本当にやりたいことが見つかります!

自分がフタしたパンドラの箱にこそ、無限のパワーが眠っているものです。

------------------------------------------------------------------------------------------------

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


昨日は、Change the World~世界を変えるコーチング~@大阪でした!

今年は大阪スタートで、1年くらいをかけて、日本を転々と回ります!


昨日はそんなChange the Worldの初日であったわけですが、全体の感想を述べると非常に濃い1日でした!

どのコーチも2年目ということで、パワーアップしており、その後のアンケート(ご感想)でも、昨年以上にパワーアップしていたという内容が非常に多く書かれていました。

昨年来られた方が今年もまたリピーターとして来てくれるのは、純粋にうれしい出来事です!


また、私の内容である『最先端の神経科学の知見からの理性と感情をコントロールする方法』ですが、これも最先端の名に恥じない認知神経科学の世界的権威でありトップランナーの研究結果等を紹介しながらのセミナーでしたが、かなり好評でした!

昨年のリピーター組が全員受けに来てくれたことが、個人的にとても嬉しかったです!

自分の講座は基本生半可なWant-toでは胃もたれ起こすほど濃い内容です!

しかし、リピーターの方々は昨年のセミナーを受けられても胃もたれを起こさなかった猛者なので、そのあたりは気にせず楽しみながらガシガシ書き換えていきました!
 
初参加の方もいましたが、もちろんその方にも基本遠慮はしていません!
一度来られた以上は、それ以上の価値を持って帰ってもらいます! 

そして終わった後は、受講者の方のひとりの眼が雰囲気がガラッと変わったのが見えたので、書き換えが上手くいったなと、内心にやにやしておりました!笑


感情というものに対し、私たちはとても致命的な勘違いをたくさんしています。

それらをひとつひとつ正しく認識すれば、おのずと正しい回答は導けます!

書き換えは完了しているので、私生活でご自身の変化を楽しんでいってください。

 
さて、これは今回の感情という話だけではなく、ブログでもセミナーでもいつもいっていることですが、私たちは自分が求める回答にたどり着かないとき、自分はIQが低いからだと安易な言い訳をしてしまいがちです

それはもっといえば、無知から始まる思考停止です


人から『無知だね』と言われると私たちは脊髄反射的にムッとするものですが、無知であること自体は知れば知るほど仕方のないことです。

何故ならこの世に完全情報はなく、私たちの判断は必ず偏った部分情報に頼らざるを得ないからです。

スコトーマが存在する以上、私たちは例外なくみな無知です。

全ての情報が集めることができないのに、どうして最善な選択をとることができるのでしょうか。


しかし、その事実を知ったからといって、何か特別な救いがあるわけではなく、ただのスタートです。

つまり言い換えると、その偏った部分情報だけで、どうやってより適切な判断をしていくべきかという前向きな疑問が残るということです。


明確な回答などありませんが、そのヒントとなるものは、自分が無知であると理解し、考え続けることです。

曖昧なゼロとイチの間のグレーゾーンで、葛藤し、悩み続けることです。


ソクラテスの無知の知ではありませんが、そうやって私たちは無知から脱しはじめることが可能です。

もちろん知らないことによって不利益を被る場合もたくさんあります。

ただ知識として知っておけば、回避できた、上手くいった、なんてことはざらに存在します。

しかし、そのとき知らない以上はどうしようもなく、知らないものはこれから知っていけばいいことです。


そういうことにひとつひとつきちんと向き合って初めて大人になり、社会に機能が果たせるような気がします。


感情も正しくきちんと使えば大きな武器となるものです!

その風景をもっとみなさんと共有したいと思います。

FB_IMG_1436148620160
 ※出来ることからひとつひとつ!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents