苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:認知的バイアス

*公開収録は明日です!*


ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


今回から新たに始める『文子屋~はじめてのコーチング~』ですが、せっかくの機会ですし、文子屋開始記念ということで、公開収録をしたいと思います!

文子屋って何?という方はこちらから



今回の文子屋のテーマは、コーチングらしく王道に認知心理学近辺とコーチングについての内容で行きたいと思います!


ちなみに収録は豪華にも2つの予定です!

認知心理学 × コーチング、そして神経科学 (脳科学)× コーチングです!

全く違う分野からの内容ですが、この2つの講座を連続で聴講することで、新たなゲシュタルトが構築されるでしょう!!


苫米地式コーチングの一番メジャーな部分でありながらも、意外とスコトーマになってしまっている部分かなと思います。

眼の前に広がる大海を俯瞰し、コーチングの深淵なる世界を一望することを目指します!


認知心理学といえば、私たちが思い出すのはダニエル・カーネマンです。

20110301_1697977
@ダニエル・カーネマン


今回の文子屋でももちろん登場します!

というより、彼の研究そのものが『認知心理学 × コーチング』の対象です!

彼の功績はノーベル経済学賞を受賞するにいたったプロスペクト理論ですが、プロスペクト理論にも含まれる人間のヒューリスティクスと認知バイアスにフォーカスします!

コーチングにおける創造的回避やスコトーマなど、人の意思決定について理解を深めます。


次に神経科学の観点からベンジャミン・リベットを取り上げます!

GW161H209
@ベンジャミン・リベット


ベンジャミン・リベットは心理学、脳科学、哲学、社会学、法学、経済学とった層々たる学問世界に原子爆弾級の爆弾を落とした人間です。

あまりに私たちの常識と逸脱した彼の研究結果に、最初は無視されましたが、後に大論争を巻き起こし、そして認められていきます。

彼の原子爆弾級の研究結果でもある、意識の幻想性についての内容が『神経科学 (脳科学)× コーチング』のメイントピックです!

私たちに自由意思が存在しないことが、リベットの研究からすでに証明されていますが、その内容に切り込んで、コーチングの理解と運用につなげます!


これら2つの内容は、私たちのコーチングを理解するうえでも、運用していくうえでもきちんと押さえておくべき人物であり、研究です。

この2人の研究を知ることで、私たちのコーチングはより堅硬なものへと昇華するでしょう!

もちろんこの2人の研究は行動主義的なものであり、ファンクショナリズムを信仰する私たちからすれば、過ぎたパラダイムであることは間違いありませんが、かつての慣れ親しんだ考え方であるからこそ、非常にわかりやすいという側面も存在します!


なお、この公開収録には、今回開始記念ということで、場所代だけ頂戴しようかなと思っています!

以下、公開収録の詳細です!

文子屋~はじめてのコーチング~

日程:2015年4月18日(土)

時間:10:30~12:30
(収録後質疑応答OK、途中入退室不可)


場所:東京都内某所
 (参加者様に個別でお知らせします 


料金:一般 ⇒ 5,000円(税込)
    メルマガ読者 ⇒ 3,000円(税込)

    ※今後1講座につき20,000円(税込)で配信予定


申込み期限:2015年4月17日(金)23:59:59 まで
  飛び込み参加OK!


お申込み:こちらのメールフォームから


質問等:こちらのメールフォームから



最初からなかなかコッテリ、ズッシリと来る内容ですが、非常に知的で刺激的な研究です!

楽しく学び、圧倒的な知性と抽象度獲得の一歩を踏み出してきましょう!

t02200220_0346034613134260427
※文子屋で圧倒的な知性と抽象度を!

------------------------------------------------------------------------------------------------

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


今回から新たに始める『文子屋~はじめてのコーチング~』ですが、せっかくの機会ですし、文子屋開始記念ということで、公開収録をしたいと思います!

文子屋って何?という方はこちらから


今回の文子屋のテーマは、コーチングらしく王道に認知心理学近辺とコーチングについての内容で行きたいと思います!

ちなみに収録は豪華にも2つの予定です!

認知心理学 × コーチング、そして神経科学 (脳科学)× コーチングです!

全く違う分野からの内容ですが、この2つの講座を連続で聴講することで、新たなゲシュタルトが構築されるでしょう!!


苫米地式コーチングの一番メジャーな部分でありながらも、意外とスコトーマになってしまっている部分かなと思います。

眼の前に広がる大海を俯瞰し、コーチングの深淵なる世界を一望することを目指します!


認知心理学といえば、私たちが思い出すのはダニエル・カーネマンです。

20110301_1697977
@ダニエル・カーネマン


今回の文子屋でももちろん登場します!

というより、彼の研究そのものが『認知心理学 × コーチング』の対象です!

彼の功績はノーベル経済学賞を受賞するにいたったプロスペクト理論ですが、プロスペクト理論にも含まれるヒューリスティクスと認知バイアスにフォーカスします!


次に神経科学の観点からベンジャミン・リベットを取り上げます!

GW161H209
@ベンジャミン・リベット


ベンジャミン・リベットは心理学界、脳科学界、哲学界、社会学界、法学界、経済学界とった層々たる学問世界に原子爆弾級の爆弾を落とした人間です。

あまりに私たちの常識と逸脱した彼の研究結果に、最初は無視されましたが、後に大論争を巻き起こし、そして認められていきます。

彼の原子爆弾級の研究結果でもある、意識の幻想性についての内容が『神経科学 (脳科学)× コーチング』のメイントピックです!


これら2つの内容は、私たちのコーチングを理解するうえでも、運用していくうえでもきちんと押さえておくべき人物であり、研究です。

この2人の研究を知ることで、私たちのコーチングはより堅硬なものへと昇華するでしょう!

もちろんこの2人の研究は行動主義的なものであり、ファンクショナリズムを信仰する私たちからすれば、過ぎたパラダイムであることは間違いありませんが、かつての慣れ親しんだ考え方であるからこそ、非常にわかりやすいという側面も存在します!


なお、この公開収録には、今回開始記念ということで、場所代だけ頂戴しようかなと思っています!

以下、公開収録の詳細です!

文子屋~はじめてのコーチング~

日程:2015年4月18日(土)

時間:10:30~12:30
(収録後質疑応答OK、途中入退室不可)


場所:東京都内某所
 (参加者様に個別でお知らせします 


料金:一般 ⇒ 5,000円(税込)
    メルマガ読者 ⇒ 3,000円(税込)

    ※今後1講座につき20,000円(税込)で配信予定


申込み期限:2015年4月17日(金)23:59:59 まで
  飛び込み参加OK!


お申込み:こちらのメールフォームから


質問等:こちらのメールフォームから



最初からなかなかコッテリ、ズッシリと来る内容ですが、非常に知的で刺激的な研究です!

楽しく学び、圧倒的な知性と抽象度獲得の一歩を踏み出してきましょう!

t02200220_0346034613134260427
※文子屋で圧倒的な知性と抽象度を!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


世の中には成功者と呼ばれる人たちがいます。

富、名声、権力、彼らはこのいづれも持っている人達です。


そういった人たちは、何をやっても上手くいき、何をやっても成功しているように映ります。
しかし、それはどれも断片的な情報です。
ここにおけるキーワードは認知心理学でいうところの認知バイアスという存在です。


ソフトバンクの孫正義CEOは、上記の成功者にノミネートできる人物でしょう。
昨年もアリババの株式上場で賑わせました。

彼の美談はアリババに限ったことではなく、Yahoo、J-PHONEの買収やiPhoneの独占販売権獲得など、実に様々です。

最近ではソフトバンクがロボット産業に参入したこともご存知でしょう。
そのブレイクスルーの一環が言わずと知れたペッパー君です。
f7bfa5ec
@ペッパー君


これだけ色々見せられると、私たちは孫さんは次も何かをやってくれる、次もこの事業は成功すると安易に思いがちです。

しかしこれの正体はただの認知バイアスです。


例えば、自分が大学教授であったとき、同じ生徒が何の関連性もない2つの論文を提出したとしましょう。
内容は全く別物です。

1つ目の論文が非常に良く書かれていたのなら、恐らく2つ目の論文も非常に良く書けていると思うことでしょう。
逆に、1つ目の論文の出来が非常に粗悪なものならば、恐らく2つ目の論文も読む前から粗悪と思うでしょう。

これはハロー効果と呼ばれるいわば錯覚です。
認知バイアスとは、私たちの良く知る言葉ではスコトーマの原理そのものです。

1つ目の結果と2つ目の結果に何ら依存関係はないにも関わらず、往々にしてこれらを勝手につなげます。


孫さんも同様です。
世間に露呈した成功が重なると、そこに無敵のオーラが宿ったかのように錯覚します。
実際、孫さんも会社への投資で失敗をたくさんしています。
というより失敗が大半です。

ただ結果的には、アリババのような企業がそれらの失敗を全てリカバーしてくれます。
これがカラクリです。


私たちは一見真実に基づいて判断しているかのようですが、実際は自分が真実だと思ったことを追従しています。
真実はいくらでも変わり得るものです。

であるならば選ぶ基準はただひとつです。
それが現状の外側のゴールです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents