苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:評価関数

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


現状とは、私たち苫米地式コーチングの流派において、ステータス・クオと表現します。

現状という言葉を聞くと、日本語の意味が現在の状態やありさまというものなので、今のこの現在という一点だけを指しているように感じます。

しかし、私たちが主張する現状(ステータス・クオ)とは、これからやってくる未来のことも含んでいます。

もっとざっくり言ってしまえば、コンフォートゾーンの原理に従い、未来永劫同じところに居続けてしまうということです。


そのように考えたとき、時間は何も解決しないことがわかります。

心の病などで時間が経てば解決の見込みがある、ないしは待つということが大切という場合も多々ありますが、少なくとも私たちが直面するケースはそうでないことが大半です。

いわばステータス・クオの外側へ向かう最中なのか、そうでないのかという視点は極めて重要なポイントとなるでしょう!

そして外側へ飛び出すときに必要になのは、ゴールの設定とエフィカシーの高さです。


ここで率直に良くあるケースとして、本人はステータス・クオの外側に出ようとしているつもりなのに、実はステータス・クオのど真ん中の行動をしている場合がよくあります。

自分はそんな現状を変えようと必死になっているにも関わらず、全く成果が出ないことへの焦りとイラ立ちがつのりますが、実際はステータス・クオに留まる努力を必死に取っているので、ちゃんとステータス・クオに留まる結果が付いてきています。

良いか悪いかは別にして、正当な努力に対する、正当な結果が還って来ています。


さて、こんなパターンから脱すために、必要なことは何かといえば、それはもちろん正しい現状の認識です。

もちろん家族でも友人でもプロのコーチでも、わかっていない人にはきちんと指摘することが重要だと思っています。

しかし、残念ながら本人からすればそうように感じません。

今までの自分の努力や苦労やかけた時間は何だったのか、悪態をつくことを通り越して自暴自棄に陥ります。

もちろん地の底まで落とされたとき、逆に自分は間違っていないと、そんなことはないと怒りが飛び出すひともいるでしょう。


日本では、言わぬが花という言葉があるように、正しい指摘を基本的に嫌います。

なので、実際それをエフィカシーが下がることではないか、下げてしまうのではないかと懸念されますが、私個人はそうでないと思っています。

なぜなら、正しい現状認識から始まり、そこから外側へ向けて方向転換すればいいからです。

ステータス・クオに内側と外側しかない以上、内側がわかれば外側がわかります。

今大阪にいることがわかれば、東京まで行くことは可能です。
もちろん、新幹線でも飛行機でも夜行バスでも構いません。

しかし、今どこにいるのかもわからないのに、東京まで行くことは不可能です。


エフィカシーでもセルフエスティームでもなく、そこでついつい変なプライドを持ってしまいます。

本当は逆向きです。

エフィカシーとセルフエスティームを持つべきで、変なプライドは捨てていくべきです。

プライドは何の役にも立ちません。

プライドが満たされて喜ぶのは、自分のちっぽけな自尊心のみです。


ゴールに向かうということは、ステータス・クオの外側に飛び出しコンフォートゾーンを変えていくことです。

コンフォードゾーンを変えていくこということは、評価関数(自我)を変えていくということです。


現状を知ることは、エフィカシーを下げることでもなんでもなく、ただのスタートです。

自分がどこにいるかのをきちんと知って、ゴール側に飛び出しましょう!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

『ドクター苫米地の新福音書』

本書は自由意思とは何かという壮大なテーマから「自分らしく生きる」ことに言及した著書である。 

自由意思という概念を、機能脳科学、現代数学、現代物理学、現代分析哲学、計算機科学等の学問から一望した内容は、壮観の一言である。
  


自由意思とは何かについて言及するには、自我についての定義が必要である。

なぜなら自由意思とは、広辞苑にて「他から束縛されず自らの責任において決定する意思」と定義されるように、自我のうちから出てくるものであるからだ。

いうまでもなく「自分らしさ」も、自我や自由意思から要請される。

私たちが「自我」という対象を考えるとき、それは往々にして意識のことを指す。

これは、『「わたし」とは何か?』というおそらく多感な子供時代に誰もが考えたであろう極めて普遍的な問いである。

我々は今ここにいる意識のことを、デカルトが方法序説で書き記したように、疑いようのない絶対的な存在であると考える。
なぜなら、意識について考えれば考えるほど、それに比例して意識するという行為が浮き彫りになるからである。

しかし、これは冷静に考えるととても不思議な論理であることに気付く。

なぜなら、「意識とは何か」について「意識」で考えているからである。

例えるなら、精神科医が自分の精神状態を診断し、精神異常の有無を判断しているに等しい。

普通精神異常を自分で知覚できないことは、想像に難くない。

今このブログに映る視覚情報も、マウスに触れる触覚情報も、PCの冷却ファンが放つ聴覚情報も、今ここにある自我を経験的に確からしめるように思えるが、それは自我のアプリオリ証明となる明確な根拠にはなりえない。

なぜなら、意識がない状態をどのように意識するのかという本質的な自己矛盾を持つからである。
例えば頭が留守となる場合があることを我々は経験的に知っており、それは無意識状態である。

無意識を意識することはできない。


さて、自我を定義するにあたって、認知神経科学の観点から考える。

先に結論を述べれば、自我は存在しないという結果が、最近の認知神経科学の研究では揃いつつある。

マイケル・S・ガザニガ著 〈わたし〉はどこにあるのか p.160~161

(引用開始)

意識の時間差に25年も前から繰り返し報告されてきた。

カルフォルニア大学サンフランシスコ校の生理学者ベンジャミン・リベットは、神経外科手術の最中、覚醒している患者の脳に刺激を与えてみた。

そこは手を担当する領域だったにも関わらず、患者が手に感覚を覚えるまでに時間差があった。

その後の実験では、行動開始に関わる脳の活動が、実際の行動の0.5秒前に起こってことがわかったが、これは当然だろう。

驚いたのは、被験者が行動を言度する0.3秒前から、脳内では関連する活動がすでに高まっていたことだ。

(中略)


2008年、ジョン=ディラン・ヘインズを中心とする研究グループは、こうした最新技術を活用してリベットの実験をさらに発展させた。

そしてある傾向が生じるときは、それが意識にのぼる10秒も前から脳にコード化されていることを突き止めたのだ。

脳はその持ち主が意識する前から活動していた。

それどころか、脳のスキャン画像から次の行動が予測できてしまう。これは衝撃的だ。

本人がその欲求を意識する前から、行動が無意識に始まっているのだとすれば、意志の原因としての意識の役割はなくなり、行動を起こそうとする意識的な意志はただの幻想となる。 

(引用終了)

※ジョン=ディラン・ヘインズらの研究参照はこちらから


私たちの頭の中の思考、五感を通して得られる情報は全て、脳の中の電気信号でやり取りされる。
 

このとき電気信号のやり取りを単純化するならば、入力⇒脳(演算)⇒出力という3層で表せる。


ここでいう入力とは五感から得られる情報や感情であり、出力とは実際の思考や行動のことを指す。


我々が意識と呼ぶのは、上引用からも理解できるように出力にカテゴライズされるものでる。


余談であるが、この事実はジュリアン・ジェインンズのバイキャメラルマインド(二分心)とも符合する。


脳が大脳辺縁系、新皮質と進化とともに徐々に拡大し、その処理能力が向上していった歴史のなかで、意識も生まれきたのならば、出力結果であることにも確かに納得がいく。


なお、バイキャメラルマインドとは、意識は先天的に備わっていたものではなく、進化の過程で後から生まれたものであるという仮説である。


意識が出力結果であるならば、我々の自由意思は何処にあるのかという疑問が残る。

そして、これらの実験結果だけを素直に踏まえるならば、我々に自由意思はないといえる。


すなわち、我々の意識とは、脳という計算機から投影されたホログラムのようなものであり、ホログラムが自分に実体があると錯覚しているにすぎないということである。



では我々は自由意思をどのように捉えるべきだろうか。


認知神経科学の知見を用いて、もう一度自我について考たい。
 

ここでは、左脳の機能に着目する。


左脳とは主に計算や言語・発話といった知的行動が専門であると考えられている。

他にも重要な機能として、統一がとれた対象への意味付けを行う。


この事実をもう少し深掘りするために、ガザニガ教授が実際に行った分離脳患者の事例を取り上げる。
 

分離脳患者とは、左脳と右脳をつなぐ脳梁が切断された患者である。

例えば、てんかんを持つ患者は、最後の治療法として外科的に脳梁を切断することがある。

てんかんとは、突然発生する脳内の電気的興奮により、発作を繰り返す慢性的な脳疾患である。
このとき、脳内の電気的興奮が発作の原因であるから、物理的に電気信号が通る個所を切断することで、発作の発生を抑える。

この治療法は事実効果があり、発作自体はほぼなくなる。
そして、患者も特に後遺症がなく、手術前とほとんど生活も変わらない。
 

しかし、このとき分離脳患者は物理的に脳梁を切断されたことで、左脳と右脳がそれぞれ独立し、情報のやり取りがないことは自明である。

そのため、左脳は右半身を、右脳は左半身をコントロールしているが、左目で観たもの(右脳で知覚)は何かと分離脳患者に問うと、彼らは何も観えないと答えるという奇妙な現象が起こる。 


それを踏まえ、今度は右視野(左脳)には、ニワトリの足の写真を、左視野(右脳)には雪景色の写真を見せる。

続いて、一連の写真の中から前の写真と関連のあるものを左右の視野にそれぞれ選んでもらう。

左手(右脳)は雪景色に対応するショベルを選び、右手(左脳)はニワトリを指した。

その後、言語野を持つ左脳に、左手はなぜショベルの写真を持っているのかと問うと、平然と「ニワトリ小屋を掃除するのにショベルが必要だ」と答えたのである。 


回答内容に違和感があることもそうだが、ここでもう一度左脳と右脳は情報を交換していないことを思い出したい。

つまり、左脳は右脳が何を見て、ショベルを選んだのか知らないのである。 

そこで今現代左脳が持っているニワトリの足に関連する写真を選ぶという情報と、左手に持つショベルという全く関連性のない情報を、非常にクリエイティブに統合し、意味付けを行ったのである。
 

この意味付けにおいて、その意味付けが正しいかどうかは特に問題ではない。
あくまで構造として統合化され、辻褄が合っているかどうかが争点である。

これが左脳の意味付けの機能である。


この機能は、すべからく我々にも宿っており、今こうしている間にも左脳は外部から情報を受け取り、意味付けを行っている。
我々は生得的にアプリオリを好むのは、左脳のせいかもしれない。

この意味付けには、いうまでもなく個人個人によってバラつきが生まれる。

脳の活動を観るだけで、「指紋のように」個人を特定することができるという研究結果もある以上、それはクセという言う方が適切である。


このクセには特に主体性があるわけではなく、ただ演算する方向性が決まっているアルゴリズムである。


これは脳が逐次五感から手に入れた情報に重みづけをすることで、重要な情報を意識のうえにあげるという、我々にとって馴染み深い評価関数(重要性関数)という自我の定義にも合致する。


つまり自我とは、主体性のないただのアルゴリズムであると定義できる。

この神経ネットワークにおける電気信号のやり取りのパターンが自我である。

そして左脳の意味付け機能は、受け取った情報以上の計算は出来ない。


この事実を知ったとき、自由意思についてひとつの光明が差す。


それは、どんな情報を自分に入力するかを選択することである。


もちろん自分に何を持って入力する情報を決めるかと聞かれれば、それはゴールに重なるかどうかである。

ゴールが決まり、出力したい計算結果が明確になるから、入力する情報をそれにそって変えることができる。

これを裏返せば、何もゴールがなければ、受け取る情報以上の計算が出来ない以上、一貫性のないバラバラな結果が出力されるのみである。

ゲーデルの不完全性定理発見以降、どんな系にも必ず矛盾が内在することがわかっており、それは自我というアルゴリズムでさえ例外ではない。

グレゴリー・J・チャイティン著 知の限界 p.3
(引用開始)

手短にいうと、ゲーデルは不完全性を、チューリングは計算不能性を、そして私はランダム性を発見しました。


(引用終了)


ゲーデルの不完全性だけでなく、チューリングの計算不能性も、チャイティンのランダム性も、全て自己言及から導き出されるように、自由意思を行使するにもまずは自身について知る、すなわち自己言及することから始まるように思う。


本書の言葉を借りれば、それがシステムSを超えることだと考える。


神が消え、情報空間でのエントロピーが下がり、今日という1日が延々と続くなかで、ますます重要性を増すのが自由意思である。

それはすなわち、『どこへ行きたいのか?』ということである。
ゴール設定こそが、現代を生きる我々の福音となることを教えてくれる。


ぜひ本書を手に取り、自由意思を獲得して、壮大なグランドデザインを描いてほしい。


 








ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


この世界にはありあとあらゆる情報が無限に存在します。

無限という言葉は、数学でも可能無限と実無限という言葉で二分されているように、非常にあいまいな概念です。

アプリオリにこれだと主張することはなかなかできません。

そういった中で私たちの行動は、もちろんある前提やある情報に基づいているわけですが、それらは当然無限に存在する情報の一部です。

無限にある情報のうち、私たちが得られる情報は高々毎秒約1100万ビットですが、それでも充分大きな量であり、今こうしている間にも取捨選択が逐次なされています。


さて、その取捨選択こそが評価関数の正体であり、私たちが往々にして自我と呼ぶものですが、自分を変えていくためには、この重要性のランク付けについてきちんと知っていく必要があるでしょう!

膨大な量の仕事をこなすには、効率良くもそうですが、可及的速やかに対応すべき事案とそうでないものが存在します。

言うまでもなく前者の優先順位は高く、そちらから普通取り組んでいくものです。

そして自分を変えていこうと考えたとき、私たちはこのプライオリティーをひとつひとつ変えて取り組む順番を変えることが大切です。


このランク付けは基本無意識が脳内で勝手にやっている作業です。

なので自分が意識的でなければ、基本関与することはありません。

ということは、これを極端に言い換えるならば、ランク付けは無意識に一任されているので、意識が無意識をコントロールするどころか、無意識に意識がコントロールされているという言うことが可能です。

株式会社の従業員が一斉に賃上げとストライキを行って、工場が全てストップするような風景です。

役員のメンバーの強硬な態度にも、従業員は全くひるむことはありません。

なぜなら彼らは無意識だからです。


従業員のストライキを解除するために、こちら側とあちら側がいくらか譲歩し合いつつ、打開策を探すことが重要ですが、如何せん従業員は無意識なので、交渉の余地は残念ながらないでしょう。

議論はいつも平行線です。


もちろん従業員の一方的な主張をなくなく丸呑みすれば、問題は滞りなく解決します。

これは個人の判断と個人のゴールに委ねられますし、それをそもそもの解決策と呼ぶかどうかは別として。

しかし普通の感覚を持ち合わせているならば、誰しも不服と感じるようにこれは簡単に認められるものではありません。

そして妙案があれば別ですが、基本すぐに思いつき誰でもできる方法は、そこで自分が立ち上がり、率先して前に出ることです。

従業員がこれまで圧倒的にこなしてきた量を自分ひとりですることです。

納期が遅れたり、品質が悪くなることはあるあるですが、そこは潔くあきらめて自分1人でやるしかないでしょう。

しかし、そうすることで従業員の工数の掛け方や品質について意見することが可能です。

もちろん彼らは彼らなりのプライオリティーを持っているわけですが、その基準を知ることで初めて打ち出せるアプローチが存在します。

恐らくたくさん存在するので、紙に書いてみることもおすすめです。


そして紙に書いてみた自分のランク付けを眺めてみて、それらのランク付けの上下を入れ替えたり、そこにランクインしていない項目をいきなりランクインさせてみます。

こうすることで初めて、これまで従業員がさぼってきたところにメスをいれ、自分の創意工夫で、より最適なランク表が出来てきます。


もちろん自分のなかでランク順位をどう変更すればいいのかわからないという場合もあるので、そのときは信頼できる人に聞いてみましょう。

そうして、新しいより強力な自分のランク表ができてきます!


いうまでもなく、このプロセスこそが自分を変えていくということです。

自分がどういう基準で仕事にとりかかかり、そしてこなすのか?

ここを知ることで、はじめて有効なアプローチをとれることになるでしょう。

Bundesarchiv_Bild_101I-297-1728-37,_Im_Westen,_Scharfschütze
※それは繊細に狙撃をするようなイメージで!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちはすべからくゴールを持っています。
というより、ゴールがない人は存在しません。

一番強烈なゴールは、生命の維持に関するものですが、もっと他にも自分が気づかない無意識下のゴールはたくさんあるでしょう。

どんなゴールがあるかはもちろん個人個人で千差万別です。
ビックリ箱のように開けてみるまで基本わかりません。


さて、私たちがよく知るように、スコトーマの原理によって、自分の観たいものしか基本観ることはありません。
もっと言えばゴールに合致している情報が、RASを潜り抜けて意識にあがるということです。
この観点でもうひとつ深堀すれば、ゴールと自我は同じものであるということが可能でしょう。


そう考えたとき、私たちが今まさに悶々と湧き上がるネガティブな感情は、ゴールの責任です。
それと同時に、煌々と湧き上がるポジティブな感情も、間違いなくゴールのおかげです。

ゴールが自分にとってのWant-toならば、楽しくて仕方がないように、ゴールが自分にとってのHave-toならば、嫌で仕方がないのはある意味当然です。


現状の外側のゴールと自我を縁起で結ぶことが、ゴール設定と考えることができるでしょう。

そして自分の自我をゴール側の自我に評価関数的な意味で置き換えていくことです。


今の楽しい気持ちも嫌な気持ちも、全てはゴールからやってきます。

逆をいえば、自分のゴールが何かがわかれば、自分の自我も現状もよくわかります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちがゴール側への縁起を紡ぎ、ゴールに向かう途中で必ず壁にぶち当たるでしょう。

その壁は厚く、そして険しいものですが、ゴール側へのきちんとした臨場感を持てているならば、それは辛くなくむしろスパイスとなるものです。
その課題をどうやったらクリアできるかを常に試行錯誤します。
誰に言われるまでもなく自ら勝手にどんどん進むところが非常に素敵です。
しかし、人は移ろうものであり、時と場合によってはその壁の厚さにハッと我に返る瞬間もあるでしょう。

もちろんだからといって先へ進むことは悪ではなく、むしろ推奨されるべきことです。
停滞は基本的に沈没と何ら変わりありません。
世界のダイナミズムに取り残されていいのは、空を悟った人だけです。

そういう意味でも、はやりゴールという名のコンパスは必要です。
しかしゴールが一度見つかり、そこに向かうだけで全てが恙なく上手くいくかと言われれば、それは早計です。
なぜなら、ゴールを決めて進んだその向こうにはまた違う別の世界が広がっているからです。
そしてそこにはまた別のコンパスが必要です。


私たちはゴールを達成できるかどうかについてついつい眼を奪われてしまいますが、ゴールを達成できるかどうかは実は別に問題ではありません。
現状の外側にゴールを設定する本質は、自我を変えることにありました。
ゴール側の自分と現状の自分の評価関数を結ぶことで、アクセスできる情報場を変えることで無意識が出力する演算結果を変えることに興味があります。
いうなれば、これはスコトーマを外すことであり、自分のステータスクオをズラすことです。

であるならば、全てがランダムで、部分情報しか持ちえない私たちのゴールは例え同じレイヤーであっても、いかようにも変わります。
当然そのレイヤーにはそのレイヤーの先があり、その先にはまた先が存在します。
まさに次から次へとその先がペアノの公理のように要請されます。

では、その終わりがいつ来るのかと次の疑問が生じますが、それは可能無限のように果てしない旅路でしょう。
その終わりを観た人も、終わりを証明した人も残念ながら歴史上に存在しません。
ただわかっていることは分岐の数だけ指数的に爆発することです。


ひとつ先に到達しその先を観たときは、ひとつの壁を乗り越えることができた喜びと、新しい課題が浮き彫りになることに愕然とします。
しかし抽象度があがるということはそういうことであり、それは本来喜ぶべきところです。
今まで観えなかった風景が観えるようになれば、より高度な演算が可能となります。
ひとつ上の情報にしかアクセスできない、私たちのいい加減な認知はきちんとここでも機能します。

私たちの現状には常にひとつ先があります。
そのひとつ上に進むことの愚直な連続が、私たちをゴールに運んでくれます。
そして最後にはゴールは達成することよりも、設定することの方が難しいと気づくのです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents