苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:現状の外側

『まずは親を超えなさい』

本書籍の内容の全体像は、TPIE(セルフコーチング)を題材にしたゴール達成の指南書である。

そのエッセンスは、騙されやすい脳の習性を利用して、未来の記憶を作り、自身のゴールを達成していくことに集約できる。

脳は毎秒約1100万ビットもの情報のなかから有益な数ビットの情報を取り出すために、非常に高度な演算を逐次繰り返している。

もちろんこのとき、大半の情報が不要な情報として処分されわけだが、それらは未来永劫にわたって綺麗にデリートされるわけではなく、意識が到達できない無意識の奥深くに貯蔵される。

その貯蔵された情報が、次に入ってくる情報群のなかから、有益である情報と、そうでない情報を切り分けることに再利用され、私たちのコンフォートゾーンの形成・強化が行われる。

無意識が物事を判断する価値基準を時間とともに作り出しているわけだが、それらをもっと身近な事例に落とし込むと、その最大の功労者は『親』であるというのが、本書の裏側にある背景である。

もちろん例外的に親戚や祖父母のもとで育ったという可能性もあるが、本質的には自分の価値基準を作る点において、長く共に生活した人の価値基準をトレースするという意味では同じである。

守秘義務があり、詳しく綴ることはできないが、確かに私がこれまで実際にコーチングをしていくなかで、ゴール側へ飛び出すことを妨げる根底に横たわる原因のひとつに、親の姿がうっすら浮かび上がってくることが少なくない。

それらは親の施した幼少のときの教育や、親自身の過去の経験、今現在も引きずっている縁起などである。

親は親として、自分の見聞きしたものや経験の中で、親なりの最適解が導かれ、そして子供に良くなってほしいという純真な願いが根底にあるため、余計に根が深い。

なぜなら、子供自身も親の気持ちをきちんと理解しているからだ。


親と子供は血縁関係にあるものの、全く違う時代と、全く違う環境で、全く違うパーソナリティーを形成した、全く異なる個人である。

それらを打開する詳しいコーチング理論についての解説は本書に譲るが、自分が親と全く異なる人生を、自分らしい人生を謳歌するために必要なことは、まさにタイトル通り、まずは親を超えることから始まるのである。


さて、以上の前提を踏まえたうえで考えると、自分が無意識下す判断や、物事を意思決定する価値基準が本当に自分できちんと培ったものであるかという点は、非常に悩ましい。

コーヒーにするか紅茶にするか程度のささいな選択ならば、あえて問題として取り上げる必要もないが、仕事・結婚・人間関係といった、自分の未来における選択全てにかかわって来るのだから深刻である。

私たちが親の価値基準で判断し、行動するのなら、寸分違わず私たちも親と同じような人生を選択することだろう。

また、もちろん親が最大の洗脳者だからといって、親にだけ注意を向けるのは早計である。

なぜなら、家族はひとつのコミュニティーであり、家族は社会、国家に包摂され、そこには文化、規範、宗教といったもっとクリティカルな価値基準が潜んでいるためである。

これだけのファクターがあるなかで、自分のもつ価値基準が、自分のものだけの価値基準だと主張する方が難しい。


そういった終わりのない堂々巡りの議論を続けるなかで、指針となり、必要性が明確に高まるのが自帰依である。

つまり、外からの要請で獲得した価値基準を一度すべて再評価し、そしてそれを自分の価値基準に置き換えていくことである。

きちんと自分を拠りどころにし、物事を判断することは、近代社会においてもっとも重要なテーマのひとつであるが、日本の社会ではあまり必要とされない概念である。

なぜなら私たちの民主主義はGHQにもたらされたものであり、国民が血を流して獲得したものではないからだ。

欧州のように革命を通じて民主主義を獲得していない以上、その必要性が文化のなかに埋め込まれていなくても何ら不思議ではない。


価値基準を自分にもってくることを考えたとき、それは言葉以上に難しい概念だと痛感するが、自分らしい人生を謳歌しようと立ち上がるとき、それはどうしても避けては通れない問題である。

そして私はコーチングを日々実践するなかで、コーチングには価値基準を自分に取り戻すパワーがあると強く感じている。


本書を手に取り、ぜひその一歩を踏み出してほしい。

 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちの世界とは、自分の心が産み出した世界です。

自分が産み出した世界ということは、ひらたく言えば誰一人として同じ世界を観ていないということです。

これは特別突飛由もないこといっているわけではなく、自分の認知の仕組みをきちとたどれば、誰でも行き着く事実です。


観ている世界が自分勝手に作られた世界なら、当然自分の好きなように観ていいとも解釈することも可能です。

それが私たちのゴール設定のもうひとつの姿であり、それが情報空間の移動です。


自分だけの、自分が好きなように作った世界なら、その移動や作り変えも、とても簡単に出来そうな気がします。

しかし実際はそうできないように、ホメオスタシスという機能を持ちいて、同じ状態を担保します。

なぜなら、ホメオスタシスがなければ、それ自体がすぐに崩れる砂の城のように、自分の世界が何処かへ霧散するからです。


もちろん長く砂の城を保たせるという意味では正解ですが、もう一度同じ場所に別のデザインの城を作ろうとした場合、崩すことは極めて困難です。

その困難さを、私たちはメンタルブロックという言葉で表現します。

ではそのメンタルブロックがなければとても簡単にうまく機能するかといえば、それはもちろん早計です。

なぜならメンタルブロックは意味があってきちんとブロックしているからです。

それはたいてい自分を護る盾のように出来ています。


もちろん自分を護るための盾だとしても、相手と自分が明確に遮断される以上、自分だけが相手に干渉できるはずがありません。

その場合は、躊躇せず、相手から自分が干渉されるリスクを冒して、盾から自分の身を乗り出すことが必要です。

となる場合、それが現状の外側なのか、それともただのメンタルブロックなのかは、とても微妙なラインです。


では現状の外側なのか、それともただのメンタルブロックなのかを明確に切り分けるにはどのようにすればよいでしょう?

その答えはとても簡単です。

ゴールに合致するかどうかです。

ゴールに合致するならば、それは現状の外側であり、克服すべきメンタルブロックです。

そうでないのなら、現状の外側ではなく、克服の必要がないメンタルブロックです。


このとき論理は役に立ちません。

私たちが良く知るように、理性で高度な推論を決定させることはできないのです。

そこには『行きたいか』だけであり、『行きたいか』だけが争点です。


もし行きたいが根底にあるのなら、そのときは怖れをなさず、自分から思いっきり飛び込むことです。

それ以上の理由は不要です。

IMG_1892
※飛び出したかったなら飛び出すだけ


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


約1ヵ月ぶりのマインドアーキテクト養成スクールの募集です!

前回は深淵なるダークサイドを堪能しました!

内容も正直かなり濃かったと自負しています!

コーチングとは、その由来にもあるように、馬車にのってゴールまで送りとどけていくことですが、実際はその過程のなかで、これまで生真面目に、かつ懸命に努力された方ほど、身体の至る所に人生の膿や垢がたまっているものです。

楽しくゴールに進んでいく過程が、往々にして気づけば自分の弱さとひとつひとつ向き合う、地獄巡りになっています。

もちろん、その過程を乗り越えていくことで、計り知れない無敵のパワーが宿ることも事実です。


さて、そんな人の奥底へ入り込む、深淵なるテーマから一転、『ビジネス』についてそのフィールドを移します!

コーチングを少しでも学んだことがあるのなら、その普遍なる技術とパワーを用いて、独立開業ないしは、組織へのコーチング活用をしていきたい思うことは極めて自然な流れです。

今回のマインドアーキテクト養成スクールでは、こちらの領域に真正面から踏み込んで、独立開業する本質的な指針とコーポレートコーチングについての実践的な方法論を多数紹介していきます!


独立開業の世界において、正解はありませんし、模範解答は世界中に溢れています。

しかしとはいうものの、どの模範解答にもきちんと押さえておかないといけないコツのようなものは存在します。

そこを押さえて開業すると、スピードは飛躍的に高まります!

急がば回れではありませんが、Start with Whyです!

そのうえで私たちらしいコーチングのマインドを上手く合わせます!


また、私たちの往々にして良く使う『現状の外側』という言葉にも、このとき注意が必要です。

現状の外側と聞いたとき、ついつい今までチャレンジしたことのない領域への跳躍を思い浮かべますが、勇敢さと蛮勇さをこのとき履き違えてしまいます。

つまりは、すでに不可能だとわかっていることと、そうでないことの切り分けです。

開業ではすでに不可能だとわかってることを避けつつも、その上で今まで飛び込んだことない場所への果敢な跳躍が求められます!

そのバランス感覚をしっかりと養っていきましょう!


次にコーポレートコーチングです!

コーポレートとは、その名の通り、企業に導入するコーチングを意味します。

もちろんコーポレートといえど、基本的なコーチングスタイルはパーソナルコーチングと変わりありませんが、はやり要所要所で、個人と法人の違いを痛感させられます。

法人は個人の集団です。

集団には集団ならでの課題が存在します。

例えば私たちが日ごろ気を付けるセルフトークでさえ、法人となるとその姿が一変します。

要素が増えれば、それはカオス理論の支配する複雑系へと変貌します。


また、苫米地式コーチングは現状の外側へ飛び出すことを薦めるため、一般的には企業の論理とは逆向きであると思われます。

いい換えれば組織にコーチングを当てはめると、組織が空中分解してしまうのではないかと誤解です。

もちろんその可能性はゼロであるとはいうことはできませんが(限りになくゼロに近い)、生き残っていく強い組織を創るには、きちんと新しい形へ脱皮させることで必要です。


世界がこれほど大きく流転し、もの凄い速さで変化している以上、組織だけが変わらないという選択肢はないでしょう。

大きな恐竜が倒れる日、ないしは2025年には1億総個人事業主と予見される昨今、企業もコーチングを取りいれた新しい形が必要です。

こちらの提言ももちろん本スクールの中に入っています!


以下、詳細
第10期マインドアーキテクト養成スクール~独立開業とコーポレートコーチング~
日程:2015年10月24日(土)

時間:13:30~17:30
(質疑応答、休憩等込み)
(セミナー開始および終了時刻前後あり)

場所:東京都内某所
 (参加者様に個別でお知らせします)

募集人数:最大8名様
(定員に達し次第、終了とさせていただきます)

料金:通常⇒180,000円(税込)
    メルマガ読者、早期割引⇒120,000円 (税込)
早期割引は10月12日(月祝)23:59:59 まで
※分割支払6回までOK

申込み期限:2015年10月18日(日)23:59:59 まで

参加条件:今回は熱意があればどなたでも!

お申込み:こちらのお申し込みフォームから

質問等:こちらのお問い合わせフォームから

※マインドアーキテクト養成スクールとは何ぞやという方へ
・苫米地式コーチング、ないしはその背景に潜む苫米地理論の深淵を学び、社会に機能を果たす人向けの講座です。

・書籍では学べない、他所が教えない、体感がわかりにくいところもカッチリとした理論とワークの両輪で学んでいく講座です。


技術的に悪用厳禁なのはもちろんのこと、この講座はきちんと自己責任が取れる方だけお越しください。

もし万が一、悪意を感じた場合、文野の判断で参加をお断りする場合がありますことも事前にご了承ください。

なお、コーチング理論実装スクールは、分割支払いにも対応しています!


第1期のご感想:テーマ『内部表現と共感覚』
(引用開始)

・苫米地式コーチングの原則的な考え方は、頭では理解していたが、対面での講義にてより深く理解できた

・ゴールに変化がありました(夢の封入ワークのときヒラメキました)

・共感覚、LUBの基本的な考え方がよくわかりました

・内部表現の書き換え⇒「介入する」観えてきました。また相応のパワーがいることもわかりました

・今後の自分の活動にどういかしていくか、具体的になってきて「がんばるぞ!」とさらに思えてきました

・濃い内容でした。最後に「夢」で〆たのが、期待感、ふみのコーチらしくってイイな思います。

(引用終了)



第2期のご感想:テーマ『包摂半順序束とゴール現実化身体』
(引用開始)

・今回も理論・実践が上手く交わってつながっていた

・目的が明確で、苫米地式の考え方を、本以外の視点から補足してくれた

・ますます苫米地式が、体に染みついたように体感できた

・前屈の改善にはおどろきました(生まれつき相当かたいので)

・頭でっかちになっていた理論の理解が、ワークを実践することで体感を通した理解につなげられたところがよかったです

・身体的には自分自身がどこが緊張しているのか、緩んでいるのかに気づけました。また体が軽くなった感じもあります

・精神的にはイメージとして縮まっていた心が大きく膨らんだ感覚があります

・今まで理解していた気がしていたことが、実はより広く、深く、裏があることを知れました。またそれが体を通してわかるということが素晴らしいと感動しました

(引用終了)


第3期のご感想:テーマ『アルゴリズムの俯瞰と構築』
(引用開始)

・IQの意味必要性が明確に理解できた

・子供のころ感じた集中している感覚が味わえた(なつかしい感覚)

・ワークで上手にフィードバックをとることができた

・気づいたら疲労が完全に回復していた

・なぜか老眼が減少している

・アジュナチャクラの後頭部への移動が難しい⇒練習します

・IQを高めるとはどういうことなのかを、理論を学び、また体感を通して身に付けられたとこがよかったです

・身体的変化は、体中の筋肉がほぐれた感覚があります

・精神的変化は、視野が広がり余裕が生まれてきた感覚があります

・理論は難解だなと感じますが、そのおかげで抽象度がグンとあがったと思います。ありがとうございました

(引用終了)


第4期のご感想:テーマ『一人一宇宙からのぞく空観・中観・仮観』
(引用開始)

・苫米地理論の宇宙観について整理がついたのが最大の収穫

・人間関係=フィードバック次第=観察→これ重要でした

・自分はこれまで気を出し過ぎていたことに気づきました

・身体はリラックスできた

・1~3期までのまとめのイメージできた

・気功体感でき、それがどう人間関係に使えるのかが理解できた

・中観とはゴール設定であることがよくわかった

・円融三諦とコーチングのつながりがわかった

・ワークやレクチャーの裏にたくさんの知識があることが伝わってきた

・明確な理論→ワークの順番が良かったです

・僕の好きな物理学や仏教の話が聞けて良かったです

・日々の生活で活用できそうな知識を得ることができました

・いろいろ印象に残った言葉はあったのですが、「聖なるものを犬にやるな。また豚に真珠を与えるな。彼らはそれを足で踏みつけ、向き直ってあなたがたにかみついてくるであろう」は、その通りだなあと思いました

・非常に面白かったです

・特に人間関係の会に参加できて嬉しかったです

(引用終了)


今回はビジネスをテーマに豪華2本立て!

ご期待ください!


※組織も自分もコーチングで活性化!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

*大阪開催本日で募集終了です!*


ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


9月のはじめての書き換えは『エフィカシー』を取り上げます!

セミナーの告知が少し急となりましたが、楽しんでいきましょう!
 

エフィカシーとは苫米地式コーチングの最重要概念のひとつです!

苫米地理論を学び実践していく中で、高いエフィカシーの維持というのは1つのキーワードとなることはいうまでもありません。

苫米地式コーチングの本質を一言に集約するならば、『ゴールを設定し、ゴールに向かって自分のエフィカシーをあげること』です。
 

しかしこのエフィカシーをあげる、ないしは高いエフィカシーを維持することは、真面目に取り組まれいるひとほど難しいと感じていると思います。

エフィカシーとは自己評価であり、自信のことで、「自分らしい」と思う自分の基準を高く維持することがゴール実現において必要です。

自己評価が低い場合、仮に成功しても次に失敗するようなホメオスタシスが働きます。

逆に自己評価が高い場合、仮に失敗しても次に成功するようなホメオスタシスが働きます。


では『そのエフィカシーを高く維持するにはどうれすればいいのか?』というのが、本セミナーの問題提起です。

『はじめにゴールありき』という前提は当然として、エフィカシーがあがったことを身体を通じて学びます!


また、このとき高いエフィカシーとは、感覚的なものであってはいけません。

つまり、きちんとした基準が必要です。

言い換えれば、そのエフィカシーの高さをどうやって測るのかという問いです。

エフィカシーが高いことがいいと理解しつつも、エフィカシーが高いという言葉を私たちはとても曖昧で恣意的な基準に照らし合わせます。

それでは本末転倒です。
 
アプリオリなる基準はないにせよ、きちんと過去の自分と比較して、きちんとエフィカシーがあがったこと臨場感を、自分に落としていくことが重要です。

身体を使ってフィードバックを取る、2つの意味でハイエフィカシー体質です! 


このときターゲットとなるのが、中丹田(胸)です!

エフィカシーを測るひとつの身体的基準に中丹田を用います。

中丹田は道家の伝統でいうならば、熱性の気です!
 
私たちの身近な言葉に翻訳するのなら、それは情熱という言葉で言い換えて良いでしょう!

私たちは無意識のうちにエフィカシーが胸に表れることを知っています。

例えば人間関係に困ったら「胸が痛む」とか「胸が締め付けられる」といいます。

逆に楽しいときなどは、「胸がドキドキする」「胸が高鳴る」といいます。

中丹田を開発して、ハイエフィカシー体質を手に入れましょう! 
 

以下詳細
【2拠点開催!】はじめての書き換え~中丹田を開発してハイエフィカシー体質へ!~
日程:2015年9月21日(月祝)@大阪
    2015年9月27日(日)@東京

時間:14:30~16:30@大阪
18:30~20:30@東京

場所:大阪市内某所、東京都内某所
 (参加者様に個別でお知らせします)

募集人数:各最大8名様
(定員に達し次第、終了とさせていただきます)

料金:20,000円(税込)

申込み期限:2015年9月18日(金)23:59:59 まで@大阪
                2015年9月23日(水)23:59:59 まで@東京

参加資格:熱意があればどなたでも!

お申込み:こちらのメールフォームから

質問等:こちらのメールフォームから


中丹田が発達した例をあげるなら、例えばアントニオ猪木や松岡修造です。

実際彼らのパワーや情熱は私たちの想像を軽く凌駕します!

ただ彼らは中丹田が強すぎるので、暑苦しさのようなものを私たちは感じます。

バランスのとれた中丹田の開発は、自分の自信をつけるだけでなく、男性ならパワフルな印象を、女性ならバストが膨らみ魅力的な印象を与えます!

もちろんこの論理を逆向きに考えたとき、私たちが自信がないと感じる人々は、往々にして猫背になり、自然と中丹田を縮めていることに気付きます。

そして冷静に見渡してみると、世の成功者たちで、胸を窄めた人はいないのです。

エフィカシーを身体を通して理解するのは、とてもおもしろいアプローチだと思います!

正しいエフィカシーを実装し、ゴールに向かって邁進していましょう!

皆様のご参加お待ちしています!

------------------------------------------------------------------------------------------------


ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


さて、本記事は、苫米地式認定コーチのケイ昌代さんと、苫米地式ヒーリング認定ヒーラーの橋本あきらさんの企画の紹介です!

『心の改革!』クレアトゥール・メソッドの詳細はこちらから


ケイさんは、過去電話での悩み相談を多数受け持っておられ、その数はのべ6万人にわたる超ベテランコーチです!

そのときの経験と苫米地式コーチングのメソッドを掛け合わせた非常にユニークな経歴を持つ実力派コーチです。

私個人の印象では、恋愛に関する悩みを得意とされています!

女性専門と思いきや、男性もかなり多いそうです!


次に、あきらさんは、知る人ぞ知る苫米地ワークスのアシスタント統括です。

これまで数々のワークス生の指導とサポートをされてきました。

もちろん私もお世話になっています!

ご自身でもヒーラーとして開業しており、様々な身体と心の現代医学でも取り除けないトラブルを取り除いてこられました。

また、苫米地式認定ヒーラーの認定は現在橋本あきらさんしか出せないくらい、彼女は狭き門を通った実力ある実績も経験も豊富なパワーヒーラーです!


そんな2人がタッグを組んだ、コーチング×ヒーリングという非常にレアな企画です!


なお、このサイトを観て、クレアトゥール・メソッドにご参加される場合は、お申込みの際に、『文野のサイトを見て申込みました!』という旨を伝えると、素敵なプレゼントがもらえるそうなので、そちらもぜひぜひお見逃しなく!


『心の改革!』クレアトゥール・メソッドの詳細はこちらから


苫米地式コーチング×苫米地式ヒーリングという異色のコラボ、必見です!

オススメします!


------------------------------------------------------------------------------------------------

↑このページのトップヘ

page contents