苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:現状の外側

本日は苫米地式コーチング認定講座の第2回目がありました!



田島大輔マスターコーチのセッションは2回目ですが、1回目と比べて驚くほど自分が変革してます!



1回目と違って、自分のゴールが鮮明かつ明確に観えて、エフィカシーの上昇がとどまりません!!



1回目のセッションのとき、私のあずかり知らぬ無意識の働きかけがあったのか


それとも、コーチになると決めたその日から気づかぬ間に自分で変革していたのかは


定かではありませんが(笑)





どちらにせよ、田島コーチから


「たった1カ月で、ずごい変革だね」と言っていただけたことは、


間違いなく事実です。




この体感・経験をコーチとしてひとりでも多くの人に伝えたい




そう心から確認した、セッションでした。



皆さんもぜひ、変革していきましょう!!




写真はセッションで利用した某都内の会員限定ホテルの写真です!


FB_IMG_13925154302786152

人は生きていれば、誰しも勝負どころがあります。



勝負どころとは、たいてい新しいチャレンジのことで、その一歩を踏み出した向こうは、今までに見たことのない景色が待っています!



なぜそう言い切れるかというと、それくらいドラスティックに変わらなければ、勝負どころとは言いません。

言葉の定義上(笑)




しかし、残念なことにその一歩をどうしても足踏みしてしまうことは少なくないです。




なぜなら、私たちのマインドはその一歩を踏み出すことで、期待してた成果が手に入るかどうか、どうしても確信が持てないからです。



平たく言い換えれば、『リスクを恐れてしまう』ということでしょう。





ではここで、その問題のリスクについて冷静に考えてみましょう。



具体的に、ひとつひとつ。。。




これが徹底的に行われると、たいていの場合、実はこれらのリスクは取るに足らないことだと気づくはずです。



徹底的に考えても、リスクの正体がわからない、モヤモヤしたままなら、それらのリスクはスコトーマに隠してしまいしょう!




どうやって隠すか?


それは簡単で、エフィカシーを上げることです!



エフィカシーが上がれば、勝手にスコトーマに隠れてしまいます。


スコトーマに隠れると、なんでそんなことを今までウジウジずーっと考えていたのだろうと、不思議に思います(笑)




こういう言い方だと、一時的に自分を騙しているだけのように感じてしまいますが、エフィカシーが高いとそのまま上手くいってしまうから、おどろきです!






虎穴に入らずんは、虎子を得ず。


私たちの感覚ではハイリスクハイリターンと考えてしまいがちです。


実際リスクはあるのかもしれません。がしかし、それらのリスクの中身は取るに足らないことが多いです。



もっというと、そのリスクをとったが故に、命を落とす、路頭に迷うことは、この日本ではまずありえません。




だったら答えは簡単で、エフィカシーを上げて、自分の求めるゴールを達成していきましょう!


なぜなら、私たちにはそれが出来るから。

自分が新しい取り組みを始めようと思い、実際に行動に移すと『本当にこれでいいのか?』と思ってしまいませんか?


『本当にこれでいいのか』という心境を、もっと具体的にすると、自分の選択は間違っているのではないか、あるいは選択せずそのままの方ががよかったのではないかと思ってしまい、時間が経つごとに不安がつのっていく状況でしょう。



しかし、それは当然の心理状態です!


その状況は、無意識が変化を嫌って、現状に戻そうとする働きが、『不安』という形で意識の上に表れているからです。



この現象はCreative Avoidance(創造的回避)と言います。


その名の通り、無意識が創造的に現状にとどまる理由を作るのです。




この事実を知っているならば、とても簡単で、何か選択をして不安を感じてしまったなら、自分の抽象度をあげて『今は創造的回避が起こってるから不安なんだ』と、捉えましょう。



もっというなれば、変化が起こってるからこその不安ですから、変化が始まってる証として、ポジティブに楽しんでしまいましょう!


その不安の正体は、『今』まさに変わっているのです!


それを止めてしまうのはもったいない。




私たちが何か選択をするとき、それは必ず今よりもっとよくなると信じて選択しています。


そしてその選択はそのときの最善の選択だったはずです!

でなければ、選択しません。


創造的回避という事実を知って、その選択をしてよかったと思える瞬間に向かっていきましょう。

我々の人生は、選択の連続である。


ここでいう選択とは、朝食はパンにするかご飯にするかという些細なものから結婚や就職など、人生をなかで大きなウェイトをもつものまで全てを指す。



選択とは、本来どういうものかをきちんと定義したい。


広辞苑によると、多くのものの中から、よいもの、目的にかなうものなどを選ぶこととある。


当たり前のことだが、選択とは現状よりももっとよくなるために行う行動である。


 

朝食はパンにするかご飯にするかという些細な選択でさえ、自分の『食べたい』という気分であるだとか、何らかの栄養学的な根拠であるだとかして、

その方が自分にとって好ましい考えたからである。



しかし、本来のそんな自分をより良くするための選択だが、逆に自分を下げる選択していないだろうか?

 


例えば、付き合いで仕方なく行きたくない飲み会に参加することや、やりたくない仕事を延々と続けることなどである。

 


これらの選択は間違いなく、人生の損失となる。

 



ではどうするべきか?


方法は簡単で、選択を常に最高の自分ならどうするかで決定することである。


最高の自分とは『現状の外側にあるゴールを達成している自分』を指す。



目標に向かってハイエフィカシーで進んでいる自分は、間違いなく嫌なものにはきちんと嫌だといえ、つまらない儲け話に引っかかることもないだろう。


なぜならそれは、最高の自分にとって必要のないものだからである。


 

そもそも現状の外側にきちんとゴールを設定し、そのゴールを達成している自分をリアルに描くことができれば、間違いなく脳は自分にとって 必然とゴールまで最短の距離 でいく選択しか選ばないようになるが。

 




現在の情報があふれかえった超情報化社会では、様々な選択肢が存在する。


無限にある情報の中から、意識的に自分の必要なものだけ選択することは至難の業だ。


何が必要で何が不必要かを判断する、自分だけの判断基準が必要であり、くどいがそれは、最高の状態の自分である。



常に最高の自分ならどうするかで選択し、ゴールまで最短で突き抜けてほしい。 

↑このページのトップヘ

page contents