ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


先日大阪で藤本コーチと開催したセミナーについて非常にうれしいご感想をいただけました!

といういのも、このセミナーには、なんと苫米地式認定コーチである、斎藤貴志コーチにもお越しいただきました!

彼は島根在住のコーチですが、島根からわざわざ来てくれました。
エフィカシーが高いです!

斎藤貴志 写真
@斎藤貴志コーチ(こちらから写真を拝借


そんな彼が彼のブログにて、私の担当講座についての振り返りを行っていくれています!

私の講座より、上手くまとまっています!笑


彼がブログで振り返ってくれているように、コーチングにおいて重要なのは、ゴール設定です。

そして彼の振り返りのタイトル通り、ゴール設定が私たちの生きる力であり、原動力です。

フランクルが主張するトリックとは、私たちのコーチング理論におけるゴール設定を意味します。

ゴールを設定することで、私たちの認知が変わり、そして生き抜き、ゴールを達成することに成功します!


ゴール設定の深淵さを感じるばかりです。

私たちにおけるゴール設定とは、数学における公理のような存在であり、公理があってそのあとの定理が成立します。

公理なくして定理は成り立たないのです。

ゴールなくして、それを達成させる最適な方法もないのです。

------------------------------------------------------------------------------------------------