ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。



先週はプログラマー時代の
とある友人の結婚式に参加しました。


新郎新婦ともに非常にキラキラしていて、
とても素敵な結婚式でした。


全く知らなかったのですが、
最近の結婚式はプロジェクション
マッピングを使うプランもあるようです!


今日の式はプロジェクションマッピングを
ふんだんに使っており、
ちょっとしたディズニーランド気分でした。


結婚式というより、
最早ひとつのエンターテイメントです!



そんな式を見ていると、
エンジニア時代の友人同市で
冗談半分の技術トークが盛り上がります!


技術トークのMVPは、
今流行のVRを使って
結婚式をやるというものです!



アニメが好きなオタク達をターゲットに、
好きなキャラクターとの疑似結婚式を行います!笑



アイディアはかなり
面白いと思いますし、
結構流行そうですが、、、

如何せん少子化は
ますます加速させるでしょう!苦笑





さて、今日は友人が結婚したということで、
いつもと少し趣向を変えて、
夫婦関係円満のコツのご紹介です!笑


心理学的に夫婦円満の要素はわかっています。



それは「相手への尊敬」を持つことです。



これは離婚原因の第1位が
「性格の不一致」だということ
からも容易に想像できます。




性格の不一致とは
相手を許容出来ないということであり、

相手への許容が出来ないとは
相手への尊敬が持てないことに直結します。




この本質は観方を変えると、
夫婦間のパワーバランスが同じ状態です。



どうして相手に尊敬を持てるかといえば、
相手が自分の知らない知見や見解を持って
それをお互いで共有できるからです。




よく亭主関白やカカア天下の
どちらが理想の関係かとの
アンケートもありますが、

正直この質問は
質問自体が心理学を知らない
ナンセンスな質問です。




なぜなら、亭主関白やカカア天下の
そのどちらもパワーバランスが
片方に傾くことだからです。



片方にパワーバランスが傾くと
相手と話しても何も発見がなく楽しくないので、

パートナーを魅力的に感じず
尊敬を持つことができません。




そしてその傾きは最終的に
二人の関係にヒビをいれます。





これを補完するために必要なことは
相手への尊敬を持つことですが、

そのために必要なことは
『夫婦間で共通のゴール』を持つことです。



夫婦間で共通のゴールがあると、
そこから同じフィールドで互いの
意見を違う角度からディスカッションできます。


それは相手にとっての今までなかった
新鮮なアイディアや切り口となり、
価値転換を促します。



その価値転換は、
相手への尊敬につながります!




恋愛感情は3年経てば冷めると良く言いますが、
その間にお互いのゴールを創りましょう!




友人夫婦のこれからの
幸せを願いつつ。



------------------------------------------------------------------------------------------------