苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:創造的回避

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


ゴールとは、現状の内側ではなく、外側に置くものです。

そうなるなかで、ホメオスタシス然りドリームキラー然り、数々の困難が訪れるでしょう。

ありとあらゆる事象が、自分に気持ち悪いという感情や手に冷や汗にぎる緊張を増幅します。

不快で、不安で、落ち着かなく、その状態を脱したくてムズムズするでしょう。

ひとによっては、そんなネガティブな情動に引っぱられ、抽象度をガクッと下げるかもしれません。


さて、ここでコーチングの基本に帰ったとき、その不快さこそが本来重要であることを思い出します。

例えば一番有名なものは、認知的不協和でしょう。

私の経験では、認知的不協和に陥ったとき、本気でこの場から今すぐにでも離れたくて仕方がなく、この場にいる自分が許せない、そんな感覚を覚えました。


現状の内側か外側かと、仮に2択で世界を考えたとき、心地良いか悪いかどうかで世界を色分けすることが可能です。

そして、心地良い悪魔と心地悪い天使が眼の前に現れたとき、往々にして私たちは悪魔の方を選んでしまいます。

本来求めるべきは天使であると知っていても。

ここで意思が弱いから、心が強くないから、努力が足りないからといってしまうのは簡単ですが、例えそうであったとしても、無意識レベルの選択は、基本意識には上がらず、コントロールが難しいのが現実です。

もちろんコントロールするコツは存在します。


脳は機能であり、心はただの関数です。

それはいくらでも変わるものであり、未来永劫固定されたものではありません。

寝て起きたら、次の日には別人になるくらい変動的です。


気持ち悪さこそが現状の内と外を分けるバロメータと聞くと、一足飛びに全てが認知的不協和であると考えますが、それはそれで早計です。

なぜなら認知的不協和はゴールが決めることだからです。

今の現状の気持ち悪さについてだけを取り出せば、本当に気持ち悪いことも確かに存在します。


全てが認知的不協和であると考えることは間違いであり、本当の認知的不協和もホメオスタシスにせいだからと、全ての責任を転化することもまた間違いです。 


心地の悪さを愉しみながら、ゴールに進むことが正解です!

030
※壁は壊して愉しむもの!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


早いもので、もう間もなく4月の中旬です。

認定コーチになって活動を始めてから、だいぶ時間が経つのが速いなと感じます。

今年1月に、色々とゴールを設定して進んできましたが、もう更新の時期に来たなと感じています。

これは苫米地式コーチングを順当にやれば、誰にでもやってくる出来事です。

ゴール更新のコツは、ゴールを達成する前に更新することです。

私たちはゴールを達成することに興味が行きがちですが、実はそうではありません。

なぜなら、ゴールを達成したら私たちは死んでしまうからです。

なので、ゴールテープを切る前に、新しいゴールを設定してさらに先に進みます。

もちろんそういう意味で、ゴールを達成することは、一生ありません。

余談ですが、ゴールの見直しは、3日に1回、長くても1週間に1回くらいを目安にするとよいでしょう。


さて、次のゴールですが、今以上にもっと多くの人に変革をしてもらいたいなと思っています。

なので、これまで意図的にブログでは公開しなかったことも含め公開しようかなと思ってますし、こちら側から積極的に働きかけをしていきたいなと思っています!

具体的に何をやるかはお楽しみ!


また、スクールに関しては、ある一定以上のレベルを担保したいので、今まで通りクローズドな場でいいと思っています。

ただ今後はレベル担保のため、スクールへの参加はそろそろ参加条件を付けようと思っています。

受講者の成長スピードが極めて速いこともありますが、やはり場の共有は偉大です。

交換する情報量の桁が違います。

本気で早く変革したい方は、参加をおすすめします!


今後の私の構想の概要だけをざっと述べると、機能を果たす人とは、知性、身体、技術の3つのトリニティーがきちんと出来ている人のことであると定義していて、知性は文子屋が、技術はコーチング理論実装スクールが受け持っています。

なので、残りの身体の部分についてのアプローチを行っていく予定です。

ちなみに身体はスクールでももっと強力に取り入れ行く予定です。


私の対面にてコーチングセッションやスクールを通じて来られた方は、すでによくご存知なように、私たちの抽象度は身体に出ます。

抽象度の高い人は、身体が出来ています。

逆に、情報空間でのエラーがあると、それは全て身体に現れます。

グランディング問題解決以降、物理と情報は一体ですから、その通りという感じです。

また、別の観方をすると、どんな高度な理論を身に付けても、身体が出来ていないと、ちっとも実装が出来ません。

優れたソフトウェアをインストールしても、それを走らせるハードウェア(計算機)が遅くては本末転倒な風景です。

これはボディビルダーのような筋肉隆々な身体が良いという意味ではありません。

むしろ、彼らのような身体はよくないです。。。


実際スクールに出られた方はよくご存知なように、抽象度があがると、リラックスもそうですし、身体がやわらかくなります。

身体はなかなか変わらないことを知っていますが、それがたった数分で劇的に変化する身体は非常に面白いと思います!


色々言いたいことをザーッと言った感じとなりましたが、今まで以上に楽しくなるのでご期待ください!

私はコーチとして、本気で変わっていくあなたの味方です。

------------------------------------------------------------------------------------------------

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


まだ完全に胃腸炎から回復はしていませんが、こういうときこそ、ゴールの更新が必要です!
ゴールが上がれば、それに呼応して自我も身体も変わります!

ということで、まだ5期のマインドアーキテクト養成スクールが終了していませんが、6期の募集を開始ます!笑


さすがに6期ともなると(5期はまだ終わってませんがw)、色々と自分も受講生も大きな変化があります。

もちろん受講生に関していえば、理論の理解もそうですし、それに伴った技術もそうで、スクール後も年収が増えたとか、新しい仕事を任されたなどのうれしい報告を受けています。

また、私個人としてもスクールという非常にカッチリとした強い場ができ、受講生のレベルが上がってくると、それに伴ってもっと高度な理論と技術が公開できるようになって来ることにうれしさを覚えます。

なぜなら、高度な技術がきちんと使えるようになれば、より大きな機能を果たせるようになるからです。

社会にきちんと機能が果たせるようになると、勝手に収入があがります。

しかし収入以外に、責任も、リスクも、税金もあがります。

収入が多く、その分責任もリスクも税金もあがることを受け入れるのか、それらを全て受け入れず、ある程度の収入でいいのかは、自分のゴールが決めることです。


何にせよ、コーチング理論実装スクールは社会に機能を果たす人たちへの場なので、6期目は今までよりもさらにパワーアップした、より高度な内容にフォーカス、より大きな機能を果たせるようになることを目指します!

なので、今回はこれまでのスクールと様相をガラッと変えたいと思います。


今回は扱うフィールドを前回の『言語』から『感情』に移します!

テーマは『感情の増幅と減衰、そして完全支配です!

何か中二っぽいタイトルですね苦笑


さて気を取り直して、そもそも感情とは一体何でしょうか?

感情とは私たちの行動で源泉であり、感情なくして人の行動はあり得ません。

それは、脳の論理を司る前頭前野からの情報と、脳の感情を司る扁桃体からの情報が交わる眼窩前頭皮質を切除すると、途端にその人は何も判断が出来なくなってしまったという神経科学者アントニオ・ダマシオの研究結果からも一目瞭然です。

Ho01c100921
@キリッと清廉した印象の強いアントニオ・ダマシオ


そしてドクターの著書でも、感情(情動)の重要性は再三に渡って指摘しており、ゴール側への臨場感生成に、ポジティブな感情を使うことを薦めています。

このカラクリは非常にシンプルで、私たちの脳はより好きなもの・より気持ちいものを選ぶという性質を持っているためです。

仮に2つの選択肢があったとき、より自分が心地よくなる選択肢を選びます。
254

情動という言葉を煩悩という言葉に置き換えても、似たようなことをすでに主張しており、自分のことだけを考える小煩悩ではなく、大多数のことを願う大煩悩を持つことの重要性です。

釈迦は煩悩を持つなといったのではなく、『程々に』といったということを思い出します。

感情は私たちと密接に絡む非常に近い存在で、私たちにとってなくてはならない必要なものです。

が、それは時と場合によって、私たちにキバを向くことを知っています。

一番有名なのが、創造的回避でしょう。

生命維持という極めて正常な生命現象のひとつが、私たちの決死の跳躍を妨げます。

創造的回避が起こったときは、非常に強い苛立ちとともに、『感情なんてなければ!』と本気で思います。

創造的回避以外にも仕事で、何でこんなことでイライラしてしまうんだといった経験もあるのではと思います。

ここで成功への思考法(苫米地英人著)から引用します。

(引用開始)

煩悩を消そうとするのであれば、生きることをやめる以外に方法がない。

しかし「人生は空だ」、「世の中は無常だ」と、人生から降りてしまうことは本当の解決策でも何でもない。

(引用終了)



感情(煩悩)というものに、私たちは非常にネガティブな印象を持ちますが、かといって、感情(煩悩)がなければ、生きることはできないように、大事なのことは囚われないこと、より直接的な言い方をすればコントロールすることが大事であるということを教えてくれます。

感情という、なければ行動ができず、あったらあったで非常に厄介なじゃじゃ馬を、真正面から積極的に受け止め、支配する技術を学ぶのが第6期スクールの目的です。

ネガティブな感情には振り回されず、ポジティブな感情をいかんなく増幅して、ゴール達成に結び付けましょう!


以下、詳細
第6期マインドアーキテクト養成スクール
日程:2015年5月23日(土)

時間:13:30~17:30(質疑応答、休憩等込み)(セミナー開始および終了時刻前後あり)

場所:東京都内某所
 (参加者様に個別でお知らせします 

募集人数:最大8名様
(定員に達し次第、終了とさせていただきます)

料金:通常⇒180,000円(税込)
    メルマガ読者、早期割引⇒120,000円 (税込)
早期割引は5月10日(日)23:59:59 まで
※分割支払6回までOK

申込み期限:2015年5月17日(日)23:59:59 まで

お申込み:こちらのメールフォームから

質問等:こちらのメールフォームから

※マインドアーキテクト養成スクールとは何ぞやという方へ
・苫米地式コーチング、ないしはその背景に潜む苫米地理論の深淵を学び、社会に機能を果たす人向けの講座です。

・書籍では学べない、他所が教えない、体感がわかりにくいところもカッチリとした理論とワークの両輪で学んでいく講座です。


技術的に悪用厳禁なのはもちろんのこと、この講座はきちんと自己責任が取れる方だけお越しください。

もし万が一、悪意を感じた場合、文野の判断で参加をお断りする場合がありますことも事前にご了承ください。

なお、コーチング理論実装スクールは、分割支払いにも対応しています!


第1期のご感想:テーマ『内部表現と共感覚』
(引用開始)

・苫米地式コーチングの原則的な考え方は、頭では理解していたが、対面での講義にてより深く理解できた

・ゴールに変化がありました(夢の封入ワークのときヒラメキました)

・共感覚、LUBの基本的な考え方がよくわかりました

・内部表現の書き換え⇒「介入する」観えてきました。また相応のパワーがいることもわかりました

・今後の自分の活動にどういかしていくか、具体的になってきて「がんばるぞ!」とさらに思えてきました

・濃い内容でした。最後に「夢」で〆たのが、期待感、ふみのコーチらしくってイイな思います。

(引用終了)



第2期のご感想:テーマ『包摂半順序束とゴール現実化身体』
(引用開始)

・今回も理論・実践が上手く交わってつながっていた

・目的が明確で、苫米地式の考え方を、本以外の視点から補足してくれた

・ますます苫米地式が、体に染みついたように体感できた

・前屈の改善にはおどろきました(生まれつき相当かたいので)

・頭でっかちになっていた理論の理解が、ワークを実践することで体感を通した理解につなげられたところがよかったです

・身体的には自分自身がどこが緊張しているのか、緩んでいるのかに気づけました。また体が軽くなった感じもあります

・精神的にはイメージとして縮まっていた心が大きく膨らんだ感覚があります

・今まで理解していた気がしていたことが、実はより広く、深く、裏があることを知れました。またそれが体を通してわかるということが素晴らしいと感動しました

(引用終了)


第3期のご感想:テーマ『アルゴリズムの俯瞰と構築』
(引用開始)

・IQの意味必要性が明確に理解できた

・子供のころ感じた集中している感覚が味わえた(なつかしい感覚)

・ワークで上手にフィードバックをとることができた

・気づいたら疲労が完全に回復していた

・なぜか老眼が減少している

・アジュナチャクラの後頭部への移動が難しい⇒練習します

・IQを高めるとはどういうことなのかを、理論を学び、また体感を通して身に付けられたとこがよかったです

・身体的変化は、体中の筋肉がほぐれた感覚があります

・精神的変化は、視野が広がり余裕が生まれてきた感覚があります

・理論は難解だなと感じますが、そのおかげで抽象度がグンとあがったと思います。ありがとうございました

(引用終了)


第4期のご感想:テーマ『一人一宇宙からのぞく空観・中観・仮観』
(引用開始)

・苫米地理論の宇宙観について整理がついたのが最大の収穫

・人間関係=フィードバック次第=観察→これ重要でした

・自分はこれまで気を出し過ぎていたことに気づきました

・身体はリラックスできた

・1~3期までのまとめのイメージできた

・気功体感でき、それがどう人間関係に使えるのかが理解できた

・中観とはゴール設定であることがよくわかった

・円融三諦とコーチングのつながりがわかった

・ワークやレクチャーの裏にたくさんの知識があることが伝わってきた

・明確な理論→ワークの順番が良かったです

・僕の好きな物理学や仏教の話が聞けて良かったです

・日々の生活で活用できそうな知識を得ることができました

・いろいろ印象に残った言葉はあったのですが、「聖なるものを犬にやるな。また豚に真珠を与えるな。彼らはそれを足で踏みつけ、向き直ってあなたがたにかみついてくるであろう」は、その通りだなあと思いました

・非常に面白かったです

・特に人間関係の会に参加できて嬉しかったです

(引用終了)



この場で自身の感情、そしてそのクセや扱い方を知り、社会に機能を果たす力を身に付けましょう。

自分が感情を支配すると、惑わされなくなりますし、感情でIQや抽象度が下がることもありません。
むしろ、ネガティブな感情をゴールへ向ける肥やしにもすることが可能です。

もちろん、怒りとか、悲しみといった感情に向き合う術を純粋に知りたい方も歓迎です!

それでは皆様のご参加、お待ちしております!

o0800070913280364626
※感情を自由自在にコントロール!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


ゴールには誰しも簡単にたどり着くことが可能です。
そしてその過程でゴール達成に必要なこともはもちろん手に入っていくでしょう。

ゴールを達成できないと少しでも感じるのなら、それは創造的回避の典型例です。

もちろん行動主義的に、不安という情動が起こったから何でもかんでも、創造的回避であるとラべリングするような安直なマッピングでは、どこかで必ず無理が生ずることになるでしょう。

なぜなら人の心とは本来そういうものだからです。

少なくとも私たちはファンクショナリズムという立場からきちんと演繹的に心を捉えていかねばなりません。


さて、その前提の上、自分のゴールと自分の行動との照らし合わせを続ける中で、私たちの抽象度は自分でもビックリするほど上がります。

ゴールを達成するために必要な情報を観ていき、全く考えもつかなかった達成のための方法をクリエイティブに見つけ出すから当然です。
これは予定調和ともいえる出来事です。

もちろん抽象度が上がれば、全てではないですがこれまでの世界と違って、世界がより整合的に観えて来るものです。

そしてこれは本質的にいいことですが、過去の自分が出来なかったことなど忘れ、達成できている自分が当たり前になってしまいます。

ただそのとき副次的に自分が出来なかったことを本気で忘れ、周りがなぜこんなにも簡単なものが出来ないのかという疑問に本気でかられます。

そして良かれと思い、善意で出来ない人に教えたくなるでしょう。

また仮に覚えていたとしても、ひとつが出来るようになると、さらにその先の先の先までが容易に観えるようになってしまいます。

そして良かれと思い、自分の観えた風景を周りにひとに伝えたくなるでしょう。


良いものはきちんと伝わり、そして相手をより良くするために必要という確信にも似たアルゴリズムがこの裏側には存在します。

しかし、そんな私たちの心からの善意から湧き上がった行動を、イエス・キリストは真っ向から強烈に否定していることが、非常に面白くもあり、そして悲しくなる現実です。


(引用開始) 新約聖書 マタイ第7章6節

聖なるものを犬にやるな。豚に真珠を投げてやるな。彼らはそれを足で踏みつけ、向きなおってあなたがたにかみついてくるであろう。

(引用終了)


犬とか豚とか、そんな差別的な発言が彼の口から出てきたのかと驚きつつ、イエスのような世界を本気で憂いて教えを説いた人間の言葉が、足で踏みつけられ、向き直ってかみつかれて怒れる様がこの発言から見え隠れします。

そして、この発言には実際やり続けた来た人間の、他では感じらぬ鬼気と迫る重さのようなものが伝わってきます。


全ての人が犬でも豚でもないことは当然として、その人にとって何が聖なるもので、何が真珠であるかは普通手渡してみるまでわかりません。

アプリオリに存在する聖なるものや真珠はないのです。

ただだからといって、聖なるものや真珠を渡すことを拱いていては、前進することはないでしょう。
もちろん最初は、求められる限りにおいて、自分にとっての、聖なるものや真珠を与えることが重要です。

しかしそれがその人にとっての聖なるものでも真珠でもなく、向き直ってかみついて来たのなら、ただそっと差し出すことを止めればいいだけです。

イエスが出来なかったことを、私たちがどうして出来ないのかと、私たちがどうして理解されないのか悩む必要はありません。

私たちは部分情報の中でしか判断することしかできず、部分情報の修正と更新を逐次求められていくものです。


こう考えたとき、この構図はコーチングでも同様に当てはまるものなのではないかなと思います。

コーチングとはゴール達成のツールであり、苫米地式コーチングがそのための非常に強力な方法論であると理解した上で、ゴールを達成したいひとにとっての聖なるものにも真珠にもなり得ます。

であるならば、そうでない人にとっては、聖なるものでも真珠にも映ることはあり得ません。

聖なるものであるのか真珠であるのかの判断は、いうまでもなく自分がすることではないからです。


確かに自分にとっての聖なるものが、自分にとっての真珠が、他の誰かにとっても聖なるものであり、真珠であると願います。

しかし押し付けられた善意は悪意でしかないように、差別的な意味はなく、犬には犬にとっての聖なるものを、豚には豚の真珠を見極めることが必要です。


このときの重要な争点となるのは、間違いなくゴールの存在です。

ゴール達成に必要かどうかという基準のみが、あたかもアプリオリであるかのように振る舞い、機能していきます。

私たちはまず、自分のことも他人ことも、きちんと認めることが大切です。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


何かを新しく始めようと考えるとき、私たちは往々にしてその現実性について考えます。
なぜなら始める以上は、失敗は是が非でも避けたく、達成しなければならないと考えるからです。

というより、せっかくやるならば、達成する方が断然いいと思うのは誰がどう考えても自明です。


失敗の定義はさて置き、チャレンジに失敗は付き物です。
ただ、その失敗とは再起不能になるようなものではなく、試行錯誤や創意工夫の途中過程という場合がほとんどです。

苫米地式コーチングおいて、ゴールは設定した瞬間に達成されると考えます。
amazonでクリックして、クレジットカードから代金を引き落とされた状態です。

ただその後商品が自分の手元に届くには、やはりタイムラグが存在します。

まっすぐ届くだけでもタイムラグが存在しますが、配達途中で交通事故があるかもしれませんし、受け渡しにミスがあるかもしれません。

予定は未定と何かのジョークで聞いたことがありますが、到着時間がズレるだけで、大事なことは商品自体が消えてなくなることないということです。

現実のamazonで商品を購入するときも、配達事故等のリスクがゼロであるわけではありません。
もちろんないに越したことはないですが。


さて、私たちはこのように考えたとき、ゴール設定の裏で走るアルゴリズムは、アプリオリに100%確実に達成できる方法を模索することだと思います。

冒頭でも述べたようにどうせなら達成したく、徹底的に吟味します。


しかし残念ながらアプリオリに100%確実に達成できる方法は存在せず、宇宙のカラクリは空だからだと釈迦は2600年も前に主張しています。

正確には、彼の主張は縁起の思想のことであり、空とはツォンカパとナーガールジュナが縁起を伝えるために用いたただの説明原理に過ぎないものですが、要は『あるといえばあるし、ないといえばない』ということです。

『此れがあれば彼があり、此れがなければ彼はない。此れが生ずれば彼が生じ、此れが滅すれば彼は滅す』とは釈迦の有名な一説です。

ネットワークイメージ図
@縁起とはネットワークのイメージ


スコトーマの原理を説明に用いれば、眼の前にある赤いものが、青いものを探せと言われると観えなくなることと同じようなものだと言うことができるでしょう。
もっといえば、全ては心の認識が産み出すということです。

それだけでも十分いい加減で厄介ですが、人によっても変わるからどうしようもないの一言です。
誰一人として同じ心を持っていないので、当然です。

赤のものを探しても、本のカバーを探し出す人いれば、服のデザインを選び出す人もいるような風景です。


話を戻して、ではamazonからの商品をより確実に自分に届くようにするにはどうするべきかという疑問が残ります。

それを私たちは臨場感だと考えます。

どうせ商品が来るなら、初回限定版であったり、限定アイテムがついたよりいい商品の方がいいはずです。

それをよりコーチングらしく、認識という言葉で表現するならば、認識によっていくらでも自我は変わることを意味します。

それは昨日見たものと今日見たものが違うことを意味します。

それは今日見たものと明日見るものが違うことを意味します。

ということは自我は変わっていない方がおかしいと言うことが可能でしょう。

ひとが変わらないとは、創造的回避によるただの幻想にすぎません。


臨場感を高めるとは、機能を果たすことと同義であるとも考えられます。

前のめりになったり、過度に結果を求めたりせず、淡々と機能に果たすことです。


私たちの自我の特性として自分の現在観ている世界を整つための情報やアイディアを出すことから明らかなように、結局真偽はやってみるまでわかりません。

ただ臨場感をあげ、機能を果たしていくのみです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

↑このページのトップヘ

page contents