苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:創造的回避

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


努力は非常に日本で大事にされている概念です。

目的に向かってコツコツと取り組み、課題をクリアし、そしてゴール達成していく、とても重要な取り組みです。

そして何より、努力をしているひたむきな姿は、それだけで他人の胸をうつものです。

私たちが、なぜ他人の頑張っている姿を観るのが好きなのかを考えたとき、それは頑張っている姿に元気と勇気をもらえるからです。

そして、そういう人たちから元気と勇気をもらえたかわり、私たちは心から応援してお返したくなるものです。


しかし、努力はとても素敵で尊い概念であることは事実ですが、同時に日本の努力に対する考え方は、とても野蛮だと感じることが多々あります。

なぜなら、努力している姿を是とするあまり、その姿を他人に強制的に押し付けることが横行するからです。

もっといえば、自分が努力をしていないと感じるものやひとへの執拗な攻撃が始まります。

そしてそういった空気感は、そうでないひとにも伝わります。

つまり自分が努力を怠ってしまったという強い劣等感を産み出します。


努力の本来の姿とは、目標を達成するための行為です。

そしてそれは目標を達成できることに意味が存在し、また能動的な行為です。

しかし、いつのまにかゴールを達成することに意味を見出さず、努力をしている姿そのものに意味があるかのような、すり替えが起こっています。


もちろん努力の概念自体を否定するつもりは皆無ですが、努力という行為自体に価値を見出すのは、とても不思議な現象だと言わざるを得ないでしょう。

なぜなら、そこにはゴールを達成するという本来の機能はないからです。

また、彼らが語る努力思想の裏側には、努力している自分は素晴らしいという、どこかナルシストにも似た、努力中毒ともいえる現象が見え隠れします。


努力を行うという前提には必ずゴールが存在し、それを達成するための努力は個人が能動的に取る選択です。


それを無視して、努力している人とそうでない人に分類し、努力をしないひとへの排斥や圧力は、まるで一神教のような論理です。

努力している姿は素晴らしい、だから努力をしていない人を卑下していいというのは、とても野蛮で自分勝手な妄想です。

もちろんその論理に自分を当てはめて、自分に価値がないと自分で卑下することも論外です。


自分の意思で、自分で望んで、努力を行っていくことが重要です。

努力とは、ゴール達成のためのただの戦略であり、それ以上の意味はありません。

努力はゴールを達成したいひとが淡々とするべきで、自分は自分の努力にきちんと肯定し、他人は他人の努力を自分の価値基準で測るべきではありません。

ゴールを達成することに私たちの興味は存在します。

そこだけにフォーカスして、見つめていけばいいのです。

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


コーチング通じて、自分と本気で向き合うと、自分の生涯をかけていいような、そんな壮大かつ偉大なるテーマに出会います。

それを実現した社会の幸福値は、今まで以上のさらに高いところにあがっていき、そして横の誰かも笑顔でハッピーな優しい世界です。

そんな社会の実現に向け、それ自体が自分のゴールであることもそうですが、自身を献身的に世界に捧げます。

世界の豊かさは、世界のどこかで生まれた付加価値であることは間違いありませんが、高邁なる理想が、気づけば自分のことを顧みない無理なゴールとなっています。

社会的情動という言葉を聞いたとき、ついつい周りの笑顔を考え、自分の笑顔を忘れる悲しい現実に直面します。


しかし冷静に考えればわかるように、自分も笑顔で、他人も笑顔であるから素晴らしく、他人だけが笑顔な世界とは、言葉を選ばなければ、ただの虚像であり偽善です。

もちろん自身の献身的な態度自体は、とても尊いことであり、誰かのために動くことは、自分のために動く以上にパワーが溢れる行為です。

しかし往々にして献身的な態度は、自分を摩耗させ、いつの間にかゴール達成を減速させるホメオスタシスの抵抗にすり替えられます。


このときキーワードとなるのが、自分の幸福です。

一見抽象度が低く感じる基準が、実は自分を突き動かす原動力であると気づきます。

自分が幸福になっていいという単純なことでさえ、忘れてしまうのです。


自分の人生を捧げていいと思えるテーマは、往々にして社会の機能を果たす素晴らしいゴールです。

ですが、そこで自分の笑顔を忘れてしまっては本末転倒です。


ゴールを達成した世界には、すべからず自分も含まれます。

自分が楽しく、周りも楽しいことが必要であり、それがゴール達成までの、大きな継続力につながります!

6b1c7ce41398f4cbc435d54c70c3beb170a02db41375781067
※どこまでいってもみんな楽しく!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。
 

私たちは機能として、現状に留まることを望みます!

機能であるということは、自然に無意識に、そうなることを選択するということです。

例えそれが意識上、別のところを観ていたとしても、気付けば自分の判断は留まることを選択します。


この事実は言葉以上に深淵です。

本人はその気が全くないというところが事態をさらに深刻にします。 


であるならば最初のステップとして、まずは実際にやってみて、ホメオスタシスの強大さに恐れおののくべきでしょう!

身体が柔らかくなるという何気ないものであったとしても、昨日は前屈がすごく深く入ったけど、私はこれまで身体が固く、昨日はたまたまで今日はもしかしたらまた固い状態に戻っているかもしれないと脊髄反射的に頭を過ります。

身体を柔らかくすることがゴールであった場合でも、そんなゴールとは真反対のことを私たちは疑うことなく真剣に考えます。


さて、こういったことと同じ構図は新しく何かをチャレンジするときにも表れます。

ゴールを達成するためにはそれが必要だとわかりつつ、一歩を踏み出せないような風景です。

頭の中で無限ループが形成され、出力のない無意味な演算によって私たちはフリーズします。


その中できちんと抽象度をあげて止観したならば、その無限ループに陥ったきっかけが、『やったことがないだけか?』それとも『それとも実際に出来ないことなのか?』を無意識が混同してしまっているからです。

やったことがないだけならば、実際にやってみたらいいだけです。

実際に出来ないことならば、別の方法を考えることにフォーカスしたらいいだけです。

とても簡単に無限ループから脱出できます。


私たちは、知識を持たなければ何も観ることはできないが、知識を持ったことでその以外が観えなくなる自己矛盾を抱えています。
 
存在そのものに自己矛盾を抱える以上、このような無限ループに往々にして陥ることは仕方のないことです。

しかし、その無限ループに陥ることでさえ、きちんと知識として持っていたなら、認識し、回避することが可能です。


きちんと正しく認識し、不要なフリーズから脱していきましょう!

それだけで、ゴールまでの道のりは明らかに早まります。
 
------------------------------------------------------------------------------------------------

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


眼に観えたものが全てでないとわかっていても、ついつい私たちは自分の眼で観たものと、自分で実際に感じたものしか信じることが出来ません。

頭ではその重要性を理解しつつも、これはその重要な真実が身体に実装された別のアルゴリズムと衝突するからです。

ジョン・メイナード・ケインズの言葉を借りれば、この世で一番むずかしいのは新しい考えを受け入れることではなく、古い考えを忘れるということです。

keynes
@いつ見てもダンディーで凛々しいジョン・メイナード・ケインズ


もちろんこの文脈をコーチング的に解釈するならば、まさにホメオスタシスそのものを指しているわけですが、そんな難しい言葉や概念を用いるまでもなく、私たちは経験的に自分に慣性の法則が働くことを知っています。

つまり今のこの場から動くにはいくぶんかのエネルギーが必要で、そしてそのエネルギーの消費を私たちはすこぶる惜しむということです。


エネルギーを惜しむということの裏側に存在するものは、いうまでもなく使ったエネルギーが無駄になるかもしれないという錯覚です。

実際それはただの事実誤認といった方が適切かもしれません。

なぜなら抽象度の高い世界では、きちんと出た分のエネルギーと同じだけの別のエネルギーが入ってくるからす。

物理法則に囚われた脳に、その事実をきちんと教えることが大切です。


さてその事実を教えるにあたって、ついついデッカくブッ飛んだ物事にチャレンジする必要があるように感じますが、もちろんそんなことはありません。

あくまでも本質は、脳に自分の出したエネルギーが出した分だけきちんと返ってくることを教えることなので、小さなことでも自分にとっての現状外側であることで問題ありません。


おしゃれな人がダサい服を着ることもそうですし、恋愛が苦手な人は彼氏彼女をゲットするために動くことも、それはとても立派な現状の外側です。

なぜなら、私たちは誰もが違う人間関係と、違う時代と、違う出身を経て、全く違うパーソナリティーを形成しているからです。

私にとっては余裕でも、あなたにとっては無理ということはざらに存在し、逆も然りであることはいうまでもありません。


である以上、そこに抽象度が高い低いについても、法に触れる・信義則に違反する等でないのなら、特別躍起になって言及する必要はないでしょう。

そしてこのとき重要なのは、得られるリターンできちんと自分を満たすということです。

おしゃれな人がダサい服を着ることに、一体何のメリットがと思うかもしれませんが、例えば毎日コーディネートを考える必要もなく、ルーティンワークな服装は非常に楽と感じるかもしれません。

恋愛に興味がないと思っていても、実際彼氏彼女が出来てみると、胸が毎日キュンキュン、存外思った以上に楽しいかもしれません。


もちろんこの世にアプリオリがない以上、それらのネガティブな一面はもちろん別に存在します。

だから何もリターンを回収できないと現状の自我は判断し、行動することを妨げます。


大事なことは、まずは自分を満たすということです。

満たせば初めて、今までと違う概念が脳に組み込まれ、そして抽象度をあげていくことが可能です!

そうして私たちは、自分への固執をやめて、自分から離れていくことが可能です!

------------------------------------------------------------------------------------------------

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちのゴールは、現状の外側に存在します。

現状の外側が何かといわれれば、それはコンフォートゾーンの外側です。

基本コンフォートゾーンの内側の物事しか私たちは観ることが出来ないと言うことは、
裏返せばコンフォートゾーンの外側、つまり現状の外側は本当に外側かどうかわからないことを意味します。

そうなると何かしらの確信やら答えが落ちてくるまでは、ついつい現状の中に留まろうと考えてしまいます。

そしてどんどん自分の現状が強化されていき、ドツボにはまることは言うまでもありません。

そういう意味でも、そうなる前に何かしらのアクションとともに、早く現状から脱却した方が賢明です。

どのみち外側がわからないということは、何かをやってみて結果論で外側かどうかがわかるといっても言い過ぎではありません。


さて、そういう議論になると、現状の外側に飛び込むということを考えたとき、ついつい今まで自分がやってきたことのない、あるいは掲げたことのない大風呂敷を広げたくなるものです!

もちろんそれは正解です!

それはどんどんされるべきでしょう!


しかしここで注意すべきは、勇敢と蛮勇は違うということです。

不可能と思われる領域へチャレンジをすることと、すでに不可能とわかっている領域へチャレンジすることは違うということです。


私たちが現状の外側へ飛び出すとき、不可能と思われる領域か、誰かがすでに不可能だと証明した領域かの切り分けは極めて重要です。

その切り分けを可能にするものが何かといわれれば、それは知識であり客観的なファクトです。

私たちは事実をきちんと受け止めることを往々にして軽視します。

スコトーマの原理によって、それは事実でないと錯覚させられてしまうからです。 


もちろんこの世にアプリオリは存在せず、究極的に不可能とはいえません。

なので、回答が得られるのが10年先か20年先かはわかりませんが、それでうまくいけば正解です。

猫の種類に興味があるわけでなく、ネズミを獲る猫に興味があるわけです。


何処へ飛び出していいのかもわからないにっちもさっちもいかない境遇で、唯一幸いなのが、セルフディベートを続けていくと、私たちはいつの間にか勝手に現状の外側へ飛び出しているという事実です。

飛び出すというとそれはまるでバンジージャンプのようですが、実際は地面を掘っていたら、それがトンネルになって通じていたという方が感覚的には合致します。


私たちは、所詮不完全情報のなかで考えることと行動することぐらいしか出来ません。

夏目漱石の言葉を借りれば、無い知恵をしぼるしかないのです。

Natsume_Soseki_photo
 @夏目漱石
 

本当に現状を変えたいのなら、現状の外側に飛び出したいのなら、出来ることをきちんとやっていくことが大切です。

もちろんそれが勇敢な方であることはいうまでもありません。 

------------------------------------------------------------------------------------------------



↑このページのトップヘ

page contents