苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:マインド

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


本日は私の6ヵ月間のコーチングを終えた方に、パーソナルコーチングを行いました!

というのも、過去これまで私のセミナー、ないしは6ヵ月間のパーソナルコーチングを終えた方に、ある企画にご協力いただいており、本日はその企画の特典です。

いわば、ある意味でボーナスセッションというところでしょうか?

私個人とのパーソナルコーチングを終えると、そこから長いお付き合いが始まります!
※パーソナルコーチングのご依頼はこちらから!


私のパーソナルコーチングは6回で54万円なので、単純計算で1回9万円です!

今回は苫米地理論の深淵にさらに近づいたことによって獲得した新しい情報場にアクセスし、その場の力を借りて、内部表現の書き換えを全力で行っておきました!

これだけでも数十万円以上の価値があります!

お釣りしか来ない特典です!

いよっ!太っ腹!!


さて、そんなパーソナルコーチングで、一番印象的だったのが「コーチングが終わってからもどんどん変化しています!」との一言でした!

今日のコーチングの第一声がこれです!

私からすれば、「さすが!!」とともに「そりゃそうだ!」の一言です。

というのも理由は簡単で、コーチングはマインドの使い方を身体と身体で伝えるからです!


無意識下でいつの間にか学んだ体感は、消えることなく、自分をゴール側に向かってどんどん進めてくれます!

それによって、気づけば自分のゴールをどんどん叶えてくれます!

コーチングが身体に宿って成功するさまを、ゴール体質という造語を作って表現してもいいかもしれません!


そういう意味で、私のパーソナルコーチングは確かに全部で6回ですが、対面で初めて会うときから、終わったあとも、オカルトではなく実はずっと続いています!


なので、実際これまでの自分ではできなかったことや、「変革前だとこんな風になっているであろうなぁ」ということが、眼に見えてわかるようになるし、できるようになります!

要するに、自分のゴールがいつの間にか達成しているのです!


今日お話したなかでも、そんな変化がいっぱい出てきましたね!


「かつての自分なら出来なかった」が、「今の自分なら普通に出来る」とのインパクトをもっと体感できると、さらに先に進むでしょう!


こういう変化を改めてみると、本当にコーチングの威力は凄まじいなと思います。

私個人もコーチングに出会って人生が変わった人ですが、他人の変化はより強烈に感じます!

なぜなら、誰よりもそのひとの近くで、そのひとの成長を観ていたからです!


本人が感じている以上に、その成長の差分を真横で観ています!


コーチングの本質は、常に身体から身体に移るので、その本質が宿ると、大袈裟ではなくどこまでもいけるようになっていしまいます!

その抜群にうまいマインド操縦法を駆使して、さらに向こうに進まれてください!

------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


本当に変わるというのは、今のあなたが消えてなくなることです。

これは何も大げさではありません。

本当に消えてなくなります。


人の自我とは評価関数であり、重要性関数です。

つまりその評価の仕方や重要なものが変われば、確かに別人となることに納得できます。


ただ、ここがコーチングの難しいところでありおもしろいところなのですが、実はそこで本人は変わったという自覚は全くありません。

冷静に考えれば、それもそうです。

評価関数とはすなわち脳のことであり、その処理順序は インプット → 脳 → アウトプット です。

ここでインプットとは五感からの情報であり記憶であり、そしてアウトプットは思考であり意識です。


そして変わったという言葉をさらに掘り下げると、明確な基準が必要であることもわかります。

当然何か基準があって、その差分があるから変わったと理解できるのです。


関数が変わらなければ、先の処理順序は生きたままのなので、インバースを取ることでいくらでも参照可能です。


しかし、一端脳の処理の仕方が変われば、インバースによる参照はかなり困難を極めます。

例えば、指数関数からいきなり三角関数に変わったのに、どうしてその逆関数がどちらも同じものだといえるのでしょうか?


大抵の場合、人から指摘されることで、「あ、そうだっけ?」と気づきます。

私のクライアントでは、こんなことはざらです。

もちろん自分が変わったということを自覚できなければ、自分が戻ったということも自覚できないわけです。


なので、ここで外部記憶装置としてコーチの意味が表れます。


コーチはスコトーマ外しもそうですし、その変化を見逃しません。


話が少しそれましたが、本当に変わるとは得てして別人になることです。

なので、別人になるのですから、これまでの価値観も普通に変わってしまいます。

過去がどうのだとか、他人がどうのだとかもそうですし、いかにハワイに行くというゴールに対して飛行機のチケットを取らずに家で腕立て伏せを毎日していたかに気付きます。

くどいですが、本当に変わると自分ではそんなことすらわからなくなりますが。


最も過激な言葉を使うなら、自分を壊す覚悟のある人が、本当に変わる人です。

そこに命がけの跳躍(現状の外側)が必要だからです。

逆に、自分を壊す覚悟のない人は、別に本気で変わりたくない人です。

なんだかんだいっても、今の自分が好きですし、楽しいのです。

いつもいうように、別に私は一切現状維持を否定していません

本人がそこで納得していることを望んだなら、堂々と現状維持すべきしょう。


最後に誤解のないよう付け加えますが、壊すといっても、もちろん洗脳のようなものでは一切ありません。笑


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


自分がまだやっていないことは何かという視点は非常に重要です。

とても残念ですが、これまで何度も指摘したように、変わりたいという気持ちの裏には、実は変わりたくないというゴールが走っています。

というより、そういう人が大半です。


その理由は簡単で、変わらなくても普通に生きていくことができるから。

これにつきます。


日本という国では、カロリーベースでもそうだし、社会保障のセーフティーネットという意味でもそうだし、餓死することはありえません。

言葉は悪いですが、何もせずとも食べていけるし、生きていけます。

飢餓は克服されています。


脳側から考察すると、脳における第一優先順位、つまり生命の維持を果たすためには、まさに現状にとどまることが一番効率がいいわけです。

当然それを覆す必要は脳からすれば、さらさらない。


もしそのうえで、本当に変わりたいという気持ちがあるのなら、この仕組みは正しくりかいしておくべきでしょう。

出来ることもそうだし、まだやっていないことは、たくさんある。

いうまでもなくどんどん実践するべきでしょう。


例えば、セミナーに出たり、本を読んだり、コーチングを受けたりです。

特に本は最低1日1冊、どんなに読むのが遅い人でも1週間で1冊は読んでほしいと思います。

本という存在は、コストの割に非常に栄養価の高い存在です。

特に古典は最高です。

アダム・スミスの国富論や、カール・マルクスの資本論などは、ぜひとも押さえたい所です。
もちろん他にもおすすめの書籍はたくさんあります。

興味があれば、ぜひ質問してください!


反対に読むに値しない本もたくさんあり、それは自分のアルゴリズムにバグを加えるだけです。
そうそうに燃やすなり、捨ててしまいましょう!

百害あって一利なしです。


変わりたいという気持ちがあるのなら、さっさと変わってしまいましょう!

遠慮するものは何もないはずです。

まだやっていないことがあるのでは?

今やれることがあるのでは?

やっていないことにはどんどんチャレンジしていきましょう! 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


本日は『心の強さと弱さ』について切り込んでいきたいと思います。


ここでそもそも心なんて実在しないから、強さとか弱さとかいう概念はないという突っ込みはなしでお願いします。笑

もちろん、心は存在しているとは思います。実在はしてないだけで。



さて、本日は心の弱さということですが、 結論を先に言えば心に強いも弱いもないというのが結論です。

認知科学において、心は関数(正確には複雑な関数群)なので、処理の仕方を変えるだけでいくらでも強くすることも弱くすることもできます。 

つまりただのパラメーターのチューニングに他なりません。


例えば、会社の上司に怒られたとき、人によっては全く右から左に聞き流せる人がいます。

聞き流せることが良いか悪いかは別として、彼・彼女の心の関数処理では、見事に言葉に宿る負の感情を無味無臭に処理しているわけです。


逆に試したことはありませんが、グリーンベレーなどの厳しい訓練を積んでいる屈強な兵士たちに、お笑い芸人が笑いをとろうしても、決して笑うことはないとでしょう。

もちろん彼らも人間なので、OFFの日のリビングでくつろいでいるときは笑うでしょうが、少なくとも緑のベレー帽をかぶり、銃を背中にかついで走り回っているときには、一切笑みを浮かべません。
なぜなら、実際そのように訓練を受けているからです。


ここだけで捉えらえると、なんだ結局心を鍛えるってことじゃないと思われる恐れがあるので、そこは明確に否定しておきます。

心は実在しない以上、鍛えるもクソもないからです。

くどいですが、パラメーターのチューニングにすぎません。


心とは関数である、その関数のパラメータは自由にチューニング可能であるとの知識がきちんと身体に実装されていれば、それはひとつ上の抽象度から、自分の感情を観れるようになります。

平たくいえば心を自由にコントロールできるようになるわけです。


このように考えたとき、心を強くも弱くもできるなら、心が強い弱いで悩む必要はありません。

もちろん気にする必要もありません。


では、ここでこの事実をもうひとつ掘り下げたとき、心がいくらでもパラメーターのチューニングによる調整が可能ならば、何を基準に調整すればいいかという疑問が残ります。


それはもちろんゴールです!

自分のゴールに合わせて、自在にチューニングすればいいのです!
 astronomy-3

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


本日は自分の常識を変えるために必要なことを考えたいと思います。


これまでのブログ記事でも何度か紹介したように、人は基本自分の観たいものしか観ません
(自分の観たいもの観るメカニズムはこちらがわかりやすいです)

くどいですが、この観たいものとは自分の無意識が選別しています。

なので、意識が関与する余地はどこにもありません。


しかし観たいものを変えないとどうなるかといえば、それはおしなべて現状の内側の連続です。

何の進展もない同じ風景です

そこで私たちコーチは、相手のスコトーマを外すことで、この認知の仕組みをひっくり返すわけです。

私たちが特別答えを提示することはありませんが、新しい観方・新しい情報が入ると人は勝手にそれらの情報で最適化を始めていきます


さて、そんなスコトーマを外す作業ですが、私はマーク・シューベルトの逸話を思い出します。

マーク・シューベルトはかのオリンピックで金メダル8冠に輝きましたマイケル・フェルペスのコーチです。

現在水泳の北島康介選手もマーク・シューベルトに指導を受けています。


彼のストコーマは外しは極めて合理的です。

その最たる例は、練習がきついという水泳選手にグリーンベレーの練習の見せることでしょう。


実に簡単なことと思われますが、効果はてき面で、選手達は俺たちの練習はまだまだだなと思ったそうです。


自分の観えている世界が全てだと信じきっている人は、それ以外の情報を基本受け付けません。

ですが、その観える世界を創ることに必要な情報は、外部から常に入ってきているわけで、そこを通してそれは真でないということを示しました。


本当にきれいなスコトーマ外しです。


人の意識は自分が信じているほど、正確ではありません

自分の意識を知るというとは、精神科医が自分の精神状態を診断するというくらい奇妙な話です。

それを変える最もシンプルな方法は、今の例のように自分の常識を覆す情報を仕入れることです。

人間はどうしても物理空間に臨場感を強く持つので、できれば百聞は一見にしかずということわざ通り、直接見た方がより効果的です。


もちろん、プロのコーチによる客観的な視点が、これと同じくらいスコトーマ外しには有効であることは言うまでもありません。

a3732988ccc4bccae594ee88c9a1bf0353f5fdd91395198806
 

↑このページのトップヘ

page contents