苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:ホメオスタシス

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


現在プロ野球球団を持つ、
とある上場企業が運営する
「ウェルク」というサイトが大炎上しています。


概要だけをざっくりいうと、
読者の役に立たないブログ記事を多数掲載し、
ユーザーを集めて多額の広告収入を得ていた
というものです。


普通つまらない記事なら
グーグルの検索エンジンにかからず、
淘汰されるはずですが、


その企業はグーグルの
検索アルゴリズムを

徹底的に分析して
記事を書いていたので、

嫌でも上位に検索結果が
出るようにしていたようです。



最近のひとつの傾向として、
お笑いもビジネスも

「下品」になったひとが稼ぐ

という風潮があります。



下品なものは、
一過性で流行りこそすれ
すぐに消えていきます。



この世に魔法の杖も
打ち出の小づちもありません。



工夫という意味での
ショートカットは大歓迎ですが、

アンフェアなショートカットは
自身の身を滅ぼすだけです。




彼らを反面教師に
きちんと今まで通り
僕たちは骨太な実力をつけましょう。



本物の1流のトップランカーたちの
勉強量はそれはもう異常です。



きちんと学び、
そしてきちんと実践すれば
何事も必ず成就します。




さて、ということで本日より

『目標達成を妨げる
  原因発見個別セッション』

の募集を開始します。


目標を設定しても、
なかなか達成することが出来ないのは、

本人さえも気づかない原因

があるからです。



そしてその原因は
たいてい思わぬところに存在します。



例えば、あなたが仕事の
生産性があがらず悩んでるとき、

仕事術やタイムマネジメント

を学びます


ここで上手くいかない場合、
大抵もっと躍起になってその他の
仕事術やタイムマネジメントを学び、
 
如何に仕事にかける時間を増やすかを考えます。



しかし、真の原因が
「疲れ」にある場合、仕事を休んで、
むしろ仕事にかける時間を減らすことで
問題が解決します。


休みを取れば、心身が整い、
集中力がアップすることで
生産性があがります。



上記の例の場合、
むしろ仕事術やタイムマネジメントを
学ぶことでドンドン生産性が下がるでしょう。


これは問題点を間違た典型です。


日常でもこのようなことが良くあります。



いうまでのなくそのまま行けば、
成果が出ずに挫折することは眼に見えています。



本人が気づかない問題を
個別で発見をして、
新年から加速したいひとを
限定5名で募集します。


●毎年目標は設定するもの、どうしても3日坊主になってしまう

●来年こそは、正しい目標を設定して達成したい

●自己肯定感を高め、自信を持って目標に挑戦したい

●現状が不満で、転職・起業を考えている

●やりがいのある仕事や目標を見つけたい



そんな方にオススメです。


場所は東京渋谷区を予定していますが、
今回は年末に関西も出張します!


詳細
†【限定5名】目標達成を妨げる原因発見個別セッション†

場所:
(東京)渋谷区のホテルラウンジ
(大阪)北区のホテルラウンジ
※詳細は申し込まれた方にお知らせします。

日時:
先着で個別相談

お申し込み:

参加費:
今回特別価格、10,000円



解決していない問題は
だいたい、今までの自分の視野の中で
解決しようとするから、本当の問題が解決されません。


自身の課題をしっかり観つけて、
来年も飛翔しましょう!


来年本気で成功させたい方は是非お越しください。


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


ひとの行動は
「過去の記憶」で出来ています。



過去の記憶とは、
嬉しい、楽しい、悲しい、怖い、辛い
といった感情の伴った経験です。



それが大人になるとともに、
ゆっくり少しずつ自分の
無意識下の行動規範として
形成されていきます。


ちなみにこの行動規範のことを
ブリーフシステムといいます。



人間が何気なくとってしまう行動は
全てこのブリーフシステムに書かれた内容です。



基本的に人間は、
このブリーフシステム以外の
行動を取りません。




というより、
他の行動を取ろうとしても、
実際取れません。



例えば頑張ることに慣れた人に、
「頑張らないで!」
と声掛けするだけで
頭が真っ白になります。



頑張ることに慣れたひとからすれば、
「頑張らず」にどうやって
行動していいのかわからないのです。




ひとはたいてい”自分の正当性”を
証明したいという強い欲求に駆られます。


これは無意識の機能です。



なので頭でどんなにわかっていても、
新しいやり方を無意識が受け入れられず、
数日経って気付けば今まで通りの行動を
取ってしまうのです。




これは起業に置き換えても
実は同じことが起こります。




起業初期はどうしても
慣れないことを始めるので
ブリーフシステム以外の
行動や考え方を必要とします。



するとそれは今までのやり方を
入れ換えることになるので、

今の新しい行動は何かが間違っている
じゃないかと感じてしまい、

気付けばついつい今まで同じ行動を
取ってしまうのです。



自分の起業アイディアを
考えていても自分のできること、
なしいはやったことがあるもので
考えてしまうのも同様です。




必要なことは

「自分の出来ること」

ではなくて、

「誰の役に立つか」

です。




そこに始まり

『目標を達成するためにどうすればいいか?』

を考えることです。




前に進まないと感じたときは、
無意識できちんと違うことをやっています。



そこはひとの手を借りてでも、きちんと

『ゴール達成に必要な行動が取れているか』

を常に意識していきましょう!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。

 
先日のお昼も、
起業スクールの受講生と
個人セッションを行いました。
 
 
セッションの中身は終始、
ビジネスの骨子ともいえる
メインストリームとその外枠の形成です。
 
 
 
おかげで難なく
次のステージに到達しました!
 
 
 
 
実をいうと
ゴールでもビジネスでも、
素早く目標を達成するために
意識すべきことは、
 
ver0.2を創ることです。
 
 
 
完成は目指しません。
 
 
 
ver0.2を創ったあとに、
どんどんブラッシュアップをします。
 
 
 
 
この考え方の良いところは、
パラメータ(変数)を分離できることです。
 
 
だから問題が複雑になり過ぎず、
かつ適切なアプローチが取れます。
 
 
 
 
経験の浅いひとは
完成を先に目指し、
さらに重要なパラメータを間違えます。
 
 
 
 
表層の割どうでもいい問題を
重要だと勘違いして
いたずらに時間だけを消費します。
 
 
 
 
この見極めは、
正直「慣れ」です。
 
 
なので、
わかっているひとに
早々に聞くことです。
 
 
聞けば一瞬で解決します。
 
 
 
この感覚は投資にとても近いです。
 
 
「かけるコスト」と
「還って来るリターン」の
勘定をきちんとしないといけません。
 
 
 
これからビジネスが大きくなったとき、
最終的にこの感覚がものを言います。
 
 
例えば、
工場を建てるのに1億円必要で、
見込まれる利益が3億円なら
間違いなくGOです!
 
 
躊躇すれば
ただ商機を逃します。
 
 
 
話が少しそれましたが、
重要度の高いパラメータを
見抜いてフォーカスすれば、
それだけでとても早く前に進みます!
 
 
 
 
作業が止まる瞬間は脳科学的にいうと
無意識の演算が終わらなかったとき、
 
つまり、
 
「何をしていいのかわからない」
 
ときです。
 
 
 
 
 
さて、脳科学ついで
人間が合理的な判断ができない
脳の仕組みをひとつ紹介します。
 
 
それは専門的には
「論理誤差」と呼ばれるものです。
 
 
 
例えばひとは、
 
字が綺麗なひとを観ると、
そのひとは整理整頓も出来る人だと思います。
 
スーツをカッコ良く着こなしたひとを観ると、
そのひとは仕事が出来る人だと思います。
 
大学を中退したひとを観ると、
あきらめが早い人だと思います。
 
 
 
当然ですが、
上記に関して明確な因果関係は
証明されていません。
 
 
なので、反例はいくつでもあります。
 
 
中退がもしあきらめの早いひとならば、
ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズも
同じくあきらめの悪いひとということになります。
 
 
 
 
論理誤差は言い換えれば、
 
「優先順位の誤り」
 
であり、
 
「正しい問題設定の誤り」
 
を導くひとの機能です。
 
 
 
 
無駄なことをしていないか?
 
もっとスマートに解決できないか?
 
果たして自分の考えは論理的に正しいのか?
 
 
今のやり方で問題が解決しない場合、
認識している問題点を疑ってみましょう!
 
 
 
 
物理学者のアルベルト・アインシュタインの
名言にもこうあります。
 
 
私は1時間あったら、
正しい問題を探すのに最初の55分をかける。
 
 
 
あなたが本当に向き合うべき問題は
一体どこにありますか?


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。

 
先週末は起業スクールの
第2回講座でした!

 
1回目の講座から約1ヵ月ぶりに
全員で集まったことになりますが、
みな元気そうでなりよりでした。
 
 
 
マイビジネスがが大いに進んで、
見込み客にもうアプローチ
している人も出ており、
 
もう少しでファーストキャッシュ
獲得までいきそうです!
 
 
 
過去にすでに何かやっていた
というわけではなく、
 
本当に全くのゼロの状態から
ビジネスを始めているのに
わずか2ヵ月足らずでここまで来ました。
 
 
 
きちんと起業には
優先順位の高いタスクがあり、
それを忠実に実践していけば、
誰でも勝手に成果は出ます。
 
 
 
 
さて、ビジネス的なノウハウは
もちろんたくさんありますが、
ビジネスノウハウだけで起業はできません。
 
 
つまるところ、
本人のマインドの問題です。
 
 
ひとは何故行動が止まるかといえば、
9割がマインド面で止まります。
 
 
 
 
不安や恐怖、
 
やったことがない、
 
何となしに手がとまる、
 
本当に出来るかわからない、
 
原因はさまざまですが、
必ず誰しもが直面する問題です。
 
 
 
究極起業とは
「すべき作業をする」
の一言ですが、、、
 
その裏側には膨大な情報場が潜んでいます。
 
 
 
 
なので、本人としては、
勤勉に努力しているつもりでも、
何故か作業が前に進まない
ということが起きてきます。
 
 
 
 
この『努力の出所』
とても重要なポイントです。
 
 
 
 
よくある努力の裏側には
 
「出来ない自分を埋めわせる」
 
という無意識下のメッセージが隠れています。
 
 
 
 
この
 
「出来ない自分埋めわせる」
 
というメッセージは、いつの間にか
 
「価値のない自分」
 
という風に脳内では置き換わります。
 
 
 
 
つまり頑張れば頑張るほど、
 
「どんどん成果が出る」
 
どころか、
 
「どんどん苦しくなる」
 
そんな不思議なことが起こります。
 
 
 
 
「価値のない自分」という
セルフイメージが出来上がると、
肝心なところでわざわざ失敗します。
 
 
 
 
 
その状態では、
いくらモチベーションを高めようが
何をしようが、
 
穴の開いた風船に空気を注ぐように
すぐにしぼみます。
 
 
 
世の中にはしぼむよりも早く
空気を注ぎこもうとする人がいますが、
 
穴に気付かずずっと注げば
ごくごく自然に風船は破裂します。
 
 
 
もうだいぶ昔のことですが、
僕も頑張れば頑張るほど成果が出ず、
逆にドンドン苦しくなるので、
本当に発狂しそうでした。
 
 
 
 
ただ今冷静に思い起こせば、
ちゃんと自分で苦しくしていただけですが。
 
 
 
 
 
 
なので、まずは
 
「頑張る自分」
 
を止める必要があります。
 
 
 
起業にせよ、
ゴールにせよ、
それらは本来
100%Want-toであるはずです。
 
 
 
 
 
にも関わらず、
作業が進まないというのは、
何かが間違っています。
 
 
 
そこを正す方が、
ノウハウだけを学ぶよりも
100倍重要です。
 
 
 
あなたが頑張らずに、
 
誰に言わるまでもなく、
 
自然とやってしまうものは何ですか?

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。
 
 
成果を出すために必要なものは、
才能ではなく行動することです。
 
 
それもただの行動ではなくて、
 
「淡々と」とか「粛々と」
 
という言葉が形容されるような行動です。
 
 
 
 
いくらイチローのような天才でも、
別に才能だけで野球をやっていたわけではありません。
 
 
仮にベースに才能があったとしても、
その上に乗っかる練習量があってものを言います。
 
 
 
 
ちなみにですが、DNAで先天的に
決定されるひとの才能は約34%です。
 
 
これを裏返すと、
残りの約66%は本人の意思、
または努力ということです。 
 
 
 
 
つまり現実を変えるには
最終的に行動しかないと
科学が証明しています。
 
 
 
 
 
 
成功しているひとの歴史を何百人と調べてみても、
その共通項は「行動」にあることがよくわかります。
 
 
 
逆に上手くいかない人はどうかといえば、
「願い方」だけを色々と試しています。
 
 
 
 
上手くいかないと他の願い方を探し、
それらを自分が努力や行動をしない
免罪符にしているわけです。
 
 
 
言うまでもなく、
 
「願い方を探すこと」
 
が努力や行動ではありません。
 
 
 
 
 
このあたりの差をもっと端的に言い換えると、
 
「行動していることが当たり前に思えるか」
 
です。
 
 
 
 
 
例えば、深夜終電を逃したとしても、
ひとは是が非でも家に帰ろうとします。
 
 
電車がないなら、タクシーを使う、
タクシーが高いなら最悪歩いてでも帰る。
 
 
こういうことを自然とやってのけます。
 
 
なぜなら、家に帰ることは当たり前だからです。
 
 
 



 
心が弱かった、
 
意志が強くなかった、
 
才能がなかった、
 
と終わらせるのは簡単ですが、
 
彼らは何故行動し続けることができたのか?
 
が見えるともっと楽しくなります。
 
 
 
 
なぜなら、自分が彼らと同じ
脳を持った人間だからです。
 
 
 
 
これらの仕組みがわかれば
同じことができるようになるからです。
 
 
 
意志に頼らず自然と行動してまう
システムをデザインしたい方は、
 
「何故か継続してしまう
脳の仕組み構築セミナー」へ!
 
 
 
†何故か継続したくなる脳の仕組み構築セミナー†
 
日時:
2016年10月22日(土)18:30~20:30
 
場所:

 
お申し込み:

 
料金:
5,000円
 
お申し込み期限:
10月19日(水)23:59:59



------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents