苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:ブリーフシステム

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


ひととしてこの世に生を受けた以上、誰しもひとつやふたつ、トラウマやひとに相談出来ない秘密を持っているものです。

もちろんそんなものなど存在しなかったというケースも考えられますが、それは今まで健やかに人生を謳歌してきたの証拠なので、それはそれでいいことなのではと思います!

ただ、辛ければ辛い体験ほど、ひとは簡単に忘れることも事実です。

なぜなら、人は強いストレスにさらされるとコルチゾールという副腎皮質ホルモンが分泌されるからです。

これは本来はタンパク質の分解に必要な物質ですが、大量に出ると海馬を傷つけ、一種の記憶障害を起こすことがわかっています。

つまり、辛い記憶ほど存外覚えておらず、そして何かの拍子にいきなりフラッシュバックします。

辛い記憶を抱えたひとほど、それは基本的に表に出ることはありません。

本人としてはそんなことはなかったと思っているわけです。


さて、とういうことを考えたとき、嫌な記憶やトラウマを永遠に蓋を閉じたままの方が良いような気がします。

もちろんそれはある一面では事実であり、せっかく忘れているなら尚更です。

わざわざ藪をつついて蛇を出す必要はありません。


しかし、ではそのまま蓋をし続ければいいのかという問いを考えたならば、私個人の考えはネガティブです。

というより、本当に先に行きたいのなら、むしろどんどんパンドラの箱をあけるべきだと思っています!


理由は大きく2つあります。

ひとつめは、嫌な記憶は思い出せないだけできちんと無意識に記憶され、トラウマがブリーフシステムに組み込まれているからです。

これはアントニオ・ダマシオのグッドガイバッドガイ実験からも明らかです。

意識の上にあがらないだけで、きちんと無意識下で嫌な記憶に基づいて躊躇し、ちゃんと行動を妨げます。


ふたつめは、ゴールへ躍進する圧倒的なパワーが身に着くからです。

最もわかりやすい例は、うつを克服したひとは精神的にタフになることです。

一度地獄を観ると、簡単には参りません。

なぜなら、嫌なことがあっても少々のことなら自分で処理できるようになるからです。


私のコーチングの例でいえば、意図せずともそういう記憶が勝手にワラワラ出てきます。

なぜなら、自分が問題だと感じていることの正体は、往々にしてそこが問題ではないからです。

もっといえば、そういった嫌な記憶やネガティブなトラウマからきちんと演繹的に起こっています。


なのでパーソナルコーチング中に個人差はありますが、涙を流したり、辛い気持ちになることはよくあります。

そして、そういったものが出てきたら、私は心の中でにっこり笑いながら浄化し、内部表現を書き換えます!

書き換えの風景を少し共有すると、そういった記憶を消すわけではありません。

もっと先へ進むための、別の機能を付与します。

ネガティブな記憶やトラウマに、本来良いも悪いもないのです。

むしろそれらを乗り越えたことで、圧倒的なゴールへの躍進力が生まれます。


私個人、ひとはポジティブな記憶よりも、ネガティブな記憶の方に特別なパワーが宿っていると思っています。

私はこれを地獄めぐりと呼んで推奨しますが、ただ別にしたい人だけがすればいいと思っています。

なぜなら、地獄めぐりをせずとも心の底からWant-toとゴールに目覚め、そこにどんどん向かっている方もいるからです。

自分はパンドラの箱をあけた気がないだけで、ぶっ飛んだゴールを設定して進む中で勝手にあけている方もいらっしゃいます。


結局全ては自分のWant-toに沿ったゴール次第ということです。

釈迦は確かに苦行はいらないと言いましたが、別に修行がいらないとは言っていないと思っています。

なので私は、愉しみながら地獄めぐりを薦めます!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちには、すべからくなりたい姿が存在し、挑戦したいゴールが存在します。

そこに向かって進もうと考えたとき、より明確にゴール像を想像すると、途端にそこから負のイメージがどこからともなくやっています。

ひとによっては不安や恐怖ということはもちろんですが、あるひとにとっては『それを達成して結局どうするの?』という根本を挫くような問いが頭の中に浮かびます。

もちろん抽象度があがれば、確かにそれらは解決です。

ただ抽象度をあげる行為というのは、とてもエネルギーの必要な行為です。

つまり、抽象度をあげてということが、「はい!わかりました!あげます!!」という類のものではなく、日々抽象思考をするなかである日突然やってくるものです。

あるいはすでに抽象度の高い人物に、現状を打開する抽象度を共有してもらうことです。


ただ、当然自分のなかでそれらの負のイメージに対する対処法は知っていて損はないと思います。

そして良くある間違えが、ネガティブな感情は表に出さないという、あるいはモチベーションだけを掻き立てて自分をだましだましやっていくという、全く役に立たない手垢まみれの過去の自己啓発的アプローチをとることです。


さて、負のイメージに囚われ、にっちもさっちもいかない場合、どういうことをするべきかというと、とても回答はシンプルです。

それは横着になれということです。

これは負のイメージは自分で創っているという事実に起因します。


何がいいたいかといえば、感情はエネルギーだということです。

実際魚もストレスを感じると発熱することがわかっています!

そしてそのエネルギーは電気のように貯蓄することはできません。

一度発生したら、必ず使い切る必要があるものです。

そしていうまでもなく、そのエネルギーの使い道として、脳は負のイメージを産み出します。


もちろん貯蓄はできないという前提で、仮に貯蓄する=我慢ということを行うと、今度は別のところでそのエネルギーが使われます。

不感無覚という眼に観えるよう状態であれば、周りが察知することができますが、それがメンタルブロックとしてブリーフシステムに取り込まれたとき、自分も他人もなかなかそれに気付くことができず、後々色々のところで悪さをします。


学校教育など、論理的、理性的であることが大切ということを習いますが、理性だけで何も判断はできません。

あるいは論理だけを突き詰めると上手くいかない例は多々あります。

例えば、国家の戦争は極めて論理的な世界です。

外交の教科書では、戦争は国家の外交権のひとつという風に書かれています。

個人通しの殴り合いは犯罪でも、国家の殴り合いは問題ないというとても奇妙な論理です。

しかし論理だけの世界だと、こんなことが普通に成り立ちます。

そしてこれにおかしいと思うのは、どちらかといえば感情の世界です。



私たちは感情というもの理解があまり正確ではありません。

正確でないから扱い方に困ります。


負のイメージに囚われたとき、最も効果的な方法は横着になるということです。

感情は生理現象である以上、止めることはできません。


常に感情は使い道を求めています。

私たちは常に現状の外側へと進むことを目指しているので、そこに思う存分使っていきましょう!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

『幻想と覚醒』

本書は21世紀の悟りを紐解きながら、我々の幸福とは何かについて書かれた書籍である。

なお、ここで21世紀と形容しているのは、釈迦が行った思考実験のみによる悟りではなく、現代数学や現代分析哲学等を踏襲した形式化を経た悟りであるためである。
形式化とは、数学で記述されたということである。


さて、私たちの幸福ついて考えるにあたって、はじめに現実(Reality)とは何かについて定義したい。

なぜなら幸福とは、『恵まれた状態にあって、満足に楽しく感ずること。しあわせ』と定義され、現実世界において要請される概念であるからである。
 
もちろん現実世界でないところでも幸福という概念は成り立つが、誤解を恐れずにいうなら、それはただの妄想である。


早速だが、現実とは、『いま目の前に事実として現れている事柄や状態』であると広辞苑では定義される。

この定義に当てはめて、「現実」をブログの文字情報を映すPCのモニターだと考えてみよう。
無論、スマートフォンのモニターでも構わない。

この文字情報を集中して真剣に読めば読むほど、その他の視覚情報がどうでも良くなる。
なぜなら、重要性が下がるために、目に写っていても脳に意識されないからだ。

つまりそれは見えていないということになり、見えていない以上は、脳にとってそれは現実ではないということになる。

コーチングの父である故ルー・タイスが好んだワークのひとつに腕時計を使ったスコトーマ実験がある。

まず最初にルー・タイスは「いま時間は何時ですか?」と聴衆に聞く。
そして、時間を確認してもらったあとに、その腕時計を見ないで、ノートにその腕時計をデッサンしてもらう。
 
そうすると驚くことに、いま見たにも関わらず、腕時計の絵が正確に描けないのである。
 
別に上手に描かなくても良く、特徴を押さえてあれば良いのだが、ひとつも間違えないで描ける人はほとんどいない。
3カ所、5カ所、10カ所以上も間違えている人が続出する。

ある人は無い数字を書いてしまったという。
例え、デザインが気に入って買った時計にも関わらず、買ってからは脳はもうデザインを見ていない。


この要因は、端的に我々のRASによるものである。
 
RASとは、獲得したたくさんの情報から必要な情報を選別するフィルターシステムのようなものである。
つまり、ひとつの目的が決まれば、無作為な情報の中から必要な情報だけを抜き取り、その他一切を処分する機能である。

また、このとき私たちが認識する情報のことをゲシュタルトという。
ゲシュタルトとは、全体と部分の双方向からなるひとつの意味を持つ塊のことである。


我々が知るべき脳科学や心理学の歴史を物理学や数学を踏まえて解きほぐしてくれる必読の書であるユーザーイリュージョンから、この事実をもう少し掘り下げる。

トール・ノーレットランタージュ著 ユーザーイリュージョン p.233
(引用開始)
 
ゲシュタルト心理学は、行動主義が全盛を極めた20世紀初頭には影が薄かったが、今日、名誉と権威を回復しつつある。

全体性と仮説の観点からでないと視覚を理解しえないことが明らかになったからだ。

私たちは感知したものをそのまま目にするのではない。感知したと思うものを見る。

意識に上るのは解釈であって、生のデータではない。

意識されるよりはるか以前に、無意識のプロセスによって情報が処分され、その結果、私たちは一つのシミュレーション、一つの仮説、一つの解釈を目にする。

しかも、私たちに選択の自由はない。

(引用終了)



上引用を理解するために、ここで有名な錯覚のひとつである「老婆と若い女」を取り上げたい。

これはある一方では老婆であるように見えるが、もう一方では若い女が見えるという馴染み深いだまし絵であるが、「認識する」という観点から考えると、錯覚とはとても奇妙な事例であることに気付く。

それは、内在する2パターンのゲシュタルトのうち、どちらか片方だけが勝手に選ばれたということである。

本来一枚のだまし絵の中には、もともと老婆と若い女という2通りのゲシュタルトが内在していた。
しかし、例えば老婆が見えた場合、若い女が切り捨てられ、実際取れる情報は老婆だけである。
つまり、図と地における、老婆が図となり、若い女が地となる。

この現象を説明するには、意識するという行為の前からどちらか片方の意味付けがすでに完了していたという風に考えることが妥当である。

つまり、私たちの経験する事柄は、意識される前にすでにどちらか片方のゲシュタルトを獲得していたということである。

これはあくまで、話を簡潔にするために、だまし絵という内在している2パターンの情報を全て知っているという前提で考えているが、今こうしているだけでも得られる毎秒約1100万ビットもの情報に対しても同様のことがいえる。

つまり無数のパターンが内在し、ひとつのゲシュタルトを残し、その他大多数の内在していたであろうゲシュタルトが全て処分されているということである。


では、ここでなぜそのひとつが選ばれたのかということについて考えるために、バインディング・プロブレム(結び付け問題)を取り上げたい。


具体的に乗馬を例としてバインディング・プロブレムを考える。

乗馬中、五感を通じて様々な情報が外界から獲得され、それが分別されて脳内の様々な領域へ送られる。
 
その後、さらに無数の神経細胞の間で細分化され、個々の細胞は辺、形、動き、色、光景、コントラストといった特徴を残らず分析してからそれを再構築し、乗馬の合成イメージを組みあげる。
 
さらに、ここに視覚だけではなく、聴覚、触覚、嗅覚、乗馬の嬉しさや楽しさといった情動とこのイメージを関連づける。


もちろんここだけ見れば、誰しも同様に脳内で刻一刻と結び付けがされているが、個人ごとに各要素の結び付けの割合が違うことは自明である。
個人によって結び付けられる要素と、そうでない要素も当然存在する。

何を持って個々人の結び付けがなされているのかを問うたものが、バインディング・プロブレムの本質である。

 
バインディング・プロブレムについては、細かい学説が多々存在し、現在でも非常に多くの論争が存在するトピックであるが、この場では個人の過去の情動をともなった記憶と経験によって、結び付けの割合が異なるという立場をとる。
コーチングのコンテキストで考えるならば、これはブリーフシステムである。

また、この結び付けの際、各要素が結び付いたこと(ゲシュタルト化)で初めて意味をもつが、単一の各要素だけではその意味を持たない。

つまり、世界にある無数の情報は、単一では意味を持たない情報の連続であり、そこから取り出すゲシュタルトは、個人個人で異なる。

言い換えれば、それは自分の観たいものだけを観ているということであり、もうひとつ踏み込んで言及すれば、それは幻想である。

なぜなら、絶対的な客観的現実など存在ぜず、また意味を持たない情報群のなかから、勝手に自分独自の意味を見出しているからである。


さて、悟りとは『空を体感する』という言葉で置き換えることができる。

厳密にいうならば、歴史的背景として釈迦は空という概念を提唱しておらず、釈迦が行き着いた結論は、あくまで縁起思想である。
その後、大乗仏教を大成し、理論化に成功した龍樹(ナーガールジュナ)やツォンカパが縁起の説明原理として空を用いた。
 
なお、龍樹の主著が「中論」であり、ツォンカパはチベット密教のゲルグ派の開祖である。

空とは、存在論における最上位に位置する概念である。
すなわち、現代分析哲学の存在論において、宇宙は包摂半順序束集合として記述される。
包摂関係のある情報が情報量の大小で並べられたときに、そのTopとなるのが空である。


最上位に位置するとは、全ての存在を包摂するということであり、全ての存在が同列に位置するということである。
つまり、「空」に達するとは重要性関数が無くなるということであり、すなわちすべての存在が同列に位置することになる。

全ての存在が同列であるということは、全ての存在がただの情報であると知ることに他ならない。

全ての情報が同列であり、そこから意味を勝手に作り出すことが無意識の機能であれば、自分の望む意味を勝手に作っていいとも解釈できる。

そして、自分が選択することとは、本来その機能として幸福である。

なぜなら、選択とは常に我々が今よりもっと良くなるために行う行為だからである。

また、選択には当然義務と責任が伴う。
それは、言い換えれば束縛である。

しかし、その束縛も自分が望んで選んだものであれば、それは本質的には束縛ではなく、自由である。
そして、いうまでもなく、束縛を選ぶこととは、自分の幸福を選ぶことである。


ぜひ本書を手に取り、幻想から覚醒し、心から望む束縛を選んでほしい。










ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


11月のパーソナルコーチングの募集を開始します!


パーソナルセッションの依頼はこちらから!


自分を書き換え、なりたい自分に向かいましょう!!


お待ちしています!!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


ブリーフとは、自分の信念であり、行動規範です。

ブリーフシステムをこれらの言葉を使って難しく定義することは可能ですが、結局のところ無意識に従う自分専用のルールブックです。

基本私たちはこのルールブックに対してとてもフェアに、そして何より忠実に従います。

いうまでもなく、このルールブックは自分だけのオリジナルのものであり、他人は全く違うことが書かれたルールブックを参照しています。


俺のルールブックにはこう書いてある!

私のルールブックにはそんなことは書いてない!


ルールブックが物理空間のバイブルに換われば、かつての宗教戦争と同じ構図が観えてくるようです。

個人の行動も集団の行動も、結局根っこの理念は同じように思います。


さて、そんな個人個人が好きなことを好き放題ルールブックに書いているのなら、当然自分でルールの更新が可能です!

書いたのが他でもない自分だから自明です。

そしてルール更新のコツは、そのルールを徹底的に意識の上にあげて吟味することです。

ルールは全部確かに自分で書いたはずですが、いつの間にか別のルールと重なって、別のルールのように振る舞っているからです。

当然そのときは、重なっている別のルールも同時にきちんと議論の対象にするべきです。


そして該当箇所がわかったなのなら、今度はどんなルールに変更すればもっと普遍的で上手くいくかを考えます。

例えば、お金を稼ぐことに抵抗があるのなら、利益をあげることでもっと大きく活動でき、さらに多くのひとに活用してもらえるというようにです。

せっかくルールを更新するのに、無意味な更新にしてしまえば、結局元に戻ってやり直しになるからです。


そして、ルールをより普遍的なルールに更新するためには、言うまでもなく高い抽象度が必要です。

低い抽象度では、せっかくの変更も先のように無駄なものとなるでしょう。


この意識にあげるという操作が止観であり、自分のルール更新の唯一の方法です。

自分のルールブックを明確にかっちりと意識にあげて、どんどん抽象度の高いルールに変更していきましょう!

update
※ルールは自分で変えるもの!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents