苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:セルフエスティーム

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


現状とは、私たち苫米地式コーチングの流派において、ステータス・クオと表現します。

現状という言葉を聞くと、日本語の意味が現在の状態やありさまというものなので、今のこの現在という一点だけを指しているように感じます。

しかし、私たちが主張する現状(ステータス・クオ)とは、これからやってくる未来のことも含んでいます。

もっとざっくり言ってしまえば、コンフォートゾーンの原理に従い、未来永劫同じところに居続けてしまうということです。


そのように考えたとき、時間は何も解決しないことがわかります。

心の病などで時間が経てば解決の見込みがある、ないしは待つということが大切という場合も多々ありますが、少なくとも私たちが直面するケースはそうでないことが大半です。

いわばステータス・クオの外側へ向かう最中なのか、そうでないのかという視点は極めて重要なポイントとなるでしょう!

そして外側へ飛び出すときに必要になのは、ゴールの設定とエフィカシーの高さです。


ここで率直に良くあるケースとして、本人はステータス・クオの外側に出ようとしているつもりなのに、実はステータス・クオのど真ん中の行動をしている場合がよくあります。

自分はそんな現状を変えようと必死になっているにも関わらず、全く成果が出ないことへの焦りとイラ立ちがつのりますが、実際はステータス・クオに留まる努力を必死に取っているので、ちゃんとステータス・クオに留まる結果が付いてきています。

良いか悪いかは別にして、正当な努力に対する、正当な結果が還って来ています。


さて、こんなパターンから脱すために、必要なことは何かといえば、それはもちろん正しい現状の認識です。

もちろん家族でも友人でもプロのコーチでも、わかっていない人にはきちんと指摘することが重要だと思っています。

しかし、残念ながら本人からすればそうように感じません。

今までの自分の努力や苦労やかけた時間は何だったのか、悪態をつくことを通り越して自暴自棄に陥ります。

もちろん地の底まで落とされたとき、逆に自分は間違っていないと、そんなことはないと怒りが飛び出すひともいるでしょう。


日本では、言わぬが花という言葉があるように、正しい指摘を基本的に嫌います。

なので、実際それをエフィカシーが下がることではないか、下げてしまうのではないかと懸念されますが、私個人はそうでないと思っています。

なぜなら、正しい現状認識から始まり、そこから外側へ向けて方向転換すればいいからです。

ステータス・クオに内側と外側しかない以上、内側がわかれば外側がわかります。

今大阪にいることがわかれば、東京まで行くことは可能です。
もちろん、新幹線でも飛行機でも夜行バスでも構いません。

しかし、今どこにいるのかもわからないのに、東京まで行くことは不可能です。


エフィカシーでもセルフエスティームでもなく、そこでついつい変なプライドを持ってしまいます。

本当は逆向きです。

エフィカシーとセルフエスティームを持つべきで、変なプライドは捨てていくべきです。

プライドは何の役にも立ちません。

プライドが満たされて喜ぶのは、自分のちっぽけな自尊心のみです。


ゴールに向かうということは、ステータス・クオの外側に飛び出しコンフォートゾーンを変えていくことです。

コンフォードゾーンを変えていくこということは、評価関数(自我)を変えていくということです。


現状を知ることは、エフィカシーを下げることでもなんでもなく、ただのスタートです。

自分がどこにいるかのをきちんと知って、ゴール側に飛び出しましょう!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


本日は現在私のコーチングを受けている方から、非常に示唆に富むフィードバックをいただきましたので、匿名での掲載を許可していただいた上でご紹介します。


(引用開始)

こんにちは〇〇です。

最近は世界の見え方が変わった感じがします。
今まで世界は絶対的に存在するものではないと知ってはいましたが、それは文字の上だけでした。
 
しかし、脳に宇宙を分ける機能があり、それに伴って今感じている世界が立ち上がってくるということを近頃体感することがあります。
また、その機能自体も変化しそれに伴い世界も変わる。
不思議な感覚です。


また、出来事自体に意味はなく、過去の記憶に照らし合わせてセルフトークするのか、ゴールに照らし合わせてセルフトークするのかで意味の違いが生まれるのだということも最近強く実感します。

ゴールが無ければ、現状に縛られ続けてしまい、何も変化が生まれない。

ゴールの大切さは何度も繰り返し見聞きして学んできましたが、ようやく身に染みてきました。


あらゆるものが相対的なんだなと実感しています。

(引用終了)




コーチングを通じて、抽象度も、IQも、エフィカシーも、セルフエスティームも素晴らしく向上しているなとひしひし感じます。

もちろんそれらがあがったからいいというわけではなく(もちろんあがることはいいことです!)、それはただの副産物であり、本当に重要なことはそこで自分が社会に一体どういう機能を持ちたいかです。

それが苦しみの始まりでもあり、最も刺激的で愉しい瞬間でもあります。


さて、メールのフィードバックをいただけた通り、脳と心の使い方をきちん知ると、今までと違う風景が観えてきます。

例えそれが同じもの、同じ概念を観ていても、アクセスできる情報が異なるので、持つ意味合いは劇的に変化します。


>今まで世界は絶対的に存在するものではないと知ってはいましたが、それは文字の上だけでした。

とても素晴らしい気づきだと思います。

私たちの認知の仕組みは、これまで自分が見聞きしてきたもの、つまり自分の記憶に基づいています。

極端な言い方をすれば、自分の無意識が観たいものだけを見ているということです。

大抵の場合、知識の上でこの事実を知っていても、やはり体感レベルにまで落とすことは至難の業です。
実際今観ているもの、今考えているものが、すでに無意識の観たいものであるのに、どうやって自分で気付くのかは、極めて本質的な逆説です。


>しかし、脳に宇宙を分ける機能があり、それに伴って今感じている世界が立ち上がってくるということを近頃体感することがあります。
 
また、他にもメールから察するに、ひとつの空観の風景に達しているなと思います。

未来も過去もここにあるという感覚、つまり一念三千の風景です。

私たちの脳の機能は、五感から得た情報を逐次演算し、その結果を意識にアウトプットしますが、この演算について、もう少し着目すると、インタープリタ型のコンピュータ言語のように振る舞います。

つまり、外界から入ってくる情報を逐次コンパイルし、そのコンパイル後の情報と、記憶の情報を重ね合わせて、ひとつの意味づけをします。

ここで面白いのが、コンパイルにはそれぞれ個人間でクセがあり、これを私たちはブリーフシステムと呼んでいます。

コンピュータにおけるアルゴリズムが、ブリーフシステムです。


つまり、そのクセを置き換えることができたなら、当然出力される意味は変わります。

もちろん私たちはそれが可能であるという立場に立っています。


>また、その機能自体も変化しそれに伴い世界も変わる。
>不思議な感覚です。
 
その操作している感覚が、機能を与えるということです!
仮観といって良いと思います。

空観の体感を得て、それと同時に仮観の風景を得たならば、後はそれは選ぶだけです。

いうなれば、中観です!

そして中観とは、ゴール設定です! 


>また、出来事自体に意味はなく、過去の記憶に照らし合わせてセルフトークするのか、ゴールに照らし合わせてセルフトークするのかで意味の違いが生まれるのだということも最近強く実感します。

なので、上記のフィードバックはそれをやってしまったわけです。

素晴らしい!!!!


>ゴールが無ければ、現状に縛られ続けてしまい、何も変化が生まれない。

>ゴールの大切さは何度も繰り返し見聞きして学んできましたが、ようやく身に染みてきました。

ゴールがなければ現状に縛られ続けるという理解はもちろん正解ですが、ここまで自分の現状をドラスティックに変えたなら、もっと先の理解をひとつお伝えします。

それはゴールがないひとはいないということです。

現状維持をしてしまう場合、現状維持というゴールを達成するために、毎日非常に無意識は努力しています。

なぜなら、この世界はエントロピー増大則に従って、いづれ形あるものは朽ちていくからです。

生命現象は、この世で唯一エントロピー増大則に逆らって、必死身体を維持しています。

現状維持のために努力するとは、なかなか直感に反しますが、これが事実です。



非常に示唆に富む、素晴らしいフィードバックをいただけましたが、いうまでもなくもっと先へ進めます。

そのときのコツは今の気づきや得たものを、どんどん捨てていくことです!

折角得た収穫の時期を愉しむことは大いに結構ですが、ひとつ間違えるとそこに絡み取られてしまいます。

仏に逢うては、仏を殺しましょう!

そうすることで初めてさらに現状の外側に飛び出せ、それが出来るとさらにもっと違う情報が入ってくるようになります。

つまるところ、それがゴールの更新です。


まだまだコーチングの回数が残っています!

マイペースにガツガツして、もっともっと先へいきましょう!


次回のパーソナルコーチングも楽しみにしています!


------------------------------------------------------------------------------------------------ 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちは今よりもっとすごい自分になりたいと思うとき、きちんと現状の外側のゴールを設定し、エフィカシーをあげていかなければなりません。

しかし、実際にゴールを設定して、エフィカシーをあげようとしても上手くいかないことは往々です。

様々な原因が考えられますし、実際ケースバイケースになりますが、ゴールを達成している自分も、エフィカシーがあげた自分も、最後はそのような自分が受け入れられないということで、瓦解します。

一言でいうなれば、そのような状態は自分には不釣り合いだというセルフエスティームの問題です。


自分の社会的位置をどこにもって来るかはとても重要な問題です。

なぜなら、無意識レベルで感じているセルフエスティームのレベルによって、私たちの社会的位置を含む現状が決まっていくからです。

いうまでもなくセルフエスティームが高いほど、高い社会的位置に自分を持ってくることができますが、このときただ自分の自尊心をあげるだけでなく、忘れてはいけないのは他者への配慮です。

セルフエスティーム
@セルフエスティームの全体図


セルフエスティームとは、日本語では自尊心という言葉を使います。

しかし、本来の日本語としての自尊心という言葉の意味は、自分の人格を大切にするという意味であり、それは往々にしてプライドのことを指しています。

いうまでもなく、プライドとはカテキズムにおける7つの大罪のひとつにも指定された概念であり、それが私たちが主張する自尊心ではありません。

自分の社会的位置への高い評価と、そこに他者への配慮がきちんとあいまって、はじめて私たちが重要だと指摘するセルフエスティームが現れます。

虚栄心や見栄から来るセルフエスティームは、自尊心も他者への配慮もない状態です。

きちんとセルフエスティームとプライドは分けて議論をするべきでしょう。


セルフエスティームが本当に高いとき、私たちは自分にも他人にも寛大になることが可能です。

なぜなら、自分の価値をきちんと自分で決めることができるからです。


そこには虚栄心や見栄などいうものはありません。

ポジティブな自分もネガティブな自分もきちんと丸ごと抱きしめることができるから当然です。

自分も他人も丸々全てを受け入れることができたなら、私たちは自分が設定するゴールもエフィカシーも社会的位置も、きちんと受け止められるように思います。


虚栄心や見栄ではなく、ありったけの情熱で自分を抱きしめたときからが、本当のスタートです!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


ゴール側に強いリアリティーを持つことが、ゴール達成の近道です!

ゴール側の臨場感が、現在の臨場感よりも高いとき、そのギャップ(落差)がゴール達成に向けての原動力となっていきます。


ゴール側の臨場感を受け入れるとき、往々にして気持ちが悪いものです。

だからゴール側の為したい姿のリアリティーを受け入れようにも、無意識にそれを拒んでしまいます。



ここでちょっとおもしろい私の友人の実例をあげてみます。


この友人は、3人兄妹の末っ子であり、上2人が非常に優れたいました。

なので、その上との比較もあり、よくあるケースだと思いますが、自分は兄妹の中で全く何も出来ないというリアリティーを無意識のうちに受け入れてしまいた。

なので、高校等の学校成績もあまり良くありません。


久しぶりに地元で会う機会があり、話をしましたが、今機能脳科学等のある程度の見識をもってを聞いていると、脳の使い方が他人と違い、右脳優位の新しい発明が得意な脳の使い方をしているということがわかりました。

しかも本人に自覚はありませんが、記憶の仕方も写真記憶法です。


ただ過去に『自分は出来ないやつだ』という臨場感を受けいれ、それが強固なブリーフシステムとして形成され、今の自分が出来上がっているので、自分が優秀であるというリアリティーを受け入れることができませんでした。

仮に突拍子もなく感じられ、半信半疑であったと感じられたという可能性は少しでもあったことは否定しませんが、セルフエスティームが高いか低いかなら、高い方が有利です。

少なくともコーチングの立場からすれば。


なので、少しの間だけ自分のエフィカシーを上げるように、ポジティブなセルフトークにチャレンジしてもらったところ、急に落ち着きなくソワソワし始め、発狂まではいきませんが『やっぱり無理(笑)』と笑顔で断られました!


私たちの無意識下でも、ゴール側に向けてこれと同じことが起きています。


このゴールは本当に達成できるのか?

今の方が無難ではないか?

ゴール達成できたらいいのになぁ。



自分でそうなることを望んでいても、そうなることを拒むという非常に本質的なパラドックスです。


言葉ではもちろん認知的不協和やら、ホメオスタシスのフィードバックやら、高尚な理論や単語を並べることは簡単ですが、それは自分が思っている以上にそれを超えることは難しいものです。

自分で自分を体育会系のようにビシバシ接していかないといけいません。

そう考えると心の底からのWant-toという意味ももう少し理解できると思います。


話を戻しますが、いうまでもなく、ゴールを本当に達成したいなら、そのリアリティーはきちんと受け入れなければなりません。

それも積極的かつ能動的に、その臨場感を受け入れなくてはなりません。


そしてそれが本当の自分だと、心の底から確信して、エフィカシーをあげていくことです。


繰り返しになりますが、ゴール側のリアリティーをきちんと真正面から受け入れることです。

ゴールをあたかも達成しているかのように、振る舞うことです。

ゴール
※それが当たり前の自分!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


高い自尊心持つことは、コーチングに限らず必須です。
というより高い自尊心をもつことが当たり前の姿であり、自分が自分らしく生きるための前提です。

自尊心が高いというと日本ではあまりいい評価はされません。
自尊心という言葉に、ポジティブな意味を見出している人は少ないのではと推測します。


しかしそれは自尊心の定義が違うから起こるのです。
ルータイスの定義では、自分の社会的位置に対する自己評価のことをいいます。
そして社会的位置という言葉ですが、そこには自分が決めるという意味が入っています。

自尊心を自分で決めることの核心は、自分の眼で見た方向に進むという人間の当たり前の機能に由来します。
子供が自転車に乗ってままならないとき、地面の大きな石を避けようと石ばかりを見ると、不思議と石に衝突します。
F1でもスノボーでも同様で、ぶつかりたくないとぶつかりたくない方向ばかりを見ると、なぜか自分もぶつかる方向に直進します。

このカラクリはシンプルで、見るということは私たちにとっておしなべて重要なことだからです。
脳は重要度の高いものを情報の中から勝手に情報を選出します。
重要であれば、それを求めることは当然です。
脳にとっての争点は重要であるかどうかであって、自分がほしいかどうかではありません。


なら、自分がほしいと望むものを選べばいいという発想は自明です。
社会的位置も自分で決めるのだから、どこの位置に設定してもいいはずです。
そしていうまでもなく、私たちは非日常を日常にすることに興味があるわけで、であるなら社会的位置は高ければ高いほどいいことにつながります。


日本の社会では、謙虚や謙遜が美徳とされるように、他人との関係性を意識しますが、それはマナーの問題であって、自尊心の問題ではありません。
自尊心が高いことと傲慢であることは違います。

すごいことができたなら、心の底から俺ってすごい、私ってすごいでいいのです!

そして最後に生じるものは、自己責任です。
自分で選んだことだから当然です。

大きな自己責任とワンセットで高い自尊心は存在します。

自分でやったことに堂々と責任を持ち、堂々と最大の満足を得る、こういうダイナミックなあり方こそが閉塞化した日本では必要なのではないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents