苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:ジグムント・フロイト

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


フロイトやユングの頃から、私たちは無意識に深淵なる世界を垣間見ています。

無意識とは意識できないから無意識というわけであり、知覚できない世界の中の出来事が、私たちを形作っていることを経験的に知っています。

有名な言葉はまさに”氷山の一角”で、私たちが意識できる顕在意識よりも、無意識の方が私たちの大多数を占めています。

20121124_2738227
@海に浮かぶ氷山


意識よりも無意識の方が、圧倒的に強大なら、今の私たちの言動そのものが、一体どれほど無意識の影響を受けているのかとても気になります。

またその無意識の判断は一体何を基準にしているのかも同時に気になります。


という大きな問いを考えたとき、グッドガイ/バッドガイ実験がとても参考になるでしょう。


グッドガイ/バッドガイ実験とは、無意識下の決定が意識にどのように知覚されるかを確かめた実験です。

パーティーにて、被験者と意気投合するグッドガイと被験者と全く意見のかみ合わないバッドガイをあらかじめ接触させます。

その後しばらく時間がたったあと、同じ被験者に『第一印象の実験がしたい』と偽って、個室に呼び出し、グッドガイとバッドガイがランダムにちりばめたデータベースを見せます。

すると面白いことに、被験者は見事仲良くなれそうな人にはグッドガイを、仲良くなれなさそうな人にはバッドガイをきれいに選択します。

理由を尋ねてみても、なんとなく程度の回答しか返ってきません。


また、事前に個室付近にバッドガイを配置させ、被験者が角を曲がってバッドガイを観た瞬間も、一瞬身体が硬直します。

もちろん本人に身体の硬直の理由を聞いても、『いつ身体が固まったんですか?』と聞き返されます。


私たちの人間もひとつの生物であり、種である以上、生命の存続が最も大きなゴールのひとつです。

自分にとって嫌なこととは、往々にして危険のともなうものであり、それはネガティブな感情をトリガーに、強烈に無意識下に書き込まれます。


一度無意識にそのような処理が書き込まれれば、基本意識にあがることなく、そのように振る舞います。

もちろん意識の上にあがっても、不安や恐怖といった、ありとあらゆる情動を引き起こして、その行動を阻害します。


そのように考えると、私たちの意識が出来ることは、ほんのわずかなことのような気がします。

なぜなら氷山の一角の言葉の通り、大多数の処理が、無意識下で行われているからです。

しかし、私たちの意識はただ非力で無抵抗でやられたい放題でありません。

最後にGOサインを出すのは、いつも意識であり、意識にあげることで、きちんと操作が可能になるからです。


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


このまま同じところにいてはどうにもならないことがわかったとき、ひとは何を考えるのか?

ここで言うどうにもならないとは、死ぬことを意味します。

どうせ死ぬなら一発逆転、外へ飛び出すかも知れません。
もちろん全てを受け入れ、そのまま死を望む個体もあるでしょう。

どちらも正解でるあるともいえるし、ないともいえる命題です。

苫米地式コーチングでいうならば、それはゴールの問題といえそうです。
ゴールの問題といいつつも、仮に万が一死を望むクライアントが私のもとへ来た場合、その依頼はもちろん懇切丁寧にお断りをします。


生きるか死ぬかの二択は、極めて強い臨場感を伴うものです。

もちろん大抵は生きることを選択し、そのためのリソースを全開放します。
なので、発揮されるパワーも当然大きなものです。

この風景を共有するとき、心理学者のジグムント・フロイトを思い出します。

Sigmund_Freud_LIFE
@Wikipediaより渋すぎるジグムント・フロイト


彼の有名な精神分析は、抑圧によりヒステリーが起こっているというものです。
平たく言えば、押し付けられて表に出せない情動や観念が、異なる形で表に出て不安や強迫観念になるということです。

ここで紹介したい面白い事例が、アメリカであった1970年代の中絶解禁と犯罪率の低下です。

そのときの経済調査のマクロ的な風景は、主にティーンエイジャーの中絶が可能になり、出生率が下がったことで犯罪率の低下が起こったというものです。
貧しく、十分な教育を受けさせることが難しい家庭の子供は、いわゆる望まれない子供として、犯罪に走っていくためです。

抑圧という観点から俯瞰するならば、望まえない子供たちへの虐待やほったらかし、付きまとう怒り等が、望まれる子供になることで、緩和したとも考えることができそうです。

その後、避妊薬の解禁を考慮にいれれば、ティーン達の性の解放も、抑圧に一役買ったといるように感じます。

これにはもちろん色々な議論はありますが、中絶率と犯罪率の相関は、数字上明らかなファクトです。


さて、話を戻します。

冒頭のように精神世界におけるFight or Flight状態でも、抑圧の開放が大きな言動力になり得ます。
もちろん私たちも抑圧が、自分たちの気づかないところで存在します。

医学が進歩し、自然淘汰でより優秀な個体が選び出せない私たちには、すべからく必須な技術であると思います。

もちろん抑圧の開放のその先が、犯罪では意味がありません。
ここにはゴールというきちんとした明確な指向性が必要です。

ゴールが先で方法が後は、苫米地式コーチングの鉄則です。

人の迷惑にならなければ、極論何をやってもいいでしょう!


私たちがいきたい場所は、常に自分の思い描くゴールのその先です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents