ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


もちろん、本気で変わるつもりがあるのなら。


私たちは資本主義の強い洗礼を受けています。

平たくいうと、お金至上主義という価値観です。

とはいっても、別にこれを責めるつもりではなくて、犯罪ではなく、徹底的にクリーンな方法で勝負するのであれば、 堂々とお金持ちになっていいはずです。

誰が何と言おうと、日本は資本主義のルールでやっています。


そのうえで、最初に稼ぐ方法として浮かぶのは、大多数の方にとって、それは資産運用でしょう。

いわゆる投資と呼ばれるものです。

株式でも、FXでも構いません。


ここで簡単に、投資いわゆるファイナンスの根底にある考え方を確認します。

ファイナンスの考え方とは、より安い金利で借り入れ、より高い金利で貸し付けることです。


ですが残念なことに、ゼロ金利やデフレを通じて、バブルのような高い金利の商品にはなかなかお目にかかれません。

アベノミクスで景気回復、インフレだと思っている人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

そういえば、アベノミクスの悪いニュースが少し前からようやく出てきましたね!

以前の私のブログ記事でも指摘したように、そもそもアベノミクスで景気回復はしていません。

ただの見せかけ自演劇です。

というより、増税でどんどん日本経済は悪くなってます。

ソースがどこかは忘れてしまいましたが、確かリーマンショック以上の経済打撃のはずです。

そして消費税10%にすれば、完全に日本経済は沈没します

このあたりは常識として押さえておいた方がいいでしょう。

テレビは当たり前ですが、自分たちにとって都合のいいことを言う人しか出しません。

こうやって、私たちはコントロールされていくのです


さて話を戻して、こんな状態の日本の中で投資先として最も優良なところはどこでしょう?


それはもちろん『自分』です。

ユダヤ人が掲げる投資先は、1位教育、2位ダイヤモンド、3位金です!


常に新しいものを産み出すのは人です。

それは教育によって、もたらされます。

そして金もダイヤモンドもなくなりますが、教育は決してなくならない点が魅力です。

教育、つまり知識がなくなるときは、自分が死ぬ時だからです。


さっきのファイナンスの原則を思い出しましょう。

つまり自分が教育(投資)によって、稼げる人間となり、教育費以上の付加価値を出して稼げばいいだけです。


一般的なデリバティブ等の資産運用は、どんなに高くても年利4%程度ですが、自分は簡単に年利10%のリターンが狙えます。

しかも即効性ありです!


なので、いつの時代も自己投資こそが、最高の投資物件なのです!


もちろんこういうことを言うと、本当にそれだけの利回りのある案件に自分がなれるか疑問だという声や、そもそもそういう論理の仕方は乱暴だと思う人がいるでしょう。

しかしその点に関してはハッキリいえば、その程度のエフィカシーレベルでは何をやったところで失敗するでしょう。

仮に自己投資をしても満足する結果が得られないことは明白です。


ファイナンス的いえば、自己投資は利回りや利率という概念だけで充分ですが、もっと直な見方をすれば、
自己投資は自分との真剣勝負です

つまり、自分との真剣勝負で勝つ気がないわけです。

勝つ気がないのに、勝負して勝つというのはどう考えても論理矛盾でしょう。

少し考え方が甘すぎないと思いませんか?


成功は他人との競争ではありません。

しかし自分との戦いではあります

その戦いを本気で勝ちに行く気がなければ、いうまでもなく何も為せません。


私の経験からいうと、自分に最低300万はかけるとよいでしょう。 

それだけで世界は驚くほど劇的に変わります。 




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------