苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:ゴール更新

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


ひとは誰しもこの世に生を受けたときは赤子であり、そして誰しも平等に歳をとっていくものです。

誰しも歳を平等にとっていきますが、そこには成長という概念が必然的に入ってきます。

なぜなら、歳を取るということは、経験が積み重なってくるからです。


経験とは、基本的に知識であり、有益な情報です。

それを持っているかいないかで、そのひとの言動にも風格にも、スパイスのようなピリリとした違いが現れます。

つまり、言い換えれば、時間とともにひとは勝手に成長していくということです。


さて、実を言うと、この事実はパーソナルコーチングでもつくづく感じることです。

コーチングをしていると、ひとは勝手に変わります。

ひとは勝手に成長を始めます。


コーチの腕の見せ所はもちろんたくさんありますが、それをおいても次回コーチングまでの1カ月というひとつのスパンのなかで、驚くほどの変化を遂げます。

こういった事実を間近でみると、ひとはそもそもの機能として勝手に成長する力が備わっているのだなと思います。


では、ここで逆説ですが、なぜ私たちはこんなにも自分が成長していないとか、悶々とした閉塞感を感じるのでしょうか?

デフォルトで成長し続けるなら、突破されて必然です。


しかし、実際はなかなか解決されることがありません。

そういった二律背反の事実を踏まえると、残酷な仮説が浮かびます。


その残確な仮説とは、ひとが勝手に成長するために使うエネルギーをわざわざ自分を成長させないように使っているという仮説です。


例えば、子供のころの自分というのは、何もやるにしても好奇心でいっぱいです!

これはDNAに書き込まれた根源的な欲求です。


やりたいということがあれば、善悪の判断もなく躊躇せずに飛びつきます。

もちろん犯罪や殺人がダメといった、倫理的・道徳的基準を満たすことは必要ですが、だとしても好奇心までは消えません。


この好奇心は消えたというわけではなく、自分でわざわざ抑えているという解釈です。

なので、自分で抑えることがなくなれば、また好奇心を持って躊躇せずに新しいものに飛びついたり、成長していきます!



もちろん、ゴールをある程度達成され続けると、ひとは今度は違う悩みを持ち始めます。

それは『次、何かしようか?』という悩みです。


ただ、この悩みを持つことは本来とてもいいことです。

なぜなら、自分が前に行きはじめること、つまりは成長するという方向にきちんと自分のエネルギーが使われているからです。

前へ進んでいなかれば、「次、どうしようか」などと考えません。



自分のストッパーを外しましょう。

ひとはデフォルトで成長します。


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。

6回のパーソナルコーチングを終えた方(厳密にはまだ期間中!)から、非常に示唆に富むメールをいただきましたので、匿名での掲載を許可していただいた上でシェアします!

自分でいうのもあれですが、今日のブログ記事は少し毒が効きすぎです!www


(引用開始)

文野様

こんにちは。〇〇です。
今日、沖縄での試験結果頂き、お蔭様でm(__)m合格しました(^_^)v

今思うと、かなりご迷惑おかけしながらですが、エキサイティングな数ヶ月でした。

沖縄まで行ったり、若干クレイジーなモードになりながら、 生徒集めから、モニターレッスン、何年ぶりかの指導案作りやら、レポートまとめたり、ペーパーテストや、実技テストやら。

飛行機も何年ぶり?飛行機どうやってチケットとった?どう乗った?(オイオイ) 泊まりでそんなに親しいってほどじゃない人達と密に過ごすのも、私には、かなりハードルが高いことですし。

きっと、コーチング受けていなかったら、この展開はやはりあり得なかったように思います。

何だかんだ言いながらも、チラシ…作れるでしょ。生徒…集まるでしょ。レッスン…楽しくできるでしょ。沖縄…行けるでしょ。試験…受かるでしょ。結構、エフィカシー高く持っていたのかもしれません。

(中略)

どう今後活かせるか。
ゴールですよね。

(中略)

よろしくお願いいたします。
今度は、発表会に向けて、進みます

(引用終了) 



まずは、試験合格おめでとうございます!

もともとちゃんと合格できる力を持っていたので、それがきちんと本番で出させれば問題ないと思っていました!笑

それとちゃんとエフィカシーはあがっているので、心配せずにドンドンいきましょう!!


さて、改めて読み返しても、非常に自身の巡り巡る情動の動き、そして躍動感の伝わる内容だと思います。


このフィードバックメールを通じて、最も伝えたいメッセージは以下です。

>何だかんだ言いながらも、チラシ…作れるでしょ。生徒…集まるでしょ。レッスン…楽しくできるでしょ。沖縄…行けるでしょ。試験…受かるでしょ。
>結構、エフィカシー高く持っていたのかもしれません。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


エフィカシーとは何かをという難解な回答を、とても秀逸に表現してくれた言葉だなとつくづく思います。

なぜなら、エフィカシーとは高揚感でも、モチベーションでもないからです。

エフィカシーとは、ゴール達成の自己評価です。


ゴールを達成できるときちんと自己評価することができれば、高揚感のあるなしに関わらず、『淡々と』必要な行動を起こせますし、移せます。

そういう意味で、もしかしたらコンフォートゾーンという言い方をした方が理解としては適切なのかもしれません。


例えば、資産運用の世界で2億円を運用するひとは、自分の行為に特別な高揚感はありません。

淡々と資産を運用して、自分の資産を大きくしているだけです。


しかし、資産2億円を運用するという行為がコンフォートゾーンに存在しないならば、2億円を運用しているひとに対して、なんてエフィカシーの高い人なんだと感じます。

なぜなら、2億円を運用するなんてことは、自分の現状にとって考えられないことだからです!


もし高揚感等の感情の有無によって、エフィカシーがあがったさがったの基準にするのであれば、ドーピングでもドラックでも何でもやればエフィカシーがあがるということになります。

確かにドーピングやドラッグを仮にやって、高揚感を得た場合、何でもできるという一種の全能感のような感覚は得られます!

そして、何の抵抗もなく今までチャレンジできなかったことにチャレンジできるということはあり得ます!

しかし、それらは一生持続しない、借り物のなんちゃってエフィカシーです。


もっといえば、一過性の感覚で、エフィカシーが測れることはありません。

本物のエフィカシーは、ずっと自分はゴールを達成できるという確信だけが存在します!


エフィカシーの上げ方は、もちろんオーソドックスな回答は『自分であげる』というものですが、これは私たちが持つ現状の世界観の中で解釈すると、たいていは上記のような感情至上主義に陥ります。


ひらたくいうと、エフィカシーをあげていもいないのにエフィカシーがあがったと自分を鼓舞するということです。


そしてエフィカシーが1ミリもあがっていないので、どこかで失敗すると(現状の外側に飛び出したことは大いに素晴らしいことです!!)、「コーチングはやっても効果がないでは?」と頓珍漢な意見を主張し始めます。


そもそもエフィカシーが本当に高ければ、そこで「自分らしくなかった」と考え、別の違うもっと上手くいく方法を考えますが、そこに全く考えが及びません。


最近はそういう意見を小耳にはさむ中で、自分がかかわったクライアントには、そういった世界へ一緒にシフトしていくことも、コーチとしての機能なのかなと思います!

ただ基本コーチは、クライアントの価値観に関与しないものなので、正直難しいところです。


それを踏まえても、コーチングを通じると、正直本人の自覚の有無に関わらずエフィカシーは勝手にあがります!


何にせよ、自分の判断基準では測れないほど遠くに来てしまうから、「激変した」といえるわけです。

それは故スティーブ・ジョブズではありませんが、過去を振り返ったときに初めて、そのときの意味がわかります。


そういう意味で、シェアしたフィードバックはとても素晴らしいものです!

今の高いエフィカシーをますますあげて、今後の成果やゴールをもっと達成していってください!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


コーチングで最も重要な概念は、このゴール設定です。

兎にも角にもゴールです!

コーチとは、もともと馬車の意味ですから、コーチングは目的地があって機能します。


つまりゴールがあるから先に行けるということであり、そして裏返せばゴールがなければどこにもいけないということです。

いつもいうように、ゴールは達成することよりも設定することの方が100倍難しいのです!


ある程度物理的にほしいものが簡単に手に入ってしまうという豊かな社会事情もあいまって、このゴールがなかなか設定できません。

実際私個人でいうなら、今のゴールにたどり着くまでに1年半以上かかっています。

自分でいうのもあれですが、よく1年半程度で見つかったなと思います。

それくらい幸いです!

そしてそのゴールはまた、近い将来変わっていくでしょう。 

なぜなら時代にあわせて、ゴールも抽象度をあげていく必要があるからです。 


またそれと同じく、ゴールには賞味期限も存在します!

なので、一回見つかったら万々歳というわけではなく、そこから素早くどんどんゴールを更新していくことです! 

鮮度の高いうちが、ゴールから受けられる恩恵も多いです!

例えば鮮度が高いとそれだけゴール側の臨場感が高く、勝手にガシガシゴールに進んでいくことも可能です!


さて、私の場合、実を言うとコーチになってから大きくゴールが3回変わっています。

厳密にはもっと変わってますが、わかりやすいの3回です。


一番初めは、コーチ補の頃で、世界のエフィカシーレベルをあげたいと考えました。

純粋にドリームキラーのいない世界というのは、それだけで素晴らしいものです。
自分の本気に対して、それを全面的に肯定しくれるのは、とても心強く楽しい世界です。


次のゴールは、ブログでもおなじみの文言である、
自灯明自燈自帰依(じとうみょうじとうじきえ)です。

これは自分を照らし、自分を拠りどころとし、自分に由って立つということです。
コーチングとは、必然的に自分と向き合っていくことになりますが、このプロセスを順当にたどると、上記のような言葉を踏襲した人が社会にたくさん生まれればと考えました。


最後のゴールは自律です。

これは何かに依存することなく、自分の足で立って、自分の考えで行きたい方向に行くということです。

自律とは、他からの支配・制約などを受けずに、自分自身で立てた規範に従って行動することです。 

また少し拡大解釈すれば、自分の行動に対して自己責任を持つことです。


イメージで言うと、起業家が近いと思います!


ちなみにですが、自己責任という言葉が出てきたのでさらに言及すると、面白いのが何事にも自己責任を持てるようになると、周りのひとから色々な悩み事やトラブルを解決してほしいと頼まれることが増えてくるようになりです。

そしてそれを実際に解決してあげます。


ひとの悩みやトラブルを解決してあげていると、 だんだんとこういう人を救いたいとか、こういう社会にしたいとか問題意識を持つようになります。

それらの解決のために、もっとマスに対してのアプローチをしようとなると、実は勝手に起業になってしまいます。

少し卑近な言い方ですが、自律できると社会の役に立てるし、そこから堂々と独立して稼せげるようになります。

自律というゴールをもっと具体的にするならば、そういったことができる大人をコーチングを通じてどんどん輩出したいと考えています。


前述の通り、その過程にいくつもゴールがありましたし、最初から こんなゴールになったわけではありません。

上記の例で特出すべきは、ゴールは抽象度が違うだけ、結果的に存外同じことをいっているということです!


いうまでもなく、ゴールはいづれ達成されるものですから、ゴール設定に更新は付き物です。


しかし、ここで更新というと、どうしてももっと別世界のゴールになると思いがちです。

例えば、看護師から弁護士になるみたいな感じです。

もちろんそれも正解ですが、そうではなく、自分の中でロジックが置き換わることでも十分ゴールの更新です。


こうやって文字に起こすと、同じことを言っているということが良くわかると思います。


しかし、本人からすれば、全く新しい概念を産み出しかのように、強烈な体感が生まれています!

なので、ゴールを更新できたときは、いつも新鮮で色艶やかな感じです!

そしてその躍動感を使って、さらにガシガシ前に進んでいきます!

気付けば、最初に設定していたゴールは達成してたくらいにです。
 

そういう意味で、ゴールはある種使い捨て燃料みたいなものです。

うまくゴールを切り替えながら、もっと先に進んでいきましょう!


ゴールを更新し、うまく切り替えていった先には、いつの間にか過去の自分のゴールを達成しているのです。 


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


最近どのメディアも清原和博元プロ野球選手の薬物使用の話題で持ちきりです。

確かに薬物使用は犯罪ですし、基本的に許されることではありません。

ただ、報道の過熱さは、清原和博容疑者の家族や友人といった身辺、または薬物入手ルートに関する話題が中心です。

つまり、重要な『なぜ薬物に手を出したのか?』という視点が抜け落ちています。

ここはコーチングから観るとかなりスッキリ紐解けると思っているとともに、かなり他人ごとではない、身近な話題だと感じています。


さて、清原容疑者の今回の問題の本質は、ゴールの更新に失敗したからです。

つまり彼は端的にプロ野球選手を引退し、目指すゴールがなく、次に自分は何をすべきかということがわかっていなかったということです。


こういう言い方をすると、彼は野球解説者として、あるいはタレントとして、十分活躍していたという意見が返ってくると思います。

しかし、それは自分がこれまで慣れ親しんだ現状のなかでの変化です。

現状のなかでの変化は、色艶やかなワクワク感も興奮もありません。

それはどこか惰性やマンネリ感といったものに満ちています。


ちなみに、ここでいう現状とは、例えば会社員が新しいプロジェクトのリーダーを目指すというように、自分の今の状態から十分達成が可能な未来という意味です。

 
なので、清原容疑者自身は、ずっと心の中で、次に自分はどうしたらいいのかという根本的な問いを抱え、悩んでいたと思います。

もちろんその悶々とした気持ちは、無意識の奥底に蓄積され、膨れ上がっていたことでしょう。


そこを解消させるのに必要だったのが、何かといえば薬物ということです。

たいてい薬物に走る最初の原因は成人の場合、「寂しさ」といった心のなかでのネガティブな感情を埋め合わせるためです。

それは、何か過去の失敗を悔いて、アルコールに走ることと構図的には何ら変わりません。


「自分は一体何がしたいのか?」と聞かれて、即答できるひとは基本多くはありません。

即答できるひとも、私の過去の経験上、会社の売上目標であったりだとか、部署のプロジェクトのゴールとか、自分の取り巻く環境における回答がほとんどです。

子供が将来プロの野球選手や医者になりたいというような、自分の底から湧き上がってくるような気持ちは皆無です。

私はゴールがないという事実を深刻な問題だと思っています。

また、ゴールがあると思っているひとも、それはゴールではないということに気付いていないということも同様に深刻な問題です。


ゴールがないことが問題なので、確かにゴールを見つけることができたら無事解決です。

しかし、そのゴールを見つけることが実は現代において一番難しいポイントです。

どれくらい難しいかといえば、ゴールを達成することよりも見つけることの方が難しいです!


これはどういうことかというと、昭和初期と平成の現代の比較をするとよくわかります。

後者は今の日本のイメージで、前者はalways~3丁目の夕日~的な感じです。


昭和初期は、それこそ所得を倍増しようとか、3種の神器を手に入れろとか、明確に自分のすべきことややるべき課題がたくさんありました。

なので、優先順位の高いゴールがすぐに見つかり、そこにフォーカスすることができました。


しかし、現代はどうかいえれば、ほぼそのときの課題は解決され、優先順位の高いゴールは圧倒的に見えにくくなっています。


つまり、かなり深く自分と向き合い、徹底的に考えていかなければ、自分の本当にやりたいことは観えないしわからないのです。


やるべきことがわかりにくい世界で生きているという前提で、、、

やるべきことが見つからない⇒自分のなかで考える⇒悶々とする⇒もっともっと考えなきゃとなる⇒やるべきことが見つからない、、、

という無限ループです。



余談ですが、40~50代にかけて、心理学でも自分の目標を見失う時期があることが証明されています。

これはミドルエイジクライシスという言葉できちんと定義されています。


自分のゴールがないと、生きることに張り合いがないのはもちろんのこと、究極的にはうつなどの病気になります。

他にもそんな心の空白を埋めようと、あれをしたりこれをしたりと、行動に一貫性がなく、迷走します。

ひどい場合は薬物に手を出すこともあるでしょう。


これは個人の問題ではなく、社会システムの問題です。

パソコンのプログラムにおけるバグは、意思や心の強さといった次元を飛び越え、例外なく私たちをそういう方向へ引っぱっていきます。

つまり、少し極端に聞こえるかもですが、私たちがある種いつ薬物に手を出しても不思議ではないということです。

現にいまゴールがないというあなたは、おそらくこれの初期症状です。
 

社会が高度に複雑化する今だからこそ、コーチングを通じて自分に向き合うという時間が本当に必要です。

そうすると、今の耐え難い状態が一変します。

自分の人生に張り合いが出ることはもちろんのこと、自己実現ができ、自分の価値基準が明確になって自分らしさが獲得でき、他人に惑わされることなく幸福になり、自己肯定感があがるので年収にも直結します。


自分のゴールや本質、明確な価値基準はどこにあるか、一緒に探していきましょう!

ね!清原さん!

連絡はこちらからお待ちしています

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


早いもので、もう間もなく4月の中旬です。

認定コーチになって活動を始めてから、だいぶ時間が経つのが速いなと感じます。

今年1月に、色々とゴールを設定して進んできましたが、もう更新の時期に来たなと感じています。

これは苫米地式コーチングを順当にやれば、誰にでもやってくる出来事です。

ゴール更新のコツは、ゴールを達成する前に更新することです。

私たちはゴールを達成することに興味が行きがちですが、実はそうではありません。

なぜなら、ゴールを達成したら私たちは死んでしまうからです。

なので、ゴールテープを切る前に、新しいゴールを設定してさらに先に進みます。

もちろんそういう意味で、ゴールを達成することは、一生ありません。

余談ですが、ゴールの見直しは、3日に1回、長くても1週間に1回くらいを目安にするとよいでしょう。


さて、次のゴールですが、今以上にもっと多くの人に変革をしてもらいたいなと思っています。

なので、これまで意図的にブログでは公開しなかったことも含め公開しようかなと思ってますし、こちら側から積極的に働きかけをしていきたいなと思っています!

具体的に何をやるかはお楽しみ!


また、スクールに関しては、ある一定以上のレベルを担保したいので、今まで通りクローズドな場でいいと思っています。

ただ今後はレベル担保のため、スクールへの参加はそろそろ参加条件を付けようと思っています。

受講者の成長スピードが極めて速いこともありますが、やはり場の共有は偉大です。

交換する情報量の桁が違います。

本気で早く変革したい方は、参加をおすすめします!


今後の私の構想の概要だけをざっと述べると、機能を果たす人とは、知性、身体、技術の3つのトリニティーがきちんと出来ている人のことであると定義していて、知性は文子屋が、技術はコーチング理論実装スクールが受け持っています。

なので、残りの身体の部分についてのアプローチを行っていく予定です。

ちなみに身体はスクールでももっと強力に取り入れ行く予定です。


私の対面にてコーチングセッションやスクールを通じて来られた方は、すでによくご存知なように、私たちの抽象度は身体に出ます。

抽象度の高い人は、身体が出来ています。

逆に、情報空間でのエラーがあると、それは全て身体に現れます。

グランディング問題解決以降、物理と情報は一体ですから、その通りという感じです。

また、別の観方をすると、どんな高度な理論を身に付けても、身体が出来ていないと、ちっとも実装が出来ません。

優れたソフトウェアをインストールしても、それを走らせるハードウェア(計算機)が遅くては本末転倒な風景です。

これはボディビルダーのような筋肉隆々な身体が良いという意味ではありません。

むしろ、彼らのような身体はよくないです。。。


実際スクールに出られた方はよくご存知なように、抽象度があがると、リラックスもそうですし、身体がやわらかくなります。

身体はなかなか変わらないことを知っていますが、それがたった数分で劇的に変化する身体は非常に面白いと思います!


色々言いたいことをザーッと言った感じとなりましたが、今まで以上に楽しくなるのでご期待ください!

私はコーチとして、本気で変わっていくあなたの味方です。

------------------------------------------------------------------------------------------------

↑このページのトップヘ

page contents