苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:コンフォートゾーン

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


マネー哲学なる言葉があるように、お金とは人類にとってなかなか深淵なる問いかけです。

お金の正体は、ただの情報が乗った紙であることを知る私たちからすれば、特に深く悩む必要もないように感じますが、世間や社会はまるでそれが全てだといわんばかりのお金の刷り込みを施します。

資本主機や社会主義、社会学的に過去色々な社会システムが提唱され、現在もその一部が継承されているとなかなか実感が持ちづらいですが、今日から〇〇主義でいくと決めた途端、それ以外が強制的に排除されます。
最初は抵抗があるかもしれませんが、いずれ人は慣れていきます。
これを洗脳といわずして、何を洗脳といおうかという感じです。
資本主義ももちろん例外ではありません。

というものの日本が現状資本主義を採用している以上、そのルールに則る必要があるわけです。
もちろん則りたくなければ、その必要はありません。
そういう生き方は実際にあり、そのように暮らしている人も確かにいます。


さて、資本主義の論理を受け入れていこうと決めたとき、次に必要になることはお金のゴールです。
厳密にいえばお金はゴールではなく、お金と自分の二者間で、どのように付き合うことがその核心です。
便宜上ファイナンスのゴールと言いますが、裏で走るアルゴリズムはコンフォートゾーンです。

ファイナンスのゴールを細分化すると、フローとストックの2種類があるでしょう。

フローとは往々にしてキャッシュフローのことであり、言い換えれば入りと出です。
いくらお金が入ることが正で、いくら出ていくのかが正ということです。

そしてその次はストックです。
これはもちろん広義では貯蓄という意味になりますが、必ずしも現金で持つ必要はありません。
インフレや為替リスク等を踏まえてその配分を決定します。

両者とも、ファイナンスという意味でとても肝心です。
どちらかが抜け落ちても全く駄目で、どちらに対しても最適な設計と、ゴール設定が必要です。


先立つものは金という言葉がある通り、資本主義の中で何かを為すためには実際まとまったお金が必要です。
ブラック企業として世間に広まったワタミの渡邊美樹会長も、最初はトラックのドライバーで起業資金を集めました。
資本主義の上で何かをするとき、この論理は当然受け入れる必要があるでしょう。
重力のある地球でいくら生身のまま重力に逆らっても仕方がないのと同じです。

トラックのドライバーをする必要があると言いたいわけではなく、要はきちんとファイナンスのゴールがあったかというのが本題です。


お金は所詮どこまでいってもただの紙であり、ツールです。
間違っても神ではありません。

お金のシステムをきちんと俯瞰し、利用していきましょう!
何かをしたいとき、お金がないというのは、自分のゴールがなかったということです。

疑うべきは自分のゴールです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


ファンクショナリズムとは、日本語で機能関数主義といい、認知科学を構成するにおいて最も根幹にある考え方です。
ファンクショナリズムはざっくりいうと、私たちの脳や心の機能を入力と出力を駆使して関数として捉えようとする取り組みのことをいいます。
これでまで心理学等でメジャーであったストラクチャリズム(構造主義)との大きな違いは、細かいことを抜きにして大ざっぱに言うと、同じ入出力の関係から定義されるその間のブラックボックスが変化するかどうかにあります。

つまりストラクチャリズムは入出力の関係でカッチリとした間のブラックボックスが定義されるのに対し、ファンクショナリズムは柔軟に変化します。

私たちは脳機能や心は機能(ファンクション)として定義される以上、変えることができるのです。
自我も、ゲシュタルトも、ブリーフシステムも全てはファンクションです。


そして、この純然たる事実において特筆すべきことはもちろん、良質なインプットにあります。

良質なインプットとは、例えば古典です。
新約聖書、国家、純粋理性批判、国富論、資本論、リヴァイアサンなどがこれにあたります。

もちろん古典に限らず、岩波新書等から出される物理学や数学等の本も良質です。
最近名著フラットランドが復刻しましたが、これは数学系の文献の引用元にされることも多く必見です。
ひとつ上の次元をひとつ下の次元から観るとどう映るかに対する風刺は非常に学びが多いです。


もちろん良質なインプットは古典に限らず、人や周りの環境も重要でしょう。
私たちの五感から入る外界の情報は、意識的に捉える以上に膨大で、どんどん自分が更新されていくわけです。

意図的に人間関係やその他環境をいきなり変えることが難しいこともあるので、少なくともつまらないバラエティや〇chといったエフィカシーの下げ合いが必須の記事は見ないようにするべきでしょう。


小言のようなことが前半多くなりましたが、結局なぜ良質なアウトプットがほしいかといえば、私たちはなしたいことがあるからです。
それはゴールを達成という言葉で置き換えてももちろんいいわけですが、今の状態のままでは達成が難しく、何かしらアウトプットを変えたいわけです。


アウトプットを変える方法は、大きく2つあり、『入力を変える』か『自我を変える』かです。
そしてそのどちらにも、良質なインプットが不可欠です。

IQも抽象度も地頭の良さも、全てはこれからいくらでも変えることができます。

より良いアウトプットのためには、より良いインプットを!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私はテレビをあまり観ません。

〇chのようなサイトはもっとです。

理由は簡単で、私たちは自分が思っている以上に場や周りの情報を取り入れ、日々の無意識下の選択と行動に移しているからです。

ネガティブな情報ばかりがあふれると、当然自分のマインドもネガティブになるし、エフィカシーの下げ合いに慣れてしまうと自分も相手もどんどんエフィカシーを下げにかかります。
例えば、一時「秒速で1億稼ぐ」のキャッチコピーで知られた与沢翼ですが、彼への攻撃はその最たるものです。

彼のビジネスモデルやビジネスプランに対しての論理的な批判だけならまだしも、大多数は彼への人格攻撃や短期間で多額の金銭を荒稼ぎしたことへの批判がその攻撃の根底にあります。

なお、憎まれっ子世に憚るとのことわざ通り、彼は人から嫌われることで自分の知名度を上げる戦略をとりました。
攻撃した時点で、彼の戦略にはまっています。
また、自分の周りに金持ちがいると金銭的に豊かでないと思っている人はそこに気持ち悪さを感じます。
これはコンフォートゾーンがズレるためです。

金持ちのコンフォートゾーンに自分が移る方がどう考えても建設的ですが、短絡的な批判や理由付けをするばかりで、そうはしません。
いくら金持ちを批判し攻撃したところで、自分は貧乏のままであるにも関わらずです。


さて話を戻して、そんな私もこの前の羽生結弦選手の中国GPは人に勧められて観ました。
純粋にコーチング理論のフレームから観た場合、フィギュアの世界がどう観えるかに興味があったためです。
今回の結果はご存知のように、羽生結弦選手はエン・カン選手(中国)と公開練習で激しく衝突し、かなり苦しい闘いのなかでも、2位という堂々たる成績を手に入れました。




@羽生結弦選手の衝突シーン



ご覧の通り、衝突はかなりの運動量です。

ちなみに運動量は物理学において、質量×速度で演算されますが、衝突後ほとんど大きく弾かれることなく、ほぼほぼ定位置にいます。
運動量保存則から考えても、衝突後の反発がない分、かなりのエネルギーが羽生選手とエン選手の内部で放出されたことが容易に想像できます。
また、放出された打点も問題で、羽生選手はアゴでした。
衝突後なかなか起き上がらないところを見ると、軽い脳震盪を起こしたのではと推測します。



@羽生結弦選手のプログラム


飲み屋で酔っぱらったオヤジでもいえるような解説者のコメントはおいておいて、ご覧の通り演技途中に何度も転倒し立ち上がります。

ここでぜひ着目してほしいポイントは2つです。

彼はなぜ無理を押して出場したのか?

彼はなぜオペラ座の怪人を演技途中にくちづさめたのか?


衝突した後の彼のコンディションは最悪です。
途中棄権してもよかったはずです。
恐らく演技できる状態ではないことは、彼自身が一番よくわかっていたでしょう。
しかし、その無理を押して彼はGPに出場しました。

中国GPで優勝したいという高いゴールとそこへの高いエフィカシーを持っていたからという理由付けはもちろん可能ですし、実際そうですが、それを通り越して、彼は純粋にスケートが大好きでどうしても踊りたかっただという気持ちがひしひしと伝わってきます。

その証拠に、演技途中彼の口元が一瞬映りますが、オペラ座の怪人をくちづさんでいます。
ケガのことは忘れて純粋に演技を楽しんでいるわけです。

一流であることの凄味と、心の底からのWant-toはどれほど大きなパワーが産まれてくるかを感じることができます。
コーチング理論がきちんと身体に実装されると、誰でもこうなります。

これが一流の世界であり、一流のエフィカシーです。
そして言うまでもなく、彼は一流であることを望んだわけではなくて、一流であることが彼らの世界では当たり前だったから一流になれたのです。

同情で2位を獲得したと口の悪いものは言いますが、私は今回結果にはなんらフォーカスする必要はないと思っています。
彼は自分の心の底からのWant-toに従って、出場して、彼の渾身の演技をしただけです。

本当にやりたいことに理由はいらず、やりたいという気持ちだけでいいこともそうですし、何よりその気持ちが純粋であればあるほど、大きなパワーが産まれることの方が、よほど注目に値することでしょう。

一流の臨場感を、ぜひ体感してみてください。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちは世界に産まれ落ちたその瞬間から、脳を持ち、脳が現状への最適化へ向かって常に演算し続けています。
子供のころは全てが新鮮で、全てが艶やかで、ワクワクとドキドキを胸に毎日を過ごしていました。

そんな子供がいつの間にか、ワクワクもドキドキも見事に消え失せます。


この要因のひとつは、間違いなく学校教育の影響でしょう。
もちろん予備校もそのひとつです。

学校では確かに勉学を学びますが、行き過ぎた偏差値教育の影響によって解法やパターン学習ばかりが先行し、本物の抽象思考を学ばせません。

また、学校では至る所で暗黙のルールが適用され、生徒の思考を押さえつけます。
例えば、体育の授業では体育座りをさせて学生の胸をつぶし、未だに軍国主義のなごりである前にならえという号令によって生徒をコントロールします。
言うことを聞かない生徒には、さらに徹底的に「今の自分が人からどう見られているかを考えろ」と怒号し、無意識に他人の眼を気にさせバイオパワーによって縛ります。

思考が停止した、自分で物が考えられない学生は、言われるがまま非常に扱いやすい存在です。
そして思考停止のクセがついた学生はそのまま大人になり、社会の忠実な奴隷となります。

このような実態はあくまで仕事だけの話で、プライベートや他は別だと思った人は自覚がない分余計に致命的です。
無意識の思考停止のクセはもっと根深いところにあります。


プライベートやそれ以外で何か新しく始めようと考えたときも、脳の本当のクリエイティビティをいかんなく発揮する前に思考が止まります。

俺には無理だと、私には出来ないと、何かをする前に自分の判断は必ず間違っていると、そういうアルゴリズムが裏で走り、他人からの命令を深層心理で望みます。

仮にこの指摘に対しそうではないと声高に叫んだところで、「じゃあやって!」と提案すると、途端に態度を翻して、今のタイミングがベストではない等の理由を創造的に作り反論します。

意識的な思考は止まって、方向性のない無意味な演算ばかりが繰り広げられます。


思考の意義は情報を落とすことです。
言葉遊びにもならない無意味な掛け合わせに興味があるわけではありません。


そういった中で一筋の光となるのが、自分が当たり前出来ることをに気付くことです。
エフィカシーが上がる瞬間、スコトーマが外れる瞬間と言って良いでしょう。


自分の出来ることというのは、当たり前に出来るので、自分ではすごいと普通思いません。
自分の出来ないこともそうですが、概して自分の出来ることも私たちは知らないのです。

以前お会いした方は、写真記憶法が出来ていました。
しかし、この記憶法が学生のときから当たり前のように出来ていたので、その方は自分ですごいとは一切思っていなかったのです。

スパイ訓練にて教え込まれる記憶法だと言ったら目を丸くして驚いていました!

こんなものです。
知ったような気になるのが得意なのが脳の機能です。


自分の現状を嘆く前に、まずは思考停止を止めましょう。
全ての道は、そこから開けます。
そして自分の止まった時間が動き出すのです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents