苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:コンフォートゾーン

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


現状とは、私たち苫米地式コーチングの流派において、ステータス・クオと表現します。

現状という言葉を聞くと、日本語の意味が現在の状態やありさまというものなので、今のこの現在という一点だけを指しているように感じます。

しかし、私たちが主張する現状(ステータス・クオ)とは、これからやってくる未来のことも含んでいます。

もっとざっくり言ってしまえば、コンフォートゾーンの原理に従い、未来永劫同じところに居続けてしまうということです。


そのように考えたとき、時間は何も解決しないことがわかります。

心の病などで時間が経てば解決の見込みがある、ないしは待つということが大切という場合も多々ありますが、少なくとも私たちが直面するケースはそうでないことが大半です。

いわばステータス・クオの外側へ向かう最中なのか、そうでないのかという視点は極めて重要なポイントとなるでしょう!

そして外側へ飛び出すときに必要になのは、ゴールの設定とエフィカシーの高さです。


ここで率直に良くあるケースとして、本人はステータス・クオの外側に出ようとしているつもりなのに、実はステータス・クオのど真ん中の行動をしている場合がよくあります。

自分はそんな現状を変えようと必死になっているにも関わらず、全く成果が出ないことへの焦りとイラ立ちがつのりますが、実際はステータス・クオに留まる努力を必死に取っているので、ちゃんとステータス・クオに留まる結果が付いてきています。

良いか悪いかは別にして、正当な努力に対する、正当な結果が還って来ています。


さて、こんなパターンから脱すために、必要なことは何かといえば、それはもちろん正しい現状の認識です。

もちろん家族でも友人でもプロのコーチでも、わかっていない人にはきちんと指摘することが重要だと思っています。

しかし、残念ながら本人からすればそうように感じません。

今までの自分の努力や苦労やかけた時間は何だったのか、悪態をつくことを通り越して自暴自棄に陥ります。

もちろん地の底まで落とされたとき、逆に自分は間違っていないと、そんなことはないと怒りが飛び出すひともいるでしょう。


日本では、言わぬが花という言葉があるように、正しい指摘を基本的に嫌います。

なので、実際それをエフィカシーが下がることではないか、下げてしまうのではないかと懸念されますが、私個人はそうでないと思っています。

なぜなら、正しい現状認識から始まり、そこから外側へ向けて方向転換すればいいからです。

ステータス・クオに内側と外側しかない以上、内側がわかれば外側がわかります。

今大阪にいることがわかれば、東京まで行くことは可能です。
もちろん、新幹線でも飛行機でも夜行バスでも構いません。

しかし、今どこにいるのかもわからないのに、東京まで行くことは不可能です。


エフィカシーでもセルフエスティームでもなく、そこでついつい変なプライドを持ってしまいます。

本当は逆向きです。

エフィカシーとセルフエスティームを持つべきで、変なプライドは捨てていくべきです。

プライドは何の役にも立ちません。

プライドが満たされて喜ぶのは、自分のちっぽけな自尊心のみです。


ゴールに向かうということは、ステータス・クオの外側に飛び出しコンフォートゾーンを変えていくことです。

コンフォードゾーンを変えていくこということは、評価関数(自我)を変えていくということです。


現状を知ることは、エフィカシーを下げることでもなんでもなく、ただのスタートです。

自分がどこにいるかのをきちんと知って、ゴール側に飛び出しましょう!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちは今よりもっとすごい自分になりたいと思うとき、きちんと現状の外側のゴールを設定し、エフィカシーをあげていかなければなりません。

しかし、実際にゴールを設定して、エフィカシーをあげようとしても上手くいかないことは往々です。

様々な原因が考えられますし、実際ケースバイケースになりますが、ゴールを達成している自分も、エフィカシーがあげた自分も、最後はそのような自分が受け入れられないということで、瓦解します。

一言でいうなれば、そのような状態は自分には不釣り合いだというセルフエスティームの問題です。


自分の社会的位置をどこにもって来るかはとても重要な問題です。

なぜなら、無意識レベルで感じているセルフエスティームのレベルによって、私たちの社会的位置を含む現状が決まっていくからです。

いうまでもなくセルフエスティームが高いほど、高い社会的位置に自分を持ってくることができますが、このときただ自分の自尊心をあげるだけでなく、忘れてはいけないのは他者への配慮です。

セルフエスティーム
@セルフエスティームの全体図


セルフエスティームとは、日本語では自尊心という言葉を使います。

しかし、本来の日本語としての自尊心という言葉の意味は、自分の人格を大切にするという意味であり、それは往々にしてプライドのことを指しています。

いうまでもなく、プライドとはカテキズムにおける7つの大罪のひとつにも指定された概念であり、それが私たちが主張する自尊心ではありません。

自分の社会的位置への高い評価と、そこに他者への配慮がきちんとあいまって、はじめて私たちが重要だと指摘するセルフエスティームが現れます。

虚栄心や見栄から来るセルフエスティームは、自尊心も他者への配慮もない状態です。

きちんとセルフエスティームとプライドは分けて議論をするべきでしょう。


セルフエスティームが本当に高いとき、私たちは自分にも他人にも寛大になることが可能です。

なぜなら、自分の価値をきちんと自分で決めることができるからです。


そこには虚栄心や見栄などいうものはありません。

ポジティブな自分もネガティブな自分もきちんと丸ごと抱きしめることができるから当然です。

自分も他人も丸々全てを受け入れることができたなら、私たちは自分が設定するゴールもエフィカシーも社会的位置も、きちんと受け止められるように思います。


虚栄心や見栄ではなく、ありったけの情熱で自分を抱きしめたときからが、本当のスタートです!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


フロイトやユングの頃から、私たちは無意識に深淵なる世界を垣間見ています。

無意識とは意識できないから無意識というわけであり、知覚できない世界の中の出来事が、私たちを形作っていることを経験的に知っています。

有名な言葉はまさに”氷山の一角”で、私たちが意識できる顕在意識よりも、無意識の方が私たちの大多数を占めています。

20121124_2738227
@海に浮かぶ氷山


意識よりも無意識の方が、圧倒的に強大なら、今の私たちの言動そのものが、一体どれほど無意識の影響を受けているのかとても気になります。

またその無意識の判断は一体何を基準にしているのかも同時に気になります。


という大きな問いを考えたとき、グッドガイ/バッドガイ実験がとても参考になるでしょう。


グッドガイ/バッドガイ実験とは、無意識下の決定が意識にどのように知覚されるかを確かめた実験です。

パーティーにて、被験者と意気投合するグッドガイと被験者と全く意見のかみ合わないバッドガイをあらかじめ接触させます。

その後しばらく時間がたったあと、同じ被験者に『第一印象の実験がしたい』と偽って、個室に呼び出し、グッドガイとバッドガイがランダムにちりばめたデータベースを見せます。

すると面白いことに、被験者は見事仲良くなれそうな人にはグッドガイを、仲良くなれなさそうな人にはバッドガイをきれいに選択します。

理由を尋ねてみても、なんとなく程度の回答しか返ってきません。


また、事前に個室付近にバッドガイを配置させ、被験者が角を曲がってバッドガイを観た瞬間も、一瞬身体が硬直します。

もちろん本人に身体の硬直の理由を聞いても、『いつ身体が固まったんですか?』と聞き返されます。


私たちの人間もひとつの生物であり、種である以上、生命の存続が最も大きなゴールのひとつです。

自分にとって嫌なこととは、往々にして危険のともなうものであり、それはネガティブな感情をトリガーに、強烈に無意識下に書き込まれます。


一度無意識にそのような処理が書き込まれれば、基本意識にあがることなく、そのように振る舞います。

もちろん意識の上にあがっても、不安や恐怖といった、ありとあらゆる情動を引き起こして、その行動を阻害します。


そのように考えると、私たちの意識が出来ることは、ほんのわずかなことのような気がします。

なぜなら氷山の一角の言葉の通り、大多数の処理が、無意識下で行われているからです。

しかし、私たちの意識はただ非力で無抵抗でやられたい放題でありません。

最後にGOサインを出すのは、いつも意識であり、意識にあげることで、きちんと操作が可能になるからです。


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

『まずは親を超えなさい』

本書籍の内容の全体像は、TPIE(セルフコーチング)を題材にしたゴール達成の指南書である。

そのエッセンスは、騙されやすい脳の習性を利用して、未来の記憶を作り、自身のゴールを達成していくことに集約できる。

脳は毎秒約1100万ビットもの情報のなかから有益な数ビットの情報を取り出すために、非常に高度な演算を逐次繰り返している。

もちろんこのとき、大半の情報が不要な情報として処分されわけだが、それらは未来永劫にわたって綺麗にデリートされるわけではなく、意識が到達できない無意識の奥深くに貯蔵される。

その貯蔵された情報が、次に入ってくる情報群のなかから、有益である情報と、そうでない情報を切り分けることに再利用され、私たちのコンフォートゾーンの形成・強化が行われる。

無意識が物事を判断する価値基準を時間とともに作り出しているわけだが、それらをもっと身近な事例に落とし込むと、その最大の功労者は『親』であるというのが、本書の裏側にある背景である。

もちろん例外的に親戚や祖父母のもとで育ったという可能性もあるが、本質的には自分の価値基準を作る点において、長く共に生活した人の価値基準をトレースするという意味では同じである。

守秘義務があり、詳しく綴ることはできないが、確かに私がこれまで実際にコーチングをしていくなかで、ゴール側へ飛び出すことを妨げる根底に横たわる原因のひとつに、親の姿がうっすら浮かび上がってくることが少なくない。

それらは親の施した幼少のときの教育や、親自身の過去の経験、今現在も引きずっている縁起などである。

親は親として、自分の見聞きしたものや経験の中で、親なりの最適解が導かれ、そして子供に良くなってほしいという純真な願いが根底にあるため、余計に根が深い。

なぜなら、子供自身も親の気持ちをきちんと理解しているからだ。


親と子供は血縁関係にあるものの、全く違う時代と、全く違う環境で、全く違うパーソナリティーを形成した、全く異なる個人である。

それらを打開する詳しいコーチング理論についての解説は本書に譲るが、自分が親と全く異なる人生を、自分らしい人生を謳歌するために必要なことは、まさにタイトル通り、まずは親を超えることから始まるのである。


さて、以上の前提を踏まえたうえで考えると、自分が無意識下す判断や、物事を意思決定する価値基準が本当に自分できちんと培ったものであるかという点は、非常に悩ましい。

コーヒーにするか紅茶にするか程度のささいな選択ならば、あえて問題として取り上げる必要もないが、仕事・結婚・人間関係といった、自分の未来における選択全てにかかわって来るのだから深刻である。

私たちが親の価値基準で判断し、行動するのなら、寸分違わず私たちも親と同じような人生を選択することだろう。

また、もちろん親が最大の洗脳者だからといって、親にだけ注意を向けるのは早計である。

なぜなら、家族はひとつのコミュニティーであり、家族は社会、国家に包摂され、そこには文化、規範、宗教といったもっとクリティカルな価値基準が潜んでいるためである。

これだけのファクターがあるなかで、自分のもつ価値基準が、自分のものだけの価値基準だと主張する方が難しい。


そういった終わりのない堂々巡りの議論を続けるなかで、指針となり、必要性が明確に高まるのが自帰依である。

つまり、外からの要請で獲得した価値基準を一度すべて再評価し、そしてそれを自分の価値基準に置き換えていくことである。

きちんと自分を拠りどころにし、物事を判断することは、近代社会においてもっとも重要なテーマのひとつであるが、日本の社会ではあまり必要とされない概念である。

なぜなら私たちの民主主義はGHQにもたらされたものであり、国民が血を流して獲得したものではないからだ。

欧州のように革命を通じて民主主義を獲得していない以上、その必要性が文化のなかに埋め込まれていなくても何ら不思議ではない。


価値基準を自分にもってくることを考えたとき、それは言葉以上に難しい概念だと痛感するが、自分らしい人生を謳歌しようと立ち上がるとき、それはどうしても避けては通れない問題である。

そして私はコーチングを日々実践するなかで、コーチングには価値基準を自分に取り戻すパワーがあると強く感じている。


本書を手に取り、ぜひその一歩を踏み出してほしい。

 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


11月のパーソナルコーチングの募集を開始します!


パーソナルセッションの依頼はこちらから!


自分を書き換え、なりたい自分に向かいましょう!!


お待ちしています!!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents