苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

タグ:お金

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


Business Journalにて見つけた記事ですが、目を通しみるとあれれという感じです。

この手の話題の記事は読みながら、書いてある内容についてもっと抽象度を高くしてと思ってしまいます!

いつも言うように大事なことは抽象度であり、抽象度という観点が抜けるとそれは往々にして無駄な事例の紹介になりがちです。

統計的に傾向を取り出す分にはいいですが、その因果関係があまりにも乱暴です。

因果関係と相関関係の違いをもう少し明確に意識すべきかなと思います。 


といいつつこの記事の発行元はCyzoであり、Cyzo→苫米地英人ということで、この記事の迂闊な批評は、形だけみればブーメランとなりますが、Cyzoの編集権限をドクターは持ってないよと少し補足しておきますw 


さて、私のこの記事を読んで感じることは、やはり抽象度の高い人が稼ぐということだなと思いました。

年収300万円以下の共通点だそうですが、コーチングの観点から解説すれば、結局のところ、これは私たちが目指したい自帰依(自分に帰依しているかどうか)に関係することだと思います。 

シメにラーメンというパターンは、きっとやっている本人はそれが楽しくてやっているわけですが、冷静に考えれば結構不毛な行為であることは自明だと思います。

暴飲暴食は身体にとってマイナスであることを知りつつも、最後にガツンと食べたいという食欲がコントロールされず、ある種の暴走状態に陥っているということです。

これと同じ構図として、吐くまで飲みたいという人や、ウコンを飲まないと二日酔いなるといいながらお酒を飲む知人がちらほらいますが、吐くなら飲まなければいいとか、どのみち二日酔いになって翌日苦しむなら今飲まなければいいという指摘はとても至極真っ当な内容だと思います。


その点に関して、高収入に該当する人は、そのあたりのコントロールが出来ているように感じます。

全ての人がそうだとは思いませんが、記事の上では少なくともそうであり、私の周りのお金持ちは基本そうです。 

抽象度が高いという言い方だと少しぼんやりするので、前頭前野がきちんと扁桃体へ介入しているという言い方に変えるとどうでしょう?

日頃から前頭前野を使って、論理的に物事を考えるクセをつけると、 前頭前野が扁桃体へ反射的に介入するようになってきます。


また、もう一点こだわりが強いというのが、高年収の方の特徴だそうです。

コーチングにおいても自分の趣味のゴールを持つことは重要だといっていますが、こだわるということがいいのはそもそも何故でしょう?

簡単にいえば、こだわるとは考え続けるということだからです。

世間では〇〇すれば儲かるというような安っぽい宣伝を多数見かけますが、お金の定義をきちんと辿ると、お金の源泉は付加価値です。

付加価値とは何かと言えば、それは誰かの思考を指しています。 

つまりはこだわるとは考え続けるということであり、それが他人が認める価値となってお金が発生し、お金持ちになるというロジックです。

考え続けろといわれると、これまたぼんやりしますが、趣味にこだわれといわれると、もう少しクッキリして見えてきます。

好きなことは徹底的に考え抜ぬくと、独自の目線でその対象物の情報場をつかめるようになってきます。

それは私たちが独創性という言葉で評価している状態です。

独創性が出るまで考え続けるとは、これはなかなかハードルが高いですが、好きなことであればいくら時間を使って苦でないところがポイントです。


ある意味脳を酷使するというトレーニングがこだわるということであり、こだわった結果には往々にして他人が驚くような、想像も出来ないような論理が潜んでいます。

そして自分の現状と、独創性のある別の現状との大きなギャップに、私たちは『すごい!』という感嘆を覚えます。 


そう考えると、ひらたくいえば、高収入と低収入の違いは、脳の働きの違いであるといえそうです。

そしてコーチングは、その脳はフルに使い切るメソッドがたくさんつまっています! 

コーチングがきちんと身につけば、勝手にお金持ちになるという論理は、極めて自然な事と思います。 

------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


本日のテーマは『時間とお金です。


今回は久しぶりのお金に関する記事となります。

特に今回はここにゴール達成という観点から切り込んでいきます。

時間とお金を制することは、自身のマインド形成にも大きな役割を持っていることは経験上ご存知だと推測します。


ではまず、お金ですが、お金とは何かと考えたとき、それはみなさんご存知のように交換手段です。

つまり、何かを得るために、の代償としてお金を支払うということです。


このお金ですが、経済学的には時間とお金は等価であるという風に考えられています。

一番身近な例は、アルバイトの時給でしょうか。

働くということは、その労働行為によって私たちに賃金が払われるわけです。

もちろん厳密に考えると、ここにはその労働価値を決めている人がいるわけですが、本質的に貨幣と同じものであるという前提は変わりません。


さらにもう少し学問的背景を踏まえると、マクロ経済学とは人間の最適行動とは何かを追及する学問です。

そしてこのとき、定量的な指標として貨幣を用います。貨幣でないものは色々根拠を述べながら貨幣換算します。

時間も貨幣として計上されることは言うまでもありません。 


以前のお金を支払うことでも書きましたが、お金とはキャッシュフローです。

どこかに流れ、そしてどこからかやってきます。

簡単にいうと「入」と「出」ですね。


という全体像を風景として頭のなかに持ったとき、私たちが興味があるのはゴールの達成です。

ゴール設定とは、アマゾンの商品クリックすることに等しいわけですから、必ずゴールの方から自分のもとへやってきます。

しかし当然ここにはタイムラグがあるわけです。

1日先なのか、1年先なのか、それとも10年先のなのか。

抽象度を上げて考えた場合、このタイムラグは特別気にならなくなるのですが、どうしても気になって仕方がない場合があります。

要するに未来へ時間という貨幣を支払っていることに対しての不安です。

表現が良い悪いは別にして、値段のわからないゴールをお金で、しかも前払いで買っているわけです。


であれば、時間だけでなくお金をも同様に支払っていことも有効であると考えられます。

例えば東京大学行きたい学生が独学で勉強するのではなく、塾にいくというイメージです。


ただ、もちろんこの考え方にもデメリットはあります。

ひとつめに、この考え方の大前提にはゴール達成を「いつまでに?」という期限があるということです。

別に100年かけて支払いを終えても大丈夫なら、別に時間を支払うだけでいいはずです。


ふたつめに、そもそも貨幣では支払えないものもあります。

苫米地博士の戦争と飢餓なくすというゴールはまさにそれです。

貨幣換算できるのかというそもそもの疑問はありますが、仮にできてもその金額は法外でしょう。

国家を何個買えるんだくらいの金額だと推測します。


全ての考え方には一長一短あります。

それ踏まえ、自分が最も最適と思える手段を選んで、進んでいく必要があります。

そういう選択のひとつひとつが私たちをゴールに近づけてくれます!
459c724b-s

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


先日に引き続き、お金を支払うことをテーマに書きます。

今回は特に、抽象度の観点からです。

こちらの記事は2回に分けて書いていますので、前回分がまだの方はこちらからどうぞ!


さて、本題に入ります。

お金を支払うということを抽象度をあげて考えると、どのように捉えられるのでしょうか?

金は天下の回りもの、という言葉があるように、お金はまさに血液のように世界を循環するものです。

つまり抽象度をあげると、お金の流れ(キャッシュフロー)が見えてきます。


なので、お金を支払うことをキャッシュフローとして捉えたいと思います。

キャッシュフローと聞くと、ファイナンスのできるお金持ちの世界の言葉に聞こえますが、そんなことはありません。

むしろ収入と支出があれば、それは全てキャッシュフローです。

ですので、東証一部上場企業もキャッシュフローですし、一般家庭もキャッシュフローです。

そして面白いのが、キャッシュフローをきちんと考えると、お金を支払っているにも関わらず、自分に返ってくるようになる点です。

返って来るものはお金もありますが、もちろんお金だけとは限りません。


抽象度の低い視点でキャッシュフローを捉えたとき、それはただの収支のバランスを取ることです。

具体的にいえば、入ってくるお金に対して、どのように支出を抑えるかです。

逆に抽象度の高い視点でとらえれば、それは全体の流れを観ることができ、コントロールできます。

そして当然コントロールできれば、自分の収入を増やすことも可能となります。

つまりキャッシュフローをコントロールできるということは、言い換えるとお金の使い方が上手であるということです。

だからお金をたくさん使っても、大なり小なり自分の元に返ってくるというわけです。


収入が多ければそれだけで解決だ、と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

例えば年収1億でも、支出が9999万であれば、その人が1年間で自由に使えるお金はたった1万円です。


では、お金を上手に使うとはどういうことでしょうか?

これは一重に人の役に立つことをすることだと思います。


例えば高速道路

これは信号もなく、時速100Kmを超える車がバンバン走ります。

言うまでもなく、高速道路は人の役に立つものです。

これのおかげで早く快適に目的地まで行くことができます。

高速道路作った人(この場合大抵は国ですが)は、より早く目的地まで到着させることに貢献しました。

なので巨大なお金を支払ったにもかからず、自分の手元の高速料金を得ることができます。


他に学習塾もそうでしょう。

学習塾では、勉強という基礎的な力を身に付けることができます。

学問は全ての基本です。我々の文明は全て学問によってその恩恵を預かっています。

学習塾を立ち上げ、それで子供に学問を教えることは、子供たちにとっても社会にとってもプラスになります。

なので、立ち上げ資金を支払ったにも関わらず、自分の手元に授業料を得ることができます。


ここまで読まれた方は、それはただの投資の話じゃないか、思ったと思います。

まさしくその通りです。しかし抽象度をあげてお金を支払うことを考えると、それはある意味全て投資だと私は思っています。


美味しいものを食べることも、リラクゼーションに通うのも、自分の満足を得るための投資です。

ただこれは自分のことにしか役に立ってません。なので、自分のところに返って来ないので、最後はコストという言葉になります。

別に自分のために使うことが悪いと言っているわけではありません。趣味もそうですが、それだけでしか得られないものもあります。

なので、どんどん自分のためにも使ってほしいと思います。

もしその趣味を徹底的に突き詰めて言った結果、人が驚くような価値を発見できれば、晴れてマネタイズも可能になります。


もちろん打算的にお金を投じて将来的にお金を増やす活動をしている人もいます。

人の役に立つかは考えず、自分の私腹を肥やすことだけを考えています。

しかし、それが本当に楽しいかといえば私は疑問が残ると思います。

最初はいいですが、後からジワジワ何か物足りなくなってくるでしょう。

それに、私はこれをかっこいいお金の支払い方だとは思いません。


話が色々それましたが、結局何にお金を支払うかです。

そしてそれがどのように社会をめぐるのかです。

大事なことは抽象度をあげて、この視点を持つことです。

そうするとお金に振り回されることなく、自分の後ろからお金がついてくるようにすることができます。


なので、お金をきちんと堂々と支払うということは、抽象思考にもつながり、そして我々をお金持ちにしてくれます!
fb7fb9bf-s
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


今日はお金を支払うことをテーマにしたいと思います。

お金を支払うということは、考えてみると実はなかなか奥の深い行為です。
なので、2回に分けて別々の観点から綴りたいと思います。

今回このテーマを選んだ理由は、お金を獲得することに関して色々議論はあるものの、逆に支払うことが議論になることは少ないと感じていからです。

これは恐らくお金は絶対であるという資本主義からの刷り込みが、我々のマインドの根底にあるからだと考えています。

当然ですが、私は後者の方が圧倒的に重要だと考えています。


では、本題に入りましょう。

そもそも、まずお金を支払うということは、どういうことでしょうか?

基本的なお金の機能は交換手段であることからわかるように、お金を支払うことで我々は何かを得ます。

例えば、テレビ、車、漫画などです。別になんでも構いません。


しかし上記のような形のあるものなら、物理空間にすでに何かしら物体があるわけですから、そこまで問題はありません。

ですが、この世界には形のないものも交換対象になります。

例えば、コンサルティング、セミナー、学習塾などです。これらは広義の意味で知識を得るものです。

形がないということはそれだけで抽象度の高いものです。 

なので形のないものが交換対象だと、もしかしたら自分の満足するものや、自分のほしい結果に必ずしもコミットできるとは確約できません。

例えば、学習塾に授業料これだけ払えば、東大の理Ⅲに進学できるというものです。


なぜこのようなことが起こるかというと、個人のモチベーションや得手不得手、納得感など、あまりにも膨大な数のパラメーターがあるからです。


ですから、サービスを受ける側としては、『ホントかな?』と、ここで踏みとどまるのが一般的でしょう。


しかし、マインドの専門家である私は、ここに重要な事実が抜けていると考えています。

それはお金を支払うでは、個人のマインドが全く異なるということです。


これはどういうことかというと、お金を支払ってそのサービスを受けると決めた瞬間、その達成のための情報を脳が演算しはじめるということです。

これはある意味、苫米地式コーチングの大原則である、『ゴールが先、方法が後』ということにもつながるでしょう。


つまり、お金を支払うと決めた瞬間、自分が気付いていないだけで、実は我々のマインドは大きな変化が起こっています。


また別の言い方をすれば、お金を堂々と支払うということは、それだけでエフィカシーの高い行為といえます。

なぜなら、それだけのお金を支払って、自分の望むものが手に入るということを無意識レベルで確信しているからこそできる行為だからです。

例えば、学習塾に自分で100万円を堂々と支払うということは、無意識レベルで自分は東大理Ⅲに行けると確信しているからできるわけです。


このお話は現代分析哲学における可能世界の論理も含まれています。

なので、無数に通じる自分の未来から、自分の望む未来を選んだことにもなります。


もちろんエフィカシーの高さは、一概に100万支払うからこれくらいである等の、言い方はできません。

Aさんが50万支払うことと、Bさんが100万支払うことは、もしかしたらエフィカシーのマグニチュードは同じかもしれません。

ですが、形のないものにお金を支払うということと、しかしもそれが高いということは、それだけでエフィカシーの高い行為であるということは言えると思います。

事実苫米地式コーチングを受けるために、お金を支払うだけで悩みが解決する人もいます。
(苫米地英人博士談)

そういう意味できとんとお金を支払うということは、それは自分のエフィカシーを根底からグググッと引き上げる行為となります。
astronomy-9
  

↑このページのトップヘ

page contents