苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

カテゴリ: コーチング

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


努力は非常に日本で大事にされている概念です。

目的に向かってコツコツと取り組み、課題をクリアし、そしてゴール達成していく、とても重要な取り組みです。

そして何より、努力をしているひたむきな姿は、それだけで他人の胸をうつものです。

私たちが、なぜ他人の頑張っている姿を観るのが好きなのかを考えたとき、それは頑張っている姿に元気と勇気をもらえるからです。

そして、そういう人たちから元気と勇気をもらえたかわり、私たちは心から応援してお返したくなるものです。


しかし、努力はとても素敵で尊い概念であることは事実ですが、同時に日本の努力に対する考え方は、とても野蛮だと感じることが多々あります。

なぜなら、努力している姿を是とするあまり、その姿を他人に強制的に押し付けることが横行するからです。

もっといえば、自分が努力をしていないと感じるものやひとへの執拗な攻撃が始まります。

そしてそういった空気感は、そうでないひとにも伝わります。

つまり自分が努力を怠ってしまったという強い劣等感を産み出します。


努力の本来の姿とは、目標を達成するための行為です。

そしてそれは目標を達成できることに意味が存在し、また能動的な行為です。

しかし、いつのまにかゴールを達成することに意味を見出さず、努力をしている姿そのものに意味があるかのような、すり替えが起こっています。


もちろん努力の概念自体を否定するつもりは皆無ですが、努力という行為自体に価値を見出すのは、とても不思議な現象だと言わざるを得ないでしょう。

なぜなら、そこにはゴールを達成するという本来の機能はないからです。

また、彼らが語る努力思想の裏側には、努力している自分は素晴らしいという、どこかナルシストにも似た、努力中毒ともいえる現象が見え隠れします。


努力を行うという前提には必ずゴールが存在し、それを達成するための努力は個人が能動的に取る選択です。


それを無視して、努力している人とそうでない人に分類し、努力をしないひとへの排斥や圧力は、まるで一神教のような論理です。

努力している姿は素晴らしい、だから努力をしていない人を卑下していいというのは、とても野蛮で自分勝手な妄想です。

もちろんその論理に自分を当てはめて、自分に価値がないと自分で卑下することも論外です。


自分の意思で、自分で望んで、努力を行っていくことが重要です。

努力とは、ゴール達成のためのただの戦略であり、それ以上の意味はありません。

努力はゴールを達成したいひとが淡々とするべきで、自分は自分の努力にきちんと肯定し、他人は他人の努力を自分の価値基準で測るべきではありません。

ゴールを達成することに私たちの興味は存在します。

そこだけにフォーカスして、見つめていけばいいのです。

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちがゴールに向かって走るとき、往々にして最初の課題になるのがドリームキラーの存在です。

ドリームキラーは自分との関係が身近なひと、つまり自分という人間を良く知るひとほど、なりやすいのが特徴です。


自分に明確なゴールが出来たとき、自分が心の底から成したいものが出来てきたとき、普通のひとの心理として、やはり応援してほしいと感じます。

しかし、彼らはそんな淡い期待をかき消すように、「それは君には出来ない」と、「それはやめるべきだ」と、口を揃えていってきます。

それがあなたのためだと本気で思っているから余計に自体は問題です。

自分の身近なひとだからこそ、その言葉の持つインパクトは凄まじく、ドリームキラーの夢を殺す人であるという直訳の通り、身近な大切なひとたちが、とてもおどろおどろしい存在に変化します。

そうなると、間違っているのは自分の方なのかと、マジョリティーの彼らの方が正しいのかと、やっぱり自分の心が揺れ動いてしまいます。


そんな、彼らへの対策は極めて重要です。

なぜなら、彼らの発言は往々にして、より強烈に自分へ突き刺さっていくからです。


さて、そんなとき自分が何をすればいいかといえば、やれることは大きく2つです。

一番簡単なことは自分のゴールを一切公言しないことです。

そうすれば誰もあなたの変化を感じません。

もちろん敏感なひともいるでしょうが、何を聞かれても「気のせいじゃない?」と切り返すだけです。

もし仮にそれ以上の執拗な勘繰りを受けたなら、それは自分のひとを見る眼と相手が悪かっただけだけでしょう。


次に大事なことは周りの人間を変えていくことです。

誤解を恐れずにいうのなら、自分のゴールを共有できるひととの付き合いを増やし、自分のゴールを共有できるひとを自分の周りに置くことです。

こういうと、途端に付き合いを変えたことで、自分がそのひとたちを裏切った悪者のように感じます。

しかしそれはもちろん早計で、付き合うことを変えても、二度と縁が切れて関係が戻せないということを意味しているわけではありません。


なぜなら、いうまでもなく、本当に回避しないといけないドリームキラーは稀で、どんなに近しいひとであろうとも、きちんと自分のサポーターになってくれる人がいるからです。

そういうったひととは何事もなく付き合えばいいものです。

また、ドリームキラーになるひとには、ただひたすらにゴールを共有せず、いつも通り接すればいいだけだからです。


このように、劇的にひととの関係を変えなくとも、ドリームキラーには十分運用可能です。

そしてこのとき、身近なひとが、私たちの良く知るドリームキラーとならなかったとき、ドリームキラーとはただの概念であることがわかります。


自分がここから動こうと思ったのであれば、彼らは必ず現れます。

彼らが現れるという事実を知っているのと知らないのとでは、自分の振る舞いは明確に変わります。

ドリームキラーとはただの概念です。

そこにそれ以上の意味はありません。


------------------------------------------------------------------------------------------------


ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


エフィカシーをあげることは非常にゴール達成において重要です。

しかし、概念や知識としてエフィカシーをあげることの必要性を知っていても、実際なかなかに上手くいかないことが大半です。

なぜなら、エフィカシーをあげればいいといわれても、どうやってあげていいのかわからないからです。

よくあるエフィカシーの議論として、エフィカシーは『あがるもの』ではなく『あげるもの』だという議論がありますが、結論は後者でも、それであげれたら苦労はないよと思います。

エフィカシーは基本眼に観えませんし、触ることもできないから当然です。

眼に観えない以上、触れない以上、どうすることも出来ないように思います。


しかしといいつつも、経験則として、成功体験があるとエフィカシーがあがることを私たちは知っています。

もちろん一度や二度の成功体験では、容易にホメオスタシスに絡め取られてしまいますが、例え小さなものでも繰り返し継続的に成功を収めることで、それが自然とコンフォートゾーンに変わります。

それは段階的なエフィカシーの向上ということができるでしょう。


もちろんそれは正解です。

ただの経験則ではなく、認知心理学でも小さな成功が自己肯定感の向上に一役買うことがわかっています。

きちんと学問として証明されている以上、誰がやっても同じ効果が得られる可能性が高いでしょう。


ですがここでおもしろいのは、実際やり方がわかったとしても、同じ場所から全く動けません。

やるべきことが明確になっても、今度は何が小さな成功にあたるだろうかと、別の疑問が浮かんできます。

そして気づけば、時間だけが過ぎていき、やり方を知る前と何もかわっていないことに気付きます。


ここで重要な事実は、別にやり方の問題ではなかったということです。

エフィカシーはあがるものではなく、あげるものだという押し問答しているときと、この事態は本質的に何も変わりません。

というより、問題の出所は同じであるから当然です。


それはつまり、ゴールがなかったということです。

ゴールがないのに、エフィカシーをあげる必要がなければ、やり方を見つけても仕方ありません。


ゴールがあり、ゴールに向かっていく必要があるからこそ、エフィカシーをあげることも、小さな成功を収めながら自己肯定感を高めることも、その必要性が浮き彫りになってきます。

エフィカシーが高いだけでは残念ながら何も生まれません。

まずは、最初に自分のゴール設定から始めましょう!

エフィカシーをあげる必要が生まれてくるのは、その後です。
goal
※まずはゴールを見つけることから!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。
 

私たちは機能として、現状に留まることを望みます!

機能であるということは、自然に無意識に、そうなることを選択するということです。

例えそれが意識上、別のところを観ていたとしても、気付けば自分の判断は留まることを選択します。


この事実は言葉以上に深淵です。

本人はその気が全くないというところが事態をさらに深刻にします。 


であるならば最初のステップとして、まずは実際にやってみて、ホメオスタシスの強大さに恐れおののくべきでしょう!

身体が柔らかくなるという何気ないものであったとしても、昨日は前屈がすごく深く入ったけど、私はこれまで身体が固く、昨日はたまたまで今日はもしかしたらまた固い状態に戻っているかもしれないと脊髄反射的に頭を過ります。

身体を柔らかくすることがゴールであった場合でも、そんなゴールとは真反対のことを私たちは疑うことなく真剣に考えます。


さて、こういったことと同じ構図は新しく何かをチャレンジするときにも表れます。

ゴールを達成するためにはそれが必要だとわかりつつ、一歩を踏み出せないような風景です。

頭の中で無限ループが形成され、出力のない無意味な演算によって私たちはフリーズします。


その中できちんと抽象度をあげて止観したならば、その無限ループに陥ったきっかけが、『やったことがないだけか?』それとも『それとも実際に出来ないことなのか?』を無意識が混同してしまっているからです。

やったことがないだけならば、実際にやってみたらいいだけです。

実際に出来ないことならば、別の方法を考えることにフォーカスしたらいいだけです。

とても簡単に無限ループから脱出できます。


私たちは、知識を持たなければ何も観ることはできないが、知識を持ったことでその以外が観えなくなる自己矛盾を抱えています。
 
存在そのものに自己矛盾を抱える以上、このような無限ループに往々にして陥ることは仕方のないことです。

しかし、その無限ループに陥ることでさえ、きちんと知識として持っていたなら、認識し、回避することが可能です。


きちんと正しく認識し、不要なフリーズから脱していきましょう!

それだけで、ゴールまでの道のりは明らかに早まります。
 
------------------------------------------------------------------------------------------------

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


夢に日付が必要なのかと聞かれれば、それはとても深淵なる問題です。

これまでの自己啓発の世界では、ゴールに明確な期限が必要であると主張します。

もちろん私たちが知るように、脳は非常に怠惰であり、ほっておくと時間は無限に存在すると錯覚します。

気付けばズルズルダラダラ、時間だけが過ぎていくのが真実です。

その事実を鑑みれば、日付を区切ることはとても合理的な手段に思えます。


しかし同時に、日付を区切ることで、それは往々にしてHave-toになりがちです。

確かに期限が決まれば、今度は何をいつまでにやるかが、細分化して日々のアクションプランに落とせますが、やりたくないことを無理な期限で設定すれば、苦痛に感じることしかありません。

苦痛になり、全てを投げ出すくらいなら、期限など設けず、ただ自分のWant-toに従って取り組む方が遥かに生産性は高くなるものです。


ここでの基準は、Have-toまみれの最悪のパフォーマンスであることを忘れてはいけません。

基準が一番底の状態ならば、比較すれば良くなることは必然です。


ではどうするべきかと考えたとき、それは改めてWant-toとは何かということから始まります。

Want-toとは言葉の通り、私たちの渇望です。

渇望とは、ひらたくいえば自分の欲求です。

自分の欲求である以上、もちろんそれは自分の中から産まれてきたものです。

自分の中から産まれて来たものであるのなら、誰の制約を受けることなく、自分で制約をつけていいことはいうまでもありません。

そして自分の本気の渇望であるのなら、それは臨場感の伴ったゴール像に勝手になっていくものです。

そのひとつの基準に日付や期限があっても何ら不思議ではありません。


夢に日付が必要なのかと考えたとき、それがWant-toになるなら必要です。

夢に日付が必要なのかと考えたとき、それがHave-toになるなら必要ありません。

Want-toでありながら、日付がつけられないということは、それは創造的回避であると考える方が妥当でしょう。

これからダイエットして10kg痩せようと思ったとき、今後3~4ヵ月に渡って体重が減っていくにも関わらず、今この瞬間に1サイズないしは2サイズダウンしたジーンズが買えないような風景です。

ジーンズひとつはダイエットサプリメントやジムに通うことよりも余程安価であるにも関わらず、痩せたくないという無意識下の強い抵抗のもと、ジーンズを買うことが拒まれます。

私たちの言い方では、ゴールが無意識レベルに落ちていないということです。


ゴールはきちんと設定すれば必ず達成することが可能です。

本当にゴールが達成したいなら、ワクワクと一緒に日付をつけることが可能です。


自分のWant-toに従って、日付をガンガンつけていきましょう!

物理空間に書き落とすと、それだけでたくさんの発見があり、私たちのRは揺らぎます。


l_383
※ゴールだけに目線を合わせて!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents