苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

カテゴリ: コーチング

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


ひとは誰しもこの世に生を受けたときは赤子であり、そして誰しも平等に歳をとっていくものです。

誰しも歳を平等にとっていきますが、そこには成長という概念が必然的に入ってきます。

なぜなら、歳を取るということは、経験が積み重なってくるからです。


経験とは、基本的に知識であり、有益な情報です。

それを持っているかいないかで、そのひとの言動にも風格にも、スパイスのようなピリリとした違いが現れます。

つまり、言い換えれば、時間とともにひとは勝手に成長していくということです。


さて、実を言うと、この事実はパーソナルコーチングでもつくづく感じることです。

コーチングをしていると、ひとは勝手に変わります。

ひとは勝手に成長を始めます。


コーチの腕の見せ所はもちろんたくさんありますが、それをおいても次回コーチングまでの1カ月というひとつのスパンのなかで、驚くほどの変化を遂げます。

こういった事実を間近でみると、ひとはそもそもの機能として勝手に成長する力が備わっているのだなと思います。


では、ここで逆説ですが、なぜ私たちはこんなにも自分が成長していないとか、悶々とした閉塞感を感じるのでしょうか?

デフォルトで成長し続けるなら、突破されて必然です。


しかし、実際はなかなか解決されることがありません。

そういった二律背反の事実を踏まえると、残酷な仮説が浮かびます。


その残確な仮説とは、ひとが勝手に成長するために使うエネルギーをわざわざ自分を成長させないように使っているという仮説です。


例えば、子供のころの自分というのは、何もやるにしても好奇心でいっぱいです!

これはDNAに書き込まれた根源的な欲求です。


やりたいということがあれば、善悪の判断もなく躊躇せずに飛びつきます。

もちろん犯罪や殺人がダメといった、倫理的・道徳的基準を満たすことは必要ですが、だとしても好奇心までは消えません。


この好奇心は消えたというわけではなく、自分でわざわざ抑えているという解釈です。

なので、自分で抑えることがなくなれば、また好奇心を持って躊躇せずに新しいものに飛びついたり、成長していきます!



もちろん、ゴールをある程度達成され続けると、ひとは今度は違う悩みを持ち始めます。

それは『次、何かしようか?』という悩みです。


ただ、この悩みを持つことは本来とてもいいことです。

なぜなら、自分が前に行きはじめること、つまりは成長するという方向にきちんと自分のエネルギーが使われているからです。

前へ進んでいなかれば、「次、どうしようか」などと考えません。



自分のストッパーを外しましょう。

ひとはデフォルトで成長します。


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


近年人工知能の進化が凄まじいものが存在します。

有名なのはIBM社のWatsonですが、他にもGoogleのAlphaGoといった人工知能が世間を賑わせました。


これだけの成果をまじまじと見せつけられると、人間の仕事は全て人工知能に奪われる未来がかなり現実味を持って予見されます。
 

そして、先日また人工知能の研究がひとつ進みました。

オーストラリア国立大学などの研究チームが開発した人工知能がボーズ=アインシュタイン凝縮を1時間足らずで学習したというものです。

ボーズ=アインシュタイン凝縮とは、マイナス273℃くらいの超低温で多数の粒子がある一つの状態に凝縮し、一斉に運動する不思議な現象のことです。


ちなみに、ボーズ=アインシュタイン凝縮を初めて確認したエリック・コーネル、カール・ワイマン、ヴォルフガング・ケターレには、2001年にノーベル物理学賞が贈られています。


ノーベル賞クラスの実験を学習してしまったのだからすごいニュースです。




さて、これらの成長著しい人工知能は結局統計処理をしているに過ぎません。

もっというと、コンピュータの計算能力に任せて、大量のデータを処理し、完璧に終わらなくても、ある程度のところで終了させ、それを答えとして出すということです。

なので、言語学者のノーム・チョムスキーも現在の人工知能の成果に対し、ブルドーザーが重量上げで人間を超えたようなものだと痛烈に批判しています。 

ミサイルの弾道計算もそうですが、コンピュータの計算能力は、これまでいくらでも人間の能力を局所的に超えてきています。


つまり、人工知能とは、本来の定義である人間が持つ知性というものを、獲得したわけでありません。

ここでいう人間の知性とは、新しいものを生み出す本当の知性のことです。


ただ、といいつつも、実際出来ることがどんどん増えていっているのは事実です。

なのでそのうち人間の職が一部奪われることには間違いないでしょう。


ここで奪われるというのは、主に単純作業です。


上記のボーズ=アインシュタイン凝縮のように、高度なことでもきちんと枠組みがあればそれも出来るようになります。


今の人工知能の成果が、ある枠組みがすでにあって、そのなかでの成果だと理解できれば、どういうひとが人工知能時代を生き抜くかがわかります。


人工知能時代を生き抜くひととは、それはズバリ”新しい枠組みを創る人”です。


人工知能にこれを教えようとしても、新しい枠組みを創るということを、新しい枠組みで定義しないといけないので、ハッキリいってかなり難しいです。


言葉にしてみても、ただの言葉遊びにしか見えません。


新しい枠組みを創るとは、コーチングのコンテキストに落とし込めば、それはすわなちゴールの設定です。

新しいゲシュタルトを創ることです。

人間がどうやってゲシュタルトを作るかといえば、それはいうまでもなくゴール設定です。


ゴールを設定することで、自分のRASをオープンにし、そこから入ってくるランダムな情報をいくつも重ね合わせて、ひとつのゲシュタルトにしていきます。
 
時代はとっくに個人のゴールありきの時代に突入しました。


ちょっと怖いことをいうなら、ゴールがないひとは生物的に死ぬというだけでなく、ゴールがないだけで生きている場所をも奪われてしまうということです。


人工知能でも代替できない個人を目指すために、まずはゴールを設定することから始めましょう!


私たちには、それが可能です。 

そんなクリエイティビティを最初から私たちは持っています。

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


いつも言うように、私たちはゴールありきで生きています。

そしてゴールがなければどこにも行くことができません。


なので、まずは仮でもなんでもゴールを設定することが重要です。

なぜなら、ゴールがあることで初めて、1歩前に踏み出すことができるからです。
 

しかし、その肝心なゴールが設定できないというひとは正直少なくありません。


少し極端な言い方をすれば、夢もやりたいことも何もないという感じです。

夢もやりたいこともない代りに、そこにあるのはたいてい焦燥感とモヤモヤと漠然とした不安です。



そういったマインド状態の人に、現状の外側のゴールといっても残念ながら全く響きません。



ただ、それらは結構簡単に改善が可能です。


なぜならそこには、『ある視点』が決定的に抜けているからです。



現状の外側のぶっ飛んだゴールを設定するコツは、何かといえば、それは世界を知ることです。

私たちに決定的に欠けている視点は、自分の外側を観ることです。


よくありがちな間違いとして存在するのは、自分を観ようとすることです。

もちろん自分を観れないよりかは観れた方がいいのは間違いありません。

自分のことを知らないよりは知っていた方がいいのは事実です。


しかし、自分のことが観えたとしても、たいていはそこで止まります。

自分のひとつの側面が観えて「なるほど!」となるだけです。



ですが、世界を知ると、世の中には色々な問題があることに気付きます。

それこそ、自分が自分に対して問題と思っている以上の問題がワラワラと溢れています。


そういった問題を目の当たりにしたとき、普通のひとはその問題を何とかしたいと考えます。


ここには性善説とか性悪説とか、そういった高尚な議論はありません。

なぜなら、そういった問題を解決して役に立ちたいと心から思うのが人情というものだからです。


もちろんそういった問題の中で、どの問題が一番深刻で、自分がやらねばとなるかは、そのひとの特性です。


そして世界と自分が結ばれた紡ぎ目が、現状の外側のぶっ飛んだゴールであることに気付きます。



世界の問題といえば、例えば最近ではパナマ文書でしょうか?


@租税回避の方法



 @GoogleやAppleの脱税スキーム



もちろんパナマ文書は極端な一例ですが、身近なところに問題は溢れています。


誰も気づいていない問題も含めてです。


そこに眼を向けて、「何とかせなばならん!」となれば、それは十分立派な現状の外側のゴールです。


なぜなら、解決する方法も何もわからないからです。

そして自分はいてもたってもいられなくなるので、心からのWant-toのゴールです。



いうまでもなく、俺できるかな?とか私には絶対無理!!といった感情が湧いてきたら、ようやくコーチングらしくなってきます。


つまり、エフィカシーをあげましょう。


現状の外側のゴールを設定するコツは、世界を観ることです。


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


コーチングにおいて、自信を持つことはとても重要です。

ここで言う自信とは、コーチングのコンテキストで捉えれば、もちろんエフィカシーのことのですが、自分に自信があると物怖じすることなく、淡々とチャレンジすることが可能です!


何か自分のゴールを達成したいとき、極論をいえば、きちんとマインドを上手に使って行動していくことが必要です。 

自信があれば、不安に陥ることもなくスムーズに行動に移せます!


さて、私たちが何か新しいチャレンジをするとき、色々と先のことが不安になりますが、このとき大抵はあることを忘れています。


それは自分の成長曲線です!
 

継続は力なりということわざがありますが、どんなに下手でも長い時間をかければ、それなりの腕前になってしまいます。


例えば、写真が好きでカメラを10年も趣味にすれば、それだけでプロ顔負けの腕前になることはいうまでもありません。



では、ここで少し前提を変えて考えてみましょう。

つまり、自信さえあれば全てうまくいくのかということです。


一足飛びに結論にいけば、もちろんそんなことはありません。

むしろ、自信が成功にとって最も不要という研究が存在します。


自信が成功にとって不要とは、なかなかビックリな研究ですが、その研究内容は至極当然の結論です。


その研究内容をざっくりシェアすると、

・自信があるとリスク評価ができなくなる

・自分の能力を過信する

・ナルシシズムにつながる

など自信があることによる弊害が語られています。


同様にロンドン大学教授のトマス・チャモロープリミュージク教授は、自信はコカ・コーラと同じだと揶揄しています。

(自信は)不要だけと何故かみんな欲しがるという痛烈な批判です。

Premuzic-9069-square
@Hogan Assessments社のCEOでもあるチャモロープリミュージク教授
 


さて、そんな真反対の研究があると、自信の対する正しいもうひとつ先の理解が見えてきます。


それは、正しく自分を評価することです。



自分の成長曲線を踏まえ、自分を過信することなく、堂々とチャレンジすることです。


私たちはたいていこのどちらかが欠如します。

つまり、実力以上に自分を過信したり、逆にいたずらに不安になって挑戦を避けたがります。


大事なことは『その間』です!


自分の能力をきちんと評価し、正しい自信を持ってゴールへ飛び出していきましょう!


------------------------------------------------------------------------------------------------

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


私たちがゴールに向かって進むとき、あれやこれやと色々な有象無象の根拠を考えます。

もちろん根拠そのものを考えることは極めて重要です。

なぜなら、ゴールとはすべからく現状の外側であり、自分のこれまでの知識も経験も何も役に立たない場所で戦っていくことになるからです。


それはいわば、ゴールについて、その達成方法も含め考え続けるということです!



では考え続けることに必要なものは何かといえば、必ず達成できるという確信です。

そしてもうひとつは、スマートさのかけらもないですが考え続ける体力です。


確信とは、言葉の定義上、信じて疑わないことであり、ここがあって後から根拠を探すというのが正解です。


自分はゴールを達成できるという確信が存在し、その達成のための行動をとり続ける、すなわち走り続ける基礎体力があるからできるということです。



さて、根拠のない自信を持つことが重要であると知りつつも、口で言われて「はい、わかりました!」とそうそうに納得して持てるものではありません。

なぜなら、とてもパラドキシカルですがそこに根拠がないからです。

根拠がないから確信が持てないという現状に対し、そして必要なものは根拠のない確信であるというのは、とても残酷な事実です。


ただここで同時に押さえたいのは、根拠があれば確信を持てるというわけではないという事実です

神の啓示を聞いたように、明確な根拠を与えられても、そこで普通「そうなのか!」といって確信を持てるひとはごくわずかです。


確信には根拠が必要であると主張しつつも実際根拠があっても行動できない、ここは中世のような闇のなかなのかと絶望したくなります。


そうして、右でも左でもないという一通りの議論を終えると、閉じた円環のなかから唯一飛び出せる方法は結局確信を持つしかないという、どうしようもない事実に気付きます。



 
@ウィル・スティーブンの何もなくても相手に伝わるという確信ww



この動画でとても面白いと思うのは、明確にデータもなければ、根拠もなければ、あなたをインスパイアするヒントも何もないといっているということです!


しかしながら、それでも明確に彼の主張が伝わってきます。

なぜなら、そこに彼の確信が存在するからです。

何か特別なものはなくても、Wanto-toで伝えたい情報は、必ず相手に伝わるという純然たる事実です。


私たちはこのような確信を錯覚だと往々にして揶揄します。

しかし、その錯覚を最後まで持ち続ければ、最後に現実になるというのはとても面白くも痛快なアンチテーゼです。


確信というのは、結局臨場感なので、最後は持っていなくても持っているフリをするだけで、実際持ててしまうものなのかもしれません。

そう考えると、根拠のない自信や確信とは、後から勝手にやって来るものです。

確信も最後まで持とうとし続ければ、いつの間にか確信になるのです。


つまり、今あるかどうかすら、最後は関係なくなります。


確信をとりあえず持とうすることから始めましょう!

------------------------------------------------------------------------------------------------

↑このページのトップヘ

page contents