苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

カテゴリ: 自己変革

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


ホメオスタシスとは、私たちが良く知るように生体の恒常性を担保する極めて重要な機能です。

暑ければ汗をかき、寒ければ産熱する、物理に対して起こる機能です。

本来は物理にのみ働くものでしたが、人間の脳が進化しすぎたために情報空間にまでその到達範囲が広がっています。

これは進化論ベースの言い方です。
なので、いつの間にかホメオスタシスが表れたように感じますが、ホメオスタシスはわいて出たものではありません。

もっと大きな議論として、生命そのものがホメオスタシスであるという理解はなかなかに示唆に富むものです。

福岡先生が生命の本質であると主張する動的平衡とは、寸分違わずこのホメオスタシスのことを分子生物学的に主張していると感じます。

ホメオスタシスとは生命そのものであり、生命現象をこの世に留めるだけのパワーで私たちを現状に縛りつけているのなら、私たちがホメオスタシスの抵抗に苦しめられるのは仕方ないように思います。


そう考えるとゴール設定の持つ意味は、極めて偉大です。

生命現象がある系から別の系に能動的に移動するための唯一の手段であるからです。


ホメオスタシスが私たちを何処へもいかせないように、同じ場所にとどまらせるように、何でもやるというのはよく知られた事実ですが、口で事実を主張することと、実際に経験してうちひしがれるのとでは、その持つ意味合いが全くもって変わります。

悠々自適、順風満帆なゴールへの道のりが、ある日突然瓦解します。

最初は何かに取り憑かれたかと錯覚するほど、いつも通りの仕事でイージーミスを連発し、肝心なところで馬力が効かず、強烈な倦怠感と疲労感に苛まれて崩れ落ちるように床に入ります。

『今日は俺らしくない』、『私らしくなかった』、そんな教科書通り忠実に実行したアファメーションでは、さざ波すら起こりません。

ホメオスタシスは、ある均衡点を中心にとどまらせる機能であることを思い出すと、そこで初めて自分は本当は変わりたくなかったのだと知るわけです。


ホメオスタシスの抵抗は非常に強力です。

生真面目に努力してきた人間からすれば、それは反逆以外の何ものでもありません。


そのとき私たちが出来るのは、自分をきちんと見つめることだけです。

特別気持ちを昂ぶらせて、無いエネルギーを無理に消費することはありません。

きちんと自分をみつめることだけで、複雑に絡まったホメオスタシスの糸が解けます。



ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


コーチング通じて、自分と本気で向き合うと、自分の生涯をかけていいような、そんな壮大かつ偉大なるテーマに出会います。

それを実現した社会の幸福値は、今まで以上のさらに高いところにあがっていき、そして横の誰かも笑顔でハッピーな優しい世界です。

そんな社会の実現に向け、それ自体が自分のゴールであることもそうですが、自身を献身的に世界に捧げます。

世界の豊かさは、世界のどこかで生まれた付加価値であることは間違いありませんが、高邁なる理想が、気づけば自分のことを顧みない無理なゴールとなっています。

社会的情動という言葉を聞いたとき、ついつい周りの笑顔を考え、自分の笑顔を忘れる悲しい現実に直面します。


しかし冷静に考えればわかるように、自分も笑顔で、他人も笑顔であるから素晴らしく、他人だけが笑顔な世界とは、言葉を選ばなければ、ただの虚像であり偽善です。

もちろん自身の献身的な態度自体は、とても尊いことであり、誰かのために動くことは、自分のために動く以上にパワーが溢れる行為です。

しかし往々にして献身的な態度は、自分を摩耗させ、いつの間にかゴール達成を減速させるホメオスタシスの抵抗にすり替えられます。


このときキーワードとなるのが、自分の幸福です。

一見抽象度が低く感じる基準が、実は自分を突き動かす原動力であると気づきます。

自分が幸福になっていいという単純なことでさえ、忘れてしまうのです。


自分の人生を捧げていいと思えるテーマは、往々にして社会の機能を果たす素晴らしいゴールです。

ですが、そこで自分の笑顔を忘れてしまっては本末転倒です。


ゴールを達成した世界には、すべからず自分も含まれます。

自分が楽しく、周りも楽しいことが必要であり、それがゴール達成までの、大きな継続力につながります!

6b1c7ce41398f4cbc435d54c70c3beb170a02db41375781067
※どこまでいってもみんな楽しく!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちの満たされないという欲求の根幹には、往々にして承認欲求が存在するものです。

誰かに認められたいという純粋な思いは、ところどころ形を変えて私たちの内側から現れます。


その人のためにはこれがいいと半ば無理矢理押し付けるのは、その最たる例で、その裏側に自分が認められたいという心理が働いています。

もちろん人に良く観られたいや、ダメンズウォーカーも好例です。

他人やパートナーに認められるために、相手にありとあらゆる無理な演出と奉仕を行います。

しかし、そういった自分がこうなることが正しいからと、あるいは自分はそれを本気で望んでいるからとの錯覚は、きちんと解くと、実は自分への自信のなさの裏返しだと気づきます。

背後に自分への自信のなさが災いして、全てのトラブルを引き寄せます。


自信の欠如、いいかれば慢性的なエフィカシーの欠如は、社会病といってもいいくらいに広がっており、とても根の深い問題です。

もちろん自信がないなら持てばいいとの客観的な事実は、自分で自信がないと気付かないこともそうですが、仮に気付いても、「そんなことはない!」と否定したり、または「そうかも!」とともて安易に流されます。


また、そういったマインドは、ひとが孤独に弱いという事実とも重なり合い、より一層自信が育たない社会環境を構築します。

ひとが孤独に弱いとは、一人では生きていけないということです。

食事・衛生、全てをきちんと整えて育てた赤ちゃんが、ただひとつ話しかけることをしなかっただけでいずれも死んだ、フリードリヒ2世の実験からも明らかです。


そういったことを考えていくと、ますます自分が誰よりも先に自分を認めるべきだと要請されます。

私たちが良く知る聖書になぞらえるならば、はじめに自信ありき、です。


しかし、仮にどうしても自分に自信が持てないのなら、無理をして持つ必要はありません。

心の底から、「自信ないんだ!」と、その事実に確信を持つだけ十分です。

事実が事実であるときちんと受け止めることが出来たなら、それだけで私たちは変わります。

何故なら、それだけで私たちは自我から離れ、抽象度が一段階あがっていくからです。


------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


眼に観えたものが全てでないとわかっていても、ついつい私たちは自分の眼で観たものと、自分で実際に感じたものしか信じることが出来ません。

頭ではその重要性を理解しつつも、これはその重要な真実が身体に実装された別のアルゴリズムと衝突するからです。

ジョン・メイナード・ケインズの言葉を借りれば、この世で一番むずかしいのは新しい考えを受け入れることではなく、古い考えを忘れるということです。

keynes
@いつ見てもダンディーで凛々しいジョン・メイナード・ケインズ


もちろんこの文脈をコーチング的に解釈するならば、まさにホメオスタシスそのものを指しているわけですが、そんな難しい言葉や概念を用いるまでもなく、私たちは経験的に自分に慣性の法則が働くことを知っています。

つまり今のこの場から動くにはいくぶんかのエネルギーが必要で、そしてそのエネルギーの消費を私たちはすこぶる惜しむということです。


エネルギーを惜しむということの裏側に存在するものは、いうまでもなく使ったエネルギーが無駄になるかもしれないという錯覚です。

実際それはただの事実誤認といった方が適切かもしれません。

なぜなら抽象度の高い世界では、きちんと出た分のエネルギーと同じだけの別のエネルギーが入ってくるからす。

物理法則に囚われた脳に、その事実をきちんと教えることが大切です。


さてその事実を教えるにあたって、ついついデッカくブッ飛んだ物事にチャレンジする必要があるように感じますが、もちろんそんなことはありません。

あくまでも本質は、脳に自分の出したエネルギーが出した分だけきちんと返ってくることを教えることなので、小さなことでも自分にとっての現状外側であることで問題ありません。


おしゃれな人がダサい服を着ることもそうですし、恋愛が苦手な人は彼氏彼女をゲットするために動くことも、それはとても立派な現状の外側です。

なぜなら、私たちは誰もが違う人間関係と、違う時代と、違う出身を経て、全く違うパーソナリティーを形成しているからです。

私にとっては余裕でも、あなたにとっては無理ということはざらに存在し、逆も然りであることはいうまでもありません。


である以上、そこに抽象度が高い低いについても、法に触れる・信義則に違反する等でないのなら、特別躍起になって言及する必要はないでしょう。

そしてこのとき重要なのは、得られるリターンできちんと自分を満たすということです。

おしゃれな人がダサい服を着ることに、一体何のメリットがと思うかもしれませんが、例えば毎日コーディネートを考える必要もなく、ルーティンワークな服装は非常に楽と感じるかもしれません。

恋愛に興味がないと思っていても、実際彼氏彼女が出来てみると、胸が毎日キュンキュン、存外思った以上に楽しいかもしれません。


もちろんこの世にアプリオリがない以上、それらのネガティブな一面はもちろん別に存在します。

だから何もリターンを回収できないと現状の自我は判断し、行動することを妨げます。


大事なことは、まずは自分を満たすということです。

満たせば初めて、今までと違う概念が脳に組み込まれ、そして抽象度をあげていくことが可能です!

そうして私たちは、自分への固執をやめて、自分から離れていくことが可能です!

------------------------------------------------------------------------------------------------

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちのゴールは、現状の外側に存在します。

現状の外側が何かといわれれば、それはコンフォートゾーンの外側です。

基本コンフォートゾーンの内側の物事しか私たちは観ることが出来ないと言うことは、
裏返せばコンフォートゾーンの外側、つまり現状の外側は本当に外側かどうかわからないことを意味します。

そうなると何かしらの確信やら答えが落ちてくるまでは、ついつい現状の中に留まろうと考えてしまいます。

そしてどんどん自分の現状が強化されていき、ドツボにはまることは言うまでもありません。

そういう意味でも、そうなる前に何かしらのアクションとともに、早く現状から脱却した方が賢明です。

どのみち外側がわからないということは、何かをやってみて結果論で外側かどうかがわかるといっても言い過ぎではありません。


さて、そういう議論になると、現状の外側に飛び込むということを考えたとき、ついつい今まで自分がやってきたことのない、あるいは掲げたことのない大風呂敷を広げたくなるものです!

もちろんそれは正解です!

それはどんどんされるべきでしょう!


しかしここで注意すべきは、勇敢と蛮勇は違うということです。

不可能と思われる領域へチャレンジをすることと、すでに不可能とわかっている領域へチャレンジすることは違うということです。


私たちが現状の外側へ飛び出すとき、不可能と思われる領域か、誰かがすでに不可能だと証明した領域かの切り分けは極めて重要です。

その切り分けを可能にするものが何かといわれれば、それは知識であり客観的なファクトです。

私たちは事実をきちんと受け止めることを往々にして軽視します。

スコトーマの原理によって、それは事実でないと錯覚させられてしまうからです。 


もちろんこの世にアプリオリは存在せず、究極的に不可能とはいえません。

なので、回答が得られるのが10年先か20年先かはわかりませんが、それでうまくいけば正解です。

猫の種類に興味があるわけでなく、ネズミを獲る猫に興味があるわけです。


何処へ飛び出していいのかもわからないにっちもさっちもいかない境遇で、唯一幸いなのが、セルフディベートを続けていくと、私たちはいつの間にか勝手に現状の外側へ飛び出しているという事実です。

飛び出すというとそれはまるでバンジージャンプのようですが、実際は地面を掘っていたら、それがトンネルになって通じていたという方が感覚的には合致します。


私たちは、所詮不完全情報のなかで考えることと行動することぐらいしか出来ません。

夏目漱石の言葉を借りれば、無い知恵をしぼるしかないのです。

Natsume_Soseki_photo
 @夏目漱石
 

本当に現状を変えたいのなら、現状の外側に飛び出したいのなら、出来ることをきちんとやっていくことが大切です。

もちろんそれが勇敢な方であることはいうまでもありません。 

------------------------------------------------------------------------------------------------



↑このページのトップヘ

page contents