苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

カテゴリ: 自己変革

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


ひょんなことからたまたま思い出したので、少し自分の昔話をシェアします。

表題の通り、実を言うと、私はとても自己否定の強い人間でした。

学生のときから意識高い系というとあれですが、色々なお勉強をたくさんしたことと、色々な活動を通じて経験したことを、大きな自負にしてきましたが、その自負は本当に自分の底から湧き上がった自信ではなく、ただ自分を大きく見せたい虚栄心から来たものです。


学びがあったならいいじゃないと感じるかもしれませんが、結局自分に肯定感がないと色々なところでこじらせます。

例えば、学んでも学んでもまだまだ自分の至らないところばかりが眼に入り、自分に厳しく接するという大義の下、「なんでこれくらいできないんだ!」と毎日毎日ネガティブなセルフトークを繰り返していました。

他にも自分の努力に対し、自分をきちんと肯定することができなかったので、あまり努力していないと思われる他人を見つけては、あいつは「何もしていない!」と心のなかで扱き下ろしていました。

今思うととても嫌な人間です。

ただ当時の自分からしてみると、藻掻きに藻掻いていたし、そこから抜け出すために毎日毎日必死でした。


こんな状態だと自分の強みも強みとは思えません。

「頭いいよね!」という何気ない褒め言葉でさえ、「何いってんの?」と 照れるどころか心の中で真顔で反論します。

エフィカシーが低いと、自分だけでなく周りにも非常に迷惑です


さて、そんな自己肯定感のかけらもない状態でしたが、今はもちろんコーチングを通じて、そんな自分を抜け出しています。

その過程に色々なひとの助けがあったことは事実ですし、自分ひとりで上手くやったなどと口が裂けてもいえませんが、ひとの変革の第一歩として、そんな自分を辞めようと思ったのは紛れもなく自分です。

私個人劣等感から導かれた必死さの裏側へ隠れてしまって、一切見向きもしようと思わなかった真実を、受け入れることは非常に苦しかったし、これまでの恥ずかしい自分を全て捨ててやりたいという気持ちに何度も何度もなりましたが、そこを受け止めることで大きく上のステージにあがることができました。

半分あきらめにも似たような感覚のもと、そこから曇りない眼で純粋に観えた風景は全ては自分の縁によるものだという事実です。


つまり、自分が自己肯定感のかけらもなく、毎日死に物狂いで取り組んでいたのは、実は自分が好きで望んで、その状態に留まっていたということです。

当時の自分にこの言葉を伝えても、「そんなことはない!」と全く響かないでしょうが、仮に本当に抜け出したいのなら、「頭いいね!」ときちんとひとから評価されたとき、自分はここまで来たのかと何処かで納得するはずです。

それを自分の主観で、そうではないと決めつけて、聞く耳を全く持たなかったのは、まさしくスコトーマの原理です。

観たいものだけを観ていたという動かぬ証拠です。


そして自己否定をやめたとき、実は自己肯定感を高めることも、自信は持ったらいいのも、エフィカシーは上げればいいというのも、ようやくその意味が理解できます。

なぜなら、自己否定をやめたように、それらもただの選択だからです。


結局は自分が無意識レベルで何を望むかであって、何を確信するかで、全て必然的に決まるということです。


自己否定は別にしなくていい。

まずはそんな自分を受け入れることから始めましょう。 

photo-1450740774440-577d42713804

------------------------------------------------------------------------------------------------

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


ひととしてこの世に生を受けた以上、誰しもひとつやふたつ、トラウマやひとに相談出来ない秘密を持っているものです。

もちろんそんなものなど存在しなかったというケースも考えられますが、それは今まで健やかに人生を謳歌してきたの証拠なので、それはそれでいいことなのではと思います!

ただ、辛ければ辛い体験ほど、ひとは簡単に忘れることも事実です。

なぜなら、人は強いストレスにさらされるとコルチゾールという副腎皮質ホルモンが分泌されるからです。

これは本来はタンパク質の分解に必要な物質ですが、大量に出ると海馬を傷つけ、一種の記憶障害を起こすことがわかっています。

つまり、辛い記憶ほど存外覚えておらず、そして何かの拍子にいきなりフラッシュバックします。

辛い記憶を抱えたひとほど、それは基本的に表に出ることはありません。

本人としてはそんなことはなかったと思っているわけです。


さて、とういうことを考えたとき、嫌な記憶やトラウマを永遠に蓋を閉じたままの方が良いような気がします。

もちろんそれはある一面では事実であり、せっかく忘れているなら尚更です。

わざわざ藪をつついて蛇を出す必要はありません。


しかし、ではそのまま蓋をし続ければいいのかという問いを考えたならば、私個人の考えはネガティブです。

というより、本当に先に行きたいのなら、むしろどんどんパンドラの箱をあけるべきだと思っています!


理由は大きく2つあります。

ひとつめは、嫌な記憶は思い出せないだけできちんと無意識に記憶され、トラウマがブリーフシステムに組み込まれているからです。

これはアントニオ・ダマシオのグッドガイバッドガイ実験からも明らかです。

意識の上にあがらないだけで、きちんと無意識下で嫌な記憶に基づいて躊躇し、ちゃんと行動を妨げます。


ふたつめは、ゴールへ躍進する圧倒的なパワーが身に着くからです。

最もわかりやすい例は、うつを克服したひとは精神的にタフになることです。

一度地獄を観ると、簡単には参りません。

なぜなら、嫌なことがあっても少々のことなら自分で処理できるようになるからです。


私のコーチングの例でいえば、意図せずともそういう記憶が勝手にワラワラ出てきます。

なぜなら、自分が問題だと感じていることの正体は、往々にしてそこが問題ではないからです。

もっといえば、そういった嫌な記憶やネガティブなトラウマからきちんと演繹的に起こっています。


なのでパーソナルコーチング中に個人差はありますが、涙を流したり、辛い気持ちになることはよくあります。

そして、そういったものが出てきたら、私は心の中でにっこり笑いながら浄化し、内部表現を書き換えます!

書き換えの風景を少し共有すると、そういった記憶を消すわけではありません。

もっと先へ進むための、別の機能を付与します。

ネガティブな記憶やトラウマに、本来良いも悪いもないのです。

むしろそれらを乗り越えたことで、圧倒的なゴールへの躍進力が生まれます。


私個人、ひとはポジティブな記憶よりも、ネガティブな記憶の方に特別なパワーが宿っていると思っています。

私はこれを地獄めぐりと呼んで推奨しますが、ただ別にしたい人だけがすればいいと思っています。

なぜなら、地獄めぐりをせずとも心の底からWant-toとゴールに目覚め、そこにどんどん向かっている方もいるからです。

自分はパンドラの箱をあけた気がないだけで、ぶっ飛んだゴールを設定して進む中で勝手にあけている方もいらっしゃいます。


結局全ては自分のWant-toに沿ったゴール次第ということです。

釈迦は確かに苦行はいらないと言いましたが、別に修行がいらないとは言っていないと思っています。

なので私は、愉しみながら地獄めぐりを薦めます!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちは今よりもっとすごい自分になりたいと思うとき、きちんと現状の外側のゴールを設定し、エフィカシーをあげていかなければなりません。

しかし、実際にゴールを設定して、エフィカシーをあげようとしても上手くいかないことは往々です。

様々な原因が考えられますし、実際ケースバイケースになりますが、ゴールを達成している自分も、エフィカシーがあげた自分も、最後はそのような自分が受け入れられないということで、瓦解します。

一言でいうなれば、そのような状態は自分には不釣り合いだというセルフエスティームの問題です。


自分の社会的位置をどこにもって来るかはとても重要な問題です。

なぜなら、無意識レベルで感じているセルフエスティームのレベルによって、私たちの社会的位置を含む現状が決まっていくからです。

いうまでもなくセルフエスティームが高いほど、高い社会的位置に自分を持ってくることができますが、このときただ自分の自尊心をあげるだけでなく、忘れてはいけないのは他者への配慮です。

セルフエスティーム
@セルフエスティームの全体図


セルフエスティームとは、日本語では自尊心という言葉を使います。

しかし、本来の日本語としての自尊心という言葉の意味は、自分の人格を大切にするという意味であり、それは往々にしてプライドのことを指しています。

いうまでもなく、プライドとはカテキズムにおける7つの大罪のひとつにも指定された概念であり、それが私たちが主張する自尊心ではありません。

自分の社会的位置への高い評価と、そこに他者への配慮がきちんとあいまって、はじめて私たちが重要だと指摘するセルフエスティームが現れます。

虚栄心や見栄から来るセルフエスティームは、自尊心も他者への配慮もない状態です。

きちんとセルフエスティームとプライドは分けて議論をするべきでしょう。


セルフエスティームが本当に高いとき、私たちは自分にも他人にも寛大になることが可能です。

なぜなら、自分の価値をきちんと自分で決めることができるからです。


そこには虚栄心や見栄などいうものはありません。

ポジティブな自分もネガティブな自分もきちんと丸ごと抱きしめることができるから当然です。

自分も他人も丸々全てを受け入れることができたなら、私たちは自分が設定するゴールもエフィカシーも社会的位置も、きちんと受け止められるように思います。


虚栄心や見栄ではなく、ありったけの情熱で自分を抱きしめたときからが、本当のスタートです!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


フロイトやユングの頃から、私たちは無意識に深淵なる世界を垣間見ています。

無意識とは意識できないから無意識というわけであり、知覚できない世界の中の出来事が、私たちを形作っていることを経験的に知っています。

有名な言葉はまさに”氷山の一角”で、私たちが意識できる顕在意識よりも、無意識の方が私たちの大多数を占めています。

20121124_2738227
@海に浮かぶ氷山


意識よりも無意識の方が、圧倒的に強大なら、今の私たちの言動そのものが、一体どれほど無意識の影響を受けているのかとても気になります。

またその無意識の判断は一体何を基準にしているのかも同時に気になります。


という大きな問いを考えたとき、グッドガイ/バッドガイ実験がとても参考になるでしょう。


グッドガイ/バッドガイ実験とは、無意識下の決定が意識にどのように知覚されるかを確かめた実験です。

パーティーにて、被験者と意気投合するグッドガイと被験者と全く意見のかみ合わないバッドガイをあらかじめ接触させます。

その後しばらく時間がたったあと、同じ被験者に『第一印象の実験がしたい』と偽って、個室に呼び出し、グッドガイとバッドガイがランダムにちりばめたデータベースを見せます。

すると面白いことに、被験者は見事仲良くなれそうな人にはグッドガイを、仲良くなれなさそうな人にはバッドガイをきれいに選択します。

理由を尋ねてみても、なんとなく程度の回答しか返ってきません。


また、事前に個室付近にバッドガイを配置させ、被験者が角を曲がってバッドガイを観た瞬間も、一瞬身体が硬直します。

もちろん本人に身体の硬直の理由を聞いても、『いつ身体が固まったんですか?』と聞き返されます。


私たちの人間もひとつの生物であり、種である以上、生命の存続が最も大きなゴールのひとつです。

自分にとって嫌なこととは、往々にして危険のともなうものであり、それはネガティブな感情をトリガーに、強烈に無意識下に書き込まれます。


一度無意識にそのような処理が書き込まれれば、基本意識にあがることなく、そのように振る舞います。

もちろん意識の上にあがっても、不安や恐怖といった、ありとあらゆる情動を引き起こして、その行動を阻害します。


そのように考えると、私たちの意識が出来ることは、ほんのわずかなことのような気がします。

なぜなら氷山の一角の言葉の通り、大多数の処理が、無意識下で行われているからです。

しかし、私たちの意識はただ非力で無抵抗でやられたい放題でありません。

最後にGOサインを出すのは、いつも意識であり、意識にあげることで、きちんと操作が可能になるからです。


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちの世界とは、自分の心が産み出した世界です。

自分が産み出した世界ということは、ひらたく言えば誰一人として同じ世界を観ていないということです。

これは特別突飛由もないこといっているわけではなく、自分の認知の仕組みをきちとたどれば、誰でも行き着く事実です。


観ている世界が自分勝手に作られた世界なら、当然自分の好きなように観ていいとも解釈することも可能です。

それが私たちのゴール設定のもうひとつの姿であり、それが情報空間の移動です。


自分だけの、自分が好きなように作った世界なら、その移動や作り変えも、とても簡単に出来そうな気がします。

しかし実際はそうできないように、ホメオスタシスという機能を持ちいて、同じ状態を担保します。

なぜなら、ホメオスタシスがなければ、それ自体がすぐに崩れる砂の城のように、自分の世界が何処かへ霧散するからです。


もちろん長く砂の城を保たせるという意味では正解ですが、もう一度同じ場所に別のデザインの城を作ろうとした場合、崩すことは極めて困難です。

その困難さを、私たちはメンタルブロックという言葉で表現します。

ではそのメンタルブロックがなければとても簡単にうまく機能するかといえば、それはもちろん早計です。

なぜならメンタルブロックは意味があってきちんとブロックしているからです。

それはたいてい自分を護る盾のように出来ています。


もちろん自分を護るための盾だとしても、相手と自分が明確に遮断される以上、自分だけが相手に干渉できるはずがありません。

その場合は、躊躇せず、相手から自分が干渉されるリスクを冒して、盾から自分の身を乗り出すことが必要です。

となる場合、それが現状の外側なのか、それともただのメンタルブロックなのかは、とても微妙なラインです。


では現状の外側なのか、それともただのメンタルブロックなのかを明確に切り分けるにはどのようにすればよいでしょう?

その答えはとても簡単です。

ゴールに合致するかどうかです。

ゴールに合致するならば、それは現状の外側であり、克服すべきメンタルブロックです。

そうでないのなら、現状の外側ではなく、克服の必要がないメンタルブロックです。


このとき論理は役に立ちません。

私たちが良く知るように、理性で高度な推論を決定させることはできないのです。

そこには『行きたいか』だけであり、『行きたいか』だけが争点です。


もし行きたいが根底にあるのなら、そのときは怖れをなさず、自分から思いっきり飛び込むことです。

それ以上の理由は不要です。

IMG_1892
※飛び出したかったなら飛び出すだけ


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents