苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

カテゴリ: フィードバック

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


その2のフィードバックに続き、その3です!


(引用開始)

文野先生

昨日は遠隔書き換えありがとうございました、○○です。
早速ですが、フィードバックをさせていただきます。
 
遠隔書き換えが始まると、体内の細胞がカーっと熱くなり、活性化するのを感じました。
続いて、頭がカーっとしてきて、脳が活性化するのがわかりました。
 
 
遠隔書き換え終了直後から、頭がスッキリとしエフィカシーがぐっと上がってきました。
 
以前はエフィカシーが高い状態になると、興奮しすぎてトリップ寸前という状況になっていましたが、今はエフィカシーはとても高いですが、冷静な状態を保てるようになりました。
 
ゴールへ向けての動きですが、ガンの旦那さんがいる叔母との話から、農業と食と医療を融合したサービスを思いついたり、若者支援で対応に苦慮する利用者に対するスコトーマが外れ、あっさり壁を突破したり。
 
ここのところ足踏みしていた動きが、また前に進みだしました。
 
 
肉体面では、聴覚が敏感になりました。
 
具体的には、聞こえる音の解像度と、ボリュームが上がりました。
 
同時に、音からの非言語情報の収集能力も向上しています。
 
 
好転反応は、お腹がちょっとゴロゴロしたかな、という程度でした。
むしろ、体調が良くなったくらいです。
 
 
イベント直後の様子は、以上のような感じでした。
 
(引用終了)
 

 
こちらの方は当初とは全く違う印象がフィードバックから感じ取れます。


文面からも伝わるように、清流のような静けさに、マグマのような熱気を放っています!
とてもいい感じです!
 

また、好転反応が少し出たようですが、特に問題はなさそうでよかったです。

症状は人それぞれですが、場合によっては3日間くらいしんどくなるひともいます。

ただ好転反応は、繰り返しになりますが広義の意味でのデトックスなので、不要なものが(いらない縁起等)外に出るので、むしろより快調になります。

長時間正座してから立つ場合と同じです!

最初は足がしびれますが、あとは快調です!

しびれこそが、体調改善のバロメーターです!


遠隔後、早速スコトーマが外れ、ゴールに近付かれたみたいですが、ゴールは思っている以上に簡単に達成されるものです。
 

そしてまだまだスコトーマはたくさんあります。
 

これをひとつの基点として、どんどん次のフィールドに行きましょう!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


先ほどのその1のフィードバックに続き、その2を匿名での掲載を許可していただいた上でシェアします!

2日連続(重ね掛け)による圧倒的な臨場感の変化をご覧ください。


(引用開始)

文野 義明 様

おはようございます。○○です。

フィードバックをお伝え致します。

昨日同様、とても気持ちいいひと時でした。

まず、朝起きて身体がとても軽く、スッキリと目覚められた事に驚きました。

ゴールにむけてどんどん行動したいというエネルギーに満ちているのを感じます。


視界もいつもに比べクリアになっているように思います。
言い換えるならば、目に入ってくる情報量が多くなっているという感じでしょうか。
五感が研ぎ澄まされて世界がより立体的に感じとれます。
抽象度が上がったのだと思います。


身体的な変化としては全身の筋肉が解れた血流が良くなったおかげで、特に肌が綺麗になっている様に感じます。


心理面ではゴール達成に向け、考え続ける余裕が生まれました。
根拠はないですが、ゴールは達成できると感じています。
未来に向け常に前進していきたいと思います。


ありがとうございました。
最終日もとても楽しみにしています。
 
(引用終了)


上フィードバックへの解説と私の返信です。

>まず、朝起きて身体がとても軽く、スッキリと目覚められた事に驚きました。
ゴールにむけてどんどん行動したいというエネルギーに満ちているのを感じます。

縁起書き換えによって、不要な縁起が必要な縁起に変わっていることがわかります!
 
本当に欲しいゴールが眼の前にあるとき、私たちはいてもたってもいらなくなりますし、何より内側から煌々と何かが湧き上がります。

モチベーションとはまた似て非なる感覚です。 


>視界もいつもに比べクリアになっているように思います。
>言い換えるならば、目に入ってくる情報量が多くなっているという感じでしょうか。
>五感が研ぎ澄まされて世界がより立体的に感じとれます。
>抽象度が上がったのだと思います。

抽象度が上がると、世界をよりありのままに捉えられるようになります。
 
そして、このとき思い出したいのが自我の存在です。
 
スコトーマは自我が作り、そして自我によって私たちはゴールへ向かうことを邪魔されます。
必要な情報が落とされます。
 
自我を飼い馴らすという感覚は、非常に難しいですがセルフコーチングにて重要な視点です。


>心理面ではゴール達成に向け、考え続ける余裕が生まれました。
>根拠はないですが、ゴールは達成できると感じています。
>未来に向け常に前進していきたいと思います。

いつもいうようにゴール達成に根拠は不要です。
 
むしろ根拠がないから現状の外側であり、達成する方法がわからないからこそ、本当のゴールとなり得ます。
 
そしてその確信こそが、私たちがほしいエフィカシーであり、ゴール達成の指針です。


そのまま、未来に向けてどんどん進まれてください。

私たちを止めるものは何もありません!

3回目の今日もお楽しみに! 

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


一昨日から開始したGW特別企画『成功への縁起書き換え』ですが、圧倒的な成果を出しています!

非常に示唆に富むフィードバックをいただいているので、匿名での掲載を許可していた抱いた上で、シェアします!

ひとつひとつ丁寧なフィードバックへは、きっちりそのフィードバックメールに沿った返信を必ず行います。

なぜなら、この体感や経験をより身体に落とし、日々の実践につなげてほしいからです。


(引用開始)

文野 義明 様
こんにちは、〇〇です。

フィードバックをお伝え致します。

昨日は横になって受けていました。

足から背中、胸、首、頭という順番で全身の筋肉の緊張感が解れ、どんどん力が抜けていくのを感じました。特に背中の緊張感がすっと抜けていき、胸のモヤモヤが晴れていくのを感じました。

その際、目を閉じていたのですが、全身を白い光がグルグルと回っている様なイメージが浮かんできて、とても心地良い感覚がありました。

ゴールを達成していくという決意がより強くなった様に感じます。

遠隔前に比べ、前屈が大分できるようなっていると感じます。
また、顔もスッキリとして疲れが取れ、心なしか肌も少し綺麗になったように思います。

遠隔前の顔写真に比べ、自信に満ちていて表情も柔らかくなっていました。
エフィカシーが上がったように思います。


遠隔縁起書き換え、ありがとうございます。
今日、明日も楽しみしています。
よろしくお願い致します。

(引用終了)


このフィードバックにもあるように、私たちが如何にスコトーマに隠れて観えないだけで、ゴール達成を妨げる悪い縁起が身体を蝕んでいるかがよくわかります。

実際私たちの共通パラダイムとして、情報は物理を書き換えます。

良い情報、良い縁起を持つと身体がビックリするくらい変わります。

肌もきれいになります!

疲れやモヤモヤ感といったものが、きれいになくなり、より高い情報場へとアクセルするための、脱力した身体が出来上がります。

成功者とは、非常に肌もきれいで、歳を感じさせないくらい若い人が多いのは、良く知られた事実だと思います。


成功への火蓋は切って落とされました!

どんどん自分がほしい縁起をもっと手繰り寄せ、ゴールに向かっていきましょう!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


昨日はセッションを行いました。

本ブログ記事は、そのフィードバック記事となります。
なので、話の趣旨は本セッションのクライアント向けです。


さて、まず大前提となるのは、心と身体は同じものであるということです。

私たちは意識を通して世界を観測しています。ですので、その観測機器は何も問題のない精密なものであると確信しています。

しかしこの意識というものは、自分が気づいていない以上にいい加減なもので、例えば話している最中にイスのおしりの感触は忘却の彼方です。
つまり自分はしっかりと仕事をしているという気にさせるのが非常に上手であるということです。

厳密に言えば意識とは、どこにスポットライトを当てるかということが争点であり、スポットライトが当たっていない箇所が必然的に無意識となります。


ただイメージとしては、壊れた温度計だと考えた方が個人的にはしっくりくると思っています。

例えば、ビーカーのお湯につけた温度計が60℃を指しているので、お湯の温度は60℃だと思っていますが、それ以外にお湯が本当に60℃であるという根拠はないのです。本当はお湯が60℃じゃないかもしれない。 
ただ体感としてはこの60℃という温度を信じ切っています。一片の疑いもなく。


少し話がずれてしまいましたが、要するに心の変化は身体に現れるといういことです。

例えば、緊張していれば必ず身体は強ばります。反対にリラックスしていれば身体は緩みます。

これを逆向きにいうと、身体を知れば心がわかります


そしてもうひとつ、クライアントは私のセッションを通じて今のリアリティーが揺らぎ、現状の外側に飛び出します。

そうなるとスコトーマが外れ、今まで観えなかったものが観えて来るでしょう。

往々にして最初このとき観えるものとは、これまでの現状の自分です。

そして何で今までこうだったんだろうかと思い、考えは始めます。

本人の疑問は至極真っ当なものですが、これには注意が必要で、なぜならそれはホメオスタシスのフィードバックだからです。


何で今までこうだったのかは、自分でこれまでの現状の自分の臨場感を高めている行為です。

現状の外側に臨場感を持てているので、そちらに飛び出しているわけですが、それよりも現状の内側の臨場感を高めようと無意識がアラートを出しはめます。

要するにクリエイティヴアヴォイダンスですね!


そのときのマインドとして、疑問に思う気持ちはわかります。

しかし、それをしっかりと内側で処理するパラメータのチューニングも必要です。


セッション中私はあまりしゃべらないので、たまにコーチは楽な商売だと思われる方がいます。

そんなことは一切なくて、頭の中はクライアントのことでいっぱいです。

どこにスコトーマがあるのか、どこに働きかければよいか、フル回転です。

心の声に耳を傾けます。

もちろん、それが楽しくて仕方がないのですが。笑


またもや脱線しましたが、きちんと自分の心を観つめ、きちんと自分の身体を見つめ、ドでっかい現状の外側のゴールを追いかけてほしいと思います!

↑このページのトップヘ

page contents