苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

カテゴリ: フィードバック

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


年明けの1月3日に、前回GWに大盛況だった、成功への縁起書き換えを行いました!

もちろん年明けから、きちんとゴールを向かって進んでもらうためです!


ただ今回は大々的には告知をせず、メルマガ読者にのみ募集をしました!

かなり直近だったにも関わらず、多数に方においで頂けて、感謝です!


さて、その中で非常に興味深いフィードバックをいただけたので、匿名での掲載を許可していただいた上でシェアします!


(引用開始)

文野さま、

初めまして、〇〇です。

縁起書き換えのフィードバックをお送りします。

米国時間で朝の6時頃でした。宿泊先のホテルで寝ていたのですが、ふっと目が覚め時計に目をやると予定の時間で驚きました。
前日は一日中車の運転をしていて大分疲れていたはずなのに、まるで何事もなかったかのように身体が軽く感じられました。
その日は1日、ゴールの達成に必要な人物が意識を大きく占め、現状維持の象徴のような人物が小さく感じられました。
うまく表現できませんが、ゴールに必要な情報が目の前にあることに気づくことができ、これがスコートーマが外れた状態なのかと深く納得しました。

1日経った今は、少しゆり戻しが来ているなと感じます。
ただ文野さんの書き換えの感覚が残っているので、焦らず潜在意識に少しづつアファーメーションなどで働きかけていこうと思っています。

年初め早々貴重な経験をさせていただき、感謝しております!
2016年もゴールに向かって走っていきます!

今後またご縁がありましたら、その時はどうぞよろしくお願い致します。

(引用終了)



>その日は1日、ゴールの達成に必要な人物が意識を大きく占め、現状維持の象徴のような人物が小さく感じられました。
>うまく表現できませんが、ゴールに必要な情報が目の前にあることに気づくことができ、これがスコートーマが外れた状態なのかと深く納得しました。

私たちはこうしているだけも変わります!
そして遠隔による書き換えでは、その変化をホメオスタシスの鎖を解き放って早めます!

もともとひとの生命現象として変わらない方がおかしいですが、それは無意識によってシャットアウトされ、まるで変わっていないかのように錯覚します。

しかし、本来の機能に立ち返れば、変わっているということを意識せざるを得ないでしょう。

そして、もともと私たちはゴールをきちんともっているので、あとは淡々とそのゴールに沿うだけです。


>1日経った今は、少しゆり戻しが来ているなと感じます。
>ただ文野さんの書き換えの感覚が残っているので、焦らず潜在意識に少しづつアファーメーションなどで働きかけていこうと思っています。

早くも、元に戻そうとする力を感じておられますが、これに気付けたことは幸いだと思います。

なぜなら、ひとは意識に上げたことしかコントロールできないからです。


本来はこうしているだけでも変わっているのに、それを自覚できないがために、私たちはついつい現状に留まる選択を無意識にします。

それが意識にあがれば、『ちょっと待った!』と妨げることが可能です!

これは自分で自分を省みることですが、そのためにはきちんとした基準が必要であり、今回の体感はその基準作りに使えます!


そして成長には、この感覚が極めて重要です。

正確な現状把握が出来て、初めて自分の行きたい方向に向かえます!

ぜひ、アファメーションを通じて、もっともっと先にいかれてください!


P.S.
さて、話は変わって、これまでの過去の遠隔の実績としては、北は北海道、南は鹿児島まで届いていましたが、ついに太平洋を超え、アメリカ西海岸に到着です!

米国時間とありますが、直接お聞きしたところ、カルフォルニア州でお受けになったそうです!

これまで理論上は地球の裏側にも届くとずっと主張してきましたが、これでようやく実証されました!

厳密には真裏のブラジルではありませんが、カルフォルニア州まで届くなら、あとは誤差でしょう!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


先日コーチングをさせていただいた、私のクライアントの方から非常に示唆に富むフィードバックをいただきましたので、匿名での掲載を許可していただいたうえで、シェアします!


(引用開始)

文野さん

おはようございます。〇〇です。先日はコーチングありがとうございました。

非言語でもいろいろと学びましたが、言語や概念として学んだのは以下のようなことでした。

・我慢とは筋肉。負荷は必要。だけど休みも必要。そこは鍛えながらバランスとる。
・自制心は鍛えればうまくなる。そこには適切な負荷と休み、そしてそのサイクルが必要。
・やりきったと言えるまで思考しエネルギーを使えば、後悔はないはず
・まずは小さい煩悩をかなえろ!
・仕事の対価としてのお金〜お金持ちのプロ野球選手でも必死に年俸交渉する理由〜


特に自制心は鍛えられるということがスコトーマになっていたので、非常に刺激になりました。

なぜなら、以前までは我慢ばかりしていたせいかここ1年ほどは、嫌なことがあるとやらない=やらないという具合で何にもいいことがなかったからです。

例えば研究しかり、勉強しかり、普段の生活でもそうでした。

自分の心に素直になるという言い訳のもと、ただ怠惰になっていただけでした。

文野さんがおっしゃる、日本人の努力の野蛮さの弊害が出てしまったのだと考えています。

ですが、先日のコーチングで、我慢することは必要だが休憩も必要だというのを知り、あぁ間違った休み方をして来たと感じました。

大学まで全力で走ってきたせいか、今度は全力で休んでいました。まさにゼロイチの世界で生きており、なんの柔軟性もありませんでした。

それは心も身体も壊れるわと思いました笑

これからは、様々な分野でその時にあった適切な負荷をかけつつ、休みも取りながらゴールに向かいたいと思います。

今なら全力で走りながら、適度に休憩しつつ進める気がします。

今まで全力で休んできた分、小さい負荷からになりますが、休みつつ全力で飛んで行きたいと思います!

(引用終了)



我慢という概念は、非常に大切なトピックであると思います。

しかし、その字面の良さに、安易に全てを我慢し続ければいいと判断し、無意識のうちに思考停止に陥ることが往々にして起こります。


日本では我慢ということが非常に重きを持たれ、また世界で最も我慢強い国であることは事実ですが、それ以前に、ひとの我慢には総量があるという研究結果が存在します。

つまり、我慢し続けることは不可能だということです。


では、我慢し続けるのが不可能であるとしたら、私たちの無意識はどうするでしょうか?

簡単にいえば、意識が気づかないように我慢をリリースします。


例えば、「今日は〇〇を我慢したら、〇〇くらいしても平気だろう」というマインドです。

自分がこんなに耐えたという理由をもとに、自分を正当化して、ハメを外したがります。

他にも、フィードバックにある通り、急に何もする気が起きなくなります。

無気力というのは一番の大敵です。


生真面目なひとはここで、そんな自分が許せないというマインドが働きますが、それはハッキリいえば間違いです。

我慢には限度があるということをきちんと押さえておきましょう!


さて、我慢し続けるのはダメだから、今日から我慢しないでおこうというのも、もちろん論外です。

我慢=自制という論理で抜き出すならば、自制はゴール達成において極めて重要です。


自制における研究では、自制能力が高いひとほど、収入も高く、IQも高く、肥満指数も低いことがわかっています。


これらを踏まえたとき、きちんと我慢というものを再定義する必要があるでしょう

ロイ・バウマイスターの比喩を借りれば、自制とは筋肉です。


つまり、自制は筋肉のように鍛えることができるが、かといって使い続ければ当然疲労するということです。


なので、適度にリリースしながら自制するというこということが重要です。


リリースしながら自制とは、冷静に考えるとなかなか運用が難しいと感じます。

しかし、それが自分を止観するということです。

自分のひとつ上の抽象度から見下ろすということです。

それが出来るようになると、自分で自制のタイミングと、外すタイミングが自然とわかるようになってきます。


横を見るだけでは見えないものがあります!

マイペースにガツガツいきましょう!

------------------------------------------------------------------------------------------------ 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


本日は現在私のコーチングを受けている方から、非常に示唆に富むフィードバックをいただきましたので、匿名での掲載を許可していただいた上でご紹介します。


(引用開始)

こんにちは〇〇です。

最近は世界の見え方が変わった感じがします。
今まで世界は絶対的に存在するものではないと知ってはいましたが、それは文字の上だけでした。
 
しかし、脳に宇宙を分ける機能があり、それに伴って今感じている世界が立ち上がってくるということを近頃体感することがあります。
また、その機能自体も変化しそれに伴い世界も変わる。
不思議な感覚です。


また、出来事自体に意味はなく、過去の記憶に照らし合わせてセルフトークするのか、ゴールに照らし合わせてセルフトークするのかで意味の違いが生まれるのだということも最近強く実感します。

ゴールが無ければ、現状に縛られ続けてしまい、何も変化が生まれない。

ゴールの大切さは何度も繰り返し見聞きして学んできましたが、ようやく身に染みてきました。


あらゆるものが相対的なんだなと実感しています。

(引用終了)




コーチングを通じて、抽象度も、IQも、エフィカシーも、セルフエスティームも素晴らしく向上しているなとひしひし感じます。

もちろんそれらがあがったからいいというわけではなく(もちろんあがることはいいことです!)、それはただの副産物であり、本当に重要なことはそこで自分が社会に一体どういう機能を持ちたいかです。

それが苦しみの始まりでもあり、最も刺激的で愉しい瞬間でもあります。


さて、メールのフィードバックをいただけた通り、脳と心の使い方をきちん知ると、今までと違う風景が観えてきます。

例えそれが同じもの、同じ概念を観ていても、アクセスできる情報が異なるので、持つ意味合いは劇的に変化します。


>今まで世界は絶対的に存在するものではないと知ってはいましたが、それは文字の上だけでした。

とても素晴らしい気づきだと思います。

私たちの認知の仕組みは、これまで自分が見聞きしてきたもの、つまり自分の記憶に基づいています。

極端な言い方をすれば、自分の無意識が観たいものだけを見ているということです。

大抵の場合、知識の上でこの事実を知っていても、やはり体感レベルにまで落とすことは至難の業です。
実際今観ているもの、今考えているものが、すでに無意識の観たいものであるのに、どうやって自分で気付くのかは、極めて本質的な逆説です。


>しかし、脳に宇宙を分ける機能があり、それに伴って今感じている世界が立ち上がってくるということを近頃体感することがあります。
 
また、他にもメールから察するに、ひとつの空観の風景に達しているなと思います。

未来も過去もここにあるという感覚、つまり一念三千の風景です。

私たちの脳の機能は、五感から得た情報を逐次演算し、その結果を意識にアウトプットしますが、この演算について、もう少し着目すると、インタープリタ型のコンピュータ言語のように振る舞います。

つまり、外界から入ってくる情報を逐次コンパイルし、そのコンパイル後の情報と、記憶の情報を重ね合わせて、ひとつの意味づけをします。

ここで面白いのが、コンパイルにはそれぞれ個人間でクセがあり、これを私たちはブリーフシステムと呼んでいます。

コンピュータにおけるアルゴリズムが、ブリーフシステムです。


つまり、そのクセを置き換えることができたなら、当然出力される意味は変わります。

もちろん私たちはそれが可能であるという立場に立っています。


>また、その機能自体も変化しそれに伴い世界も変わる。
>不思議な感覚です。
 
その操作している感覚が、機能を与えるということです!
仮観といって良いと思います。

空観の体感を得て、それと同時に仮観の風景を得たならば、後はそれは選ぶだけです。

いうなれば、中観です!

そして中観とは、ゴール設定です! 


>また、出来事自体に意味はなく、過去の記憶に照らし合わせてセルフトークするのか、ゴールに照らし合わせてセルフトークするのかで意味の違いが生まれるのだということも最近強く実感します。

なので、上記のフィードバックはそれをやってしまったわけです。

素晴らしい!!!!


>ゴールが無ければ、現状に縛られ続けてしまい、何も変化が生まれない。

>ゴールの大切さは何度も繰り返し見聞きして学んできましたが、ようやく身に染みてきました。

ゴールがなければ現状に縛られ続けるという理解はもちろん正解ですが、ここまで自分の現状をドラスティックに変えたなら、もっと先の理解をひとつお伝えします。

それはゴールがないひとはいないということです。

現状維持をしてしまう場合、現状維持というゴールを達成するために、毎日非常に無意識は努力しています。

なぜなら、この世界はエントロピー増大則に従って、いづれ形あるものは朽ちていくからです。

生命現象は、この世で唯一エントロピー増大則に逆らって、必死身体を維持しています。

現状維持のために努力するとは、なかなか直感に反しますが、これが事実です。



非常に示唆に富む、素晴らしいフィードバックをいただけましたが、いうまでもなくもっと先へ進めます。

そのときのコツは今の気づきや得たものを、どんどん捨てていくことです!

折角得た収穫の時期を愉しむことは大いに結構ですが、ひとつ間違えるとそこに絡み取られてしまいます。

仏に逢うては、仏を殺しましょう!

そうすることで初めてさらに現状の外側に飛び出せ、それが出来るとさらにもっと違う情報が入ってくるようになります。

つまるところ、それがゴールの更新です。


まだまだコーチングの回数が残っています!

マイペースにガツガツして、もっともっと先へいきましょう!


次回のパーソナルコーチングも楽しみにしています!


------------------------------------------------------------------------------------------------ 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちは世界をありのままに観ることなく、基本過去の記憶の合成によって成り立っています。

過去に観たことがあることはもう基本観ることはなく、エネルギーの節約の大義の下、好き勝手に世界を作り上げ、そして私たちを同じ世界に閉じ込めます。

百聞は一見にしかずのことわざ通り、良くも悪くも基本自分の眼で観たものが全てであるにも関わらず、その観たものが過去の記憶の合成とは、脱出不可能な救いようのない事実です。

『私たちに中には他人が存在し、その他人があなたの大半をコントロールしているのに、そのことにあなたはほとんど気づいていない』という心理学者ティモシー・ウィルソンの言葉は個人的に好みです。


また、苫米地式コーチングはゴール達成の極めて有効なツールであり、自分の確信や自信(エフィカシー)を高めることの必要性を強く主張しますが、これをセルフコーチング然りツールとして使いこなし運用していくうえでは、まず自分の感覚はあてにならないという事実をきちんと押さえることから始めた方が速く上達するというのは、本質的なパラドックスのように思います。

このことは人によれば自己否定から始まると受け取る人もいますが、そうではありません。

客観的な事実です。


私がコーチング理論実装スクール(7期の募集は明日日曜まで!なり、はじめての書き換えなりで、共感覚による内部表現の書き換えを取り入れるのは、この事実を身体に落とし込むのに非常に便利であるからです。

もちろん書き換えを使うことができるようになると、色々なことができるようになり、応用もアイディア次第でいくらでも可能なので、そのあたりの自由度ももちろん魅力のひとつです!


さて、前置きが長くなりましたが、表題の通り、先日のはじめての書き換えの受講者の方からとても示唆に富むフィードバックをいただきましたので、匿名での掲載を許可していただいた上でシェアします。


(引用開始)

文野様
 

こんにちは。
先週の7日はじめての書き換え講座に参加させて頂いた、〇〇です。


(中略)

 
7日のはじめての書き換え講座は、ぼんやりしていた知識や感覚が、身を持って体感できたことにより、自分の中で、やっぱりそうことかと腑に落ちたところもありで、とても楽しく、不思議な時間でした。
 

身体をこわしていたこともあり、接骨院で治療していた時に、身体の不思議さを感じ、そこからボディーマッピングにも興味を持って、自分なりに勉強していた中でのセミナーでしたので、いいタイミングで、文野ヒーラー?コーチ?にお会いできて、大変嬉しく、感謝しております。
 
相手の気を感じるというのは、以前からこれは、自分のなかでは強い方だと何となく思っていましたが、自分の気をのせて送った時に、受けて下さった相手の方が、ほぼパーフェクトに私ののせた気を感じて下さったので、やっぱり伝わる人には、伝わるのだから、自分の在り方ってほんと大事だな~なんて思ったり。

もっと、自分の良い意味での送りたい気は、信じて思いっきり出していきたいなとも、思いました。

 
空海の身体は、肩の力が抜けて、姿勢が良くなっていたりと、いわゆる整体になったりで、なぜ???という感じですが、何にでもできるということで、お風呂や、お布団、食べ物、化粧水、椅子た、パソコンetc…
+気をのせてやっています。
 

気分は、魔法使いサリーちゃん、はたまたクリーミーマミです。
 

でも、魔法と言われているものの正体とは、この気ということなのでしょうかね。
 

今季、私はTBSのドラマ『 天皇の料理番 』にはまって観ているのですが、台詞の中でよく「真心が大事」というフレーズがでてくるのですが、これも気をのせるということだなぁ。
なんて思ったり。

 
前屈で手がつかなかったのがついたのも、ビックリでおもしろかったです。これもどういうこと???です。
ちなみに、いまも前屈、キープできております。
あと、気のせいかもしれませんが、7日の夜中だっかと思うのですが、左手に強い気を感じてピリピリしたのですが。何だろう?
と思ったり。
 

さらに、関係ないことかもしれませんが、私ぷるぷる体操をすると、いつも涙があふれてしまうのです。これlは、気が浄化されている?
っていうことなのかしら?と思ったり。
 

不思議が多い、日常です。
 
文章書くの下手なもので、支離滅裂になっているかと思いますが、27日も楽しみにしております。

(引用終了)



気分は、魔法使いサリーちゃん、はたまたクリーミーマミです。

この表現は個人的にとても好みです!

セミナー内で起こったことは一見ただのオカルトであり、魔法のように不思議な光景です。

そしてその変化に対して身体を使うというのは、とても合理的だと考えています。
特に前屈はフィードバックを取る上でとても有効です。

なぜなら私たちは間違った教育を受けていることが前提にあるとして、前屈を初め、身体がなかなか変わらないことを経験的に知っているからです。

それがセミナー中わずか数分程度で、身体が柔らかくなり、前屈ができるようになり、肌の血色が良くなり、内面外面問わず劇的に身体が変化する事実は、私たちに強い認知的不協和を引き起こします。

『こんなことあり得ないという!』という大きな衝撃が、オカルト的なアプローチでいとも簡単に誘発されます。

ただ実際正しい認識として、くどいですが魔法ではなく科学です!笑

科学ということはきちんとその裏側に論理があり、そしてその論理をきちんと理解すれば誰でも可能であるということです。

科学がなぜ科学というかといえば、そこに再現性があるからです。


さて、この認知的不協和は、コーチングにおいても非常に重要な概念です。

今までの固定概念が崩れて、新しいゲシュタルトが構築されたとき、強烈な体感が伴います。

そしてそれと同時にホメオスタシスによる強烈な引き戻しも生まれます!

それに抗い、その状態を維持するコツは、新しい臨場感をキープしようとするのではなく、ゴールを更新して次に進んでいくことです。


ちなみに、いまも前屈、キープできております。

素晴らしい!!

ゴールは更新が大事なので、次はヨガの鳩のポーズにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?笑

無理のない範囲で楽しくいきましょう!


@身体がゆるめば意外と簡単に出来る鳩のポーズ


自身の身体の変化を通じて、コーチングの体感を身に付けていくことは、とても重要だと思います!

これは苫米地式コーチングを使う身としていつも感じることですが、ひとつひとつの自分はできないとか、ゴールが達成できるか不安ということは、所詮はただの思い込みということです。

身体が変わらないということすら思い込みなのだから、仕方ありません。

というより、変わらない方がおかしいのです。

そういうことに早々に気付くと、自身の変化はもっと早まります!

変化を加速させましょう!


第7期コーチング理論実装スクールもお楽しみに!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


5月6日のフィードバックを匿名での掲載を許可していただいたうえで、シェアします!


(引用開始)

文野 義明 様

遠隔縁起書き換えありがとうございます。
フィードバックをお返し致します。

今回は特に脚や太腿、下腹部が強烈に緩み、熱くなるのを感じました。
細胞が活性化してどんどんエネルギーを生み出している様な感覚です。
その、熱いエネルギーが下腹部に溜まり、最後に背中から後頭部に向かってフワッと上昇していくような感触を得ました。

遠隔終了後、特に顕著に変化を感じたのは言語への理解力の向上でした。
プログラミング言語を勉強している時、とてもスムーズに理解が進んでいく事に驚きました。
理解力もそうですが、何時もよりも集中力が向上しているとも感じました。

他には目覚めがとてもすっきりとしていた点です。
ゴールを達成できると確信しているからでしょうか。
朝からワクワクして、エネルギーに満ち溢れています。

非言語では、深い変性意識に入れる様になったおかげか気感が鋭くなっていると感じます。
言葉では表しずらいのですが、心身共にとても柔軟性があり、それでいてずっしりと安定感がある感じがします。

肉体面では、確実に肌が綺麗になってきています。
また、足腰の柔軟性が少し上がっている様に思います。

ゴールに側にいるのが当たり前という感覚を得られたおかげで現在、未来に対する不安が消えてなくなり。
本当に嬉しいです。
4日間という短い期間で変われたことは自分の成長速度に対する悪い思い込みを壊してくれました。

今後はゴールに向けてどんどん加速していきたいと思います。

ありがとうございました。

(引用終了)



遠隔終了後、特に顕著に変化を感じたのは言語への理解力の向上でした。
>プログラミング言語を勉強している時、とてもスムーズに理解が進んでいく事に驚きました。
>理解力もそうですが、何時もよりも集中力が向上しているとも感じました。

一番始め、何かのときにお伝えしたかもしれませんが、私たちはゴールに対してIQも抽象度もあげればよく、ゴールがあればこれらは手段なので勝手にあがります。
 

なので本がガッと読めるようになったということは割りと普通のことです。

先日のフィードバックでも、別の方からプログラムがスラスラ理解でいるようになったと、似たようなフィードバックがありましたが、それも同じカラクリです。

IQが高く抽象度が高いから、ゴールを達成できるのではありません。

ゴールを達成するために、IQも抽象度も勝手に上がっていくのです。


>言葉では表しずらいのですが、心身共にとても柔軟性があり、それでいてずっしりと安定感がある感じがします。

これが本当の脱力というものです!

私たちは実は脱力ということを意外とおざなりにしています。


>ゴールに側にいるのが当たり前という感覚を得られたおかげで現在、未来に対する不安が消えてなくなり。

>本当に嬉しいです。
>4日間という短い期間で変われたことは自分の成長速度に対する悪い思い込みを壊してくれました。 


自己成長に対するスコトーマが外れて良かったですね!

頭でっかちになってしまった人は、ドリームキラーがうんたらと理屈ばかりこねますが、実は一番のドリームキラーとは自分であるということを心のどこかに留めておいてください!

非常に大切な考え方です。


私たちは自分が思っている以上に無限であり、何にでもなることが可能です!
 

またゴールを叶えた姿でお会いしましょう。


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents