苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

カテゴリ: フィードバック

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。

6回のパーソナルコーチングを終えた方(厳密にはまだ期間中!)から、非常に示唆に富むメールをいただきましたので、匿名での掲載を許可していただいた上でシェアします!

自分でいうのもあれですが、今日のブログ記事は少し毒が効きすぎです!www


(引用開始)

文野様

こんにちは。〇〇です。
今日、沖縄での試験結果頂き、お蔭様でm(__)m合格しました(^_^)v

今思うと、かなりご迷惑おかけしながらですが、エキサイティングな数ヶ月でした。

沖縄まで行ったり、若干クレイジーなモードになりながら、 生徒集めから、モニターレッスン、何年ぶりかの指導案作りやら、レポートまとめたり、ペーパーテストや、実技テストやら。

飛行機も何年ぶり?飛行機どうやってチケットとった?どう乗った?(オイオイ) 泊まりでそんなに親しいってほどじゃない人達と密に過ごすのも、私には、かなりハードルが高いことですし。

きっと、コーチング受けていなかったら、この展開はやはりあり得なかったように思います。

何だかんだ言いながらも、チラシ…作れるでしょ。生徒…集まるでしょ。レッスン…楽しくできるでしょ。沖縄…行けるでしょ。試験…受かるでしょ。結構、エフィカシー高く持っていたのかもしれません。

(中略)

どう今後活かせるか。
ゴールですよね。

(中略)

よろしくお願いいたします。
今度は、発表会に向けて、進みます

(引用終了) 



まずは、試験合格おめでとうございます!

もともとちゃんと合格できる力を持っていたので、それがきちんと本番で出させれば問題ないと思っていました!笑

それとちゃんとエフィカシーはあがっているので、心配せずにドンドンいきましょう!!


さて、改めて読み返しても、非常に自身の巡り巡る情動の動き、そして躍動感の伝わる内容だと思います。


このフィードバックメールを通じて、最も伝えたいメッセージは以下です。

>何だかんだ言いながらも、チラシ…作れるでしょ。生徒…集まるでしょ。レッスン…楽しくできるでしょ。沖縄…行けるでしょ。試験…受かるでしょ。
>結構、エフィカシー高く持っていたのかもしれません。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


エフィカシーとは何かをという難解な回答を、とても秀逸に表現してくれた言葉だなとつくづく思います。

なぜなら、エフィカシーとは高揚感でも、モチベーションでもないからです。

エフィカシーとは、ゴール達成の自己評価です。


ゴールを達成できるときちんと自己評価することができれば、高揚感のあるなしに関わらず、『淡々と』必要な行動を起こせますし、移せます。

そういう意味で、もしかしたらコンフォートゾーンという言い方をした方が理解としては適切なのかもしれません。


例えば、資産運用の世界で2億円を運用するひとは、自分の行為に特別な高揚感はありません。

淡々と資産を運用して、自分の資産を大きくしているだけです。


しかし、資産2億円を運用するという行為がコンフォートゾーンに存在しないならば、2億円を運用しているひとに対して、なんてエフィカシーの高い人なんだと感じます。

なぜなら、2億円を運用するなんてことは、自分の現状にとって考えられないことだからです!


もし高揚感等の感情の有無によって、エフィカシーがあがったさがったの基準にするのであれば、ドーピングでもドラックでも何でもやればエフィカシーがあがるということになります。

確かにドーピングやドラッグを仮にやって、高揚感を得た場合、何でもできるという一種の全能感のような感覚は得られます!

そして、何の抵抗もなく今までチャレンジできなかったことにチャレンジできるということはあり得ます!

しかし、それらは一生持続しない、借り物のなんちゃってエフィカシーです。


もっといえば、一過性の感覚で、エフィカシーが測れることはありません。

本物のエフィカシーは、ずっと自分はゴールを達成できるという確信だけが存在します!


エフィカシーの上げ方は、もちろんオーソドックスな回答は『自分であげる』というものですが、これは私たちが持つ現状の世界観の中で解釈すると、たいていは上記のような感情至上主義に陥ります。


ひらたくいうと、エフィカシーをあげていもいないのにエフィカシーがあがったと自分を鼓舞するということです。


そしてエフィカシーが1ミリもあがっていないので、どこかで失敗すると(現状の外側に飛び出したことは大いに素晴らしいことです!!)、「コーチングはやっても効果がないでは?」と頓珍漢な意見を主張し始めます。


そもそもエフィカシーが本当に高ければ、そこで「自分らしくなかった」と考え、別の違うもっと上手くいく方法を考えますが、そこに全く考えが及びません。


最近はそういう意見を小耳にはさむ中で、自分がかかわったクライアントには、そういった世界へ一緒にシフトしていくことも、コーチとしての機能なのかなと思います!

ただ基本コーチは、クライアントの価値観に関与しないものなので、正直難しいところです。


それを踏まえても、コーチングを通じると、正直本人の自覚の有無に関わらずエフィカシーは勝手にあがります!


何にせよ、自分の判断基準では測れないほど遠くに来てしまうから、「激変した」といえるわけです。

それは故スティーブ・ジョブズではありませんが、過去を振り返ったときに初めて、そのときの意味がわかります。


そういう意味で、シェアしたフィードバックはとても素晴らしいものです!

今の高いエフィカシーをますますあげて、今後の成果やゴールをもっと達成していってください!


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


タイトルは昨日の1対1のパーソナルコーチングで、少し悔しそうにポロっとおっしゃった言葉ですw

しかしながら、この言葉は、コーチングとは何かを如実に表す言葉だと思っています!


良くご存知なように、コーチングという言葉の由来は馬車であり、馬車とはある地点から別の目的地まで送り届けるという意味が込められています。

つまり、コーチとは馬車であり、目的地まで送り届ける機能です。

それは裏返すと、自分の行きたいところ(目的地)は自分で決めるということです!


もちろん、私のコーチングスタイルとして、質問されたことに対して、理由も踏まえて理路整然とロジカルに回答します!

それは私の中では、最善の回答です。

しかし、その回答が、その人にとって最善であるかどうかは別の話です!

もっといえば、その人が私の回答を受け入れるかどうかを決め、あるいはそれをヒントにもっとより最善な回答を導くということです!


場合によってはスコトーマを外すために、わざと違う方向の回答を提供します。

猫という答えに対し、犬という答えを提供すれば、哺乳類というそれらを包摂した、ひとつ抽象度のあがった回答が現れます。


つまるところこれは、相手との関係性の中で答えが見つかっていく、苫米地式コーチングならではの「行き当たりばったり」の風景です!


「行き当たりばったり」とは、苫米地式コーチングのプリンシプルのひとつです。

その時、その人と、最適なタイミングと関係性のなかで、一番いい回答を一緒に探して見つけていく作業のことを私たちはこう呼んでいます。

戦略的との意味合いでも使います!

言うまでもなく、何も考えなしに、ふらつき迷走する、本来の意味での行き当たりばったりではありません。

ある人にとっての最善な回答が、また別のある人にとっての最善な回答ではないわけです。


さて、そんな『文野さんに聞けば答えがわかって、今のモヤモヤも晴れると思ってました』という言葉が出た経緯ですが、守秘義務の範囲内で答えると、その方はあることに大いに悩んでいます!

それこそ自分の今後の人生を冗談抜きで左右する、かなり重大な分岐点です。

仮にその選択をAとBとしたならば、AとBのどちらがよいのか、あるいはそれらを超えるウルトラCが文野の口から登場することを期待されていました!


そして私が取った選択は何かというと、それらに対して観方や考え方を提供しただけです!

聞かれたことはウソ偽りなく、正直に答える性分なので、そういった言葉がポロっと出た背景を少し考えると、その方にとってのウルトラCをこれまで連発しすぎたのかもしれません!


さて、そんなつまらない自慢話がしたいわけではなく、ここがコーチングの醍醐味です!

それは自分のゴールを自分の頭で必死に考え、それを決めて実践していくことです!


つまりは自灯明自燈自帰依(じとうみょうじとうじきえ)です。

自分で自分を照らし、自らを拠りどころとし、自分に由って立つから自由になるということです。


先ほどのAかBかの重要な岐路に対しても同様のことがいえ、自分でAなのかBなのかを決めないといけません。

いうまでもなく、ここは他人に預けていいところではありません。

私が仮に決めてもいいですが、決めればそれは奴隷の人生の幕開けです。

なぜなら、自分で自分の選択を行えず、あるいは自分の選択に自己責任がとれず、一生私が横で選択をしてあげないといけなくなるからです。


ハッキリいうと、そういうのはまっぴらごめんです。

依存者が増えて喜ぶのは、過去の手垢にまみれた自己啓発です。


少なくとも私はコーチングを自由になるためのツールだと考えています。

自分の意思を相手に預けるのは、自由とは真逆の発想です。

もちろん頼ってくれることは歓迎です!

自分に出来ないことを人に頼ることと、依存することは違います。



コーチングは2人3脚なので、色々なことに向き合いながら一緒に前に進むことは歓迎ですが、それがどうしても出来ないというのなら、あるいは私に全てを選択してほしいなら、私はにっこり笑ってあなたを置いていきます。

もちろん今後また大きく飛翔して、そのときのレベルに相応しい大きな悩みと大きな課題を抱え、再びコーチングを受けに来ることは歓迎です!


答えが出ないということは、基本とても苦しいことです。

しかし私は、「あーでもない!」、「こーでもない!」と頭を悩ませながら葛藤して、自分の答えを必死に導こうとしている姿勢に心から敬意を表しています。


確かにゴールが見つかれば、AがよいかBがよいかが決まります。

そしてそれは往々にして現状の外側であり、現状の外側とはコンフォートゾーンから離れることなので、色々な情動が洪水のように溢れ出します。


そういった大きな感情のうねりのなかで、『それでも!』と、一歩外の世界に踏み出すから現状の外側です。

様々なややこしい手続きをいくつも踏みながら、そこで命がけの跳躍をするから現状の外側です。


よくある現状の外側の誤解は、これらの葛藤を真正面から受け止めず、ただ思考を停止させ、倫理的にもおかしい、程度の低い欲求を爆発させるというものです。

確かに現状の外側とは、自分にとってなじみのないものであることが往々ですが、程度の低いを欲求を爆発させるのは、勇敢でもなんでもなく、ただのドンキホーテであり幼稚園以下の論理です。

軽犯罪を犯すことが現状の外側とは言わないし、サラ金でお金を借りることがノットノーマルというわけではありません。

それはただの都合のいい解釈です。


忘れず実践してほしいのが、答えが出るか出ないかではなく、そこにたどり着くまでのプロセス(ロジック)の方が100倍重要であるということです!

その過程には様々な悩みと葛藤を抱え、血と泥と汗に塗れながら前に進む泥臭いメンタリティーです!

そんな重たい身体で飛び出すからこそ、その一歩がゴールに行き着くための大きなエネルギーを産み出します。

私はそれが人の強さだと思っています!

そこに人の可能性が潜んでいると思っています!


だから、一歩を踏み出しましょう!

それが本気で変わっていくことだと考えています。

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


という風に、昨日の1対1のパーソナルコーチングに際、軽く叱られてしまいました!

『私、毎日チェックしてますから!』とプレッシャーをかけられたのも、もしかしたら初めてかもしれません!ww

確かに前回の記事が2月24日に公開だったので、2週間近くブログを更新していないことになりますが、個人的にそんなにきちんと読んでいただけたことに、感謝です!


言い訳をすると、ネットワークの不調により、これまで全くブログ等の媒体にアクセスができませんでしたが、昨日の夕方にようやく諸々が復旧しました。

もうひとつ言い訳をすると、私もこんなにブログの更新が止まることがなかったので、「ブログ書かなければ!」と内心結構焦っておりました!

ここ数年間、ずっとブログを書き続けていたので、今考えればコンフォートゾーンになっていたということでしょう!

何にせよ、これでまたブログやメルマガなどの情報発信が行えます!


さて、昨日は6ヵ月コーチングの最後の1回でしたが、最後も色々な発見がありましたね!

今の大きなテーマはご自身の未来のことです!

もちろん守秘義務があるので、この場で具体的な内容には一切触れませんが、未来に眼を向けたなら、そのゴール一点をただひたすらに見つめ、そしてその臨場感をどんどんあげていくことです! 

私たちはついつい、自分の今やっている選択肢が、本当に自分にとってよいものかであるかを悩みますが、結論をいえばどの選択をとっても正解です!

そしてその選択が常に最高の選択です。


言葉尻だけをとらえると、どうしても大ざっぱでいい加減に聞こえますが、実際にその選択が本当に正しいかどうかの結果は未来のその瞬間がやってこなければわかりません。

しかも仮にその選択を取ってみて、いい結果が返って来ても、次の機会にはそれをひっくり返すような出来事が起こるかもしれません!

もちろん逆も然りです。

人間万事塞翁が馬とか、禍福は糾える縄の如しということわざの通りです!


しかし、これがコーチングの面白いところであり、不思議なところですが、自分がゴールに向かってエフィカシーを高く持ち、ゴール側の臨場感を高く維持が出来たなら、どんなプロセスを通っても最終的にはそこに行き着います!

ダイソンもビックリの吸引力です!ww


他にも、あまり昔の嫌なことやネガティブな経験に対する臨場感も全く出てなかったですね!

6ヵ月の期間を通じて、ちゃんと不要なものも取り除けたので、ある日突然もう身体が動かなくなるということはないでしょう!

 
ちなみに苫米地式コーチングを受けてみて、過去のことが思い出せなくるということが頻繁に起こります。

その回答はとてもシンプルで、個人の持つ重要性が変わるからです。

重要性とは何かといえば、そのひとが五感から得る膨大な情報の中から、無意識の選択を通じて、意識の上にあがる基準のことです!

つまり、自分の重要性が高いものが意識の上にあがり、そうでないものは存在にすら気付かないということです!

例えば、FF13が好きならばライニングさんの姿に眼がいき、ルイヴィトンに興味があるならばルイヴィトンに眼がいくということです!


@ルイヴィトンとコラボしたFF13主人公ライトニングさん


話を戻しますが、その重要性が何かといえば、結局は自我であるということでした!

重要性関数とは、自我のことでしたね!

私たちのコーチングの流派は、他のコーチングの流派と決定的に違う点は、内部表現の書き換えを取り入れている点です。

簡単にいえば、コーチングを通じて別人になっていくこということです!


別人になれば、過去に経験した出来事への意味合いが変わることは当然です。

またひとによれば、重要でなくなるので、思い出す必要もありません。

昨日はいたズボンを今日の洗濯に入れそびれたかどうかはどちらでもよいことです。
なぜなら、入れ忘れたらまた次の機会の洗濯で洗えばいいからです。


そういう意味で、私のコーチングでは期間中のメールのやり取りを頻繁にすることを薦めています!

もちろん楽しくWant-toという前提です!


どんな内容でも必ず返信をお書きするのは当然として、それはサービスの一環というより、私個人の本音では、その方が変化が早まるし、何より過去の自分が書いた文字情報を残しておくことで、ふっと見返すと、その差分で自分の変化がようやく明確になるからです!


『え!こんなこと考えてたっけ?』というのは結構ザラに起こります!

モチベーションをあげるだけあげて、そのときはいい話聞いたわーと満足するけれど、3日くらいでその効果も消えて、結局何も変わらないよりは遥かに良いでしょう!

しかし、変化が自覚しにくいという点で、効果がありすぎるというのは、ある意味問題なのかもしれません!

明らかに贅沢な悩みですが、どちらがよりクライントの利益かを考えれば、もちろん答えは明白です。


ということで、とある企画にご協力いただけた特典のボーナスセッションはまた来月です!


こちらもまた、楽しみにしています!!


もっともっと先にいけますよ!

これからも応援しています!!

------------------------------------------------------------------------------------------------


 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


本日は私の6ヵ月間のコーチングを終えた方に、パーソナルコーチングを行いました!

というのも、過去これまで私のセミナー、ないしは6ヵ月間のパーソナルコーチングを終えた方に、ある企画にご協力いただいており、本日はその企画の特典です。

いわば、ある意味でボーナスセッションというところでしょうか?

私個人とのパーソナルコーチングを終えると、そこから長いお付き合いが始まります!
※パーソナルコーチングのご依頼はこちらから!


私のパーソナルコーチングは6回で54万円なので、単純計算で1回9万円です!

今回は苫米地理論の深淵にさらに近づいたことによって獲得した新しい情報場にアクセスし、その場の力を借りて、内部表現の書き換えを全力で行っておきました!

これだけでも数十万円以上の価値があります!

お釣りしか来ない特典です!

いよっ!太っ腹!!


さて、そんなパーソナルコーチングで、一番印象的だったのが「コーチングが終わってからもどんどん変化しています!」との一言でした!

今日のコーチングの第一声がこれです!

私からすれば、「さすが!!」とともに「そりゃそうだ!」の一言です。

というのも理由は簡単で、コーチングはマインドの使い方を身体と身体で伝えるからです!


無意識下でいつの間にか学んだ体感は、消えることなく、自分をゴール側に向かってどんどん進めてくれます!

それによって、気づけば自分のゴールをどんどん叶えてくれます!

コーチングが身体に宿って成功するさまを、ゴール体質という造語を作って表現してもいいかもしれません!


そういう意味で、私のパーソナルコーチングは確かに全部で6回ですが、対面で初めて会うときから、終わったあとも、オカルトではなく実はずっと続いています!


なので、実際これまでの自分ではできなかったことや、「変革前だとこんな風になっているであろうなぁ」ということが、眼に見えてわかるようになるし、できるようになります!

要するに、自分のゴールがいつの間にか達成しているのです!


今日お話したなかでも、そんな変化がいっぱい出てきましたね!


「かつての自分なら出来なかった」が、「今の自分なら普通に出来る」とのインパクトをもっと体感できると、さらに先に進むでしょう!


こういう変化を改めてみると、本当にコーチングの威力は凄まじいなと思います。

私個人もコーチングに出会って人生が変わった人ですが、他人の変化はより強烈に感じます!

なぜなら、誰よりもそのひとの近くで、そのひとの成長を観ていたからです!


本人が感じている以上に、その成長の差分を真横で観ています!


コーチングの本質は、常に身体から身体に移るので、その本質が宿ると、大袈裟ではなくどこまでもいけるようになっていしまいます!

その抜群にうまいマインド操縦法を駆使して、さらに向こうに進まれてください!

------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


コーチングをするにあたって、普遍のテーマとなるが『ゴール設定』です。

なぜなら、ゴールがなければどこにも行けないからです。

このときのコツは、現状の外側のゴールとは何か?といったことを深く考えず、とりあえず設定して走り出すことです!

よくご存知のように、現状の外側とは、定義上今の自分では観ることができません。

なので、このときの指針は以下のように極めてシンプルです。


今この瞬間を仮にAとすると、その場所から暫定の仮ゴールを設定し飛び出すことで、新しい現状Bに到達します。

そしてBという瞬間にも、同じく暫定のゴールがあるので、それを設定して飛び出すことで、さらに新しい現状Cに到達します。

これをC⇒D⇒Eという風に繰り返していくと、最初Aのころと比べてEは、Aのときでは全く考えが及ばなかった場所にいることになります。


つまり、現状Eは過去の現状Aからすれば、明らかに現状の外側になるのです!

ゴールを設定してひとつずつ先へ進むなかで、私たちはそこでようやく現状の外側のゴールと出会えます。


さて、このとき、同時に要請したいのは、自分の本質であり、自分の明確な価値観です。

これがわかると、かなりスッキリして、色々ものが整合的に見えてきます!


とういうことで、先日メルマガ読者向けの限定企画で、自分の本質を見つける方法を解説した特典動画を配布したところ、その中のお1人から、とても大切な気づきのあるフィードバックをいただきました!

匿名での掲載を許可していただいたうえで、シェアします!


(引用開始)

文野さま  

おはようございます。

この「本質」探し、物凄く負荷がかかっていました、メールするにも中々出来ず、
他の創造的回避とも相まっていて。

けれど、今やっと「自分を大切にしたい」と思えるようになりました。

食べ物関連に興味があるというのも
私が過食症っぽかったから。
(創造的回避でまずコレが来てました。もうえらいこっちゃ!!!な位。)
「依存」しやすかったんですよ。
「自立するんだ」とやっきになってました。


何だかやっと
「自分を大切にしないと」「わかっちゃいるけど 」
から
「自分を大切にしたい」になれました。

愛情の所だったのか、何なのか
色んなものが入り混じっているのですが、
ただ、「掴み取る」ことが(want toですね)
「大切にする」にも繫がるようです。

朝、今のうちに送らないと
子供が起きてきて、日常に流されそうになるから、
色々飛んでますが送ります。


ありがとうございました。


(引用終了) 



基本的に、私たちは皆例外なく生真面目です。

これは日本の教育が、得意なところを徹底的に伸ばすよりも、苦手なところを徹底的に直すことに重点を置くからです。

またこれに加えて、何事も自分ひとりでコツコツと取り組む姿勢が模範ともされていることも関係します。


そういったことを幼少のときから刷り込まれると、勤勉であることと独り善がりの区別がつかないようになってきます。

もちろん、私もかつてはこのパラダイムに存在していました。

また、そこは自分からすると、自分に厳しく律するという高潔な精神からきているという点がさらに問題をややこしくします。

しかし、この気持ちは非常によくわかりますし、その気持ちは非常に重要ですが、残念ながら独り善がりだと、自分だけが疲弊して何も上手くいきません。


つまり、極めて悲しい現実ですが、自分では非常に至極まっとうなことにチャレンジしていると感じているにも関わらず、ますます堂々巡りになってしまうということです。


そこを抜け出すきっかけは、フィードバックでもいただけた通り、まずは自分を大切にすることです。

今の自分をきちんと受け入れ、そこからどこへ行きたいのかと、考えることです。


故ルー・タイスも著書アファメーションのなかで、人生の三つの基本法則のなかに、自分を偽らないことをあげてます。

自分をしっかり受け止めることができると、びっくりするほど、好転していきます!

現状を知るというのは、それだけ強いのです。

東京に行こうと考えるなら、飛行機を使うか、新幹線を使うかを考える前に、最初に自分は今大阪にいるということを知ることが重要です。


ただ、この向き合うとか受け止めるというのは基本容易ではありません。

なぜなら、ひとは自分に起こったネガティブなことを反射的に、なかったものとして蓋をするからです。

何かタイミングで怒ってしまって、その怒った自分そのものが許せないというロジックに、これはとてもよく似ています。


しかし、そこはきちんと意識的に、向き合うことで不思議と次へ向かうことができるようになるのです。

ぜひ、自分を大切にするなかで、ますます自分に向き合われてください! 

もしひとりではどうしても向き合えないという方は、ぜひ一緒に向き合っていきましょう!

そしてもっと大きなところに飛び出して、自己実現を成し遂げていきましょう!

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents