苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

カテゴリ: 苫米地式コーチング

本コーナーは『正しい苫米地式コーチングとは何か?』を


イシューに発信するシリーズです。


本企画の趣旨はこちらをご覧ください。





本日はその第7回、テーマは「逆向きのスコトーマ」です!


こちらは第6回「コーチとインストラクター」の続編的位置づけですので、先にこちらをお読みいただくと、よりわかりやすいと思います。




まず前提としてスコトーマという言葉はご存知でしょうか?


スコトーマとはもともと眼科の言葉で、盲点を意味するものです。つまり物理的に見えないということを意味します。


これが機能脳科学や認知心理学が進むにつれて、人は物理的には見えていても、全く同じものが心の世界では見えないときがあることがわかりました。


これが転じて苫米地式コーチングやTPIEの世界では、見たいけど見れないもののことをスコトーマに隠れるなどといって表現します。


要するに、心理的盲点によって、自分のほしい情報が見えないというわけです。



このスコトーマですが、特性として知識があるところに発生することが知られています。



例えばロレックスの腕時計!


もしあなたがロレックスというものを知らなければ、その時計はただの腕時計としか認識できないでしょう。

腕に装着する時刻を知らせるための機械です。


しかしロレックスという存在をしってしまったなら、急にデザインや触り心地などに意識が向かい、本来の時刻を知らせるという機能を忘れてしまうかもしれません。


これがまさにスコトーマに隠れるということです。


その他にも、あるトピックにだけに詳しい専門的知識持つと意外とそれ以外の発想が浮かび難くなるという経験は誰にでもあるのではないでしょうか?


これもスコトーマです



さてここで前回のコーチインストラクター話に戻しましょう


ここまでのお話が理解できれば簡単ですがインストラクターは専門的知識をたくさん持っているがゆえに、また自分自身がたくさんの経験を積んできたがゆえに、スコトーマ出来ている可能性が高いということです


そして本来素人のはずの人の方が意外と簡単に専門家よりも本質的なところ指摘できます



これが逆向きのスコトーマです



事実マーク・シューベルトが水泳のプロフェッショナルだったなら、マイケル・フェルペスは8冠を達成することはできなかったでしょう。



コーチは確かに素人です。しかしそれが故に専門家指摘できないところを発見できます。





コーチという存在考えるとき、この逆向きのスコトーマ非常に重要な概念ですが、どこまでいってもコーチはマインドの使い方を教える存在であるということは忘れてはなりません。


クライアントの未来が無限のように、コーチの未来も無限です。


クライアントとともに、コーチもその持てる能力をマインドを通じて存分に発揮していくことでしょう。

a2614667-s

本コーナーは『正しい苫米地式コーチングとは何か?』を


イシューに発信するシリーズです。


本企画の趣旨はこちらをご覧ください。





本日はその第6回、テーマは「コーチとインストラクター」です!



突然ですが、皆さんはコーチとインストラクターの違いをご存知でしょうか?


最初にイメージした答えは、どちらも教える職業ということではないでしょうか?


はい、もちろんその認識は正解です!


ただ、教える対象が全く違います。


なので、意外と混同されているケースが目立ちます



明確にこの違いを定義すると以下のようになります


コーチとはマインドの使い方を教える人


インストラクターとは技術やテクニックを教える人



例えばスポーツジムにインストラクター呼ばれる人たちがいます。


彼らはジムに通う人たちに身体しぼり方筋肉の付け方を指導します


筋肉をつけるのにもきちんとした理論があり食事のとり方から効果的な負荷の与え方までをしっかり学んでいます



またプロ野球世界では打撃コーチやピッチングコーチという職業があります。


選手に打撃技術投球の技術教える人達です


コーチという言葉を使っていますがこれらの職業はやっていることはまさしくインストラクターす。



一方コーチはマインド使い方を教える職業なので技術やテクニック教えることはしません


例えばマーク・シューベルト


彼は北京五輪金メダル8輝いマイケル・フェルペス指導しました。


マーク自身は特別水泳が上手かったわけではありません。むしろ素人です。


しかしマイケルフェルペスを史上初の金メダル8冠輝かせました




これはなぜか


色々解説したいこはありますが、ひとつ取り上げたい事実はマインドの使い方を知ればどこまでも人は自分の潜在能力を発揮できるということです。


その潜在能力に限界はありません


挫折も失敗もありません。


なので、どこまでも、どこまでも、突き抜けていきます



マイケルフェルペスはもともと水泳の才能があったからだ批判もきそうですが、そんなことはりません。


仮に非凡な才能が彼にあったとしても、きちんとその才能を引き出せるマインド状態を作られなければ世界トップレベルが集まる場であそこまでの結果は出せなかったでしょう


まさにこれがコーチという職業の役割であり、パワーです。


捕捉すると、実はインストラクターではこうはいきません。


その理由は文量の関係から、また第7回に持ち越します。



また、これは余談ですが、マークの元で現在北島康介選手指導を受けているそうです。


私のブログを熱心に読んでくださるだけに、こそっと教えちゃいます




さてさて、今まで違いについて綴りましたが当然似たところもあります。


それは対面で初めて効果があるということです。


この理由は容易想像できますよね


簡単に言うと、通信教育で空手の黒帯取れる人はないのと同じです



なので、直接会わなければその真価を発揮しません


言葉でいくら説明してもわからないことが直に会うと一瞬でわかるなんて経験はいくらでもりますし、わかった気になっていたけど、実際は違ったなんてこともいくらでもあります。



対面にこだわるのは、こういったことからです。



いかがでしたでしょうか?


コーチとインストラクターの違いは理解していただけましたか?


私はひとりのコーチとして、マインドの使い方を理解し、それを伝える。


そうすることで、世界のエフィカシーレベルがあがることを確信しています。


3ffa7ac2df6392de0c3d8fd0bdbd7b387db05a061334285457

本コーナーは『正しい苫米地式コーチングとは何か?』を


イシューに発信するシリーズです。


本企画の趣旨はこちらをご覧ください。





本日はその第5回、テーマは「なぜ複数回セッションを受けた方がいいのか?」です!




苫米地式コーチングのセッション回数は、基本的にトライアルコーチングを


除き、6回前後あります。


もちろんコーチの裁量でこの全体のセッション回数は前後しますが、概ねこの数字です。


そして、セッションは間違いなく複数回受けた方がいいと言えます!




その理由として、継続は力なりという諺もあるからと思われた方はちょっと待ってください!


確かにその主張は間違いではありませんが、少し不十分です。



厳密な回答は、変革のスピードは人それぞれ違うからです。


つまり人によっては、セッション1回目でロケットスタートをきる人もいますし、3回4回とセッションを受けてから変革する人もいます。


もちろん人によっては6回以降のセッションが終了して、初めて激変する人もいます。


人によって違う変革する瞬間を迎えるために、その人に合った形で働きかけていくからです。




これを読まれた方は、「え!?」と思われたかもしれません。


ゴール達成は早い方がいいと思うかもしれませんし、それ自体を否定はしません。



しかし、我々はそれでいいと考えています。


なぜならそれは、 ゴール達成は他人との競争ではないからです!


ゴールとは、自分のペースで着実に掴み取るものだからです!


コーチは、その人のパーソナリティを全て肯定しているからです!



我々コーチは目先のクライアントからの感謝を求めているわけではありません。


むしろ、コーチという職業がなくればいいのにぐらい思ってます。


なぜならコーチが不要な世界とは、間違いなく全ての人が自分のゴールを達成した世界だからです。




そしてここで忘れたくないのは、変革は1度で終わりといことはないという事実です。


人には無限の可能性があります。今起きた変革で終わりということはありません。


スコトーマに隠れて今は見えないかもしれませんが、さらにその次があります!


この道のりはどこまでも続きます!


だからゴールを追いかけることは最高に刺激的で最高に楽しい


この体感と醍醐味は、どっぷりつかってみなければわからないでしょう。



複数回あるセッションの中で、一緒にあなたの無限の可能性を探しませんか?


あなたにはその能力があるし、間違いなく掴み取れます。


私はそれを心から確信しています。


5a4b1df73257c481eff710211f47730b8a4aa2401357986828

本コーナーは『正しい苫米地式コーチングとは何か?』を


イシューに発信するシリーズです。


本企画の趣旨はこちらをご覧ください。





本日はその第4回、テーマは「ぼくがマインドアーキテクトを名乗る理由」です!



その名の通り、私は苫米地式認定コーチです。


そしてそれと同時にマインドアーキテクトとして名乗っています。


2014年2月1日の段階では、私が調べる限りこの名の職業はありません

でした。

そしておそらく現在もないでしょう!


つまりこの職業は、世界初です!(笑)



さて、それはおいといて本題へ。


私がマインドアーキテクトという職業を作った理由は大きく2つあります。


自分のゴールを達成するため


自分の苫米地式コーチングの位置づけ・定義を明確にするため



私の中でこれらの理由は、同じ抽象度ですので、一緒にして綴ります。



私のコーチ(マインドアーキテクト)としてのゴールは、『世界のエフィカシーレベルを上げる』ことです。


そして苫米地式コーチングの存在は、このゴールを達成するために、最も直接的で、最も効果的な方法だと確信しています。



しかしその反面、基本は1対1のセッションですから、同時に最も非効率な方法でもあります。



世界人口は約70億人ですから、仮にこのゴールを達成するのに50年かかると仮定すると、だいたい1日あたり40万人の方とセッションさせていただく必要があります。



残念ですが、それは物理的に不可能です。


そして私のゴール達成には、どうしても前提に1対多を盛り込む必要があります。


そのためのブログであり、Twitterなどのメディアを使います。


もちろんその他の取り組みも企画中です!



しかしこう考えたとき、私はコーチとしての存在定義と少し矛盾するのではないかと思いました。


なぜなら1対多というものは、一方向からの情報発信が前提にどうしても入り込むからです。


そしてその情報発信には、私の個人の価値観が入っているでしょう。



過去の本コーナーで言及したように、コーチはクライアントのゴール達成のみを考えます。


そこにコーチの自我評価基準はありません。


いうなればただの補助輪です。



そのため、コーチ本来の存在意義から考えたとき、違う存在を創出する必要がありました。


またこれは後付けですが、他のインチキコーチングと苫米地式との明確な一線を設け、混同させないことも目的としています。



それが『マインドアーキテクト』です。



こういう言い方だと、マインドアーキテクトはただれの汚れ役に感じるかもしれませんが、そんなことはありません。



苫米地式コーチング理論をしっかり踏襲したものです。


そしてより内容が具体的になるので、むしろ多くのヒントが得られると考えています。



つまり、私は苫米地式コーチング(方法論含む)を、私はより高い抽象度に置き、そして、その抽象度よりは低いところにマインドアーキテクトを置きました。


そしてそれは言い換えると、現代分析哲学的に、自我を定義することが宇宙を定義することと同じように、お互いを補完しあう双方向の概念です。



これが私のマインドアーキテクトを名乗る理由です。



最後に断りたいことがひとつあります。


それはコーチによって苫米地式の位置づけ、つまりどの抽象度に置くかということは、コーチ本人に委ねられているということです。


この苫米地式の定義は、私個人の定義です。


他のコーチは私の考えとは、また別の考えを持つことも十分あります。


例えば、私のマインドアーキテクトの役割は、苫米地式コーチの中に含まれるというものです。


これはどちらか一方が正解でもう一方は間違いというわけではありません。


どちらも正解です。



なぜなら苫米地式コーチは、不完全性定理や不確定性原理発見以降の現在、


絶対的に正しい価値基準はないということを知っているからです。



皆様のより高いエフィカシーを得られるその日をゴールに、今日も私は進んでいきます。


287d4d9ce7f85c84ed1dd84aef819ec505f70ab21393212279

本コーナーは『正しい苫米地式コーチングとは何か?』を


イシューに発信するシリーズです。


本企画の趣旨はこちらをご覧ください。





本日はその第3回、テーマは「頭のいい人ほど、方法論に走る」です!




成功するためには、どうしたらいいですか?


同じ類の質問をよく受けます。




この質問には、『具体的に何をしたらよいか』という趣旨が内在しています。


意図的にこの趣旨をずらして回答すると、必ずといっていいほど、この趣旨についての質問が次にやってきます。



事実、頭の中で考えるだけで、願いがかなうなら誰も苦労しません。


実際に行動に移して、初めて結果がついてくることを、我々は経験的に知っていからです。



だからこそ、アクションプランを、より鮮明に、より具体的にしようとします。



例えば、年収を増やしたいと思う人は、具体的な副業方法を探して実践する、です。



頭のいい人ほどこの傾向が顕著です。


そしてその関連情報の収集にも秀でています。





しかし、こういった考え方で苫米地式をとらえると、大きな勘違いが起きます。




それは何か?



本人が必然的に現状の中にいる方法を、クリエイティブに考えていることに気付いていない点です。



別の言い方をすれば、現状の中にいることが、すでにゴールになっているということです。



こう指摘すると、自分はそんなことはない!


むしろ現状から飛び出そうと必死になっていると、反論が返ってくると思います。




しかし実態はとても悲しいですが、ゴール達成に


熱心であればあるほど


ひたむきであればあるほど


あなたは本当のゴールから遠のいてるのです。



そして、スコトーマを無意識にどんどん強化し、本当に必要な情報がどんどん見えなくなっているのです。



本人はこの事実がスコトーマに隠れているのでわかりません。



これはかなり本質的な矛盾だと私は思っています。




私のここまでの内容に、もしかしたら共感をもっていただけないかもしれません。


本当かどうか根拠や確証がもてないかもしれません。



しかしくどいですが、それがすでにスコトーマに隠れて、見えなくなっているということです。



スコトーマを外されたとき、それは非常に大きな感動にも近い体感となってこの記事の意味が理解できるでしょう。




スコトーマを外す外されるという感覚は、体感として一度経験してみないとわかりません。




苫米地式が正しい理解をされたとき、それはきっと世界中の人のスコトーマが外れ、ゴールに向かって動き出したときでしょう。



そしてそうなる応援やサポートを私は続けて行きます。


そのためのコーチングです。そのための苫米地式なのです。 


【イギリス】ビーチ―ヘッド

↑このページのトップヘ

page contents