苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

カテゴリ: セッション感想

6ヵ月対面パーソナルコーチングのご感想

N.Kさま

(引用開始)

心身共に硬直気味で、八方塞がり感を抱きながら同じところをぐるぐる回っていた日々から、ここに扉があるよ。とりあえず行ってみたらという感覚に、自然となれたというとことがコーチングの効果だと思います。

それには、やはり文野さんのコーチングのプロとしての知識と技術がそう導いてくれたということだと思います。

私としては、最初はマイナス地点にいる現在から、ゼロ地点に行かれたらそれだけでも良しというつもりで、過剰に期待せずにセッションを受けようという心づもりでしたが、 自分の予想よりも速い展開で自分自身も、状況も動き出して、今度は、どこの扉を開けたいのか、開けるのか。自分に対してささやかな希望、期待を持てるようになったということが一番の収穫です。

そうするとやはり、生きる実感が沸き、楽しくなってきますよね。

コーチもいろいろな方がいらっしゃり、果たして何を基準に誰を選べば良いのだろうか?と思われるかと思います。

私は、文野さんのブログの内容、文章力。なかなか書こうと思っても書ける内容ではないことを、継続的によく書かれているなあ。凄いな。セミナーも参加してみました。

一回目のセミナーは、わかり安い変化があったので、面白い。

2回目のセミナーは、その場で納得みたいな感覚が私には解らず、何だかよくわからない。

というのが正直な感想ですが、2回目のセミナーに参加して、そして、暫くしてから何だか感覚に変化を感じ、いいかもと実感できたのが一番大きな決め手でしょうか。  

そして、半年間関わる上で自分の性格、性質を考え、コーチングを受けようと決めたんだと思います。

その時も、「えいや~‼」っという感覚。

そのあとにも、その「えいや~‼」は、次々とやってきて、調子にのって?痛い思いもしつつ今に到る感じでもありますが。その痛い思いの回復力も以前よりも早くなったのかなと思います。

人に頼らず自分の力でと思うことは基本的に私もそう思うのですが、人生の中で、プロのコーチングを受けてみるという経験は今後の人生をより良いものにしたいと真剣に願っている時、とても得るものがあると思います。

それぞれのタイミングで動けるといいですよね。

最後になりましたが、文野さん6ヶ月間大変お世話になりありがとうございました。


(引用終了) 


6ヵ月間コーチング、お疲れ様でした!

「えいや~!!」はとても重要です!「えいや~!!」は!笑


さて、ゴールを達成するためには、究極的に何か行動をしないとけませんが、おっしゃる通り飛び出すタイミングは自分で決めないといけません。


人間の性でしょうか、それとも教育の賜物でしょうか、私たちは何か行動を起こすとき、どうしても色々と考えます。

かつての私も実際そうでした!

気持ちは非常にわかります!

しかし、結論をいうとこのタイプの質問は考えても答えの出る質問ではありません。

なぜなら実際にやってみないと答えがわからないからです!

もちろん何も考えなくていいと言っているわけではありませんが、考えるだけ考えたらあとは本当にジャンプです!


なので、この質問の切り返しは極めて重要です!

きちんと答えの出る質問に対して、リソースを集中させることができなければ、それはいたづらに時間を無駄に消費させることになってしまいます。


そういった答えの出ない問題に対して、自分がどうしたいかと、自分と本気で向き合うからこそ、現状の外側という意味が非常に明快かつ、重要な位置づけになります。

「どうしよう!どうしよう!」と、どんどん溢れてくるそれらの葛藤を乗り越えて飛び出すから現状の外側であり、そこで1歩を踏み出したことに私は心から敬意を表します!

そして実際現状の外側に飛び出してみると、自分でも想像もつなかないようなところに着地します!

もちろん、私もコーチとしてしっかりナビゲートします!


さて、ご感想にもいただけた1回目のセミナーとはコーチングを通じて身体を柔らかくするものでしたね!

はじめての書き換えというテーマに相応しく、共感覚を用いた内部表現の書き換えを通じて、手首をグニャッと曲げたり、前屈を改善させたりというオカルトな内容でした!

DSC_0018
@文野の右手首!(実際一瞬でこんな感じになります!)
 

これまで散々学校の体育の授業等で、身体が固い、身体はなかなか柔らかくならないというリアリティーを作り上げていますが、老若男女関係なく、身体が一瞬で改善すると、そこでようやく自分も簡単に変わることができると理解できます!


2回目のセミナーはスクールでしたね! 

最新のサイコパス研究をテーマにした内容で、コーチング理論とサイコパス研究を融合を図るという大胆な内容でした!

内容はものすごく斬新で楽しかったのですが、如何せん内容が少し濃すぎたと反省してまいます!苦笑

カルピスの原液を飲んでる感じでしょうか?


しかしながら、おっしゃる通り、セミナーを含むスクールでは、色々な働きかけを行っています!

なので、ジワジワ後から効果は出てきます!

情報が書き換われば、物理も一緒に変わります!


そこからのパーソナルコーチングにお越しいただくことになりましたが、6ヵ月間本当に色々なことがありました!

守秘義務契約があるので、この場での内容の公開はしませんが、私がひとつお伝えするならば、よくこれまで頑張って来られたと思います。

身体は正直です。

なので、いくら自分が大丈夫と思っていても、きちんと負い目とか劣等感とか嫉妬心とか悔しさとか、様々なネガティブな感情が身体に蓄積しています。

それが災いして、実際ある日電池が切れたように身体が動かなくなるということが、起こります。



そういったものがなくなっていくと、身体は元に戻るので、動けなくなるということはなくなります!


もちろん現状までの成果は、確かにすごいことですが、成長するともっともっと色々な課題が見えてくると思います!

しかし、それらは達成できるものです!

自分の頭のなかにあるイメージが、結局は未来を作ります!

これからもご自身の行きたい方向に向かって進まれてください!

これからも本当に楽しみですね!

 
応援しています!! 

6ヵ月対面パーソナルコーチングのご感想

30代学童保育指導員、K.Eさま 

(引用開始) 

パーソナルコーチングを受けて良かったことは、観えていないものがあることに気付けたことです。
そして、その中にゴールや変化のきっかけがあるのだと知ることができ、良かったです。

回数を重ねるごとに身体的にも、精神的にも疲れにくくなりました。
心に余裕が生まれ、リラックスできました。

この半年間の大きな成果は、人間関係が楽になったことです。
文野コーチとのセッションで自分を肯定することが増え、エフィカシーが上がったからだと思います。
本当にありがとうございました。

自分で自分自身を変えるという意識が大切だと思います。
文野コーチは強力なサポーターなので、意識の違いで効果も変わって来ると思います。

(引用終了) 


半年間お疲れ様でした!

6ヵ月のパーソナルコーチングが終了したときは、なぜかいつも卒業式のような空気になります!

もちろん、今生の別れということはなく、私はこれまで通りブログを書き続けているだろうし、コーチとして活動しています。

また、仮に会いたくなっても、今は江戸時代と違って、電話でもメールでも連絡する手段はいくらでも存在します!

それも含めて最後はゴール次第なのかなと思います!


さて、パーソナルコーチングにおいて、ご感想にもいただけた通り、本人の変わりたいというWant-toの動機は極めて重要です!

その気持ちがないと、内部表現の書き換えを含むコーチングには意味がありません。

もちろん、厳密には理論上、本人の意思に関わらず、コーチングに効果はあるし書き換えも可能です。

しかし、コーチングは洗脳ではありません。
人間の脳と心が持つプリンシプルに従って行う、ゴール達成の方法論です。

もちろん、自分を変えたい、今よりもっと良くなりたいというのも十分ゴールです!

なので、本人のWant-toと本人が定めるゴールがあって、そしてそれを邪魔する無意識のブロッカーをガシガシ書き換えていきます

そういう意味で、本人の決断と相まっているという前提で、変わらない方がおかしいのです!


また、人間関係が楽になったのは、自分のエフィカシーがあがったからだという理解は正解です!

なぜなら、ドリームキラーの正体は親でも恋人でも友人でもなく、自分だからです

自分のエフィカシーが低く、自分の無意識が思うネガティブな心の声が、周りのひとの何気ない発言と結びつき、そのときはじめてのそのひとがドリームキラーになるからです。 

なので、ご自身のエフィカシーをあげるだけで、色々な問題が結構簡単に片付いてしまいます。

尊大で、傲慢で、何の役に立たないなんちゃってエフィカシーではなく、自分をより遠くへ高める骨太なエフィカシーの獲得が重要です!


また、その状態になるとコンフォートゾーンも広がるので、抽象度もIQもあがります。

どこでも自分のいるところがホームになるからです!


この6ヵ月間を通じて、非常に大きな前進をされたと確信しています。

現在もコーチング理論を深めながら、ゴールへ向かって進んでおられるということですが、もっともっと自分のゴールにフォーカスして、自分の未来を切り開いていきましょう!


コーチングで人生は本当に変わります。

また、1年後お会いできる日を楽しみにしています! 

6ヵ月対面パーソナルコーチングのご感想

20代大学院生、K.Kさま

(引用開始)

パーソナルコーチングを受けて良かったことは、ゴールを更新することができたことです。

ゴールを更新するにあたり、現状の外側のゴールを決めなければなりませんが、それは私にとって難しいものでした。
なぜなら、自分を見つめることは苦しく、すぐにやめてしまいがちだったからです。

しかし、文野コーチのセッションによって自分を見つめなおす時間がとれ、さらに文野コーチの言語と非言語による適切なアプローチのおかげで、自然とゴールが更新され、いろいろなことが好転していきました。


コーチング終了前後における1番の変化は、「分からないものやモヤモヤすることをそのまま受け入れる」ということができるようになったことです。

例えば、現状の外側のゴールは今の段階では「わけのわからないもの」であり、今まで私はそれが嫌でした。

なぜなら、わからないものは怖いものであり自分にマイナスな影響があるかもしれないと思っていたからです。

しかし、コーチングを受けるにつれて、「わけのわからないもの」はそのままおいておき、「未来は必ず良くなる、そのためにベストなことをしよう」と思うようになりました。


コーチングの成果は、身体知として「言語化できないわけのわからないもの」の扱いができるようになったことです。

できるようになったといっても、以前よりはという段階ですが、確実に今後の人生に活きると思っています。

私にとって言語化できないわけのわからないものとは、一言で言うと不安などのネガティブな感情です。
今までは、そういったものの扱いができずに以下のような状態になっていました。

・人に批判されたくない思いから何もアウトプットしない
・ゴールへ向かう際の行動がめんどうに思い、ゴール設定を嫌になる
・うまくいくか分からない状態では、現状の外側の「今まで体験したことのない世界」へ
進みたくないと思い、何も行動しない


しかし、コーチングを受けていく中で、それに囚われずにゴールに向かうという感覚を得ることができました。

今でも、「わけのわからないもの」という負の感情や雑念は生まれますが、それによってゴールへの行動がとどまることがなくなりました。

これがコーチングで得たものです。


もし、あなたが変わりたいならコーチングを受けるべきです。

しかし、変わりたいなあというくらいの思いであればやめておいたほうがいいかもしれません。

なぜなら、あなたが変わりたいという思いがない限り、いくら文野さんが素晴らしいコーチングをしてもあなたを変えることはできないからです。

もちろん、変わることによる不安や怖れがあってもいいと思います。

実際に、私も同じ気持ちでした。ですが、不安を抱えながらも変わりたいという思いがあるのであれば、文野さんはその気持ちを受け止めてくれ、さらにあなたをあなたが想像するよりもすごいところへ連れて行ってくれるでしょう。

実際に私は、「わけのわからない」負の感情や怖れを感じても前に進めるようになりました。

あなたがもし、コーチングを受けることに対して「わけのわからない」負の感情や怖れを感じているとしたら、文野さんのコーチングを受けたものとして最後に一言言わせてください。

「わけのわからないものはそのままでも大丈夫。未来は必ず良くなる。そのためにベストなことをしよう」
 
(引用終了)


非常に力強いご感想ありがとうございます!
 
そして6ヵ月、お疲れ様でした!

期間としては半年なので、一見長そうに感じますが、実際過ごしてみると本当に短い期間だと毎回思います!

しかし、短く感じるといえど、毎回のコーチングは非常に密度の濃い真剣勝負でしたね!

抽象度もIQもゴールもどんどん高くなっていくので、毎月お会いすることがとても楽しみでした!
 

さて、私は自分のスタンスとして、コーチングは社会人に限定しています。

なので、学生のコーチングの依頼は基本的に断ってきましたが、この方は自分の稼いだお金でどうしても現状を変えたいと強く思われていたので、お受けすることにしました。

守秘義務があるので詳しくはいえませんが、初回のコーチングのときの状態から考えると、その変化は圧倒的です。

服装から、話す言葉から、物の考え方から、大袈裟ではなく、別人と形容した方が適切だと思っています


そして一番良かったと思うのは、自分できちんと自分のマインドに意味づけを行えていることです!

ご感想でもいただけたように、ひとはたいていネガティブな情動が伴うと、そこで思考が停止します
これは扁桃体から放たれる情動が、前頭前野の論理的思考能力を削ぐからです。

しかし、それらがきちんと自分の手の中におさまると、思考停止に陥ることはありません。

自分で行きたいところへ行けるのです!


また、ネガティブな情動は出るか出ないかというところにどうしても興味関心がいきますが、実際はコンフォートゾーンから離れれば不安や恐怖は必ず現れます。

なので、これからゴールを達成し、また次のゴールへ更新してそこに向かうとき、また再びコンフォートゾーンの外側に出ることになるので、同じく不安と恐怖を感じます。

つまり、堂々巡りが始まるということです!


もちろん、最後の選択として、不安や恐怖を感じなくなるということは十分ありまえますが、基本不安や恐怖は起こるという前提で準備しておいた方が、スムーズです!

なので、それをもう無意識でされていることは流石だなと思います!


おっしゃる通り、不安や恐怖あっていいのです!

しかし、それが自分のゴールへの道のりを妨げるものではありません!

その上手なマインドの使い方で、どんどんゴール側へ邁進していくことを確信しています!

もっともっとベストな未来を掴み取って、また1年後お会いしましょう! 

6ヵ月対面パーソナルコーチングのご感想

20代会社員、T.Nさま


(引用開始)
6ヵ月間コーチングをありがとうございました。


最初は6月後にどんな自分になれているのか、イメージがわかずにスタートしました。

ところが今では、とても高いところから過去の自分を見下ろせているようです。


最初のセッションでは普通の人生相談とどう違うのかわからないような感覚でした。

しかし、2回目のセッションでゴールが現状の外側にズレ始め、3回目のセッションでゴールを現状の外側に設定することができました

そのおかげで、自分の人間としてのステージが上がったのはもちろん、自分がバラバラに取り組んでいた複数の活動がシナジーを発揮し始めたのです!


4回目以降のセッションでは苫米地式コーチング特有の非言語効果を楽しんだりと、幅広く感性を効かせる余裕ができて楽しめました^_^


抽象度の高い価値があるのはもとより、もう少し分かりやすく抽象度の低い効果もお話すると、コーチング前の目標だった年収600万円という目標(前年年収300万円)も、達成可能なペースで月次収入も増えていっています。


コーチング前に手段が見えなくても、抽象度の高いゴールさえ設定できれば、方法論は後から自然と見えてくるということを、まさに体感することができました。


ありがとうございました!

(引用終了)

 

6ヵ月、お疲れ様でした!

期間としては半年なので、非常に長いという風に感じておられたかもしれませんが、意外とあっさり終わったと感じておられるのではないかなと思います。


1回目のコーチングの時間では、非常に悩みの深い質問を率直にお話しいただきました。

確かにコーチングというものが馴染みない方からすると、人生相談との違いはあまりわからないかもしれません。

しかし、実際はそのなかで、すでにご感想でもあげられているように、様々な働きかけが入っています。

そのもっとも重要な働きかけが何かといえば、自己効力感をあげることです。


私たちがゴールを達成するために必要なものは、エフィカシーであり、エフィカシーが高まると、今まで無意識下で出来ないと判断され、意識の上にあがってこなかったアイディアもあがってくるようになります。

もちろん自分への肯定感もきちんと高まっているので、実際にトライし、うまくハンドリングしていくことが可能です。

その一環として、方法は後から浮かび上がって来ることはとても自明なことだと思います。


重要なことは『何をしたいか』です!

そしてそこに向かってきちんとエフィカシーをあげていくことです。

そのようなマインドをしっかり使えるようになると、ウソのように人生は勝手に好転します



600万が達成できそうなのであれば、次は2000万を目指しましょう!笑

もっともっと先に行けますよ!

また、1年後お会いできる日を楽しみにしています。 

↑このページのトップヘ

page contents