苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

カテゴリ: その他

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


久しぶりのブログですが、少し業務連絡です。

6月11日(土)15:30頃にメールマガジンへyahooドメインのアドレスで登録された方がいらっしゃいます!

メールアドレスの登録ミスで、自動メールの送信が失敗しております。


心当たりのある方は、お手数ですが再度ご登録をお願いします!




------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


来る29日開催予定の気功とマインドの使い方の両方が身に付く覚醒ランチ会ですが、時間と場所が変更になります!


★変更前:
4月29日(金)11:30~14:30

★変更後:
4月29日(金)13:30~17:30


先方とのコミュニケーションミスが発生し、当初予定していた時間と場所での開催が難しくなりました。


そこで、急きょ場所と時間を変更することになりましたのでお知らせします。



参加者さまには、快く予定を調整していただけて、非常に感謝しています!


また、参加をご検討されていらっしゃった方には、お詫び申し上げます。



そのかわりという言い方はよくないですが、お昼から閉店ラストの時間帯まで、ほぼ1day開催となりました!


ガッツリ書き換えるので、当日お楽しみにされてください!!


もちろん、時間がのびても、お値段はそのままです!!


当日は少人数で、おいしいものを食べながら、ガツガツ変わっていきましょう!







それでは、当日お会いできることを楽しみにしています!
 

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


私たちは、すでにアプリオリのない世界を生きているだけでなく、不確定性と不完全性が支配する、神も予測できない世界をいきています。

もちろん世界がアプリオリでないのなら、自分もアプリオリではありません。

つまりあくまでも自分も世界も何にでないということがわかったにすぎないということです。


コーチングの素晴らしい点のひとつは、まさに逆転の発想ですが、この事実に対して「自分たちが何にでもないのなら、何にでもなれるじゃん!」と痛烈なカウンターを決めたことです!

それはつまるところのゴール設定です。

ゴールによって、無作為なカオスのなかから、ほしい結晶を取り出すということです。



という前提の上で、大変興味深いコメントをブログで頂戴したので、シェアします!

(引用開始)

じゃあ、俺ブラック企業はいっとったことあって今でも愚痴ってまうけどそれもやっといてよかったってことやね。

(引用終了)


コメントのあった問題のブログはこちらから!


さて、まず前提として私の過去の掲載記事である『結局最後はやってみるまでわからない』ですが、このブログ記事の主張はまさにタイトルそのものです。


その骨子を取り出せば以下の3つに収束できます。

・ひとの脳は2進数の計算機である

・計算機において、その計算が終了するかどうかは事前に知ることができないことは証明されている

・よって、私たちは行動も全て脳の2進数の計算だから、実際に演算してみなければ解を得ることはできない


コンピュータそのものもは2進数で動いていますが、なぜ2進数かというと電源のONとOFFに対応しているからです。

そして私たちの脳も、ミクロでみれば約1000億個からなる神経細胞の塊ですが、これらはひとつひとつの神経細胞は「興奮している」か「興奮していない」かの2択であり、2進数での複雑なやり取りです。


なので、実際に計算論的神経科学(Computational Nuroscience)という学問はすでに存在し、理研も熱心に研究しています。


そしてもうひとつ大前提となるのが、この世の物事は2進数で全て表現できるということです。

これはゴットフリート・ライプニッツが17世紀にすでに証明しています。

200px-Gottfried_Wilhelm_von_Leibniz
@ゴッドフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ


ここで脳と計算機は同じものであるという担保が取れました!

そして全ての事象が計算機の上に乗せて議論することが可能です。


次に計算機の計算がいつ終了するかどうかわからないというのは、専門的には「計算不能性」という言葉で表現されるものです。

証明したのは昨年の映画『イミテーション・ゲーム』にもなって放映されたアラン・チューリングです!

6eca93ff84fd76ef954c0529f72abac8
@久しぶりにブログにて登場!アラン・チューリング


ダウンロード
@ベネディクト・カンバーバッチが演じるアラン・チューリング


彼が証明した計算不能性の風景とは、おバカな犬と賢い犬を見分けることができる犬が仮に存在する場合、「ではその実際に判別している犬はそもそも賢いの?」という疑問からスタートします。

自己言及ですね。


それを証明する方法は極めてシンプルで、おバカな犬と賢い犬を判別できる同じ犬をもう一匹用意して、実際に判別している犬を確かめるというものです。


結論はご存知の通りできません。

論理破綻が途中で起きてしまいます。


つまり、計算が終了するかどうかを事前に判断することはできない。

すなわち、実際に計算してみるまで計算が終わるかどうかわからないということです!


ちなみに余談ですが、過去マインドアーキテクト実装スクールで、このアラン・チューリングの計算不能性の証明をカントールの対角線論法を用いて、鮮やかに証明しましたが、講座全体の空気が凍りついたのは良い思い出です!ww


最後は上記2つの証明の結合です。

三段論法のような感じです。


人間の脳も計算機なら、同様に計算不能性の支配を受けるということです。

そして計算機としての脳も、コンピュータの計算機と同様、その演算には必ずゴールが存在します。

ちなみに、パソコンで良く聞くフリーズという現象はまさにこの計算が無限ループにハマり、終わらなかったときのことです。

計算が終了しないから次のステップに行かない、つまり画面の上ではまさに画面が凍ったように動かないというわけです。


ようやく本題のコメントへの返信となるわけですが、ブラック企業に勤めていて辛かった経験がこれからどうなるかは、ゴールが決めるということです。


ゴールがなければ、厳密にいえばゴールが現状に留まることなるので、今までの通りついつい愚痴ってしまう辛い記憶のままです。

私も新卒で勤めた会社を、ブラック企業、上司の人間関係等でうつまでに追い込まれ、9か月で退職していますが、それは今のコーチなったという結果からいえば、必要だった経験だと感じています。

なぜなら、そのおかげで例えばうつで苦しむひとの絶望が理解できるからです。


間違いなく、コーチというゴールを持たず、別のゴールを持っていた場合、同じように肯定できたかというとそうではないでしょう。

「あのクソッタレ企業」と内心ずっと思っていたかもしれません。



最後に、コーチングはポジティブ思考MAXの精神論ではありません。

再現性のある科学です。


なので少なくとも計算機科学の前提の上、ゴールを設定し、それが本当に達成できるかどうかは時間が経って見ないとわからないということです。

そこに絶対的に存在する明確な根拠はありません。

仮にあっても、それはただの錯覚かもしれません。

仮になくても、うっかり上手くいってしまうかもしれません。


それを「事前に判別することができない」ということが、計算機科学的にわかったにすぎません。


ただ確実にいえることがあれば、何が起こるかわからない真っ暗闇の世界に放り投げだされたなかで、真っ暗闇のどこに向かって進むかを決める自由が私たちにあるだけです。


アントニオ猪木的にいえば、「迷わず行けよ、行けばわかるさ」です。

私たちは、高々選ぶことくらいしか出来ないということです!



446-1
@迷わず行けよ、行けばわかるさ


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


この度、Mind Architectureが提供する1対1の6ヵ月パーソナルコーチングの料金を、改定することになりましたのでお知らせします!


改定前
⇒540,000円(税込)


改定後
980,000円(税込)


料金改定に甘んじることなく、ますます充実させていきますので、ご理解よろしくお願いします!


なお、改定後の料金は2016年5月1日より適用となります!


それでは、パーソナルコーチングでお会いしましょう!


パーソナルコーチングのお申し込みはこちらからどうぞ! 


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


さて、本記事は、苫米地式認定コーチのケイ昌代さんと、苫米地式ヒーリング認定ヒーラーの橋本あきらさんの企画の紹介です!

『心の改革!』クレアトゥール・メソッドの詳細はこちらから


ケイさんは、過去電話での悩み相談を多数受け持っておられ、その数はのべ6万人にわたる超ベテランコーチです!

そのときの経験と苫米地式コーチングのメソッドを掛け合わせた非常にユニークな経歴を持つ実力派コーチです。

私個人の印象では、恋愛に関する悩みを得意とされています!

女性専門と思いきや、男性もかなり多いそうです!


次に、あきらさんは、知る人ぞ知る苫米地ワークスのアシスタント統括です。

これまで数々のワークス生の指導とサポートをされてきました。

もちろん私もお世話になっています!

ご自身でもヒーラーとして開業しており、様々な身体と心の現代医学でも取り除けないトラブルを取り除いてこられました。

また、苫米地式認定ヒーラーの認定は現在橋本あきらさんしか出せないくらい、彼女は狭き門を通った実力ある実績も経験も豊富なパワーヒーラーです!


そんな2人がタッグを組んだ、コーチング×ヒーリングという非常にレアな企画です!


なお、このサイトを観て、クレアトゥール・メソッドにご参加される場合は、お申込みの際に、『文野のサイトを見て申込みました!』という旨を伝えると、素敵なプレゼントがもらえるそうなので、そちらもぜひぜひお見逃しなく!


『心の改革!』クレアトゥール・メソッドの詳細はこちらから


苫米地式コーチング×苫米地式ヒーリングという異色のコラボ、必見です!

オススメします!


------------------------------------------------------------------------------------------------

↑このページのトップヘ

page contents