ブログご覧みなさんこんにちは


本日のテーマは割と最近よく聞くようになった自律神経乱れついてです



なぜ医学の専門家でもないコーチの私が自律神経について語るかというとそこにマインド密接にかかわっている感じているためです


もっというと、最新の機能脳科学認知心理学の知見から容易に答えが想像できる考えています 



さて、まず自律神経定義から入りましょう


自律神経とは交感神経と副交感神経2つの神経から構成される栄養成長生殖を機能を担う神経系のことです。


主に自律神経乱れその失調症特にこの交感神経と副交感神経交換のバランスがストレス等で崩れたとき起こる症状群です。


症状としてはめまい頭痛微熱冷や汗緊張など様々です



さて、ここで注目したいのが症状がちょっと我慢できそうなものが多いということです。


つま割と我慢しようと思えば我慢できるものなので、ついついそのまま我慢してズルズルいき易い


また薬で症状を抑えようとすることも症状がいと捉えられているためでしょう


それに加え会社休めないいった生真面目な性格さらにこの症状に拍車をかけます。



自律神経乱れが顕在化した社会的背景ざっとこんな感じでしょうか




しかし私はマインドの専門家として 自律神経の乱れの意味勘違されているます


なぜなら、めまい、頭痛、微熱、冷や汗、緊張といった症状は身体放つ休みたいという無意識のメッセージだからです。


というものよく考えてください。


そもそもなぜ自律神経乱れたのですか?


ちょっと頑張りすぎたからなのではないのですか?


そこに休みを入れなければ嫌でも不調がでると思いませんか?



考えてみれば、極々当たり前のことです。


自律神経乱れが見られた人で薬を飲み身体酷使するひとのまま自分を責め始めるひともいますが、それは間違いだと思います。 


ちなみに、副交感神経とは睡眠時などに身体リラックス状態修復つかさどものですからこれが表にでないということは、常に緊張しっぱなし疲れっぱなしということになります。


そういう意味身体少し言うこと聞かなくなっても仕方がありません


なので、自律神経乱れを感じたらそれは身体からの休みたいというメッセージだとマインドを切り替え受け取ってください


つまりゆっくり休んでください


繰り返しになりますが、自分の否定は最悪です。


ゆっくり休んで、活力をしっかりつけてください。


そういう風にマインドを切り替えていけば、きっと良くなります!

7b5cfee8639abf293069f9e117e33f3de06088071357986852