ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


とっても希少でプレミアムで大好評だったあの企画が返ってきます!

その企画とは、「気功とマインドの使い方の両方が身に付く"覚醒"お茶会」です!!


先日苫米地式ヒーリングマスターヒーラーである橋本明頼(はしもとあきら)先生とコラボした、
気功とマインドの使い方の両方が身に付く"覚醒"ランチ会ですが、

今回はもっとポピュラーなお茶会となって返ってきます!!


※覚醒ランチ会って何?という方はこちらから!


前回のランチ会は、覚醒の名に恥じない変革を促す巨大なシステムと、非常に密度の濃い時間を一緒に過ごしました!

今振り返っても手前味噌ですが圧倒的の一言です!

数学・物理学・生化学・認知科学・進化心理学・聖書学・社会科学を横断しながら、人の根源的な欲求にまで踏み込むとてつもない会でした!


ただ一方で内容が濃すぎて、一部の方からは消化しきないという嬉しくも少しやるせないご感想をいただいています。


なので、今回ももう少し時間も内容もコンパクトに、

エッセンスのなかのエッセンスを伝える、そんなスマートお茶会にしたいと考えています!



たった2時間楽しく一緒にお茶を飲むだけで、、、

苫米地式ヒーリングと苫米地式コーチングの両方の秘伝が手っ取り早くインストールされる場です!


今回のお茶会では、苫米地英人博士直伝の『覚醒のツボ』をお伝えします。

覚醒のツボとは、相手にヒーリングする際に、より強力に相手に働きかけることができる気功の急所だと考えてください。

普通にヒーリングするだけでももちろん効果がありますが、その効果と体感を数十倍に高めてくれる場所です。


苫米地博士が、ある一定以上のレベルを持ったヒーリング能力があるひとにだけ、コッソリと教える秘伝中の秘伝の技術を、今回のお茶会では参加されたあなたに特別に公開します。


今回も非常に秘匿性の高い技術なので、すぐに席が埋まると思います。

手帳のスケジュールを確認して、
今すぐにお申し込みください!



以下詳細
†気功とマインドの使い方の両方が身に付く覚醒お茶会†

担当:
橋本明頼(苫米地式ヒーリングマスターヒーラー)
文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)

日時:
6月12日(日)13:00~15:00
(募集は6月5日(日) 23:59:59まで) 

場所:
〒107-6245 東京都港区赤坂9-7-1東京ミッドタウン

料金:
20,000円(お茶代含む)

定員:
4名様まで
(定員に達し次第、予告なく終了いたします)

お申し込み:

お問い合わせ:


=====
講師紹介
=====
◆プロフィール
橋本明頼(はしもとあきら)
苫米地式ヒーリングマスターヒーラー
苫米地ワークスアシスタント統括
苫米地英人ライセンス認定キャンディデート

苫米地英人博士から直伝で学んだ「苫米地式ヒーリング」「メディカルコーチング」を独自の【共感覚】を使ったカウンセリングと組み合わせてヒーリングの現場で使いこなし、「もう今の自分から卒業したい!」というクライアントや、寝たきりの高齢者への往診治療の患者を、10年間で延べ1万人以上を観てきた経験を有するヒーリングのプロフェッショナル。

様々な原因により自身の可能性を閉ざしているクライアントを抽象度の高い視点に導き、IQアップ、気づきや閃き力アップ、心身のリラックスを体感できる《深い変性意識状態》に導く力は右に出るものおらず、2008年よりドクター苫米地ワークスのアシスタント統括担当、苫米地英人ライセンス認定キャンディデート、2012年に苫米地式ヒーリング唯一のマスターヒーラーとして認定され、日々治療の現場で苫米地式ヒーリングを活用し、『100日修行』の指導をしている。 


◆プロフィール
文野義明(ふみのよしあき)
苫米地式コーチング認定コーチ
 
機能脳科学・認知心理学以外にも原子力、数学、法律、経済、教育、ITといった多彩なバックグラウンドを持つ理論派コーチ。
その膨大な情報量と高い抽象度を駆使して、様々なオリジナリティー溢れる方向からクライアントに最も適切なマインドの使い方を伝え、クライアントの変革を促すマインド構築のプロフェッショナル。

これまでコーチングを通じて、「1年で年収が300万から600万になった方」「うつを克服した方」など、本人が気づかぬうちにいつの間にかクライアントを激変させてしまう。

現在は自身のテーマである『自律』をゴールに掲げ、コーチングを行う傍ら自律型人財の輩出を目指した、起業・独立を専門としたセミナーやスクールを運営している。




ちょっぴり贅沢なアフターヌーンティーとともに、覚醒を一緒に楽しみましょう!
 

ご参加お待ちしています!!



------------------------------------------------------------------------------------------------