ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


コーチングをするにあたって、普遍のテーマとなるが『ゴール設定』です。

なぜなら、ゴールがなければどこにも行けないからです。

このときのコツは、現状の外側のゴールとは何か?といったことを深く考えず、とりあえず設定して走り出すことです!

よくご存知のように、現状の外側とは、定義上今の自分では観ることができません。

なので、このときの指針は以下のように極めてシンプルです。


今この瞬間を仮にAとすると、その場所から暫定の仮ゴールを設定し飛び出すことで、新しい現状Bに到達します。

そしてBという瞬間にも、同じく暫定のゴールがあるので、それを設定して飛び出すことで、さらに新しい現状Cに到達します。

これをC⇒D⇒Eという風に繰り返していくと、最初Aのころと比べてEは、Aのときでは全く考えが及ばなかった場所にいることになります。


つまり、現状Eは過去の現状Aからすれば、明らかに現状の外側になるのです!

ゴールを設定してひとつずつ先へ進むなかで、私たちはそこでようやく現状の外側のゴールと出会えます。


さて、このとき、同時に要請したいのは、自分の本質であり、自分の明確な価値観です。

これがわかると、かなりスッキリして、色々ものが整合的に見えてきます!


とういうことで、先日メルマガ読者向けの限定企画で、自分の本質を見つける方法を解説した特典動画を配布したところ、その中のお1人から、とても大切な気づきのあるフィードバックをいただきました!

匿名での掲載を許可していただいたうえで、シェアします!


(引用開始)

文野さま  

おはようございます。

この「本質」探し、物凄く負荷がかかっていました、メールするにも中々出来ず、
他の創造的回避とも相まっていて。

けれど、今やっと「自分を大切にしたい」と思えるようになりました。

食べ物関連に興味があるというのも
私が過食症っぽかったから。
(創造的回避でまずコレが来てました。もうえらいこっちゃ!!!な位。)
「依存」しやすかったんですよ。
「自立するんだ」とやっきになってました。


何だかやっと
「自分を大切にしないと」「わかっちゃいるけど 」
から
「自分を大切にしたい」になれました。

愛情の所だったのか、何なのか
色んなものが入り混じっているのですが、
ただ、「掴み取る」ことが(want toですね)
「大切にする」にも繫がるようです。

朝、今のうちに送らないと
子供が起きてきて、日常に流されそうになるから、
色々飛んでますが送ります。


ありがとうございました。


(引用終了) 



基本的に、私たちは皆例外なく生真面目です。

これは日本の教育が、得意なところを徹底的に伸ばすよりも、苦手なところを徹底的に直すことに重点を置くからです。

またこれに加えて、何事も自分ひとりでコツコツと取り組む姿勢が模範ともされていることも関係します。


そういったことを幼少のときから刷り込まれると、勤勉であることと独り善がりの区別がつかないようになってきます。

もちろん、私もかつてはこのパラダイムに存在していました。

また、そこは自分からすると、自分に厳しく律するという高潔な精神からきているという点がさらに問題をややこしくします。

しかし、この気持ちは非常によくわかりますし、その気持ちは非常に重要ですが、残念ながら独り善がりだと、自分だけが疲弊して何も上手くいきません。


つまり、極めて悲しい現実ですが、自分では非常に至極まっとうなことにチャレンジしていると感じているにも関わらず、ますます堂々巡りになってしまうということです。


そこを抜け出すきっかけは、フィードバックでもいただけた通り、まずは自分を大切にすることです。

今の自分をきちんと受け入れ、そこからどこへ行きたいのかと、考えることです。


故ルー・タイスも著書アファメーションのなかで、人生の三つの基本法則のなかに、自分を偽らないことをあげてます。

自分をしっかり受け止めることができると、びっくりするほど、好転していきます!

現状を知るというのは、それだけ強いのです。

東京に行こうと考えるなら、飛行機を使うか、新幹線を使うかを考える前に、最初に自分は今大阪にいるということを知ることが重要です。


ただ、この向き合うとか受け止めるというのは基本容易ではありません。

なぜなら、ひとは自分に起こったネガティブなことを反射的に、なかったものとして蓋をするからです。

何かタイミングで怒ってしまって、その怒った自分そのものが許せないというロジックに、これはとてもよく似ています。


しかし、そこはきちんと意識的に、向き合うことで不思議と次へ向かうことができるようになるのです。

ぜひ、自分を大切にするなかで、ますます自分に向き合われてください! 

もしひとりではどうしても向き合えないという方は、ぜひ一緒に向き合っていきましょう!

そしてもっと大きなところに飛び出して、自己実現を成し遂げていきましょう!

------------------------------------------------------------------------------------------------