*本日23:59に募集が終わります!*

私たちが本当に動けなくなる理由は、実はこの不安にあります!

不安という概念の扱い方がわかると非常に、自身のマインド使い方が上手くなります!!

もちろん、マインドの使い方が上手くなれば、自己実現に向かって圧倒的に近づけます!!


コーチングでリフトアップができるという驚きの事実公開は本日までです!



ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


新年二発目のはじめての書き換えは、不安という感情の操縦術を学びます!

※一発目のリフトアップもお楽しみに!

私個人が思うに、私たちがゴールを達成できない最も大きな要因は、具体的なスキルや才能ではなく、実はこの不安です!


不安という言葉を聞くと、ある人からすれば『ふーん』の一言で済みますが、生真面目に一生懸命考えながらゴールに向かっていく人からすればたまったものではありません。

なぜなら、どんなに考えても、どんなに色々試してみても、それが全く上手くいくように思えないからです。

もちろん上手くいくように思えないというのは、言葉以上にとても深刻で、それはゴールの引き下げやセルイメージとエフィカシーの低下を呼び込み、きちんとその通りになって何も上手くいきません。

もちろん不安ゆえに、そもそも行動ができないということはざらに誰しもが経験します。


現状の外側にゴールを設定する以上、基本的にそのゴールへのチャレンジは未知への挑戦です。

未知のものへの挑戦は、往々にして非常に大きな挑戦であり、例外なく私たちを不安と恐怖で縛り付けます。

つまるところ、ゴールへ向かっていくときに、一番最初にやってくる戦いが、この不安との戦いということです。


しかし、この不安という感情は、非常に厄介で、あらかじめわかっていても、不安の発生を押さえることはできません。

なぜなら、不安という感情を正しく理解していないからです

不安は感情のひとつなので、生理現象です。

トイレや笑いを我慢できるひとがこの世に存在しないのと同じです。

そしてもうひとつ不安に対する誤解を述べると、何か懸念があってそこに不安が発生するわけではありません。

先に不安があって、その不安を説明するそれらしい説明を後から付け加えることが最新の認知神経科学でわかっています。


そして、この不安への対処法としてよく引き合いに出されるのが、ネガティブな感情を一切表に出さず、モチベーションを高め、自分を高揚させることで誤魔化す方法です。

ハッキリいうと、この方法では何も解決しないし、役に立ちません。


不安には、ちゃんと科学的に実証された対応策が存在します!

その方法と不安のメカニズムをきちんと学ぶことで、自分で不安を処理できるようになり、淡々と現状の外側のゴールを目指せるようになるでしょう!


以下詳細
††はじめての書き換え~不安なんていらないだから~††
【日程】2016年2月14日(日)

【時間】13:30~15:30

【場所】東京都渋谷区貸会議室
 (参加者様に個別でお知らせします)

【募集人数】定員8名様
(定員に達し次第、終了とさせていただきます)

【料金】20,000円(税込)

【申込み期限】2015年1月31日(日)23:59:59 まで

【参加資格】熱意があればどなたでも!

【お申込み】こちらのお申し込みフォームから

【質問等】こちらのお問い合わせフォームから



不安という概念はとても身近でありながらも、とても大きな感情です。

不安は、私たちの輝かしい未来に向けた新しい挑戦を悉く妨げます。


とても卑近な言い方ですが、不安があって前に進めないのなら、不安がなければどこへでもいけると思いませんか?

不安の正しい科学的な知見と、その対処法、そして完全オリジナルの不安を克服する共感覚を用いた内部表現の書き換えを学んで、自分のゴールにもっともっと近づきましょう!

------------------------------------------------------------------------------------------------