ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


現状とは、私たち苫米地式コーチングの流派において、ステータス・クオと表現します。

現状という言葉を聞くと、日本語の意味が現在の状態やありさまというものなので、今のこの現在という一点だけを指しているように感じます。

しかし、私たちが主張する現状(ステータス・クオ)とは、これからやってくる未来のことも含んでいます。

もっとざっくり言ってしまえば、コンフォートゾーンの原理に従い、未来永劫同じところに居続けてしまうということです。


そのように考えたとき、時間は何も解決しないことがわかります。

心の病などで時間が経てば解決の見込みがある、ないしは待つということが大切という場合も多々ありますが、少なくとも私たちが直面するケースはそうでないことが大半です。

いわばステータス・クオの外側へ向かう最中なのか、そうでないのかという視点は極めて重要なポイントとなるでしょう!

そして外側へ飛び出すときに必要になのは、ゴールの設定とエフィカシーの高さです。


ここで率直に良くあるケースとして、本人はステータス・クオの外側に出ようとしているつもりなのに、実はステータス・クオのど真ん中の行動をしている場合がよくあります。

自分はそんな現状を変えようと必死になっているにも関わらず、全く成果が出ないことへの焦りとイラ立ちがつのりますが、実際はステータス・クオに留まる努力を必死に取っているので、ちゃんとステータス・クオに留まる結果が付いてきています。

良いか悪いかは別にして、正当な努力に対する、正当な結果が還って来ています。


さて、こんなパターンから脱すために、必要なことは何かといえば、それはもちろん正しい現状の認識です。

もちろん家族でも友人でもプロのコーチでも、わかっていない人にはきちんと指摘することが重要だと思っています。

しかし、残念ながら本人からすればそうように感じません。

今までの自分の努力や苦労やかけた時間は何だったのか、悪態をつくことを通り越して自暴自棄に陥ります。

もちろん地の底まで落とされたとき、逆に自分は間違っていないと、そんなことはないと怒りが飛び出すひともいるでしょう。


日本では、言わぬが花という言葉があるように、正しい指摘を基本的に嫌います。

なので、実際それをエフィカシーが下がることではないか、下げてしまうのではないかと懸念されますが、私個人はそうでないと思っています。

なぜなら、正しい現状認識から始まり、そこから外側へ向けて方向転換すればいいからです。

ステータス・クオに内側と外側しかない以上、内側がわかれば外側がわかります。

今大阪にいることがわかれば、東京まで行くことは可能です。
もちろん、新幹線でも飛行機でも夜行バスでも構いません。

しかし、今どこにいるのかもわからないのに、東京まで行くことは不可能です。


エフィカシーでもセルフエスティームでもなく、そこでついつい変なプライドを持ってしまいます。

本当は逆向きです。

エフィカシーとセルフエスティームを持つべきで、変なプライドは捨てていくべきです。

プライドは何の役にも立ちません。

プライドが満たされて喜ぶのは、自分のちっぽけな自尊心のみです。


ゴールに向かうということは、ステータス・クオの外側に飛び出しコンフォートゾーンを変えていくことです。

コンフォードゾーンを変えていくこということは、評価関数(自我)を変えていくということです。


現状を知ることは、エフィカシーを下げることでもなんでもなく、ただのスタートです。

自分がどこにいるかのをきちんと知って、ゴール側に飛び出しましょう!


------------------------------------------------------------------------------------------------