『頭の回転が50倍速くなる脳の作り方』

本書はIQ向上をテーマに、クリティカルエイジを克服し、加速学習を通じて自分らしい人生を掴むことを目的とした、脳力拡大のガイドラインである。

IQ向上は我々にとってある種、悲願ともいえる、普遍的なテーマのひとつである。

なぜなら、新しい発明もビジネスも資格も、全ては自身の頭の良さが起因するからである。

IQとは、Intelligence Quotientの略で知能指数のことであり、この数値が高いほど知能が高く、低いほど知能が低いことを現す。


さて、具体的なIQ向上の方法論は本書に譲るが、IQの高さとは何かと考えたとき、それはひらたく言うと素早く問題の解決策にいきつく能力である。

例えば、仮に普通5時間かかって解く問題を、10分で解くことができる人がいたならば、その人を我々はIQが高いと評価する。

ここで我々が浮かぶ素朴な疑問は、問題を解くのに5時間かかる脳と10分かかる脳の違いは何かということである。

なぜなら、その違いがわかれば、後天的に自分のIQを高めることができ、結果的に現状の外側のゴールを容易に達成させることができるからである。


IQと問題解決の関係を考えるうえで、天才の代名詞でもある、アインシュタインの脳をこの問いのひとつの切り口として取り上げたい。

アインシュタインの脳は、アインシュタインの死後、実は摘出・解剖され、標本にされている。
もちろんこれはアインシュタインの意向を踏まえたものである。

また、その執刀にあたったのはイェール大学のトーマス・ハーヴェイ博士である。

しかし当時は、遺族への感情が加味されたことと、またハーヴェイ博士自身が歴史的偉大な脳に対し、どのようにアプローチしてよいのか全く見当がつかなかったことなどが要因として、長くその研究が前進・公開されることがなかった。

(※閲覧注意)

このとき、アインシュタインの脳の形や左右の対称性等は、一般人の脳とそこまで大きく変わらなかったが、2つだけ他の脳と圧倒的に違うものが存在した。

初めに前頭前野の厚さである。

アインシュタインは、この部分が他人よりも12ミリ厚かったことが報告されている。

前頭前野とは、ちょうど我々のおでこのあたりに位置する脳の一部位であり、ヒトの論理や抽象思考を司り、知的タスクを専門に扱う部位である。

他人よりも厚いということは、言い換えればそれだけ発達していていたということである。

しかし、この前頭前野の厚さが、生得的なものなのか、それとも後天的に拡大させていったのかは定かではないが、少なくとも前頭前野の機能から考えても、この場所がIQに深く関わっていることは容易に推察できる。


次に脳の重さである。

アインシュタインの脳の重さは、平均男性よりも約120グラム軽かった。

平均男性の脳の重さは約1350グラムであるが、アインシュタインの脳はそれよりも軽い約1230グラムであった。

世間では、よく頭の重さや大きさでIQレベルを計ろうとする冗談を耳にするが、この議論は全く意味のないものであることが、アインシュタインの脳の解剖結果から示されている。

アインシュタインの脳から考えるに、天才を解剖学的に捉えるならば、それは前頭前野が発達した人のことである。


IQの高さに前頭前野が関わってることを踏まえたとき、次に興味が向かうのは、前頭前野の機能をどうやったら高められるのかということである。

鍛えるという観点で考えたならば、前頭前野も筋肉と同じように、使えば使うほど発達する。
これは、脳に可塑性が存在することに起因するからである。

可塑性とは、神経系が環境に応じて最適な処理システムを作り上げるために、よく使われる神経の回路の処理効率を高め、使われない回路の効率を下げるという脳の現象である。

可塑性を理解するには、ジル・ボルト・テイラー博士の事例が最も印象的である。

彼女はかつて脳卒中で倒れ、その後生命は取り留めたものの、感覚器官と言語器官の深い後遺症を負ったが、約8年間の長いリハビリ生活を経て、見事に脳機能を復活させることに成功した。

脳機能が麻痺しても、脳はそれを除いてあまりまる神経細胞が存在し、その他の神経細胞を使えば十分もともとの機能の代替を果たすことが可能である。


その点を考慮すると、生得的な議論を除けば、アインシュタインは最初から今のようなIQの高さを持っていたわけではなく、長く同じ問題を考え続けることで、これだけ前頭前野を獲得したと考えることができる。

実際アインシュタインは、相対性理論を完成させることに10年以上も歳月を費やしている。
 
アインシュタインだから10年で相対性理論を完成させることが出来たと考えるべきなのか、それとも相対論という学問自体がアインシュタインでも10年かかるような難問だったと考えるべきなのかは個人の判断によるが、どちらにせよ10年間も同じ問題に取り組み続けた点は最も注目に値する事実である。

なぜなら、10年間考え続けることは、相当な期間、必然的に脳を鍛えたということだからである。


これをコーチングのコンテキストで紐解くならば、Want-toを忠実に実践することが如何に大きなインパクトを持つかの理解できる。

なぜなら、Want-toを忠実に実践するとは『こだわる』ということであり、こだわるということは『考え続ける』ということだからである。


可塑性を考慮し、IQを向上させることを考えた場合、その方法は繰り返しになるが、前頭前野を鍛えることである。

そして、それは言い換えれば抽象思考をすることである。

抽象思考とは、複数の物事の共通点を見つけ、ひとつにまとめていく思考プロセスであり、その過程で神経細胞の接続が進む。


また余談であるが、徹底的に考え抜ぬくこととは、往々にして独自の目線でその対象物の情報場をつかめるようになることである。
そしてこれは、我々が独創性と呼んでいるものである。

独創性とは、ひとが思いもよらない論理を包摂しているということであり、その状態と現状との大きなギャップに感嘆を覚える。

もちろん大きな感嘆は、それがプロダクトであった場合、高収入につながっていく。

コーチングを通じて収入があがってしまうのは、エフィカシーという観点を入れずとも、脳機能をフルに使うという点で十分説明できる。


コーチングを受けるとき、その過程は自分自身と徹底的に向き合うことになるが、このとき自分が気づかぬうちに封じた心の底に眠る願いを呼び覚ますことになる。

その願いは、我々が現状の外側のゴールと呼ぶ一例であるが、それを達成するためには、さらにもっと様々なことについて考えていくことになる。

なぜなら、そもそも現状の外側のゴールにどうやって気付くかもそうであるが、ゴールをどのように達成していくのか、あるいはどのように課題をクリアしていくかという問いも同時にやって来るからである。


心から望むWant-toのゴールを設定し、それを達成するために日々挑戦、日々思考することは、結果的に我々のIQを高めることにつながる。

現状の外側のゴールを設定し、そこに向かって進むという一見ありきたりに思えるものが、抽象思考という点では本質的に同じであり、自身のIQを向上させるということである。


誤解を恐れずいうならば、我々はよくIQが高ければ、立ちふさがる全ての難題が解決するという幻想を抱いてしまう。

しかし、これは単にセルフイメージの問題である。

自身のセルフイメージの低さから、現状の困難な課題に直面したとき、その原因を安易に自分のIQの問題であると結論付け、そこに結び付けてしまうということである。

もちろん生得的にIQが高いに越したことはないが、上記のセルフイメージの問題は、正しい現状分析ではなく、単に学校における偏差値教育の弊害である。

偏差値によって、学生を全国でランク付けし、そのランクに相応しい将来を選択させるよう仕向けるなかで、偏差値にあった分相応な生き方こそ堅実で望ましいというセルフイメージを擦り込むということである。

そして、いつの間にかIQという絶対的な制約を自身のマインドの中に創り出したということである。

まさに、偏差値が高い=IQが高い、ということであり、偏差値が高い=人生が上手くいく、という洗脳である。


IQをあげるにあたって、我々はなぜIQをあげたいのかという普遍的なところから考える必要がある。

なぜなら、IQだけが高くても意味がないからだ。

むしろ、クルト・ゲーデルのように頭の良さ故に発狂して、悲惨な最後を迎えた偉人は少なくない。
また、なんでも簡単に出来てしまうことにより、達成感を得ることが出来ず、人生をそのままドロップアウトするという事例も存在する。

アインシュタインは確かにノーベル物理学賞を光電効果の発見によって得ているが、かといってノーベル文学賞に特に興味はなく、そもそも得ようとすら思わなかっただろう。

他にも彼自身は数学にそこまで強くなく、計算間違いや、アインシュタイン本人ですら気づかなかったアインシュタイン方程式の解(ゲーデル解)をゲーデルから指摘されている。
 

IQを高めることには、必ずゴールの存在が必要である。

そして、ゴールを持ち、その向って進む中で、IQは自然と向上する。

IQを高めるということは、自分の人生をどうしていきたいかという選択の幅を広げることに他ならない。

自分のゴールを見つめ、それを達成するために必要な挑戦や思考する中で、どんどんIQを高めていってほしい。