ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


私たちは今よりもっとすごい自分になりたいと思うとき、きちんと現状の外側のゴールを設定し、エフィカシーをあげていかなければなりません。

しかし、実際にゴールを設定して、エフィカシーをあげようとしても上手くいかないことは往々です。

様々な原因が考えられますし、実際ケースバイケースになりますが、ゴールを達成している自分も、エフィカシーがあげた自分も、最後はそのような自分が受け入れられないということで、瓦解します。

一言でいうなれば、そのような状態は自分には不釣り合いだというセルフエスティームの問題です。


自分の社会的位置をどこにもって来るかはとても重要な問題です。

なぜなら、無意識レベルで感じているセルフエスティームのレベルによって、私たちの社会的位置を含む現状が決まっていくからです。

いうまでもなくセルフエスティームが高いほど、高い社会的位置に自分を持ってくることができますが、このときただ自分の自尊心をあげるだけでなく、忘れてはいけないのは他者への配慮です。

セルフエスティーム
@セルフエスティームの全体図


セルフエスティームとは、日本語では自尊心という言葉を使います。

しかし、本来の日本語としての自尊心という言葉の意味は、自分の人格を大切にするという意味であり、それは往々にしてプライドのことを指しています。

いうまでもなく、プライドとはカテキズムにおける7つの大罪のひとつにも指定された概念であり、それが私たちが主張する自尊心ではありません。

自分の社会的位置への高い評価と、そこに他者への配慮がきちんとあいまって、はじめて私たちが重要だと指摘するセルフエスティームが現れます。

虚栄心や見栄から来るセルフエスティームは、自尊心も他者への配慮もない状態です。

きちんとセルフエスティームとプライドは分けて議論をするべきでしょう。


セルフエスティームが本当に高いとき、私たちは自分にも他人にも寛大になることが可能です。

なぜなら、自分の価値をきちんと自分で決めることができるからです。


そこには虚栄心や見栄などいうものはありません。

ポジティブな自分もネガティブな自分もきちんと丸ごと抱きしめることができるから当然です。

自分も他人も丸々全てを受け入れることができたなら、私たちは自分が設定するゴールもエフィカシーも社会的位置も、きちんと受け止められるように思います。


虚栄心や見栄ではなく、ありったけの情熱で自分を抱きしめたときからが、本当のスタートです!


------------------------------------------------------------------------------------------------