本コーナーは『正しい苫米地式コーチングとは何か?』を


イシューに発信するシリーズです。


本企画の趣旨はこちらをご覧ください。





本日はその第5回、テーマは「なぜ複数回セッションを受けた方がいいのか?」です!




苫米地式コーチングのセッション回数は、基本的にトライアルコーチングを


除き、6回前後あります。


もちろんコーチの裁量でこの全体のセッション回数は前後しますが、概ねこの数字です。


そして、セッションは間違いなく複数回受けた方がいいと言えます!




その理由として、継続は力なりという諺もあるからと思われた方はちょっと待ってください!


確かにその主張は間違いではありませんが、少し不十分です。



厳密な回答は、変革のスピードは人それぞれ違うからです。


つまり人によっては、セッション1回目でロケットスタートをきる人もいますし、3回4回とセッションを受けてから変革する人もいます。


もちろん人によっては6回以降のセッションが終了して、初めて激変する人もいます。


人によって違う変革する瞬間を迎えるために、その人に合った形で働きかけていくからです。




これを読まれた方は、「え!?」と思われたかもしれません。


ゴール達成は早い方がいいと思うかもしれませんし、それ自体を否定はしません。



しかし、我々はそれでいいと考えています。


なぜならそれは、 ゴール達成は他人との競争ではないからです!


ゴールとは、自分のペースで着実に掴み取るものだからです!


コーチは、その人のパーソナリティを全て肯定しているからです!



我々コーチは目先のクライアントからの感謝を求めているわけではありません。


むしろ、コーチという職業がなくればいいのにぐらい思ってます。


なぜならコーチが不要な世界とは、間違いなく全ての人が自分のゴールを達成した世界だからです。




そしてここで忘れたくないのは、変革は1度で終わりといことはないという事実です。


人には無限の可能性があります。今起きた変革で終わりということはありません。


スコトーマに隠れて今は見えないかもしれませんが、さらにその次があります!


この道のりはどこまでも続きます!


だからゴールを追いかけることは最高に刺激的で最高に楽しい


この体感と醍醐味は、どっぷりつかってみなければわからないでしょう。



複数回あるセッションの中で、一緒にあなたの無限の可能性を探しませんか?


あなたにはその能力があるし、間違いなく掴み取れます。


私はそれを心から確信しています。


5a4b1df73257c481eff710211f47730b8a4aa2401357986828