*大阪開催本日で募集終了です!*


ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。


9月のはじめての書き換えは『エフィカシー』を取り上げます!

セミナーの告知が少し急となりましたが、楽しんでいきましょう!
 

エフィカシーとは苫米地式コーチングの最重要概念のひとつです!

苫米地理論を学び実践していく中で、高いエフィカシーの維持というのは1つのキーワードとなることはいうまでもありません。

苫米地式コーチングの本質を一言に集約するならば、『ゴールを設定し、ゴールに向かって自分のエフィカシーをあげること』です。
 

しかしこのエフィカシーをあげる、ないしは高いエフィカシーを維持することは、真面目に取り組まれいるひとほど難しいと感じていると思います。

エフィカシーとは自己評価であり、自信のことで、「自分らしい」と思う自分の基準を高く維持することがゴール実現において必要です。

自己評価が低い場合、仮に成功しても次に失敗するようなホメオスタシスが働きます。

逆に自己評価が高い場合、仮に失敗しても次に成功するようなホメオスタシスが働きます。


では『そのエフィカシーを高く維持するにはどうれすればいいのか?』というのが、本セミナーの問題提起です。

『はじめにゴールありき』という前提は当然として、エフィカシーがあがったことを身体を通じて学びます!


また、このとき高いエフィカシーとは、感覚的なものであってはいけません。

つまり、きちんとした基準が必要です。

言い換えれば、そのエフィカシーの高さをどうやって測るのかという問いです。

エフィカシーが高いことがいいと理解しつつも、エフィカシーが高いという言葉を私たちはとても曖昧で恣意的な基準に照らし合わせます。

それでは本末転倒です。
 
アプリオリなる基準はないにせよ、きちんと過去の自分と比較して、きちんとエフィカシーがあがったこと臨場感を、自分に落としていくことが重要です。

身体を使ってフィードバックを取る、2つの意味でハイエフィカシー体質です! 


このときターゲットとなるのが、中丹田(胸)です!

エフィカシーを測るひとつの身体的基準に中丹田を用います。

中丹田は道家の伝統でいうならば、熱性の気です!
 
私たちの身近な言葉に翻訳するのなら、それは情熱という言葉で言い換えて良いでしょう!

私たちは無意識のうちにエフィカシーが胸に表れることを知っています。

例えば人間関係に困ったら「胸が痛む」とか「胸が締め付けられる」といいます。

逆に楽しいときなどは、「胸がドキドキする」「胸が高鳴る」といいます。

中丹田を開発して、ハイエフィカシー体質を手に入れましょう! 
 

以下詳細
【2拠点開催!】はじめての書き換え~中丹田を開発してハイエフィカシー体質へ!~
日程:2015年9月21日(月祝)@大阪
    2015年9月27日(日)@東京

時間:14:30~16:30@大阪
18:30~20:30@東京

場所:大阪市内某所、東京都内某所
 (参加者様に個別でお知らせします)

募集人数:各最大8名様
(定員に達し次第、終了とさせていただきます)

料金:20,000円(税込)

申込み期限:2015年9月18日(金)23:59:59 まで@大阪
                2015年9月23日(水)23:59:59 まで@東京

参加資格:熱意があればどなたでも!

お申込み:こちらのメールフォームから

質問等:こちらのメールフォームから


中丹田が発達した例をあげるなら、例えばアントニオ猪木や松岡修造です。

実際彼らのパワーや情熱は私たちの想像を軽く凌駕します!

ただ彼らは中丹田が強すぎるので、暑苦しさのようなものを私たちは感じます。

バランスのとれた中丹田の開発は、自分の自信をつけるだけでなく、男性ならパワフルな印象を、女性ならバストが膨らみ魅力的な印象を与えます!

もちろんこの論理を逆向きに考えたとき、私たちが自信がないと感じる人々は、往々にして猫背になり、自然と中丹田を縮めていることに気付きます。

そして冷静に見渡してみると、世の成功者たちで、胸を窄めた人はいないのです。

エフィカシーを身体を通して理解するのは、とてもおもしろいアプローチだと思います!

正しいエフィカシーを実装し、ゴールに向かって邁進していましょう!

皆様のご参加お待ちしています!

------------------------------------------------------------------------------------------------