苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


私たちには、大なり小なり目指す場所が存在します。

目指す場所というのは、もちろん現状の外側のゴールのことですが、現状の外側とは定義上眼に見えない存在です。

なので、それが本当に現状の外側なのかどうかは、明確に判断する基準はなく、正直判別することはできません。


もちろん現状の外側が定義上眼に見えないというところから堅苦しく演繹せずとも、もっとシンプルな言葉にするならば、それはただただ今自分が存在する場所が自分の居場所ではないという確信です。


もし今この場所が自分の望む場所でないのなら、次の選択は本当に望む場所に移動するより他にありません。

なぜなら今の場所が望む場所ではない以上、れ以上居続けても同じ毎日の繰り返しにしかならないからです。

これらを解決するのは、自分の望む場所をひとつひとつ丁寧に探していくというプロセスです。


言葉で表現すると、とても簡単ですし、明日からすぐに実践することができますが、何故か私たちはここで恐ろしいほど様々な理由を考えて動きません。

例えば、本当に自分の望む場所が存在するのか、ひとつひとつ探して望む場所が見つかるのか、見つかったとしてそこで次何をするのか、といった感じです。


その気持ちは非常によくわかります。

しかし、誤解を恐れずにいうならば、これらの質問は全く意味のないものです。

なぜなら、それらの質問はいくら考えても自明な回答は生まれないからです。


自分が望む場所が存在するかどうかは、仮に世界地図を持っていたとして、実際に住んでみないことには判断のしようがないのと同じです。

思ってたよりも気温が高いとか、湿度が高いといった情報は、実際に住むことで初めてわかります。

そして言うまでもなく、それらは言葉で聞く以上に、実際に経験すると、本当にそこに住むかどうかを、より臨場感を持って判断できます。


となれば、私たちが行動するために必要なものは何かといえば、如何に自分の気持ちをそのまま出すかどうかです。

そのまま出すとは、その感情に沿った行動を忠実に実践できるかどうかです。

そのまま出すことができれば、それだけで今まで以上にもっとうまくいくことが可能です。


なぜなら、一番人間のパフォーマンスが発揮されるのは、自分の心から湧き出すWant-toをそのまま外に出すことだからです。

それ以上は不要です。


私たちはもっと自分に誠実であるべきです。

聞くべきは他人の声でなく、自分の声です。



------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


この度、来る5月7日に杉原悦月(えつき)コーチと、大阪でセミナーを緊急開催します!

その名も、”何が起こっても「揺るがない自分」のつくり方” セミナーです!




不安にさようなら!
”何が起こっても「揺るがない自分」になりたい人へ

まわりに振り回される人生はもうたくさん。
人の言うことに翻弄され、自分のやりたいこともできず、
ストレスにまみれる毎日から脱出しませんか?
  
あなたはいつでも人生を変えることができます!
 
意志の力とイメージの力を用いて、
いかにあなたがセルフイメージを変化させ、
ブレない自分になっていくか、その方法をお伝えします。

まわりから押し付けられた人生に翻弄されるのはもうやめませんか?

自分のやりたいこともできず、ストレスにまみれる毎日から脱出しましょう!


もしあなたが、

・不安なく、楽しい毎日を過ごしたい。
 
・震災のことを考えると自分が不甲斐なく思え、無気力になってしまう、、、。
 
・収入のことが気になり、いつ仕事がなくなるか不安。
 
・ゴールを設定してイメージングするけど、まったく実現する気配がない、、、
 
・どうすれば自信が持てるかわからない。
 
・セミナーや書籍などでいろいろ勉強したけど、結果がでない。
 
・自分の思考のどこに問題があるか、よくわからない、、、
 
・今の自分のままではいけないと思うけど、どうしたらいいかわからない、、、
 
・好きなことだけして収入を得られるようになりたい!


これらのうち、もし一つでも当てはまるのであるのなら、
ぜひ続きをお読みください。
あなたにとって大切な気づきを得られることでしょう。


あなたが意志力とイメージング力をうまく用いるなら、
あなたは自分の心と人生を自由自在に操ることができます。

みるみるうちにあなたの望んだ未来があなたの元にやっていきます。

それを実現するには、ある法則があるのです。

それを知っていると知らないとでは、
あなたのその後の人生に雲泥の差が開くことでしょう。


それを知ることより、あなたは安心安全なブレない自分を構築します。
価値ある人生を生きる第一歩を踏み出します。

あなたは自分の尊厳を取り戻し、スイスイとストレスなく、
いつのまにやら望む人生を過ごしていることとなります!



不安を抱え、「どうにかしたい。しなければ、、、。」
と方法を探しておられるのではないでしょうか?


その気持ちはよくわかります。

なぜなら私たちも以前は不安とストレスにまみれ、
どうしたら人生もっと良くなるだろうか?とよく考えたものです。

しかし今ではいつも心に熱い想いを秘めて、
未来についてワクワク考えることがクセとなりました。

どうやってそれを身につけたか?って?


それは苫米地理論に出会い、そのコーチングを実践することで、
今まで気づかなかったマインドの使い方を習得できたからです。

そう、それまでは前向き思考になるようなマインドの使い方を
誰も教えてくれなかったんですね。

学校も親も上司も教えてくれなかったどころか、
彼らですら知らないことだったんです。

本を読んだり、セミナーに行ったりもしましたが、
腑に落ちるまで体得するまでには至りませんでした。

知識の詰め込みだけどうにかしようとがんばっていましたので、
なかなか思うように事は運ばず、、、。


しかしながら、脳の機能に沿ったマインドの使い方と
身体と意識の関係を体感的に学んでいってみれば、
今まで思っていた以上に奥の深い世界が開けました。

世界は本当に自分が見ているように現れてくることを実感しています。


苫米地式コーチングは、認知科学者の苫米地英人博士が長年の研究のもとに
開発されたコーチングプログラムです。

脳の機能を効率良く使うことで、より簡単に早く望む未来を手に入れることができます。

苫米地式コーチングは、言語的アプローチとともに、
内部表現の書き換え、つまり無意識領域に非言語でアプローチするコーチングです。
ここが他の一般的なコーチングと一線を違うところであり、
無意識への非言語的働きかけが圧倒的な結果を生み出す秘訣となっています。

『言葉を使わずにいかにコーチングを行なっていくのか?』
は専門的な知識と知恵と経験が必要とされます。
認定コーチはその特殊な方法を体得し、実際にそれを用いてコーチングを行なっています。



今回のセミナーでは、
意志の力とイメージの力を用いて、いかにあなたがセルフイメージを変化させ、
ブレない自分になっていくのか、そのためのヒントをお伝えします。


コーチングでは「ゴール設定がとても大事」だと言います。

しかしながら、まずそもそも
「ゴール設定」を勘違いしている人がほとんどです。

今の自分がゴール設定をしたところで、
それは今のちっぽけな自分が望むちっぽけな未来です。

その未来にフォーカスをしてしまうと、
その未来しか叶いません。


つまり、あなたが月50万円稼げるようになりたいと目標を立てるなら、
多分、50万円を稼げるようにはなるでしょうが、
300万円を稼ぐことはできないでしょう。

けれどももし300万円を目標にしていたら、
もしかすると月100万円は達成できたかもしれません。

簡単に言えば、そういうことなんです。

今の自分に見合った小さい目標を立てるなら、
それは叶うかもしれないけどそれ以上は達成しにくい、
というデメリットを得てしまいます。


でも本当のあなたはそんなもんじゃありません。
まだまだ無限の可能性を秘めています。

それに気づき、それを求めるか否か、
それを信じて行動し続けるか否か、

それによって結果はずいぶんと変わってきます。


それは最初に
「どのようなフレームを作るのか?」
によります。
そのフレームを「ゲシュタルト」といいます。

あなたが何を意図するのか、
そしてどのようにして
それを実現させる意志を持ち続けるのか、


まずそもそもその設定を間違えると、
とんでもない方向に自分を進めることになってしまします。

つまりはゴール設定を間違えてしまうわけです。

それはそれで経験を積めますが、
限りある人生、余計な時間は使いたくないですよね。


あなたが価値ある人生を送るには、
自分の持てる才能を最短で最大限に生かし、
本当のゴールに向かっていくことです。

本来、あなたが向かうべきゴール。

それをどのように設定するのか?
どのようにしてそこに向かうのか?


目標が達成した様子をありありと
具体的にイメージするといいと言われますが、
それがよくわからないという人は少なくありません。

しっかりとした意志を向かうべき方向に向かわせ、
臨場感をもって適切なイメージングをすると、
思っているよりはるかに早く実現します。


はじめにゴールありき。

適切なゴールを設定すると、
ぶれない自分ができあがっていきます。

ゴールに向かう意志の力と、
それを臨場感たっぷりにイメージできる想像力。

この二つをうまく使いこなすと、
あなたは思った以上に早くゴールに近づきます。


もしなにか思わぬ出来事が起きたとしても、
あなたが自分のゴールをしっかりと認識していれば、
そのような障害にはへこたれず、立ち上がりも早く進んでいけます。

本当のゴールを知ることはなによりも強力です。


またいつなんどき地震や洪水、山崩れ、台風、噴火などの
天災被害を得るかわからない日本において、
いざという時にブレない自分を作っておくことはとても大事です。

思いもよらぬ突発的な事故が起こった時、
パニックに陥り、正常に頭が働かず、
冷静な判断ができないことは、
生きるか死ぬかの一線を隔てます。


また自分が被害に遭っていなくても、
テレビを見て、自分のいろんな思いに投影して、
気が滅入ったり、将来を不安感じて精神不安定に陥る人もいます。

それは自分の意志力が弱いから起こることです。


想像力、イメージする力をプラスの方向ではなく、
マイナスの方向に使うことにより、
大きな精神的ロスを自ら作ることになってしまいます。

感情的にならず、冷静な判断と迅速な行動をするには、
実は、とある脳の仕組みを知っておくことで、
無理せず簡単に自分軸に戻ることができます。

緊急時や長期化するストレスにどのように対応するかを
理性的に知っていれば、いざという時に感情的にならず、冷静に対応できます。

今回のような災害時などで受ける心理的トラウマから
どのように抜け出るかのコツもこのセミナーでお伝えいたします。


何者にも振り回されない真のゴールと真の自分。

あなたはこのセミナーで、
その見つけ方の極意を知ることになるでしょう!



このセミナーはこのようなことが得られます。

あなたの人生がどのように変わるかイメージしてみてください…

・パニックにならず、冷静沈着に物事に対応できる
 
・感情に振り回されず、理性的に対応できる
 
・どのようにゴールをイメージしたらいいかわかる
 
・自分を制限していた枠がとれる
 
・周りにイライラすることなく、自分を解放できる
 
・モヤモヤ悩んでいたことが解消し、気持ちがさっぱりする
 
・感情的になっている時にどのようにそれに対処したらいいかわかる
 
・モチベーションをいかに保つか、そのコツがわかる
 
・人生捨てたもんじゃないなと思える
 
・不調だった体調が調子良くなっていく
 
・不安が減ってストレスに強くなる
 
・自分の心をコントロールしやすくなる
 
・トラウマを気にならなくさせるコツがわかる


†セミナー詳細†

日程:2016年5月7日(土)13:30~16:30(開場 13:20)
 
料金:5000円
 
講師:杉原悦月(えつき)、文野義明

お申し込み:こちらの参加フォームから

お問い合わせ:こちらのお問い合わせフォームから



------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


成功体験を収めることは、極めて重要です。

なぜなら、成功体験を収めることは、エフィカシーの向上につながるからです!


私たちが現状の外側のゴールを設定し、それを達成しようと考えた場合、必ず必要になるのがエフィカシーの存在です。

いつもいうように、コーチングのプリンシプルは現状の外側にゴールを設定し、エフィカシーを上げていくことです。

なので、非常に大ざっぱな議論をすれば、ゴールを設定するのはもちろん、そしてエフィカシーをいかにして上げるかが重要であり、エフィカシーを上げ続けることだけを考えることが必要です。


そのときの効果的な方法は何かといえば、まさに小さくても良いので成功体験を収めることです。


成功体験を収めることを、もっと具体的に記述するのなら、成功を体験をしっかりと受け入れて評価し、さらに次の成功体験を収めることです。

ここでのポイントは成功体験に伴う臨場感や体感、感情を自身の行動に紐付けることなので、そういう意味では過去の記憶に存在する成功体験を引っ張り出すことでも問題ありません。

しかし過去の成功体験を引っ張り出すことだけにフォーカスすると、ただの自慢や過去の栄光にすがりついてスコトーマを作るだけになってしまう場合もあるので、これは注意が必要です


色々な議論や運用上の留意点は多々ありますが、基本的なスタンスとして、自分の新たなゴール側のブリーフシステムを構築していく上で、成功体験を繰り返し押さえていくことはとても重要です。


さて、話が色々なところに飛んでしまいましたが、本題に戻しましょう。

小さな成功体験を収めることは、結果的に自信につながる上記の内容はとてもシンプルで重要なものですが、最近出会った興味深い例はエフィカシーをあげるために小さな成功体験にこだわり過ぎているというものでした。


これはどういうことかといえば、小さな成功体験を収めることで自信につながるから、まずはとにかく成功体験を収めてからというケースです。


ゴールがあって、ゴールを達成するためにはエフィカシーの高さが確かに不可欠です。

そしてエフィカシーをあげるために小さくても成功体験を収めるために行動することは間違いではありません。


しかし骨格だけ取り出せば、これは明らかに創造的回避になっています。

なぜなら、成功体験を収めてエフィカシーがあがってからゴールに向かい始めるということは、イコールで何か具体的な方法が見つかってからゴールに向かうということと同義だからです。


これをもっと具体的にいうと、「俺は出来る!」、「私はやれる!」と本気で思っている自信満々のひとが、今すぐにゴールに向かうことはせず、いつでもできるから今やらなくてもいいといっているのと同じです。


いつでもできるなら、さっさと始めた方がいいのは当然です。

なぜなら、ゴールにそれだけ早く到達できるからです。


創造的回避に陥るありがちなパターンは、備えあれば憂いなしのことわざ通り、本人は緻密にきちんと準備していると思っていることに起因します。

それはつまり、準備をするということが本来の機能としてゴールに進むためのものですが、結果的にはいつまでも準備ばかりをしてしまい、結果的にいつまでたってもゴールに進んでいないということです。

要するに、実際はゴールまでのスタートをただひたすら遅めてしまっているということです。


ここでのチェックポイントは、今とっている行動が、本当にゴールを達成するために必要な行動であるかどうかを絶えず考えることです。

言い換えれば、実際に進んでいるかどうかを、きちんと客観的にレビューすることです。


ここの判断を間違えれば、堂々巡りという名の無限ループに囚われます。

繰り返しになりますが、本人は前に進んでいると錯覚している分、とても始末が悪いです。



大事なことは走りながら考えるということです!


もちろんドンキホーテになる必要はありませんが、準備が全て万全に整うことは、正直ほとんどありません。

あるいは、どれだけかっちりしたものを準備しても、想定外の事態になり何の役に立たなくなることも往々です。


ゴール側の目線にたって、今の自分がどこにいるのかを判断するクセを付けましょう!


そうすることで、適切な方向にきちんと進んでいきます!


小さな成功が自信につながるということも同じです。


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents