苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


ひとは誰しもこの世に生を受けたときは赤子であり、そして誰しも平等に歳をとっていくものです。

誰しも歳を平等にとっていきますが、そこには成長という概念が必然的に入ってきます。

なぜなら、歳を取るということは、経験が積み重なってくるからです。


経験とは、基本的に知識であり、有益な情報です。

それを持っているかいないかで、そのひとの言動にも風格にも、スパイスのようなピリリとした違いが現れます。

つまり、言い換えれば、時間とともにひとは勝手に成長していくということです。


さて、実を言うと、この事実はパーソナルコーチングでもつくづく感じることです。

コーチングをしていると、ひとは勝手に変わります。

ひとは勝手に成長を始めます。


コーチの腕の見せ所はもちろんたくさんありますが、それをおいても次回コーチングまでの1カ月というひとつのスパンのなかで、驚くほどの変化を遂げます。

こういった事実を間近でみると、ひとはそもそもの機能として勝手に成長する力が備わっているのだなと思います。


では、ここで逆説ですが、なぜ私たちはこんなにも自分が成長していないとか、悶々とした閉塞感を感じるのでしょうか?

デフォルトで成長し続けるなら、突破されて必然です。


しかし、実際はなかなか解決されることがありません。

そういった二律背反の事実を踏まえると、残酷な仮説が浮かびます。


その残確な仮説とは、ひとが勝手に成長するために使うエネルギーをわざわざ自分を成長させないように使っているという仮説です。


例えば、子供のころの自分というのは、何もやるにしても好奇心でいっぱいです!

これはDNAに書き込まれた根源的な欲求です。


やりたいということがあれば、善悪の判断もなく躊躇せずに飛びつきます。

もちろん犯罪や殺人がダメといった、倫理的・道徳的基準を満たすことは必要ですが、だとしても好奇心までは消えません。


この好奇心は消えたというわけではなく、自分でわざわざ抑えているという解釈です。

なので、自分で抑えることがなくなれば、また好奇心を持って躊躇せずに新しいものに飛びついたり、成長していきます!



もちろん、ゴールをある程度達成され続けると、ひとは今度は違う悩みを持ち始めます。

それは『次、何かしようか?』という悩みです。


ただ、この悩みを持つことは本来とてもいいことです。

なぜなら、自分が前に行きはじめること、つまりは成長するという方向にきちんと自分のエネルギーが使われているからです。

前へ進んでいなかれば、「次、どうしようか」などと考えません。



自分のストッパーを外しましょう。

ひとはデフォルトで成長します。


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


とっても希少でプレミアムで大好評だったあの企画が返ってきます!

その企画とは、「気功とマインドの使い方の両方が身に付く"覚醒"お茶会」です!!


先日苫米地式ヒーリングマスターヒーラーである橋本明頼(はしもとあきら)先生とコラボした、
気功とマインドの使い方の両方が身に付く"覚醒"ランチ会ですが、

今回はもっとポピュラーなお茶会となって返ってきます!!


※覚醒ランチ会って何?という方はこちらから!


前回のランチ会は、覚醒の名に恥じない変革を促す巨大なシステムと、非常に密度の濃い時間を一緒に過ごしました!

今振り返っても手前味噌ですが圧倒的の一言です!

数学・物理学・生化学・認知科学・進化心理学・聖書学・社会科学を横断しながら、人の根源的な欲求にまで踏み込むとてつもない会でした!


ただ一方で内容が濃すぎて、一部の方からは消化しきないという嬉しくも少しやるせないご感想をいただいています。


なので、今回ももう少し時間も内容もコンパクトに、

エッセンスのなかのエッセンスを伝える、そんなスマートお茶会にしたいと考えています!



たった2時間楽しく一緒にお茶を飲むだけで、、、

苫米地式ヒーリングと苫米地式コーチングの両方の秘伝が手っ取り早くインストールされる場です!


今回のお茶会では、苫米地英人博士直伝の『覚醒のツボ』をお伝えします。

覚醒のツボとは、相手にヒーリングする際に、より強力に相手に働きかけることができる気功の急所だと考えてください。

普通にヒーリングするだけでももちろん効果がありますが、その効果と体感を数十倍に高めてくれる場所です。


苫米地博士が、ある一定以上のレベルを持ったヒーリング能力があるひとにだけ、コッソリと教える秘伝中の秘伝の技術を、今回のお茶会では参加されたあなたに特別に公開します。


今回も非常に秘匿性の高い技術なので、すぐに席が埋まると思います。

手帳のスケジュールを確認して、
今すぐにお申し込みください!



以下詳細
†気功とマインドの使い方の両方が身に付く覚醒お茶会†

担当:
橋本明頼(苫米地式ヒーリングマスターヒーラー)
文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)

日時:
6月12日(日)13:00~15:00
(募集は6月5日(日) 23:59:59まで) 

場所:
〒107-6245 東京都港区赤坂9-7-1東京ミッドタウン

料金:
20,000円(お茶代含む)

定員:
4名様まで
(定員に達し次第、予告なく終了いたします)

お申し込み:

お問い合わせ:


=====
講師紹介
=====
◆プロフィール
橋本明頼(はしもとあきら)
苫米地式ヒーリングマスターヒーラー
苫米地ワークスアシスタント統括
苫米地英人ライセンス認定キャンディデート

苫米地英人博士から直伝で学んだ「苫米地式ヒーリング」「メディカルコーチング」を独自の【共感覚】を使ったカウンセリングと組み合わせてヒーリングの現場で使いこなし、「もう今の自分から卒業したい!」というクライアントや、寝たきりの高齢者への往診治療の患者を、10年間で延べ1万人以上を観てきた経験を有するヒーリングのプロフェッショナル。

様々な原因により自身の可能性を閉ざしているクライアントを抽象度の高い視点に導き、IQアップ、気づきや閃き力アップ、心身のリラックスを体感できる《深い変性意識状態》に導く力は右に出るものおらず、2008年よりドクター苫米地ワークスのアシスタント統括担当、苫米地英人ライセンス認定キャンディデート、2012年に苫米地式ヒーリング唯一のマスターヒーラーとして認定され、日々治療の現場で苫米地式ヒーリングを活用し、『100日修行』の指導をしている。 


◆プロフィール
文野義明(ふみのよしあき)
苫米地式コーチング認定コーチ
 
機能脳科学・認知心理学以外にも原子力、数学、法律、経済、教育、ITといった多彩なバックグラウンドを持つ理論派コーチ。
その膨大な情報量と高い抽象度を駆使して、様々なオリジナリティー溢れる方向からクライアントに最も適切なマインドの使い方を伝え、クライアントの変革を促すマインド構築のプロフェッショナル。

これまでコーチングを通じて、「1年で年収が300万から600万になった方」「うつを克服した方」など、本人が気づかぬうちにいつの間にかクライアントを激変させてしまう。

現在は自身のテーマである『自律』をゴールに掲げ、コーチングを行う傍ら自律型人財の輩出を目指した、起業・独立を専門としたセミナーやスクールを運営している。




ちょっぴり贅沢なアフターヌーンティーとともに、覚醒を一緒に楽しみましょう!
 

ご参加お待ちしています!!



------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


近年人工知能の進化が凄まじいものが存在します。

有名なのはIBM社のWatsonですが、他にもGoogleのAlphaGoといった人工知能が世間を賑わせました。


これだけの成果をまじまじと見せつけられると、人間の仕事は全て人工知能に奪われる未来がかなり現実味を持って予見されます。
 

そして、先日また人工知能の研究がひとつ進みました。

オーストラリア国立大学などの研究チームが開発した人工知能がボーズ=アインシュタイン凝縮を1時間足らずで学習したというものです。

ボーズ=アインシュタイン凝縮とは、マイナス273℃くらいの超低温で多数の粒子がある一つの状態に凝縮し、一斉に運動する不思議な現象のことです。


ちなみに、ボーズ=アインシュタイン凝縮を初めて確認したエリック・コーネル、カール・ワイマン、ヴォルフガング・ケターレには、2001年にノーベル物理学賞が贈られています。


ノーベル賞クラスの実験を学習してしまったのだからすごいニュースです。




さて、これらの成長著しい人工知能は結局統計処理をしているに過ぎません。

もっというと、コンピュータの計算能力に任せて、大量のデータを処理し、完璧に終わらなくても、ある程度のところで終了させ、それを答えとして出すということです。

なので、言語学者のノーム・チョムスキーも現在の人工知能の成果に対し、ブルドーザーが重量上げで人間を超えたようなものだと痛烈に批判しています。 

ミサイルの弾道計算もそうですが、コンピュータの計算能力は、これまでいくらでも人間の能力を局所的に超えてきています。


つまり、人工知能とは、本来の定義である人間が持つ知性というものを、獲得したわけでありません。

ここでいう人間の知性とは、新しいものを生み出す本当の知性のことです。


ただ、といいつつも、実際出来ることがどんどん増えていっているのは事実です。

なのでそのうち人間の職が一部奪われることには間違いないでしょう。


ここで奪われるというのは、主に単純作業です。


上記のボーズ=アインシュタイン凝縮のように、高度なことでもきちんと枠組みがあればそれも出来るようになります。


今の人工知能の成果が、ある枠組みがすでにあって、そのなかでの成果だと理解できれば、どういうひとが人工知能時代を生き抜くかがわかります。


人工知能時代を生き抜くひととは、それはズバリ”新しい枠組みを創る人”です。


人工知能にこれを教えようとしても、新しい枠組みを創るということを、新しい枠組みで定義しないといけないので、ハッキリいってかなり難しいです。


言葉にしてみても、ただの言葉遊びにしか見えません。


新しい枠組みを創るとは、コーチングのコンテキストに落とし込めば、それはすわなちゴールの設定です。

新しいゲシュタルトを創ることです。

人間がどうやってゲシュタルトを作るかといえば、それはいうまでもなくゴール設定です。


ゴールを設定することで、自分のRASをオープンにし、そこから入ってくるランダムな情報をいくつも重ね合わせて、ひとつのゲシュタルトにしていきます。
 
時代はとっくに個人のゴールありきの時代に突入しました。


ちょっと怖いことをいうなら、ゴールがないひとは生物的に死ぬというだけでなく、ゴールがないだけで生きている場所をも奪われてしまうということです。


人工知能でも代替できない個人を目指すために、まずはゴールを設定することから始めましょう!


私たちには、それが可能です。 

そんなクリエイティビティを最初から私たちは持っています。

------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents