苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。

 
8日9日は、僕が運営している起業スクールの合宿で、
千葉県船橋市のとある会社研修施設に行きました。
 
 
この起業スクールの画期的なところは、
実践形式であることです!
 
 
 
スクールに参加しながら起業に向けて全員で走る!
 
教えて終わりにしない、
仲間で助け合いながら刺激し合う
そんなスクールです。
 
 
 
 
この1泊2日の合宿では、
受講生が起業をスタートさせるための
最低限の骨格を作ります。
 
 
その骨格は、
 
・そのひとは何に悩んでいるか?
 
・そのひとの理想の未来は何なのか?
 
・その未来をどうやって実現するのか?
 
という3つで形作られます。
 
 
 
 
ひとは何にお金を払うかというと、
自分の問題を解消するために、
または自分の理想の未来を得るため
お金を払います。
 
 
そして起業(会社)の命題は、
「利益」をあげることですから、
お金に近い仕事をすべきなのは当然です。
 
 
言い換えれば、
それをクリアすることが
起業の最短ルートです。
 
 
 
 
で、実際受講生の約半数が
もうビジネスをスタートできる
状態まで来ました。
 
 
 
「本当に出来た・・・」と
受講生からも感嘆の声がありましたが、
講座内でフォーカスしたのは
優先順位を変えることだけです。
 
 
 
 
 
起業でも何でも自分のゴールを目指す場合、
達成が難しいとか成果が出ないということが
よくあります。
 
 
僕も昔思い悩んでいました。
 
 
たいていはここの原因を
 
「自分の才能の問題」
 
として人間は片づけます。
 
 
 
ですがその考えは間違いで、
本当はやり方が違うだけです。
 
 
 
 
 
ひとは何か新しい課題に挑戦する場合、
 
「優先順位の低いこと」
 
 
「優先順位が高いこと」
 
として錯覚します。
 
 
 
これは創造的回避と呼ばれる現象です。
 
 
 
ひとは無意識の心の働きとして、
現状に留まろうとします。
 
 
 
行動の優先順位も同様です。
 
 
 
 
 
このとき本人は至って真剣に
不必要な選択が魅力的に見え、
本気でこれで上手くいくと
感じてしまっているあたりが厄介です。
 
 
 
優先順位が低いをことをやると、
当然結果が出難くなります。
 


だから苦しくなるし、
楽しくない。
 

 
 
 
そしていつの間にか夢をあきらめます。
  
 
 
 


 
しかし、それは単に
 
「やり方」の問題であり、
 
「優先順位」の問題です。
 
 
 
 
ハワイに行きたいなら
ハワイ行のチケットを
真っ先に買うのは当然です。
 
 
腕立て伏せをしている場合ではありません。 
 
 
 
あなたが本当に目指したいゴールは何ですか?


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


すっかりとブログがご無沙汰になりました!

ここしばらくは、ブログだけでなく、メルマガもご無沙汰しておりました!


というのもの、今月から僕が主催する

起業スクールのタスクで大忙しだったからです。


すでに個別セッションを通じて、

ビジネステーマの設定と、その戦略プランの全体構築を完了させ、

あとは粛々と受講生が課題を消化していく感じになっています。



もちろん、細かいビジネスのノウハウはたくさんあります!

それは講座等で、逐次紹介していきましょう!


自分のWant-toに忠実に従えば、

そこに待っているのは余程のことがない限り起業です。


そして、それが起業にならない場合、

すでに好きなことができているということなので、

とても幸いな環境にいらっしゃるということです!



さて、近況報告を終えたところで、こちらでも早速セミナーです!

今回の大きなテーマは「継続」です。


起業でも何でも、結局最後に効いて来るのは継続力です。


もっといえば、とても体育会系的ですが、

やるべきことを淡々ときちんとやる

ここに全てが集約します!



しかし、やるべきことをやるだけなのに、

人間はどうしても、

そこにやらない理由

出来ない理由を

無尽蔵に考えます。



他にも、
 
「毎日1冊本を読む!」

「夏までに5キロダイエット!」

「今年こそ英語をマスターする!」


そんな立派な決意が、

3日後にはその記憶すらなくなる

ということはよくあります。笑



正しいやり方であったうえ、

継続できれば必ず成果は現れます。



極論をいえば、例えどんなに料理が下手でも、

料理を10年間取り組み続ければ、

誰でもプロ並みの腕前になります。



どんなに小さな成果でも、

ゼロでない限り、

足していけば必ず100になるのです。


逆に、ゼロはいくら足しても

ゼロのままなのです。。。



「継続力」や「習慣化」として

この問題を提起をすると、

その回答はたいてい

「意志」、「努力」、「忍耐」の

いづれかに帰着されます。



しかしそのどれもが間違いで、

問題の本質はもっとシンプルです。


それは、「楽しくないから」です。



ポケモンGOでもなんでも、

ひとは楽しければ勝手に継続します。



逆に楽しくないことは、

どうにかして避けようとします。笑



ではなぜ楽しくないのかというと、

それは「出来ないこと」をしているからです。



本なら急に難解な本に手を出したり、

ダイエットなら急に断食からはじめます。


もちろん起業もそうで、

こぞってわざわざ難易度の高いところから始めます。




出来ないことを止めるだけで、

成果が出るので途端に楽しくなります。




このカラクリは、

実はハイパフォーマーも

無意識のうちに実践しています。



あなたの会社で優れた問題解決力を持つ先輩社員も

法律家や医者などの身近なプロフェッショナルも、


良く見ると、

忠実に「出来ないこと」を避けています。



彼らは才能があって何でも出来るから、

継続できるのはありません。


彼らはひとよりも多く

「出来ないこと」

を知っているから継続できるのです。



そして出来ないことを忠実に避け、

課題がクリアされれば、

必然と楽しくなるので

結果的に行動を継続します。




ひとの脳と心の仕組みに沿った

「継続できるシステム」を

デザインしたい方は

ぜひご参加ください!



†何故か継続したくなる脳の仕組み構築セミナー†

日時:
2016年10月22日(土)18:30~20:30

場所:

お申し込み:
お申し込みはこちらのフォームから!

料金:
5,000円

お申し込み期限:
10月19日(水)23:59:59


------------------------------------------------------------------------------------------------
 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明(ふみのよしあき)です。


久しぶりのブログですが、少し業務連絡です。

6月11日(土)15:30頃にメールマガジンへyahooドメインのアドレスで登録された方がいらっしゃいます!

メールアドレスの登録ミスで、自動メールの送信が失敗しております。


心当たりのある方は、お手数ですが再度ご登録をお願いします!




------------------------------------------------------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ

page contents