苫米地式コーチングで本気で変わっていく人のためのブログ

Mind Architecture代表 文野義明(苫米地式コーチング認定コーチ)のオフィシャルブログ。
苫米地式認定コーチである文野義明が本気で変わりたいと考える人に向けて発信するブログです!
ブログを通じて、本気で変わりたい人のマインド設計を促していきます。

本コーナーは『正しい苫米地式コーチングとは何か?』を


イシューに発信するシリーズです。


本企画の趣旨はこちらをご覧ください。





本日はその第4回、テーマは「ぼくがマインドアーキテクトを名乗る理由」です!



その名の通り、私は苫米地式認定コーチです。


そしてそれと同時にマインドアーキテクトとして名乗っています。


2014年2月1日の段階では、私が調べる限りこの名の職業はありません

でした。

そしておそらく現在もないでしょう!


つまりこの職業は、世界初です!(笑)



さて、それはおいといて本題へ。


私がマインドアーキテクトという職業を作った理由は大きく2つあります。


自分のゴールを達成するため


自分の苫米地式コーチングの位置づけ・定義を明確にするため



私の中でこれらの理由は、同じ抽象度ですので、一緒にして綴ります。



私のコーチ(マインドアーキテクト)としてのゴールは、『世界のエフィカシーレベルを上げる』ことです。


そして苫米地式コーチングの存在は、このゴールを達成するために、最も直接的で、最も効果的な方法だと確信しています。



しかしその反面、基本は1対1のセッションですから、同時に最も非効率な方法でもあります。



世界人口は約70億人ですから、仮にこのゴールを達成するのに50年かかると仮定すると、だいたい1日あたり40万人の方とセッションさせていただく必要があります。



残念ですが、それは物理的に不可能です。


そして私のゴール達成には、どうしても前提に1対多を盛り込む必要があります。


そのためのブログであり、Twitterなどのメディアを使います。


もちろんその他の取り組みも企画中です!



しかしこう考えたとき、私はコーチとしての存在定義と少し矛盾するのではないかと思いました。


なぜなら1対多というものは、一方向からの情報発信が前提にどうしても入り込むからです。


そしてその情報発信には、私の個人の価値観が入っているでしょう。



過去の本コーナーで言及したように、コーチはクライアントのゴール達成のみを考えます。


そこにコーチの自我評価基準はありません。


いうなればただの補助輪です。



そのため、コーチ本来の存在意義から考えたとき、違う存在を創出する必要がありました。


またこれは後付けですが、他のインチキコーチングと苫米地式との明確な一線を設け、混同させないことも目的としています。



それが『マインドアーキテクト』です。



こういう言い方だと、マインドアーキテクトはただれの汚れ役に感じるかもしれませんが、そんなことはありません。



苫米地式コーチング理論をしっかり踏襲したものです。


そしてより内容が具体的になるので、むしろ多くのヒントが得られると考えています。



つまり、私は苫米地式コーチング(方法論含む)を、私はより高い抽象度に置き、そして、その抽象度よりは低いところにマインドアーキテクトを置きました。


そしてそれは言い換えると、現代分析哲学的に、自我を定義することが宇宙を定義することと同じように、お互いを補完しあう双方向の概念です。



これが私のマインドアーキテクトを名乗る理由です。



最後に断りたいことがひとつあります。


それはコーチによって苫米地式の位置づけ、つまりどの抽象度に置くかということは、コーチ本人に委ねられているということです。


この苫米地式の定義は、私個人の定義です。


他のコーチは私の考えとは、また別の考えを持つことも十分あります。


例えば、私のマインドアーキテクトの役割は、苫米地式コーチの中に含まれるというものです。


これはどちらか一方が正解でもう一方は間違いというわけではありません。


どちらも正解です。



なぜなら苫米地式コーチは、不完全性定理や不確定性原理発見以降の現在、


絶対的に正しい価値基準はないということを知っているからです。



皆様のより高いエフィカシーを得られるその日をゴールに、今日も私は進んでいきます。


287d4d9ce7f85c84ed1dd84aef819ec505f70ab21393212279

こちらのブログをご覧になっている皆様、こんにちは!



今日は私が受け持つクライアントに、6ヵ月コーチングの2回目のセッションを行いました!




セッションは終始穏やかに、そして楽しく進み、あっという間に60分が過ぎてしまいました!



毎回思いますが、セッション中は楽しすぎて、時間の経過を忘れてしまいます!(笑)




クライアントの方も、60分のセッション中に色々な気付きがあったようで、最後ほっこりして帰っていかれたのが、とても印象的でした。



次回のセッションで、さらにどんな変革が起こっているか、今からとてもワクワクです!




また、クライアントの彼女さんも変革しているとの話も聞け、うれしさも2倍でした。



クライアントの彼女さんも、現在私がコーチングしてます。


彼女にも次回会えるセッションが楽しみです!





そんな2人を見て、聞いて、場を共有して、自分も変革していると感じます!





この感動をもっと多くの人に、1人でも多くの人に伝えていきたいと、心から再確信したセッションでした。



皆さんも、非常識に変わっていきましょう!!


METEO

抽象度があがると、今まで見えなかったものが見えてきます!



正確には今まで見えていたけれども、無意識に捨ててきた情報たちです。




これは何も特別なものばかりではありません!


むしろ私生活にこそ、そういった情報はあふれかえっています!




例えば、外に出たときの風の冷たさ、


雲がゆうゆうと浮かぶ空、


そして自分の歩く時の振動。




これはら全て自分が感じている、知っている情報です!


そしてこれらの存在を意識にあげてみるだけでも、全然抽象度が上がります!




抽象度が上がる体感を、ぜひ感じてみてください!


0eeabd0b98dff1c61913313c8c001b3925c477001393212250

↑このページのトップヘ

page contents